健康・美容

骨折か、シミか.....

2017.12.13

紫外線.....
浴びると、シミ・そばかす・シワの原因となり、
オーストラリア等では皮膚ガンの事例も報告されていたりして、
紫外線=害なるもの という認識が私の中で、
いや、多くの人の中で確立してたのではないだろうか.....。

ゆえに、気になる人は細心の注意を払い、夏に限らず、
日焼け止め・日傘・サングラス・帽子・手袋等々をフル活用していたはず。
真夏には、日傘を差して歩く男性の姿もそれほど珍しくもなくなってきた。

ところがsign01である。
完全シャットアウトも、NGなのである.....と、朝のTV番組の中でやっていた。
なぜなら、紫外線を浴びないと、体内でビタミンDが生成されないからである。
ビタミンDがなければ、カルシウムが体内に吸収されず、
骨粗しょう症を引き起こしてしまうらしい。

今、若い女性たちの間でも骨粗しょう症が広がっているのだそうだ。
美白によかれと思ってやっていたことが、裏目に出てしまったらしい。
恐ろしいことには、カルシウム不足は骨粗しょう症の問題のみに留まらないという。
アンチエイジング、脂肪や糖尿病リスク、認知症リスクの低減等にも関わってくるのだそう。
詳しくはこちらを。

我が家のベランダは東側に面している。
ノーケア状態で正面から朝日を浴びながら、洗濯物やお布団を干していたせいか
頬の辺りにシミが広がってきた.....ように思う。
これはやばいsign01と反省し、
ここ最近は、ベランダに出る前にきちんとケアするようにしていたのだが.....
洗濯物を干すくらいの時間は、そんなに神経質にならずともよいのではないか
という気がしてきた。

私自身、夏以外でも出かけるときには日焼け止めを使っているし、日傘も使っている。
ひょっとしたら、私の身体もビタミンD不足であえいでいるのかも知れない。

記憶に間違いがなければ、
必要な紫外線量は、シミを生み出す量の確か6分の1ほどと
番組の中で解説されていたような.....。
その自己判断がなかなか難しいところではあるけれども、
もう少し積極的にお日さまの光を浴びた方がよいのかも知れないな
と考えさせられた話題であった。

骨折か、シミかsign02と迫られれば、まだシミの方が耐えられるような気がするのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)