横浜ウォッチング

食後のお散歩♪

2017.10.16

今日もまた雨.....rain
よく降りますね。
ぐずついたお天気はまだしばらく続きそう。
気温もぐぐ~っと下がり、しっかりとした体調管理が必要そうです。
皆さま、お風邪など召されませんよう.....。

2017.10. 5

さて、中秋の名月(4日)と満月(6日)に挟まれたこの日、元町でのランチの後、
近くの山手イタリア山庭園を散策してきました。
Img_7476 ‘外交官の家’
元は、東京渋谷に、外交官・内田定槌氏の邸宅として、1,910年に建てられたもの。1,997年に現在の場所に移築されたそうです。


Img_7470 窓からは、手前に庭園、遠方にみなとみらいのランドマークタワーを眺めることができます。テーブルの上には紅白のシュウメイギクの花が飾られていました。
こういうサンルーム、あったらいいね~heart04と、友と語り合いながら.....


Img_7471


Img_7472 ‘和’っぽい雰囲気の空間


Img_7473 秋の実り


Img_7478 アメリカ人建築家J.M.ガーディナー氏の設計だそうです。


Img_7486 すぐお隣にある、‘ブラフ18番館’
大正末期に建てられた外国人住宅で、1,991年までカトリック山手教会の司祭館として使われていたそうです。
ここに移築復元されたのは、その2年後のこと。


Img_7479 観月ディナーのテーブル・セッティングかな.....eye すてきsign01


Img_7481


Img_7482 暖炉の上に置かれてた帆船の模型が醸し出すレトロな雰囲気が好き。


Img_7483 薔薇の花の中に潜んでいたのは.....

どちらの建物でも、すごいレンズのカメラで室内を撮影されていた方が複数いらっしゃいました。あのようなカメラだと、どんな写真が撮れるんだろうか.....?見てみたいなぁ~confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その正体は.....

2017. 9.29

用事があってでかけた横浜みなとみらい.....
Img_7443 横浜美術館。
しばらく前から入口の2本の柱に、何やらデコレーションが施されてるな~と気付いてはいたのですが.....


Img_7436 先日‘News Zero’の中でフィギュアスケーターの高橋大輔さんがレポしていらっしゃるのを見て、初めてそれが.....


Img_7440 ライフジャケットであったことを知りました。
これらのライフジャケットは、中東や北アフリカから地中海を渡り、ギリシャ領のレスボス島に漂着した難民の皆さんが実際に着用されていたものだそうで、その数800ほど。
これは、‘ヨコハマトリエンナーレ’(3年に一度開催される現代アートの国際展)の一環として、ドイツ在住の中国人アーティスト、アイ・ウェイウェイさんが出品された‘安全な通行’という作品なのだそう。


Img_7438 中には、汚れたままのものも。
このライフジャケットを身に着けていたのはどんな人なんだろう? 今、どこでどんな暮らしをしているんだろうか? 平和な暮らしを夢見て、命がけで海を渡ろうと決意した人々の心中を思うと、心が痛みます。


Img_7433 そして壁側面にずらりと並ぶ救命ボート。
これら14艇の救命ボートを窓枠に見立て、人命を救うための救命ボートで新たな枠組みをつくることを意味した‘Reframe’という、ちらも、アイ・ウェイウェイさんの作品です。


Img_7442 エントランスの上に置かれた黒い.....これも救命ボートなのかな? 黒は何を意味するのだろう? 人々の無関心.....?それとも、難民を受け入れる側のとまどい.....?
‘ヨコハマトリエンナーレ2017’は11月5日(日)まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見散歩 @ 山下公園 横浜

2016.10.15

腹ごなしのお散歩.....中華街を抜け、山下公園へ。

Img_3094 秋薔薇を中心にたくさんのお花が花壇を彩っていました。


Img_3095


Img_3096


Img_3097


Img_3098


Img_3100


Img_3101


Img_3105


Img_3102


Img_3104

数少ない寒色系、涼やかな青色の花が風に揺れてゆ~らゆら。花の中の歩いていると、心が華やいできますね~heart04


Img_3106

大さん橋には‘飛鳥Ⅱ’が停泊中。
中華街から横浜駅まで歩いた程度では、胃腸の重さは解消されなかったけれど、青空の下、お花を愛でながらのお散歩は気持ちよかったなぁ~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜彩る横浜汽車道

2016. 4. 2

Img_8431 鉄道廃線跡を利用して1,997年に開通したプロムナード、‘横浜汽車道’。横浜市内でもお気に入りのお花見スポット。
生憎の天気の割には、多くの人で賑わっていました。外国人の方も多く見かけましたが、JICA横浜が近くにあるからかな.....?


Img_8437 並木はそれほど長くはないけれど、横浜のシンボル、ランドマークタワーや


Img_8436 コスモクロック21と桜のコラボを楽しむことができます。


Img_8432 ソメイヨシノと


Img_8435 オオシマザクラの競演、なかなか見応えがありました。


Img_8441 ナビオス横浜の傍には咲き分けの花桃、こちらも華やか


Img_8478 日本丸メモリアルパークの傍にはヨコハマヒザクラが数本


Img_8479 紅色濃い艶やかな花が人気を集めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜海上散歩

2016. 4. 2

相棒さんが事前購入していた横浜港内遊覧チケットの期限が差し迫って来たので

P4020424 曇り空の広がる肌寒い日ではありましたが、海上散歩に出かけて来ました。
みなとみらいを背景に停泊中のクリームカラーのこの小さな船が案内人。


P4020436 出港場所のすぐ傍にある、‘象の鼻パーク’は横浜港発祥の地ですが、その名前の由来ともなった象の鼻の突端がここeye


P4020443 大桟橋をこの角度から眺めるのはもちろん、初めて


P4020447 この日、豪華客船の停泊はありませんでしたが、ここを拠点として営業しているエンターテイメント&レストラン船‘横浜ロイヤルウィング’がちょうど入港して来たところ。


P4020461 ‘氷川丸’の向こうには、関東大震災のがれきを埋め立ててつくられた山下公園、かつては灯台としての役割も果たしていたマリンタワーも。


P4020456 太平洋戦争では病院船として、戦後から1,960年までは北太平洋航路で運航を続けた、全長163.3mの‘氷川丸’、真横から見るとやっぱり迫力ありますね~ハンサムだし.....
戦前より唯一現存する日本の貨客船で、現在は博物館船として一般に公開中。今年度、歴史資料として国の重要文化財に指定される見込みとのこと。


P4020471 次に、これまた横浜のシンボル、‘ベイブリッジ’に向かいます。


P4020477

長さ860mの斜張橋で、上層は高速、下層は一般道の二層になっているようです。


P4020479

橋の下にこんなかわいい灯台を見つけました。通称‘赤灯’と呼ばれる沖赤灯台、沖白灯台と対になって設置されているようなのですが、‘白灯?’には気がつかず.....thinksweat02


P4020497

‘ベイブリッジ’を通り抜けたところでUターン、みなとみらい方向へ.....あらっsign02こちらにも赤いかわいい灯台sign01


P4020502

正式名‘横浜港北水堤灯台’だそうで、こちらも白い灯台と対になっていたそうですが、白い灯台は現在、氷川丸の隣に展示されているそうです。


P4020508

‘ベイブリッジ’を背景に.....グレーな世界の中で鮮やか過ぎる赤は絶対的な存在感


Img_8463

みなとみらいに急接近中sign01右側手前、風をはらんだヨットの帆の形が特徴的なヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルですが


Img_8458

南東側、直線面の最上層部には女神さまがいらっしゃること、初めて知りました。


Img_8459

よこはまコスモワールドの観覧車と桜並木。左側の建物は温泉施設‘万葉倶楽部’で、熱海と湯河原から毎日タンクローリーで温泉を運んできているのだそうです。な~んという贅沢sign01


Img_8445

赤レンガ倉庫が近付いてくると、約40分の海上散歩も間もなく終わり。お天気のよい週末は行列ができるほどの遊覧ですが、今日は私たちも含めて5名で貸し切り~coldsweats01
海から見る港町横浜はまた新鮮で、いろいろな発見もありで楽しい海上散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大岡川花見散歩

2016. 4. 1

あちらこちらから桜満開の便りが聞こえてくるようになりましたね。
開花宣言から1週間、花曇りの金曜日の午後、ようやく見頃を迎えた桜を愛でに、大岡川プロムナードを歩いてきました。
Img_8393 スタートは、弘明寺(ぐみょうじ.....って、なかなか読めませんよねcoldsweats01)の駅から。改札を抜けると真っ先に目に飛び込んできた満開の桜sign01 立入を制限された駐車場の中の一本桜、ズームで撮影。


Img_8396 境内で見かけた桜はまだ見頃一歩手前といったところ、それでも可憐な花に目を奪われました。
同行の友達、‘境内ってこんな感じだったんだ~sign01’と感慨深げ。初詣に来たときには、それほど広くはないこの場所に人がひしめき合っていて、全貌がわからなかったのだそう。横浜最古のお寺ですもんね.....


Img_8398

川の両岸にずら~りと並ぶ桜


Img_8402 弘明寺の商店街から始まるプロムナードの右岸、一番手前にはひと際色鮮やかな桜が一本。‘ヨコハマヒザクラ’という種類のようです。


Img_8405

川面を覗き込んでいるかのような枝、散り際には、下に花びらの絨毯ができるのでしょうね。


Img_8406

こんなドsign01根性桜も見かけましたよ~


Img_8409

左側の並木は満開に近い状態でしたが、右側はまだ蕾も多く見受けられ、咲き揃うにはあと一歩.....


Img_8410

所どころで目にしたこのほんのりとピンクに縁取りされた桜、若木で花芽もまばらでしたが、とってもbeautifulsign03 東京 調布市の神代植物公園で、アメリカ ワシントンからの枝を接ぎ木して生まれた品種‘ジンダイアケボノ’、ソメイヨシノの美しさと、耐病性を兼ね備えた新種だそうです。


Img_8415

川からほんの少し離れますが、こんもりとした桜雲が見えたので、そちらに足を運んでみると、そこは公園でした。オオシマザクラとソメイヨシノが咲き競う下で、お花見を楽しむ人々の姿.....


Img_8417

天を覆いつくす桜の高木


Img_8418

なかなかの迫力です。


Img_8419

3kmほどのプロムナードに約500本の桜が彩を添え、道行く人々の目を楽しませています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萬燈の夕べ

2015.10.18

買い物からの帰り道、いつものようにお寺の境内に足を踏み入れると、何だか賑やか.....。‘鶴見萬燈の夕べ’と題して、境内のいたるところでライトアップが行われていました。あいにくカメラを持ち合わせていなかったので、相棒さんがスマホで撮影した写真が少ししかありませんが.....
Dsc_0025 仏殿前の竹灯籠です。


Dsc_0028 クリスマス時季のLEDを使った華やかなイルミネーションもすてきだけど、温もりの感じられるろうそくの灯りもすてき。


Dsc_0029 細かく穴を開けた長めの竹筒から漏れる灯りもまた雰囲気が異なっておもしろい。


Dsc_0035
仏殿の中もカラフルにライトアップ。人が多過ぎてゆっくり拝観できなかったのが残念.....sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他いろいろ @ 横浜イングリッシュガーデン

2015. 6.12

Img_6019

この時季のイングリッシュガーデン、彩る花は他にも.....


Img_6009

ユリもオンシーズン。開花期間が比較的長いのでこれからも楽しめそうです。ピンク色に染まった花弁が上品なもの


Img_6013

ほんのりフリル系の花弁が愛らしい。


Img_5999

小花が大集合、足元が明るく


Img_6020

こちらは色違い.....?


Img_6007何て繊細な形でしょう.....sign01ピンク色のナデシコはよく目にするけれど、白もステキheart


Img_6014 そう言えば、‘秋桜’と書く花もsign01狂い咲き.....?って思ったら、6月頃から咲く早生品種もあるんだそうです。


Img_6028横浜イングリッシュガーデン入口手前には、ショップやカフェもあり、店舗の外にはちょっとした苗木等の販売コーナーも。そこに置かれていた多肉植物の盆栽風?ガーデン。値札はついていなかったように記憶しているので非売品かも知れません。


Img_6029美しい花を咲かせる多肉植物は見たことがありますが、花自体が多肉風なのがおもしろいなぁ.....って思ったら、これ、花じゃなくて葉っぱらしいです。‘黒法師’っていうんですか.....。日照不足だと葉が緑化するらしいです。


Img_6032 ところで、これ、何だと思います?
実はこれ、‘クレマチス’の実sign01紫とか、白の花のイメージしかなかったので、おもしろい発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花いろいろ @ 横浜イングリッシュガーデン

2015. 6.12

街中の紫陽花は退色が始まり、そろそろ終盤ですが.....

Img_6034この日、‘資生堂パーラー’さんでのランチ後、西平沼にある横浜イングリッシュガーデンまでウォーキング。


Img_5998 ‘イングリッシュガーデン’と言えば、真っ先に思い浮かぶのは薔薇sign01薔薇って、横浜の花でもあるんですって。
園内には、1,200種類もの薔薇が植えられているそうですが、この時季では薔薇もそろそろ見納めといったちょっと寂しい様子.....


Img_6026 代わって、存在感を示していたのは紫陽花「紫陽花 無料 イラスト」の画像検索結果
入口から真っすぐに伸びる通路には、寄せ植えの大鉢がお行儀よく置かれていました。シーズンには薔薇の花々が彩るアーチも今はグリーン一色、アーチに吊るされたアンブレラ。梅雨が楽しくなるようなディスプレイですね~heart04


Img_5959 紫陽花と言っても、色も形もさまざま。


Img_5970

横浜イングリシュガーデン・オリジナルの最新品種‘卑弥呼’に


Img_5972

同じく、 ‘雨に唄えば’。


Img_5979‘夕景色’夜が訪れようとしている空の残照のイメージでしょうか.....eye


Img_6012これは確か.....‘ダンスパーティー’だったかなぁ.....?似たように見えるけれど、微妙に異なるんですね。


Img_5975 ‘セレナーデ’は静岡県掛川市にある加茂荘花鳥園オリジナルの品種だそうです。
撮った写真を見てつくづく思うのですが、やっぱり私、桜色~薄紫色の花が好きみたいです.....coldsweats01


Img_5991これも‘セレナーデ’っぽい.....?よくわかりません。


Img_6008

ネットで調べてみたので自信はないのですが.....。‘てまりてまり’?八重の花が手毬状にまとまって咲いていて、とっても華やか。


Img_5994

色付く前? それとも退色し始め.....?アップで


Img_5966

咲き始めは緑色で、その後ピンク色に変化する‘マジカルコーラル’っていう品種があるらしいのですが.....それかなぁ?


Img_6002 花弁の縁に白の覆輪が見られるのは‘ありがとう’?


Img_6004

何だか浴衣の生地に似合いそうな柄ですね。
←これ、お分かりかも知れませんが、実は縦写真thinksweat01


Img_5995_2 息苦しいほど群れて咲いているのは‘モナリザ’?同じ株から微妙に異なる色の花が咲いているようです.....。


Img_6018

小さめの白い花がたくさん集まって大きな球状に.....


Img_5997

‘アナベル’だと思って撮影したけど、‘ホワイト・キング’だったのかも.....?


Img_5988

ガク咲きのピンクにもいろいろあって、素人目には判断が難し過ぎる~sweat01お手上げです。


Img_6024紫陽花の品種って、一体どのくらいあるんでしょうね.....?


Img_6022

品種はわからなくても花は楽しめるけれど.....わかれば、もっと楽しめるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜のある風景Ⅵ

2015. 4. 4

更にしつこく、「桜 無料イラスト」の画像検索結果レポ、続きま~すcoldsweats01
見納めになるだろうと言われた、この週末の土曜日は生憎の曇り空cloud 買い物へ出かける道中、車を定期点検に出している時間を利用して、少しばかりお花見を楽しんできました。

Img_5027最近、新しく利用し始めたお店に行く途中の神社の境内にて


Img_5022

境内に隣接した公園のこの桜は、葉っぱと花が同時に出るオオシマザクラだろうと思われるのですが.....かなり葉桜化が進んでいるように見えますが、あ、でもこの儚く繊細な感じ、個人的には好きですheart


Img_5025

まだまだ花芽いっぱいsign01 ちょっと赤みが強いのは、開き始めたばかりだからかなeye


Img_5040_2 こちらは、車を点検整備していただいている間に訪れた公園の桜。まさに満開、もこもこ~happy01


Img_5054_2 園内では、ソメイヨシノとオオシマザクラが並んで植樹されているのを結構見かけました。変化があっていいですね~heart04


Img_5058_2


Img_5056_2 とにかくもう賑やか


Img_5053_2 陸上競技場、球技場、馬術練習場等々が設置されている公園は、この大通りによって北東と南西部分に分けられています。


Img_5059_2 その南西部分の一角には桜山と呼ばれるところが.....


Img_5062_2 桜山の木々はのっぽsign01 花をすぐ近くで愛でることは難しいですが、なかなかの迫力。


Img_5063_2 後で知りましたが、桜の名所ともなっているようです。時間があれば、ゆっくり散策してみたかったな。


Img_5033_2 カーディーラーさんのお店の裏手で出合った畑向こうの桜。大通りから一歩入ると、こんな風景に出合うこともある.....というのは、嬉しい発見でしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)