名水

明神池の水

2013.10.13

山歩きがボツsign01になると、途端に時間を持て余し気味になってしまう私たち.....。夏休みのときと同じようなルートになってしまいますが、高千穂から阿蘇に抜けることにしました。
Img_0399 阿蘇で立ち寄ったのがここ、旧白水村のほぼ中央に位置する明神池名水公園です。池の傍の案内板によると、水の生まれる里‘白水’でも一番美味しい水と言われているのだとか。自由に汲むことができますが、環境維持のための募金をsign01とありました。池の中に募金sign02して行く人もいるようで、‘飲み水なので池の中にはコインを投入しないでsign01’ともcoldsweats01


Img_2186 汲み場となっている橋?の左が飲用水。透明度が高く、池のところどころで水が湧き出しているのが見てとれます。湧水量は毎分2トンほど。
ここの水は飲むと子宝に恵まれると言われていて、‘誕生水’と呼ばれているようです。


Img_0401

反対側は一段低くなっていて、こちらの池にはたくさんの鯉が泳いでいました。


Img_2188

更にその奥には、南外輪山を借景に、水草の繁殖した池.....。これらすべて合わせて‘明神池’なんでしょうね.....。元々は5,070㎡もの広さの沼沢湖だったそうですが、昭和28年の大水害やその後の公園整備等で埋め立てられ、現在は52㎡ほどに縮小されたのだそうです。


Img_2190 近くには.....阿蘇の大地にはためく会津の旗。元会津藩家老 佐川官兵衛の資料館です。西南戦争が勃発した際、戊辰戦争で賊軍の汚名を着せられた雪辱を果たそうと旧会津藩士たちも政府軍として参戦、官兵衛もそのうちの一人でした。この地に寄留し、兵士たちの略奪行為を厳しく戒めたと伝えられています。官兵衛の遺徳が語り継がれた白水村では、明神池周辺に記念碑が4ヶ所、阿蘇郡内では慰霊碑が十数ヶ所も建っているそうです。

君が為都の空を打ちいでて阿蘇山麓に身は露となる
出陣の朝、真新しい肌着に身を包み、明神池の水を飲んで読んだ、官兵衛辞世の句です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水の湧水

2013. 5. 4

清水磨崖仏・岩屋公園の傍に、‘清水の湧水’があるのを地図で発見sign01そちらにも寄ってみることにしました。

Img_0063 名水百選に選定された‘清水の湧水’。木漏れ日が水面に射し込んでいます。
シラス台地の崖下から、6,000トン/日の水が湧き出ていて、
昔から地域住民の方の飲料水、生活用水、農業用水として広く利用されていたようです。昭和41年からは、町の上水道の水源として日3,000トン、約3,800世帯の水をまかなっているのだとか。
水源はあの立派な建物の中のようですが.....。何だか近付き難い雰囲気ですよeye


Img_0066 こういうときのためにペットボトルを用意してはいたのですが、この看板によると、取水する場合は水利組合長に届け出が必要ということのようなので、ギブアップ。外部からやって来る取水者のマナーが悪かったのでしょうか、管理が厳しいようです。


Img_0067 湧水の傍には、市指定の重要文化財、水元神社の薩摩塔と


Img_0068 その横には、日清・日露戦没記念碑がありました。石碑に使う石材としては、ちょっとおもしろい形をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白川水源 @ 南阿蘇

2013. 3.30

阿蘇山の南山麓にはいくつもの湧水群がありますが、この白川水源は最も代表的な湧泉で、環境省の名水百選にも選ばれています。湧出量は毎分60トン。

Imgp0809

底がはっきりと透けて見えるほどの清らかな水は


Img_9660 水神さまである白川吉見神社の境内から湧き出ています。


Imgp0799

水汲み場はこちら。奥に見えているのが白川吉見神社です。


Img_9663

水源のあるこの場所に入るには、保全協力金として一人当たり100円支払います。汲む量に制限はありませんが、駐車場まで200~300m程度は歩かなくてならないので、欲張り過ぎるとちょっと大変です。


Img_9664

汲み場から見る湧水。静かに、でも勢いよく流れていきます。


Imgp0803 近くの売店では、汲水用のペットボトルも販売していました。


Imgp0807 付近のお土産物屋さんにて。ここは熊本、‘くまモン’グッズもたくさん。


Imgp0801

てぬぐいにも


Img_9650 おっとsign01これ、‘バリィさん’ですかね.....?何か.....微妙におやじ化しているような気がしますが.....。ほんとはもっとかわいいよ~。


Img_9640 ‘くまモン’は飲みものの販売にも一役買っていました。


Imgp0806 こちらはちょっと珍しい横顔の‘くまモン’


| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸池湧水 @ 湧水町

2013. 2.11

目的地に到着したのは、正午をまわってから。姶良郡湧水町にある丸池。
Dsc02329 霧島連山栗野岳の標高600m付近に降った雨が浸透し、35年sign01をかけて丸池に湧水しているのだそうです。その量59,000㎥/日。


Dsc02322 池周辺は公園として整備されていて、その一角に水神さまが祀られていました。


Img_8628_2 名水百選にも選定されている透明度の高い水です。水の清らかさはもちろんですが、水草の多様性にも驚かされました。


Img_8631

Img_8632

Dsc02345

豊かなのは水草だけではありません。fishもたくさん.....。相棒さんは‘ハヤ’と言うけれど.....ほんとかな???


Dsc02349

少しカラーの異なったfishも.....。


Dsc02330 湧き口はいくつかあるようですが、最も確認し易かったのがここsign01底の砂を巻き上げながらぼこぼこと.....。


Img_8645

ここでは水を汲むことができます。


Dsc02343 案内板には以下のようなことが記載されていました。
地下40mから湧き出る霧島山麓を水源とした良質かつ安全でミネラル分の多い天然水であること。
飲料水としての基準値を全て適合していること。
硬度46㎎/ℓ(軟水) ph値7.3(中性) 水温17.4℃(大気に接している丸池より約1℃程度冷たい)こと。
もちろん、持参したペットボトルに分けていただきました。それにしても、こんな名水を日常的に使用できる湧水町の皆さんは羨ましいなぁ.....。


Img_8641 光と戯れる湧水.....。しばし見惚れてしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水湧水 @ うきは 福岡

2013. 1.20

Img_8185 大分との県境、うきは市浮羽町にある清水寺(せいすいじ)にやって来ました。


P1000764 お目当ての‘清水湧水’はこの山門を抜けた先.....。


Img_8191湧水の池前には「名水百選」認定書。って、ちゃんとあるんですね.....think


P1000777 混雑しているようなので、しばらく境内を散策してみま~す。


P1000776

本堂は静寂に包まれて.....。


P1000774 境内にいらした石仏。


Img_8190_2 こちらが‘清水湧水’です。汲み場の対岸から撮影。
この‘清水湧水’は建長元年(1249年)に常陸の国の日用比丘(ひようひこ)という僧が、諸国遍歴の途次に発見したといわれています。湧出量は1日に700トン余りと一定していて、水温は17℃。


Img_8198 汲み場にて。複数の柄杓とじょうごが備えてありました。
この美しい水を永く後世に引き継ぐための清掃、維持、管理の協力金として、100円以上のご協力をお願いしますとのこと。確かに清らかなお水です。


Img_8194 汲み場の右、少し上がったところには、湧水を見守る石仏。


Img_8199 湧き出でた清水は、お寺の石垣の下の側溝を勢いよく流れて行っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)