食*神奈川グルメ

Lunch @ イタリアンレストラン ピーノ 鶴見

2017. 9. 3

Img_6854

幾度となく、前を通り過ぎたことがあるこのお店。なんとな~く入りにくくて、いつもスルー。
ネットでの評判がよさそうなので、思い切っておじゃましてみました。
ナチュラル感あふれる、明るく、清潔な店内。若くて、感じのよいご夫婦がお二人でやっていらっしゃいます。オープンして4年になるそう。


Img_6841 まずは.....
右から、ポタージュ、24ヵ月熟成させたという生ハム on 無花果、ふんわり温かなフォカッチャ。おっsign02


Img_6843 サラダも多種類の新鮮な野菜がミックスされています。


Img_6844 数種類のパスタ・メニューから選んだのは、アサリと自家製ドライトマトのリングイネ
パスタは手打ちなのかな?もっちりとした食感、弾力があります。アサリの旨みがオイルソースの中に溶け出していて、塩加減もちょうどよし。そして、ドライトマトがまた美味~heart04


Img_6846 もう一つは、自家製パンチェッタのカルボナーラ
イタリアのカルボナーラには、山羊のチーズが使われるそうで、お店でもそうしてるみたいです。すっごく濃厚sign01パンチェッタも単にしょっぱいだけでなく.....上手く表現できないのだけど、複雑な味がする。濃厚なチーズの中にあって、意外とあっさりといただけます。
2種類のパスタは、それぞれ2つのお皿に取り分けて出してくれました。
‘都内の高級イタリアン並みの量だね。’なんてひそひそ話していたのだけど、食べ終わる頃には、結構満腹。ちゃんと計算されてるんですね。


Img_6850 だけど、別腹デザートcoldsweats01
バニラビーンズの香り高いパンナコッタにマンゴー・ソースがた~ぷりsign01 エディブルフラワーで美しく飾られていて、見た目もきれいheart


Img_6851

見よsign01この繊細さ。
パンナコッタ・ラブの私にはマンゴ-・ソース、もう少し控えめでもよかったかな。


Img_6852 食後の飲みものは、コーヒー(ホット/アイス)・紅茶(ホットのみ)・ハーブティー(レモングラス/カモミール)の中から。レモングラスのハーブティーをいただきました。これまたしっかり味が出ていて、美味しいsign01
この近辺の相場を考えると、コストパフォーマンスは決してよいとは言えないけれど、これだけのこだわりの感じられる、美味しい料理なら納得です。


Img_6853 カウンターの左上部の小さな黒板には、‘クリスマスディナーの予約受付’の案内。え~、もうsign02と驚く私に、常連さんでいつも早々に予約をされる方がいらっしゃるそうで、‘今年は、その方からご予約いただく前に先まわりしようと思って’とおちゃめなお返事happy01
平日は、よりリーズナブルなビジネスランチもあるようなので、今度は平日におじゃましてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 星のなる木 横浜

2017. 8.28

少し前になりますが(だけど、ようやく2,017年sign01、横浜スカイビル28Fにある‘星のなる木’さんへ初ランチに伺いました。

Img_6814 6月の京都以来、久々の懐石料理にわくわくheart04


Img_6815 おしぼりとともに運ばれてきたのは、玉露の冷茶。いい香り~confidentheart


Img_6816 夏のお庭をイメージしたという四季彩八寸


Img_6818

奥の器に入っているのは、玉蜀黍と豆乳の摺り流し。玉蜀黍の自然の甘みを利用したお料理。中に枝豆とじゅんさいが入っていました。
手前左から
里芋の落花生味噌焼き
小袖出汁巻き玉子 生海苔 染卸
水蛸炙り 蓮芋 梅肉 鮪節
鮪節は鰹節よりも甘みが感じられるとのことでしたが、梅肉の味が強くてよくわかりませんでした.....thinksign02


Img_6819

更に手前左から
翡翠茄子 おぼろ薬味餡
揚げ胡麻豆腐 山葵醤油麹
穴子の煮凝り 叩き長芋 オクラ


Img_6820

温物:トリュフの茶碗蒸し 男爵芋餡かけ 若鶏 シブレット
トリュフオイルも使われていて、その分、香り高~い。


Img_6822

主菜 奥左から
炊き合わせ:
粟麩の和蘭煮 パプリカ 蔓紫 南瓜
煮物:
河豚の煮卸し トマト ヤングコーン 隠元
手前右から
蒸し物:
鱸の薯蕷蒸し 銀餡 錦糸瓜 露生姜 木の芽
揚物:
鱧の天婦羅 獅子唐
焼物:鹿児島黒豚ロースの青唐味噌焼き 酢取り茗荷


Img_6823

食事
岩手純情米プレミアムひとめぼれ
初めていただきましたが、甘みのある美味しいお米でした。
香の物
赤出汁合わせ味噌仕立て


Img_6826

甘味:自家製きなこアイス 黒蜜
いろいろなものをちょこっとずつ丁寧に、見た目も美しくて、女性には嬉しい食事ですが、食べ盛りの男性にはちょっとボリュームが足りないかも.....。
食後もゆっくりと寛げるのがまたよいです。見渡すと中高年の女性客ばかり 平日のお昼だし.....coldsweats01 次回は、窓際の席で、みなとみらいの景色でも眺めながら、違った季節のお料理をいただいてみたいなぁ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ レストラン&バー マグノリア 横浜

2017. 8.17

相棒さんが購入していたクーポンを利用して、横浜駅東口から徒歩5分くらいのところにある‘レストラン&バー マグノリア’さんへおじゃましてきました。
入口にガタガタと並んだメニュー版が目に入ったときには、ちょっとテンションがダウンしてしまいましたが、ブラウンと赤でシックにコーディネートされ、静かにジャズが流れるゆったりとした店内は意外と寛げる雰囲気。壁には、ミュシャの絵が3点ほど飾られていました。

Img_6791 スパークリングワインに続いて、登場したのはヴィシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)。ローズマリーがでーんcoldsweats01


Img_6792 前菜は、左からスパニッシュ・オムレツ、リエット、ミニトマト。ミニトマトの○○.....の○○部分が聞き取れなかったのですが、これ、とっても美味しかったです。


Img_6795 野菜のベニエ、アンチョビと生クリームのソースで。このソースがまた美味しくて、バケットを注文しようとしたら、‘バケットは、メイン料理のときにお出しします。’とのこと.....thinksweat02 別注でいいから、このときバケットが欲しかったなぁ~


Img_6796 渡り蟹のトマトソース・スパゲッティ。私たちがときどき訪れる比較的近所のイタリアンでは、トマトクリームソースを使っていて、お気に入りの一品なのですが、こちらのトマトソースも、シンプルにトマトの酸味と渡り蟹の旨みが伝わってきてよかったです。
あ~、バケットが欲しいよ~sign01


Img_6799 メインは、ぶどう牛のローストビーフ、甘みのあるバルサミコ酢で。めっちゃ柔らかくて、とっても美味。ビーフの下には、マッシュドポテト。
お皿の端、右半分に振られていたのは、赤ワイン漬けのイタリアのお塩。よいお味でしたheart


Img_6801 デザートは、濃厚なガトーショコラと、さっぱりふんわりのチーズケーキ。‘ニコニコちゃんマーク’が何とも言えないcoldsweats01 
このお店は女性のシェフのようです。どのお料理も美味しくいただきましたが、接客にもうちょっと柔軟性があったらなおよかったかな。
あとバーを兼ねているだけあって、ワインも(特に赤wine)美味しかったです。


昨日、お天気姉さんが明るい表情で、‘明日は久しぶりに青空が見られそうです!!!’とアナウンスしていたのですが.....
雨こそ降らなかったけれど、どよ~んcloud.....think
未明から朝方にかけて雨が降った東京では、これで8月に入って17日連続の雨天になったそうです。公園に水たまりができていたから、横浜でも降ったのかな.....?
今日のお天気姉さんの話によると、晴天がほとんどないまま、秋の長雨に入る可能性もあるとか。まじか.....sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ オムナチェッロ 鶴見

2017. 8.15

身体にカビが生えてきそうなお天気が続いています。東京では、15日連続の雨は40年ぶりだそう。
帰省の予定もなく、旅の予定もない我が家。近場を探検しようと話していたお盆休みも、こう雨ばかりだとお出かけする気にもならず.....。
だけど、家に籠り続けるのもやっぱり限界があったようで、今日は雨の中、ランチがてら、少しばかり外出して来ました。

Img_6788

ランチに伺ったのは、気になっていたピッツェリア‘オムナチェッロ’さん。2,015年オープンの比較的新しいお店のようです。


Img_6776

小ぢんまりとした店内。雨の降りしきる正午前ということで、先客はなく。


Img_6779

店の最奥に存在感のある釜


Img_6778

お好みのピザとサラダ、食後の飲みもの、デザートがセットになったランチ


Img_6783

トマトソースのピザ15種類とチーズ・ベースのピザ14種類の豊富なメニューからそれぞれ1つずつ選んで、相棒さんとシェア。
トマトソースのピザは、アンチョビ・オリーブ・ケイパー・ニンニク・オレガノ・バジリコがトッピングされた‘シチリアーナ’を。
見た目に反して、意外とサクサクいけちゃいます。ただ、生地がちょっとしょっぱかったかな.....。


Img_6786 チーズベースのピザは、モッツァレラチーズ・自家製ソーセージ・ミラノサラミ・イタリア産ハム・ブラックペッパー・バジリコがトッピングされた‘マチェラーラ’を。
‘シチリアーナ’にしても、‘マチェラーラ’にしても、こんなに具だくさんのピザ、食べたことがないsign01
ただ、私たち年配者には、‘マチェラーラ’はかなり高カロリー、もっとシンプルなメニューを選べばよかったかな。


Img_6787

食後の飲みものは、ホット or アイス・コーヒー、紅茶、オレンジジュースの中から選びます。デザートは、濃厚なマンゴー味のシャーベットでした。


Img_6775

店名である‘オムナチェッロ’は、お店の方によると、座敷童のイタリア版のようなものらしいです。メニューに使われていたこのワンポイントや


Img_6777壁に飾られていた絵に描かれていたのが‘オムナチェッロ’のようです。
お店を出る頃には外は土砂降り、よりによってこんな日に外出しちゃうなんて~thinksweat02 だけど、よい気分転換にはなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ クオ・ヴァディス 石川町.....and

2017. 8.10

お盆休みに突入する直前の木曜日。
この前日は、東京でも37℃まで気温が上昇、‘不要な外出は控えて下さい。’とTVでアドバイスを出すほどの酷暑でしたが、この日は気温も幾分下がってお出かけ日和。

Img_6763 そんな中、石川町にあるイタリアン、‘クオ・ヴァディス’さんへ出かけてきました。


Img_6764 コルクで埋め尽くされたドア、インパクトありますね~eye


Img_6759 フルコースを含む3つのランチメニューからBランチを。
前菜:右からひよこ豆のペースト、サラミ、大根のピクルス、ひと品飛んで、ルッコラとインゲンのサラダ。
スタッフの方が説明して下さるのですが、私たちの斜め後ろにいらしたマダム・グループの賑やかな話し声にかき消され、よく聞こえな~いearpaper


Img_6760 Bランチは、ピザかパスタを選べるので、それぞれ一品ずつオーダーして、シェアすることにしました。
定番マルゲリータ、釜で焼き上げられたばかりの熱々sign01 運ばれて来たとき、んsign02ちっちゃい.....?と思ったけれど、考えてみたら、一人分ですもんね。


Img_6761 パスタは、2つのメニューの中から、パンチェッタのトマトクリームソース、パッパルデッレ(幅広の平麺)を。これは、2つのお皿に取り分けて、運んできてくれました。存在感大のパスタ、お腹いっぱいにcoldsweats02
食後の飲みものは、紅茶をcafe
久しぶりに会った友人とおしゃべりが弾み、残念ながら、お料理の味があまり印象に残ってないです.....think


食後、元町のショッピング・ストリートをぶらつき、別腹タイムcoldsweats01 
以前から気になっていた日本茶専門の‘茶倉’さんへ。実は以前にも探したことがあるのですが、見つけることができなくて諦めていたお店。今回はスマホのナビのおかげで辿り着くことができましたが、前回もすぐ近くまではやって来ていたようでした。注意していないと素通りしてしまいそうなくらいの、地味な外観.....。
Img_6766 そんな思い入れのあるお店なのに、撮った写真がこれ1枚sweat02 ここでもおしゃべりに意識が集中していたようですcoldsweats01
ミニ抹茶パフェを注文したのですが、登場したのはこ~んな立派なサイズsweat01 ゼリー、スポンジケーキ、ババロア、アイスクリームとさまざまに形を変えたお抹茶を楽しめます。お抹茶好きにはたまりませんheart04 個人的には、アイスクリームとババロアが味わい深くて、特に好きheart あと、生クリームも美味だったな。
友人は和菓子セットを注文。丸められたこし餡が四角い寒天の中に閉じ込められた、夏らしいお菓子でしたが、食感的にはかなりしっかりした寒天だったようです。
悔やまれるのは、お茶の写真を撮り忘れたこと.....thinksweat02 友人は宇治煎茶、私は、お店の方おススメの宮崎県五ヶ瀬産‘みなみさやか’という発酵茶をいただいたのですが、どちらもこれまで味わったことのないようなお煎茶、烏龍茶(見た感じはお煎茶そのもの)でびっくりsign01
ゆったりと寛げる空間、完全禁煙もポイント高く、次に訪れるときには、じっくりとお茶を.....真剣に味わってみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ イル・サッジオ 横浜

2017. 8. 2

帰省の際、横浜のお土産として何度か購入させていただいている崎陽軒さんのシューマイ。そんな崎陽軒さんの本店に、初めて足を踏み入れてきました。
B1階にはビア・レストラン(オン・シーズンということでしょうか、開店前から長蛇の列.....beer)、1階には、優雅なティータイムを過ごせそうなサロンもありました。気になりながらも2階へ。

Img_6741

エレベーターを降りてまっすぐ、奥まったところにあったのが、中国(広東)料理‘嘉宮’さん、そしてこの日おじゃましたイタリア料理のお店‘イル・サッジオ’さんは、その手前左側にありました。


Img_6740

中華料理で知られる崎陽軒さんが手掛けるのは、ナポリを中心とする南イタリア料理らしいのですが、どんな感じなんだろう.....?


Img_6730 開店と同時に入店、1日50食限定の‘ボンジョルノ・ランチ’を注文してみました。
アンティパストミスト:
宮崎県産マアジのカルパッチョを甘酸っぱいフランボワーズ・ソースで
塩味のあるモルタデッラハムのポテトサラダ巻き
夏野菜のバーニャカウダ
南瓜の冷製スープ
バーニャカウダの野菜は三浦半島のもの、とっても新鮮でどれも美味しかったのですが、個人的には生食可能なかぼちゃ、コリンキーに心惹かれちゃいました。赤パプリカの横にちらりと写っているぶんです。


Img_6731 オリーブオイルをつけながらいただいた、2種類のバケットは、どちらもふんわり美味


Img_6732 茄子とモッツァレッラチーズ トマトソースを重ねたオーブン焼き、いかにもイタリアンな感じ、これは外れませんね~heart04


Img_6735 お魚とお肉、2種類のメイン・メニューからは、宮崎県産鮮魚とムール貝のヴァポーレ(ポワレ) 生海苔のソースを。お魚はかなり淡白、対照的にムール貝は、しょっぱめの味付けになっていました。存在感のあるオクラが美味しかったです。


Img_6737 メイン料理の後に出されたパスタは、パンチェッタと玉葱のソース和え バジリコ風味パスタ‘フジッローニ’。
この時点でお腹は結構満たされていたのですが、ボリューム少なめのショート・パスタだから.....といただいてみたら、想像していた以上のボリューム~coldsweats02sweat01 しっかりとした食感のせいかな?


Img_6739 だけど、デザートはもちろんsign01別腹coldsweats01
無花果のコンポート、抹茶ケーキ、ともにソースはピスタチオを使ったもの、それに、マンゴのアイスクリーム。飲みものは確か、コーヒー・紅茶・エスプレッソ・カプチーノ・アイスコーヒーの中から選ぶことができます。
お料理の出されるタイミングもよく、落ち着いて食事を楽しむことができました。食後も急かされるようなことはなかったので、ゆっくりと友人と久々のおしゃべりを楽しむことができました。
この雰囲気とサービス、お料理を考えると、‘ボンジョルノ・ランチ’はなかなか良心的な価格設定なんじゃないかな?

さて.....
この日の夜は北から空気が入り込んできたこともあり、とても過ごし易い夜となり、久しぶりにノー・エアコンで眠りました。窓から流れてくる涼風を身体全身で感じながら、タオルケットを首元まで引き上げて眠る.....とっても幸せな夜でした。
けれど.....
窓からいっしょに侵入してきたのは、夜風だけではなく.....。掃除機の唸ること、唸ることcoldsweats01
それでも自然の風って、やっぱりいいな~confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 皇苑 みなとみらい

2017. 7.26

生憎のお天気rainでしたが、今日は久しぶりにお出かけして来ました(^^)

Img_6712 本格的広東料理を中心に、中国各地の名菜がいただけるというこのお店で、贅沢御膳をいただいてきました。
前菜の盛り合わせ


Img_6714 テーブルに運ばれて来たとき、とってもいい匂いが辺りに漂いました。具材を見て、苦手な内臓系かな.....と一瞬躊躇しちゃいましたが、臭みもなく、美味しくいただきました。
冬瓜と豚ハツモト、鳩麦の蒸しスープ。とろっとろに煮込まれた冬瓜がまた美味~


Img_6715 三種蒸し点心
米粒で包まれたものの中身は豚挽肉、残り2つは海老が中に入っていました。色鮮やかな緑色の皮には、何が練り込んであるんだろう、ほうれん草?枝豆?まさか抹茶じゃあないよね?.....と、探りながら味わってみましたが、結局わかりませんでしたcoldsweats01
どれもしっかり味がついていて、そのままいただいて充分美味でしたheart


Img_6716 メイン・メニュー3つの中から、紋甲イカの湯引き 葱・生姜醤油仕立てを。イカはほどよい固さ、やや味が濃いかなと感じましたが、生姜好きには嬉しい一品sign01


Img_6717 メインと同時に出された、あわびの鶏白湯煮込み。ものすごく濃厚で、旨みが凝縮していました。


Img_6719 デザートの杏仁豆腐も上品。杏仁豆腐というよりは、ブランマンジェのような食感でした。
お料理はどれも美味しく、満足できるランチでしたconfident


Img_6723 伺った‘皇苑’さんは、みなとみらいのシンボル、ランドマークタワーの中にある横浜ロイヤルパークホテル内のお店。‘ロイヤルパーク’を漢字に置き換えると‘皇苑’になるのだそう.....。
日本で最も高い場所で中華料理がいただけるお店は、この高層ビルの68階にあります。


Img_6711 せっかく窓側の席を用意して下さっていたのに.....真っ白thinksweat02 北海道で利尻岳に登ってきた友人、‘山頂と同じ眺め’と苦笑い。
晴れていれば、富士山も見えるそうです。


Img_6722 食事を終えた頃、足下が少し見えていたので、写真を撮ってみました~sweat01 この左側方向にJR桜木町の駅があります。それにしても、周囲のビルに、こんなにヘリポートがあるのも知らなかったなぁ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 寿楽 鶴見

2017. 5.21

昨日、今日と暑かったですね~coldsweats02
気温が上昇すると食べたくなるのが、お寿司sign01
我が家の普段使いのお寿司屋さんと言えば、駅前の‘寿楽’さん。
お昼だったら、贅沢しなければ、まわるお寿司屋さんと同じくらいのお値段でお食事できちゃいます~heart04

Img_6101 朝食抜きの相棒さんはちょっとだけアップグレードしてにぎわいセット。


Img_6102 私は、松にぎり。どちらも、汁椀&ひと口デザート(ほんとにひと口ですcoldsweats01)が付いてきます。
私のプレートの方が豪華に見えたりするのは、遠近法効果かしらんeye


Img_6087 こぼれ種から開花した西洋朝顔。昨年植えてた場所から次々と芽を出してきてました。
相棒さんが引き抜いて処分すると言うので、‘今年は鉢植えで育ててみるから、おいておいて。’とお願いしたまま、ある日気がついてみたら、小さな鉢にこれでもかというくらい密植されていて......thinksweat02
土も適当にその辺りの庭土を入れただけのようなのに、丈が短いながら、花を咲かせてくれました~heart04
なのに、この撮影の直後、私が鉢を誤って蹴飛ばしてしまい、中身が飛び出てジ・エンド.....ごめんよ~weep 


Img_6092 お庭の隅っこに咲いているバイカウツギ。今年はたくさん花芽をつけてくれているのですが、全員が全員、こんな風にそっぽを向いている.....think


Img_6106

空中越境している枝があったので、花が散ってしまう前に、枝を切ってきました。花を飾るという習慣があまりない我が家ですが、たまにはよいですね.....。だけど、今年のバイカウツギ、何だか香りが薄いような.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ キッチンバー ブレゼ 鶴見

2017. 5. 1

あっと言う間の愛媛滞在でした。

Img_6016

帰りのフライトは、珍しく山側ルート。
瀬戸内海に浮かぶ島々が、たいてい下に見える景色なのだけど、この日は四国山脈.....かな?


Img_6021

関東地方の空はかなり荒れるという予報が出されていたこの日、陸からは離れた海上を飛行、富士山も遠く小さくにしか見えませんでした。


Img_6033

飛行機は心配したほど揺れることなく羽田に無事到着。
最寄り駅に着いて、いざ晩ごはん(なんか食べてばっかだなーcoldsweats01sign01)となったときに、以前からちょっと気になっていたお店‘Braise’さんへ。


Img_6028

ブロイラー生活が続いたから、軽~く.....と、サラダ


Img_6029

タコのカルパッチョ


Img_6030

ラザーニア・グラタンの3品シェア・ディナー


Img_6026

お料理もまずまず、雰囲気も決して悪くない.....
けど、お店に一歩踏み入れたときに鼻を突いたたばこの臭いthinksweat02 喫煙可のお店のようで、後から入店してきたカップルがすぐ後ろの席で、ぷっかぷっかやり始めたのは辛かったbearingsign01でなければ、もう1、2品注文してたかも.....。多分、もう行かないと思う。残念だなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ エクス 新子安

2017. 2.26

大船からの帰り道、イタリアンが食べたいと言い出した相棒さん。途中下車して、比較的近所にあるいつもの‘エクス’さんへ。夜の訪問は初めて。

Img_4675

おまかせコースをいただきました。
食前に注文した飲みもの。でっかいグラスで登場したサングリアには氷が大量投入、支えきれず、持つ手がぷるぷるcatfacesweat01


Img_4677

前菜:ハム、ビーフの和風オリーブオイル漬け、生ハムの新鮮生野菜添え


Img_4680

横浜野菜のバーニャカウダー
野菜の一つ一つが美しく、美味しいのだけれど、ソースがBuonoheart 相棒さんすっかりとりこ.....
‘ソースのつくり方は意外と簡単なんですよ。’と、スタッフの方がレシピを教えて下さったので、今度家でもトライしてみようかな。


Img_4681

パスタは自家製手打ち、もっちりとした食感で食べ応え大:
その1 カルボナーラをフェットチーネで


Img_4683

その2 牛ホホ肉のパッパルデッレ(幅のあるリボン状のパスタ)
どちらも濃厚、太めのパスタにもよく絡んで美味heart04


Img_4684

チキンとビーフのミニ・ステーキ


Img_4687

デザート:ティラミス
今回は下車した駅で予約の電話を入れたため、お取り寄せケーキでしたが、事前に予約を入れておくと、自家製のケーキが用意されるそうです。
昼間は懐かしのJポップが大音量で流れる店内、ディナータイムは、洋楽のポップが静かに流れていました。美味しいディナーに満足、ほろ酔い気分で家路へ.....。o@(^-^)@o。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧