食*旅先グルメ

恵比寿屋旅館 @ 玉梨温泉 食事編

2018. 5. 1- 2

さて、‘恵比寿屋旅館’さんでの夕食

Img_0892
食事は、3階のお食事処で他の宿泊客の皆さんといっしょにいただきます。

Dsc_0087 相棒さんは、早速呑みくらべセットをbottle

Img_0890うち2つは、前夜‘鶴亀荘’さんでいただいたものとかぶってしまいましたが、母娘の女性杜氏さんによって造られた‘ゆり’は初めてのお酒、なかなか美味だったようです。

Img_0894
山菜の天ぷらはお抹茶塩で

Img_0895
にしんの山椒漬け、切干大根の煮付け、右上はしし茸

Img_0896
独活だったかな?の酢味噌和え

Img_0897
こごみ
おひたしや白和えは馴染みがあったけれど、ナムル風は初めてで新鮮でした。
クセがないからどうアレンジしてもハズレないかも?

Img_0902
昔からの奥会津の海のたんぱく源、塩クジラを使ったお味噌汁

Img_0893
茹でたジャガイモを潰して、炒めた挽肉を混ぜ込んで団子状にしたものに、ホワイトソースが掛けてありました。
オリジナル料理かな?なかなか美味でしたよん。

Img_0898
奥から、青豆豆腐・手づくりこんにゃく・生湯葉

Img_0901
予約時、別注料理の案内があったので、生湯葉もオーダーしておいたのですが.....生湯葉、通常料理にも含まれてたのねcoldsweats01
ただ、こちらは、豆乳に浸してお醤油・ネギ・かんずりとともにいただくようになっていて、また違った味を楽しむことができました。

Img_0903
別注の馬刺し
こちらは相棒さん専用

Img_0905
しし茸の炊き込みごはんとお豆腐のすまし汁

身体によいとされる‘山の黒料理’を売りにしている‘恵比寿屋’さんですが、この日の夕食ではしし茸とこんにゃくくらい。

最後に添えられたお湯のみがちょっとおもしろかったんですよ。ポケット状になっている部分に茶葉が入れられていて、お茶は三日月状になっている部分からいただくようになってましたよん。

Dsc_0102
一夜明けて.....
二重の重箱に用意されていた朝食のおかず

Img_0921
ゆかり入りの温泉粥が美味~heart04

Img_0922
湯豆腐は、出汁入りとろろとともに
‘恵比寿屋’さんでのお食事、派手な料理ではないけれど、身体がほっとするような、心のこもった手料理の数々、どれも美味しくいただきました。
ところでsign01
今回の旅で宿泊した‘鶴亀荘’さんも、‘恵比寿屋’さんも、同じ福島県大沼郡金山町にあるのですが、町では、レンタカーを利用して宿泊した場合、宿泊費の一部補助の制度を設けられています。2つともその対象となる宿ということで、フロントの貼り紙で知ったのですが.....。
1泊あたり運転手2,000円、同乗者一人につき1,000円分が補助されることになっていて、複数回の申請も可能なようです。(2,018年5月2日現在) アンケート記入等の条件がありますが、レンタカーで金山町を訪れるご予定おありの方は、活用されてみてはいかがでしょう.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ 酒屋 彌三郎 金沢

2018. 3.21

ほとんどもう.....20年ぶりに会う友人が選んでくれたお店がここheart

Img_9759 ‘酒屋 彌三郎’さん。
築90年ほどの古民家をリノベーションした店舗、大将の曾祖父(ひいおじいさま)の名前が店名になっているようです。‘酒屋は昔の屋号だそうで。
奥まった場所にあるカウンター席に案内していただきました。


Img_9760 ‘飲みものは何にします?’という彼女の言葉にびっくりsign01 だって、昔は飲んだりしなかったんだもん。でも、これも年齢を重ねた変化ということで、能登のお酒‘竹葉’をいただきました。彼女のおススメだけあって、飲み易い、美味しいお酒でした。


Img_9762 お料理はおまかせのコース、様子を見ながらタイミングよく出してくれました。
八寸:酒粕クリームチーズ 鰤木の芽醤油焼き 空豆と桜海老の茶碗蒸し 山葵菜の生姜醤油和え 名物ポテトサラダ燻卵添え


Img_9763 椀盛:蛤のお吸いもの


Img_9764

向付:鰤 甘海老 赤貝
海が近いだけあって、どれも鮮度抜群sign01


Img_9765 恐る恐るいただいた赤貝の肝、臭みもなく意外と美味。


Img_9767 揚物:河豚の唐揚げ 五郎島産金時芋の天ぷら 獅子唐素揚げ


Img_9769

焼物:ポークグリルは、絶妙な焼き加減。添えられた彩り野菜もとっても新鮮。


Img_9770 梅貝の炊き込みごはん
お味噌汁(酒粕が入っていたような.....)


Img_9771

ふっくら、もちもち、艶々のごはん、とっても美味しくいただきました。


Img_9773 水菓子:クルミとクランべリー(だったかな.....?)の入った羊羹、意外とあっさり。〆にふさわしい一品でした。
地元産の新鮮な食材を用いた、創作料理の数々、本当に楽しく、美味しくいただきました。アラカルトでいただくのもまたおもしろそう.....。
食後はJAZZ喫茶にておしゃべり続行、意外な共通点等も発見できたりして、おもしろかったです。
彼女と過ごした金沢の夜は、今回の旅の最高のひととき。友に感謝heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ こてつ 金沢 近江町市場

2018. 3.21

_1120500金沢の台所、近江町市場にて
肌寒い、雨の降る平日でしたが、結構な人で賑わっていましたよん。


Img_9676

相棒さん大好物のカニsign01.....ですが


_1120508

ハードルが高過ぎて眺めてるだけ.....coldsweats01


_1120504

新鮮な海産物の並ぶ店頭は見てるだけでも楽しいのですけどね。


_1120510 高級魚のど黒も、見るだけ、撮るだけはタダだし.....coldsweats01
ちなみに、こちらは韓国産ですが、対馬産だと、2尾で¥8,500shock 同じ海域のような気がするんだけれど.....


_1120498

さて、そんな市場の一角にある‘こてつ’さんにてお昼をいただきましたよん。
厨房をL字型に囲むカウンター席のみの
小さなお店、ご夫婦で切り盛りされていらっしゃるようで。


Img_9670

海鮮丼sign01


Img_9671

丼アップsign01


Img_9669

近江町彩り丼sign01
二人でお行儀悪くシェアしながらいらだきました。ネタが新鮮で、やっぱり美味しい~heart04


Img_9672

金沢名物、ザ・金箔coldsweats01
これがトッピングされてるだけで、豪華度up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tea Time @ 六花亭 札幌

2018. 2. 9

帰りの飛行機は、午後早い時間。

Img_9361

まだ少し時間があったので、空港に向かう前に、相棒さんご贔屓?の‘六花亭’さんに寄ってみましたよん。


Img_9360

ビルの1階がお店、2階が喫茶室になっていました。
お昼前の時間でしたが結構混んでて、ちょっとだけ待ちました。外国人観光客も多かったです。
一面が床から天井までガラス、白を基調とした店内は明るく、清潔な感じ。壁には、ケーキや料理の写真がずらり並んでいました。


Img_9350

白いテーブルにイス、クッションもメニューもおしゃれでかわいい~heart04


Img_9353

相棒さんが選んだのは季節のおすすめ、‘流氷大回転’。インパクト大のネーミングですが、ヨーグルトシャーベットと柚子ソースで流氷が渦巻く様子を表現したスイーツ。
相棒さんのheartわしづかみ~


Img_9354

私は‘プレミアム25’というチョコレートケーキを。
紅茶をたのんで、あsign01失敗した~happy02と反省していたのですが、このオリジナルブレンドティー、渋めに入れてあって、濃厚なケーキに全然負けてない。ちゃ~んと計算されてるんだなぁと感心しちゃいました。


Img_9355

しっとり濃厚な大人味のケーキ、特製のヨーグルトソースとの相性もまたよく.....。
.....で終わるはずが、


Img_9356

メニューにピッツアを発見sign01 ‘六花亭’さんのピザって.....どんなの??? 
好奇心を抑え切れず、やっぱりオーダーcoldsweats01sweat01


Img_9358

ハサミでカットするのは初体験だったような.....。でも通常のカッターよりも、きれいに切り易く、楽でしたよ~。
ピッツア・マルゲリータも美味しかったけれど、やっぱりスイーツの方がインパクト大だったかな.....。
もう一つ、大切なこと。スタッフの方全員の笑顔と接客姿勢がとてもすばらしく、印象に残りました。最後のひとときを、ここでゆっくりと過ごせたのはラッキーでした。
さぁ~、これで思い残すことはないぞ~sign01いざ、千歳へGoairplane


さて。

しばらく前の春の陽気に誘われて賑やかに咲き始めた、
Img_9586 沈丁花と


Img_9589 スイセン。
いきなり春の嵐の試練typhoon 負けるな~sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ 花まる 札幌

2018. 2. 8

Img_9293 大通公園から少し外れて、時計台までやって来ました。周囲を高層ビル群に囲まれていますが、堂々とした存在感、雰囲気もステキheart
Img_9278

ふと見ると、すぐ傍のビルの1階に、多くの人で賑わっているお店が.....お寿司屋さんのよう。
席待ちの方がいらっしゃって少し待たされましたが、テーブル席に案内していただけました。
後で聞くところによると、なかなかの人気店のようで、予約なしで入店できたのはラッキーでした。


Img_9279

北海道最後の晩ごはんのスタート。
あら汁は完売ということで、ホタテの稚貝のお味噌汁と茶碗蒸しを注文.....したのですが、想像していたものとは全く異なるものが登場.....coldsweats01 殻付きの稚貝がど~っさり入ったお味噌汁、丼サイズeyesweat01


Img_9280

相棒さんがお酒のアテに注文したのは、根室の真たち(真鱈)ポン酢と


Img_9283

天婦羅.....
私が白子苦手なの知ってて、よう2品もたのんだな.....think
最初は、うまい×2を連発して嬉しそうにほおばっていた相棒さんも、ひとりで食べ切るのはちょっとキツかったようで.....


Img_9281 それでも、雪まつり期間限定メニューのにぎりを2人分注文。
ネタがどれもでかくて、新鮮heart04


Img_9284 私は、ホタテのバター焼きを追加注文。
美味しかったけれど、せっかくの本場、やっぱり刺身でいただいておけばよかったかなぁ....thinksweat02


Img_9287

食事だけで充分お腹いっぱいになってはいたのだけれど、メニューにあった‘中標津牛乳を使ったミルクプリン’に心奪われ.....注文せずにはいられず.....coldsweats01
ミルクジャム(というよりは、個人的にはミルクソースのように感じましたが.....)が上からかけられているので、照明の色とも相まって、黄色がかって見えてますが、プリンそのものは白っぽく、プリンというよりは、パンナコッタといった感じの滑らかで、大好きな味でしたheart
北海道最後の晩ごはん、大満足~happy01heart04


さて。

実のならない植物には全く興味を示さなかった相棒さんですが、
あまりに彩りの乏しい花壇を見兼ねたようで、
先週末2つほど花鉢を購入してきていたのですが、
ここにきて一気に花開き始めました。

Img_9473

ヒヤシンスの紫と


Img_9492

クロッカスの黄色。
わずかばかりですが、やっぱり心が華やぎますね~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 十勝亭 日勝峠

2018. 2. 8

Img_9201 この日のお昼ごはんは、十勝平野を見渡せる標高1,022mの日勝峠にあるドライブインにてrestaurant
2,016年8月に、台風10号の影響による土砂流入、路面崩壊、落橋があり、復旧工事のため、昨年の10月末までは通行止めだったのだそう。
夏は濃霧、冬は吹雪により視界が悪く、交通事故の多発する場所とのことですが、私たちが訪れたこの日は穏やかな晴天で、十勝平野もきれいに見えていました。


Img_9197 相棒さんランチは、サラダ、お蕎麦付きの牛とろ丼。
ご当地グルメの牛とろ丼、凍ったままの牛のフレーク肉にタレを絡めていただくもののようです。口に入れた途端、お肉の旨みがとろーっと溶け出して美味しかったようです。ただ、お肉の量が少ないのがやや不満だったようで.....coldsweats01sweat01


Img_9198 私はイクラ丼、お味噌汁付き。イクラも量少なめだけど、鮭が記録的な不漁の年につき、これは仕方ないですね。
左下の小皿に入っているのは、山わさび(西洋わさび)。アスパラガスの浅漬け美味でした。


Img_9199 牛とろ丼も同様ですが、山わさびは、こんな風にトッピングしていただくようです。一般的なわさびのような刺激はなかったような.....?殺菌・抗菌作用のある山わさび、消化を促進し、ガンや血栓の予防によいそうです。


Img_9200 こちらは牛とろ丼に付いてくるデザート。このボリュームにびっくりsign01
二人でシェアしても充分過ぎるほど。おはぎもシフォンケーキも美味しくいただきましたけれど.....coldsweats01


さて。

洗濯ものを取り込んでいて、ふと感じた視線.....。
Img_9485 いたっsign01家事監視人coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちくわパンと.....

Img_9097_2

アイヌ・コタンからの帰り道、北海道のコンビニ、セイコーマート(セコマ)に寄り道


Img_9112

お目当ては、ガイドさんから紹介のあった‘ちくわパン’。
普段、ちくわを食べたりしないのに、相棒さんが食いついたよ~coldsweats01
ツナマヨ味と、新発売の明太マヨ味。


Img_9155

ツナマヨ。
想像どおりの見た目、お味の方も想像どおりcoldsweats01


Img_8972

もう一つ、ガイドさんから案内のあった北海道限定ハスカップ味の‘いろはす’。
ハスカップの香りがするミネラルウォーターかと思いきや、砂糖入りでした~sweat01


さて
最近の困ったちゃん。

買い忘れが増えてきたような気がします.....。
今日も、あsign01玉ねぎーsweat01と慌ててスーパーに引き返しながら、
sign01チーズもだった.....sweat01と、せっかく思い出したのに.....。
玉ねぎを手に取ったときに、視界に入ったごぼう.....
産地を確認したり、何に使おうか考えたりしているうちに、
チーズは忘却の彼方へthinksweat02
再び思い出したのは、家に向かう途中、坂を上り切ってから。
以前だったら、迷わずスーパーに戻っていたけれど、
このところ、どうもフットワークも重く.....。

やばいなー、やばいよーsign01
以前はメモなんてなくても、買い忘れなんてほとんどなかったのに。
ひょっとして若年性認知症始まってる.....sign02
で、
どうやってなしで済ませるか、
あるいは、何か代用できるものはないか、考えてみる。
せめてもの脳トレ.....coldsweats01


Img_9475近所のお寺。
仏殿前の広場の河津桜が満開にcherryblossom


Img_9479


Img_9482 三松閣前の白梅もようやく咲き始め.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 明治亭 長野駅

2018. 1.21

Img_8759 本日も晴天sun
あっという間の小さな旅でした。湯田中温泉をあとに長野へ。
車窓からは、高社山(こうしゃさん)の堂々とした山容が眺められました。地元の方は、‘高井富士’と呼ばれているようです。


長野駅へは13時過ぎに到着。
直前になって決めた旅だったため、新幹線もよい時間は既に満席で、
私たちが乗車するのは15時過ぎの便。
善光寺にお参りすることも考えたけれど、中途半端になりそうだったので、
駅周辺で過ごすことに。


Img_8766

ってことで、遅めのランチ。
相棒さんの希望で、駅ビルの中にある‘明治亭’さんへ。駒ヶ根に本店を置くソースかつ丼のお店のよう。


Img_8761

相棒さんがオーダーしたのは、数量限定の信州豚と信州鹿のミックス丼。
これでもかなりのボリュームに見えますがeyesweat02


Img_8760

登場時のその姿に度肝を抜かれました。
相棒さん的には、豚よりも鹿の方が好みだったようです。


Img_8762

お蕎麦を諦め切れない私は、ざるそばとミニヒレソースかつ丼を。
かつ丼の豚ヒレ肉、旨みが凝縮されたような味わいに、しっかりとした食感。美味でした。これ以上に美味しい鹿かつって、どんなだろう.....thinksign02


Img_8764

かつ丼屋さんだから、お蕎麦はほとんど期待していなかったのですが、嬉しいことに、予想をはるかに上まわる美味しさ。
やっぱり長野のお蕎麦は外れませんね~heart04


Img_8765

薬味に茹でた刻み野沢菜が付いていたのもおもしろかったです。


Img_8770

おしゃれな外観の長野駅


Img_8768

このバス停の屋根だけが特に高いのはなぜなんだろう.....eye


Img_8769

その屋根の上には勢ぞろいした鳩たち


Img_8772

新幹線改札口前のスペースには.....sign01
私たちが地獄谷を訪れた翌日の月曜日、皆さんご存知のとおり、東京でも雪を積もらせた大寒波がやって来るのです。その日の、ネットニュースに‘猿も温泉でほっこり’と写真入りで、野猿公苑のお猿さんたちが紹介されてましたcoldsweats01  ま、人生こんなもん、なかなか思うようにはいきません。think
それにしても、これだけ雪が少ないと知っていれば、レンタカーでもよかったな~。そうすれば、もう少しいろいろなところを効率よくまわって遊べてたかも。


Img_8776

新幹線の車窓から
東京間近、埼玉通過中に見えた夕陽。この翌日、あの大雪になるなんて.....ね。


ところで.....
金柑の食い逃げ犯人、目撃しちゃいました~。
置き土産のサイズから大きめの鳥を想像していたのですが、
やって来たのは、なんとsign01メジロたちでした。
もちろん大きめの鳥たちもお食事に来てたんでしょうけれど。
どうりで、木の中側の実も突つかれる訳ですね。
という訳で、内側の方に残っていた実も、
食べかけのものを残してすべて収穫してきました。
我が家の金柑、今年はこれにてジ・エンド.....
メジロが来なくなっちゃうのはちょっと寂しいけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 食事編Ⅱ

2018. 1.21

そして翌朝.....

Img_8705

朝食は、和食か、洋食か希望を聞いていただけます。
相棒さんが和食を即答したので、私は洋食をお願いしてみました。
和食は下にグリーン、洋食はピンクの色紙が敷かれていて、そこにはホテルスタッフの方手描きの食事内容のイラストが描かれていて、食材についての説明がありました。


Img_8707

ほうじ茶で炊かれた五穀米粥、これは和・洋問わず、テーブルに用意されていました。


Img_8708

サラダも、和・洋で器も異なれば、具材も少々ことなります。


Img_20180121_073814

今回の旅で一番衝撃的だったのが、サラダにトッピングされていた干しえのきsign01
いただいてみたら、旨みが凝縮されていて、ほんと美味、びっくりしました。


Img_8709

さて、こちらが和朝食。


Img_20180121_074428

白粥には、希望に応じてクコの実、そばの実がトッピングされます。


Img_20180121_073959

煮物も彩りよく.....


Img_20180121_074018

ネギ味噌と茶碗蒸し


Img_8710

こちらは洋食、紅茶とともにいただきました。
無添加のハムにスクランブルドエッグ、じゃがいもと玉ねぎを炒めたものがメイン。好みでケチャップを添えて。
ベーコンがたっぷりと入った野菜スープとフルーツのヨーグルト掛けが付きます。
パンは、クロワッサン・ハイジパン・バケット・トーストと4種類もあり、食べ切ることはできませんでした。それでも3つほど.....coldsweats01 パン自体も美味しかったのですが、右上に小さく写っているサツマイモとニンジンのジャムがとっても美味で、ついつい調子に乗ってしまいましたwobbly
Img_20180121_080253

和食にも食後の飲みものが付きます。
相棒さんのチョイスはブラック・コーヒーcafe


Img_8696

レストランと廊下を隔てるガラス窓もレトロな感じがすてきでした。
さてと、それでは食後の運動に.....coldsweats01


ところで、昨夜はご覧になられた方も多くいらっしゃると思いますが、
私も凍てつくベランダで粘りましたよ~。
下手な鉄砲も数打ちゃ.....と頑張ってシャッターを切ってみましたが、
ま、私の腕とcameraではこんなもん.....かなcoldsweats01
Img_8847 欠け始め
スーパー・ブルー・ムーンだけあって、眩し~


Img_8926 でもって、ブラッド・ムーン
肉眼ではこんなに明るく見えませんでした。何だかんだ言っても、人の目ってカメラに及ばないんだなぁ.....think
前回の記憶がないのだけれど、日本では35年ぶりのスーパー・ブルー・ブラッド・ムーン、お目にかかれて光栄でした。

今日から2月。
1月もあっと言う間なく終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 食事編Ⅰ

2018. 1.20

これまた楽しみにしていたお食事
赤松の庭園を眼下に望む、2階のレストラン‘鹿鳴’にて懐石料理をいただきました。
御献立 平成の慣習うすれ小正月

Img_8671

睦月:山葡萄酒
甘みはあるけれど、さっぱりしていて飲み易いです。
一般の葡萄と比較すると、山葡萄にはリンゴ酸が5.5倍、ビタミンB6が3倍、鉄分が5倍、カルシウムが4倍、そしてポリフェノールが3倍も含まれているそうで、とっても身体によさそう.....。


Img_8673

初荷:長芋麺 蟹身 帆立 防風 柚子 旨出汁
旨出汁に浸った細切りの長芋がとっても美味。


Img_20180120_183401

今回は、珍しく相棒さんもスマホで料理を撮影。
料理をかなりアップ気味に撮る私に対して、ちょっと引き気味に、器にも気を配って撮る相棒さんの写真も何点か載せてみましたよん。


Img_8672

凍て空:
珍味 昆布豆 鮎甘露煮 タラの芽  茸土佐煮 梅麩 海老黄身揚げ 
串刺し 花豆 杏子

Img_8675

相棒さん、早速呑みくらべセットbottleを注文
北信濃セット
  水尾(飯山市) 一味
  若緑(長野市) 本醸造
  縁喜(山ノ内町) 辛口純米


Img_8677

氷柱:
海老真丈 菜花 人参 柚子
この海老真丈、海老の存在感大で、とっても美味しかったです。


Img_20180120_185137

七草粥:
旬の物 あしらい一式


Img_8679

記憶に間違いがなければ.....
寒鰤、鯛2種、富山湾で獲れる深海魚アブラボウズ


Img_8680

続いての呑みくらべは、縁喜セット
志賀高原のお酒、大吟醸・純米吟醸・生酒
ちょっとピッチ速くない.....?
この後にはワインもいただいて、ご機嫌な相棒さんwine 感想は既に記憶にないそう.....thinksweat02


Img_8682

繭玉:
鰤 大根 法蓮草 柚子
さすが旬の鰤、旨みが凝縮して美味しかったです。


Img_8684

焼物:
信州牛すき焼き
ブロッコリーなのは、青菜だと火が入り過ぎちゃうからなんだろうな。


Img_8687

献立表にはありませんが.....
料理長からのサービスです。すき焼きができるまで、どうぞ.....
と、出されたお蕎麦もまた美味delicious


Img_8688

信州牛は柔らかく、シメジやえのきはやっぱり本場もんで味わい深く、玉ねぎやネギの甘みも際立ち、具材の旨みとタレがしみたお豆腐もとっても美味しくいただきました。


Img_20180120_192807

白鳥:
茶碗蒸し 蟹身 牡蠣 椎茸 三つ葉 柚子


Img_8690


Img_8691

雪囲い:
白御飯(野沢産) 味噌汁 香の物
炊き方にもよるのでしょうが、粒が大きく、甘みの強い白米でした。香の物の黒大根が美味しかったな。


Img_8692

小正月:
林檎ワイン煮 苺 キューイ クリーム ミント
てっきり赤ワイン煮だと思っていたら、白ワイン煮姿で登場~


Img_8695

大寒:
甘味 花豆
お茶は、お抹茶か、煎茶か選択できます。
‘仙壽閣’さんのお料理には、地産地消ということで、地元農家さんがつくられた有機野菜が使われているそうです。素材もよければ、料理もすばらしく、どれも美味しくいただきました。大満足の夕餉、お腹も、心もいっぱいになりましたhappy01


さてと.....
Img_8827 先週月曜日に降った雪もだんだんと消えつつあるこの頃.....


Img_8823 近所のお寺では、河津桜が咲き始めました。


Img_8831 そのお寺ではありませんが、買いもの道中で、思いがけず、満開の蝋梅にも出合え.....
明るい色の花が咲くと春遠からずheart04と、期待しちゃいますが、明日からはまたsnowかも.....?の予報think
おのおの、防寒対策抜かりなく.....coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧