横須賀ウォッチング

安針塚へ

2015. 2.21

お昼をいただいた‘駅’さんで、安針塚への道を尋ねたところ、お店の前の道をまっすぐ、距離はたいしてないけど、かなり急勾配ですよ~とのこと。

Img_4489

集落を抜ける辺りから、傾斜が急になってきて、ぜいぜいwobblysweat01言いながら登っていると、上から下りて来られたご夫婦の女性、‘キツイでしょ~?下りも膝が大変よ~’shock


Img_4480

安針塚は、標高133mの塚山公園の中にあります。
三浦按針=イギリス人ウィリアム・アダムスは、ご存じのとおり。オランダのファン・ハーヘン会社の東洋探検船隊に加わり、1,598年、航海長としてリーフデ号に乗り込みました。1,600年に台風に遭い、残った乗員24名とともに、豊後国(大分県)臼杵に漂着。徳川家康は、按針を政治・外交顧問として重用、江戸日本橋に屋敷を、ここ、逸見に250石の領地を与えたようです。
姓・三浦は、領地のあった三浦半島から、名・按針は水先案内人に因んでいるようです。
家康が亡くなった後は不遇となり、1,620年、平戸にて57歳で病死。
「我死せば、東都を一望すべき高敞(こうしょう)の地に葬るべし。さらば、長く江戸を守護し、将軍家の御厚恩を泉下に奉じ奉らん。」との遺言に従い、この地に供養塔が建てられたようです。凝灰岩製の右塔が按針、安山岩製の左塔が妻・ゆきのもの。右側には、大きなタブノキが供養塔を守るかのように、そっと寄り添っていました。


Img_4485

塚山公園は桜の名所として有名だそうで、花の時季には‘三浦按針祭観桜会’も開催され多くの人で賑わうそうです。
今は、ひっそりとした園内、ちょうど梅の花がほころび始めたところ.....


Img_4486

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人口急増.....?

2014. 7.12

お昼頃出かけてみると.....何だか妙に人が多い。通りを挟んで真向かいにあるスーパーも妙に混雑してるなぁ.....って思ったら、今日は‘ペリー祭’の日でした。水師提督ペリー上陸記念式典や開国バザール、日米親善ペリーパレードも行われていたようです。そのどれも見逃してしまった私たちですが、夕食を終える頃聞こえてきた、どーん花火sign01という音に導かれてペリー通りへ。通りの両側には屋台がずら~り。その先のビーチまで行くとフルビジョンで花火見物もできたのでしょうが、人が多くて通りから背伸びして見るのがやっとwobblysweat01
Img_2126 2年ぶり、福岡の大濠公園花火大会以来の花火撮影。要領を思い出すのにちょっと時間がかかってしまいました。


Img_2120

Img_2121


Img_2129


Img_2130 何とか間に合ったかな.....?
人混みは苦手だけど、夏の花火っていいもんですねconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルニー公園

2014. 6. 1

ブログ、ようやく6月突入です~coldsweats01sweat01
日曜日、お買いもののついでに、汐入にある‘ヴェルニー公園’を散策してきました。

Img_1903 公園の名前は、フランス人造船技師 フランソワ・レオンス・ヴェルニー氏に因んだもの。海軍増強を目指した徳川幕府の要請に応え、横須賀製鉄所(造船所)の建設責任者として1,865年に来日。1,876年の離日まで、観音埼灯台、走水の水道の建設や煉瓦の製造、また製鉄所内に技術学校を設け、日本人技術者の養成に努める等造船以外の分野でも広く活躍した人物です。


Img_1912 フランス庭園様式を取り入れて整備された園内には、多種類のバラの花が咲いていましたが、真夏を思わせるような連日の強烈な日差しsunにぐったりとした様子wobblyのものも.....。


Img_1890 そんな過酷な状況の中でも元気に咲いていたバラたち.....
ブーケ状のこの愛らしいカップ咲きのバラは‘スイート ドリーム’。


Img_1895 ラベンダー色の美しい形の‘ブルー ライト’


Img_1900 ‘ピエール ド ロンサール’は、中心が淡桃色で外側の花弁がやや緑がかった、淡いグラデーションが楽しめる白いバラです。


Img_1913 情熱的な紅色のこのバラは‘ラスト タンゴ’


Img_1916 色鮮やかな.....シャクヤクにも似た感じの‘ソフィーズ ローズ’に


Img_1918 故・グレース王妃の夫君、モナコ公国元首レニエ三世大公の即位50周年記念に捧げられた気品ある‘ジュピレ デゥ プリンス ドゥ モナコ’等々、けな気に咲いてくれていました。


Img_1907 海沿いにはボードウォーク。


Img_1908 そのボードウォークにとり付けられたフットライト、まるでサイクリストのヘルメットのよう.....?


Img_1904 ‘ヴェルニー公園’ではバラと軍艦のショットが可能。


Img_1915

軍港を背景にもつここならでは.....


Img_1920

軍港めぐりのクルーズ船がちょうど入港して来ました。この日のクルーズは既に予約でいっぱいなのだとか。


Img_1923_2

ボードウォークから海を見おろすと、意外にも澄んだ水。海藻の他にも


Img_1924 海草も。


Img_1881 旧海軍関係の慰霊碑の近くには


Img_1880

正岡子規の文学碑。1,888年の8月、夏期休暇を利用して友人とともに汽船で浦賀に着き、横須賀や鎌倉で遊んだ子規。
その際、横須賀港内に連なる帆柱の印象を詠んだものだそうです。

   横須賀や 只帆檣の 冬木立ち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見散歩 @ 神明公園.....近辺

2014. 4. 5

Img_0857 ほうら、この青空sun歩くっきゃないでしょ~coldsweats01ってことで、陸上自衛隊の駐屯地から神明公園までちょこっとウォーキング。


Img_0858_2 とは言っても、神明公園の園内には桜はそれほど多くありません。


Img_0860 でも、公園から‘くりはま花の国’へと続く道の両側には


Img_0870このとおりの桜並木~cherryblossomcherryblossomcherryblossom 車道でなければトンネルの中、歩いてみたい。


Img_0864 突き当たり、‘花の国’の入口付近では、山陰になっている場所で唯一スポットライトを浴びている若木と


Dsc_0585 ポピー園が迎えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見散歩 @ 陸上自衛隊久里浜駐屯地

2014. 4. 5

短命だった今年の桜cherryblossom 心ゆくまで満喫.....とはいきませんでしたが、その分、葉桜になってしまった今、思い出を辿ってお花見を楽しみ直そうーっとcoldsweats01

Img_0815

左右の柳の新芽に挟まれた桜の列の上には、まるで夏を思わせるような雲


Img_0816

平作川を渡ったところに


Img_0852_2

普段は立ち入ることのできない、陸上自衛隊久里浜駐屯地があります。この週末は桜まつりということで、一般公開中。
門のところにいたおにーさん、入るときと出るときにはきりっsign01と敬礼してくれました。こういうときって、どう反応を返せばよいのかわからず、意味不明の笑みを浮かべながら、軽く会釈して通過.....。


Img_0817

公開されている場所は、もちろん、制限されているのですが、一般の公園で普通にお花見を楽しんでいるようにしか見えません。


Img_0832

芝生の広場を取り囲むように並ぶ桜並木、実はソメイヨシノとオオシマザクラが交互に植えられています。肝心の花は、遠目にはまだ満開といった感じですが、近くで見ると、木によってはかなり散り始めているものも。


Img_0836

桜&自衛隊の特別車両.....何とも不思議な組み合わせです。


Img_0847

敷地内の売店に入ってみると.....おもしろいもの発見sign01一般のお店では見ないですよね?


Img_0848

‘シャリカ’という塩味の揚げたスナック菓子のようですが、包装袋は自衛隊仕様。かなりの大袋です。


Img_0849

雑誌のコーナーもすごいsign01


Img_0851

売店の入ったビルの向かいにはこんな建物が.....


Dsc_0516

海軍通信学校がここ、久里浜に移されたのは、1,939年11月。敗戦後は占領軍が接収。1,950年、警察予備隊発足とともに駐屯地となったようです。


Dsc_0539

桜の終盤の美しさに負けじと


Img_0843

強い輝きを放っていたのは、モミジの新緑


Img_0891

相棒さんが売店で購入してきたのは.....行軍にも最適らしい、迷彩色のフラットインソール.....thinksweat02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

観音崎公園散策

2014. 2.23

運動不足の解消sign01とばかり、自宅から徒歩で観音崎へ向かいました。ちと遠かった~coldsweats02
Img_0387 三浦半島東端に位置し、東京湾の浦賀水道に面していて、付近は神奈川県の県立公園として整備されています。


Img_0388石碑の近く.....目を引かれたのは、冬空を背景にちょっと芸術的なこの木と


Img_0389 うっとり?と空を見上げる、うら若き乙女風の椿の赤


Dsc_0307 こちらは観音埼灯台。1,866年(慶応2年)の江戸条約に基づき、3年後の1,869年(明治2年)に完成、初点灯した日本最初の洋式灯台だそうです。関東大震災等二度の地震によって倒壊、現在の灯台は3代目。


Img_0402 高さ19m、光達距離は20海里。真下から見上げると、なかなかの迫力。


Img_0397 比較的新しいように見受けられる、こんな案内板も。


Dsc_0314 灯台の上からの眺め。東京湾口の最も狭い水道となっていて、交通量も多め。この場所に灯台が必要だったのもうなずけます。写真中ほどに見えるのは、第一海堡だったか、第二だったか.....。


Dsc_0313 対岸、千葉房総半島の富津岬までは7kmほど。


Dsc_0320 灯台入口付近にある資料館の中には.....ヴェルニー氏の胸像。観音埼灯台の建設を指揮したフランス人技師です。江戸時代末期に日本に招かれた外国人技術者のうちの一人で、横須賀製鉄所(のちの造船所)の建設運営のために1,865年(慶応元年)に来日。帰国するまでの12年間、日本の近代産業の基礎づくりに貢献した人物です。


Img_0405 こちらは、彼が指揮してつくった初代の観音埼灯台。煉瓦造りの美しいフランス風建築だったようです。


Dsc_0331 園内では、江戸時代後期に築かれた砲台や弾薬庫跡も見かけました。


Img_0409 同じく園内にある海上保安庁東京湾海上交通センターの敷地内にある白梅の花も開花を始めたばかりの頃のウォーキング~confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東叶神社 @ 東浦賀

2014. 2.23

Img_0427

浦賀湾を挟んで、西叶神社のほぼ対岸にあるこちらは東叶神社。


Img_0432

1,644年、西浦賀の叶神社を歓請して創建されました。石段の途中、両側にあるソテツは、源頼朝と縁のある伊豆の地より移植奉納されたものだそうです。


Img_0430

睨みをきかす狛ちゃん。


Img_0431

結構な迫力。


Img_0429

裏山は標高50mの明神山。後北条氏の頃、房総半島の里見水軍が、しばしば三浦半島に攻撃を仕掛けてきていたので、この明神山には水軍が配置されていたそうです。山頂には神社の奥宮があり、その左には勝海舟断食の場の標柱(咸臨丸で太平洋横断を成し遂げた勝海舟。 航海前に、この地で断食を行ったのだとか。)があるそうですが、5時間近くのウォーキングの後では200段以上登って行く気力もなく.....。また次回の苦行sign02ということでcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西叶神社 @ 西浦賀

2014. 2.16

しばらく前のことになりますが.....ご近所散策レポです。

Img_0361 源氏再興を願った神護寺の文覚上人。もし、願いが叶えられるならば、ふさわしい土地に神社を建てると誓いました。この願いが実現しそうになり、その土地を探し求めた結果、1,181年、西浦賀に京都石清水八幡宮より勧請し創建したのがこの西叶神社。1,186年、壇の浦の戦いで平家が敗れ、源氏の世となると、大願が叶ったとし、叶大明神と称するようになったそうです。


Img_0356 オリジナルの社殿は1,837年に焼失、現在のものは1,842年に再建されたもの。
龍をはじめ社殿には230を超えるすばらしい彫刻が見られますが、安房国(千葉)の彫刻師 後藤利兵衛の若い頃の作品だそうです。利兵衛は、これらの仕事が認められて幕府の彫刻師となったのだとか。


Img_0359

社殿の傍に置かれた絵馬には‘叶’の文字。パワースポットとしても知られているようです。


Img_0358

社殿前の狛犬とは別に、石段の手すり部分に立ち上がって、こっそりとこちらを窺うかのような狛ちゃん。


Img_0360

マンガチックなお顔をしています。柱の陰になっていてわかりにくく、気付かずに通り過ぎちゃう人もいるんじゃないかなぁ.....。


Img_0363

境内には大きなイチョウの木。


Img_0365

イチョウの枝って、こんな感じでしたっけ.....?


Img_0369

白梅も、ちょうど賑やかに咲き始めていた頃の散策でした~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ特別なお花見

2014. 4. 5

午前中放送された、U -17(17歳以下)女子サッカーW杯決勝戦。体格でも、スタミナでも上まわると思われるスペインの選手たちを相手に、チームワークと技術で正々堂々と戦う‘リトルなでしこ’たちのプレーにただもう夢中になって応援~sign01おめでとう、初の金メダルshine
曇りの予報のはずが、お昼前には青空が広がってきたので、よい気分のまま、近場のお花見に出かけてきました。

Img_0821 眩しいくらいの青空~


Img_0833 整列する桜~


Img_0829 オオシマザクラに


Img_0818 ベニシダレ


Dsc_0564 どこでも見かける桜の花たち.....。でも、これらの桜.....実は普段、立ち入ることのできない特別な場所に咲いていたのでした。詳細は後日.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨天決行!

2014. 4. 3

Img_0779 家から一番近い桜の名所百選、衣笠山公園にて


Img_0780 雨音を聞きながらのお花見散歩。
名所も、さすがにこのrainでは、花見客もまばら。それでも、展望台の屋根の下を利用してピクニックを楽しむグループが2、3。


Img_0781 菜の花と桜が彩る散歩道


Img_0788桜や菜の花にとっては恵みの雨。


Img_0787

一層色鮮やか。


Img_0791

どことなく儚い雰囲気の若木にも惹きつけられ.....。
一人だったらきっと出かけなかっただろう雨のお花見。約2,000本の桜が植えられているという公園の全体像はよくわからなかったけれど、それでも幻想的な桜に出合えて、また一つ、桜の魅力にハマってしまいました。


Img_0801 駅からの帰り道、道路端の水たまりの中で、まるで寒さを凌ぐかように、花びらたちが身を寄せ合っていました。花散らしの雨となってしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)