葉山女子?旅へ

2016.10. 7

Img_3049京急電鉄が発券する‘葉山女子旅きっぷ’、自宅最寄り駅から新逗子駅までの往復(逆行しなければ途中下車も可能です)+現地でのバス乗車券と、ごはん券、おみやげ券がセットになったお得切符を利用して、葉山をさら~っと探検してきました。


Img_3035まずは食い気coldsweats01
‘Pizzeria Viva Vita’さんにおじゃましました。


Img_3030

こちらのお店でいただけるのは、サンペレグリノ(炭酸水)or メニューにある他のソフトドリンク一品と


Img_3031

店内の窯で焼くピッツアのランチセット。
追加料金なしでいただけるメニューの一つ、インサラータ。ほんとに葉っぱだけ~coldsweats01 焼きたての生地はもっちり、小麦の自然な甘みが感じられました。あとは、フリルレタスにバルサミコ酢、塩味の効いたチーズ.....で、多分、軽く上から塩コショウされている.....本当にシンプルなピッツア。これが意外といけたりするんで、びっくりsign01


Img_3032

もう一つのメニュー、マリナーラは、トマトソース、ニンニク、オレガノのみの、こちらもまたシンプルなピッツア。ニンニクは完全に火を通さず、ちょっと辛みを残して味にアクセントを添えていました。
個人的には、インサラータの方が好みかもheart


Img_3038

食後、徒歩にて、葉山御用邸のお隣にあるしおさい公園へ。ここは葉山御用邸付属跡地で、1,987年に開園。園内には、日本庭園や、相模湾の海洋生物をテーマとした博物館等があります。園内を一周して行くと、海岸に近い辺りには黒松の自然林が残り、潮騒が聞こえてきます。


Img_3039

周囲の樹々を映し出す水面、ほんのわずかですが紅葉も始まっていました。


Img_3037

‘噴井(ふけい)の滝’、落差3mほどの滝ですが、横に広がりながら水が落下する‘布落ち’と、壁面を伝うように水が落ちる‘伝い落ち’の複合水流からなり、美しい段瀑の姿をしています。湧水部が力強く水を噴き上げる井戸型をしていることから、‘噴井の滝’の名がついたという説があるようです。


Img_3040

池の畔にあった一景庵にてひと休み


Img_3041

久々にお抹茶をいただきました。やっぱり好きだなぁ~、この香りheartお茶請けは和三盆。


Img_3043

続いてバスで移動、パワースポット、森戸神社へやって来ました。森戸大明神は古くから縁結びの神さまとして知られているそうで、‘女子旅’という言葉がぴったり似合いそうな、若い女性のグループも見かけました。


Img_3044

‘あsign01’の狛ちゃん


Img_3045

‘うん’の狛ちゃん


Img_3046

みそぎ橋から見る森戸神社。そしてその朱色の橋を渡ると.....


Img_3047

森戸海岸に出ます。葉山では、海岸に沿った大通りにも、ちょっと山の方に入った道沿いにも、おしゃれなレストランやカフェ等々お店が多いのに驚きましたが、主にサマー・シーズンの海水浴客で成り立っているのでしょうね。きっとこのビーチも人だらけで、足の踏み場もないくらいに激混みするのでしょう.....shock
天気がよければ、富士山も見えるそうなのですが、今日は生憎、雲の中におこもり中。運がよければ、美しい夕陽も望めそうです。
その後、葉山マリーナに立ち寄り、友人はここでお土産ゲットsign01


Img_3048

私は、新逗子駅近くの、かわいらしい、この紅茶専門店‘ティアラ’さんにてお土産をいただきました。


Img_3051

ティーバックの10個入りの紅茶2種類を選べるとのことで、お店の女性おススメの‘シャンパン’と‘ディンブラ’を。上品で爽やかなシャンパンの香りの紅茶と、紅茶の基本とされる真っ赤な色の美しい紅茶、どちらもいただくのが楽しみですheart04
葉山の町を歩きながら感じたこと.....友人の表現を借りるなら、‘建売らしき家がない’。デザイナーズハウスでしょうか、個性あふれるユニークでおしゃれなお宅や庭が多くて、見ながら歩くのが楽しかったです。お店もいろいろあるし、再訪するのも悪くないかな。‘葉山女子旅きっぷ’、葉山イントロダクションとしては、なかなかよいアイデアだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み前半はここ!

2016. 7.13-16

1週間の夏休み、その前半はこの町で。

Img_1587駅前に駐車中の車は all 電気自動車


_1080993

馬車も待機中


Img_1847

馬車が走るメイン通り


Img_1486

町の教会の前で翻る赤に白の十字の国旗


_1090042 この町から見える最も有名な山.....の一部coldsweats01


Img_1893 この町のスター、マッターホルンですsign01その山麓にあるツェルマット(スイス ヴァレー州)、四半世紀ぶりの再訪~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの旅.....

2016. 7.13

もう2カ月近く前のことになりますが、夏休みのレポをしようとしたら、移動途中の写真がほとんどな~いsweat01 自分でびっくりcoldsweats01sign01

Img_1443 トルコ上空飛行中。意外と大きかったんだなぁ~。行けども行けども、モニターの中の飛行機マークが国境を越えない.....coldsweats01


Img_1445 雲が多い中、切れ間から姿を現した白銀の山嶺に心ときめき.....heart04


_1080647zermatt 着陸後、電車に乗って.....窓いっぱいに広がる海sign01ではなくて湖は曇天を映し込んだような鈍色eye


Img_1448途中乗り換えた色鮮やかな電車は


_1080669

山間を奥へ奥へと.....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北欧にも行きたかった相棒さんのために

2016. 5.23

ベネチアからスタートしたヨーロッパの旅もついに終わり。

Img_1318

ウィーン国際空港へは、ホテルからも比較的近いウィーン・ミッテ駅からCAT(シティ・エアポート・トレイン)を利用。券売機にて切符を購入、片道€11ほど。


Img_1319オーストリア航空及びアライアンス・エアライン利用の場合は、ここで搭乗手続きを行ったり、荷物を預けたりすることができるようです。


Dsc_0297

空港までダイレクト、所要時間は16分ほど。座席にもゆとりがあり、荷物を置くスペースもあって快適でした。


Img_1346

クルーズはともかく、たった1週間でウィーン・プラハ・ブダペストはちょっと無理があるな~と内心思ってはいたけれど、相棒さんのリクエストは次々と....北欧も行きたいと言っていた彼のために、上からチラ見できるよう、帰りはヘルシンキ経由coldsweats01
今回の旅行中、クルーズを離れてからは、プラハの聖ヴィート大聖堂で1団体を見かけたくらいで、ほとんど日本人を見かけることがなかったように記憶していますが、最後のここ、ヘルシンキでは、成田・東京・大阪・名古屋と17~18時に離陸する便が重なり、日本人わんさかsign01北欧ブームもあって、ヨーロッパにおけるハブ空港としての地位を確立したのかも知れませんね。


Img_1347森と湖、そしてムーミンの国.....ここもいつか訪れることができるといいな。


Img_1348

ヘルシンキを飛び立ったJAL便。日よけのためのシェード(上下に開閉するぶんです。)がない~eyesweat02と思っていたらsign01ボタンで透過光量を電動調整できるようにつくられた最新式の窓、ボーイング787で採用されている仕様のよう。光量は調整してくれるけれど、遮熱機能はイマイチだったような.....太陽が真横から照り付けると結構暑かったです。

たった2週間の旅.....振り返って見ると、何とsign013ヶ月もかけてのレポとなってしまいました。途中記憶が曖昧な部分も多々出てきてしまいましたが、根気強く、長々とおつき合い下さり、どうもありがとうございました。7月の夏休み旅についても近々レポ予定?、どうぞお楽しみに。 Dankesign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィーンへ

2016. 5.22

Img_1280 ブダペストを発つ前に、ホテル近くのCOOPで水をゲットsign01 飲みもの類が床に直に置いてあることにちょっとびっくり.....


Img_1282 コシュート・ラヨッシュ広場から地下鉄2号線に乗って、東駅(Keleti pályaudvar)に向かいます。ホームはかな~り地下深く、長いエスカレーターで下って行きます。
たった1本の500mlペットボトルの水も、地下鉄の切符もクレジットカードでの支払いが可能。換金する必要がほとんどなかったのは楽~heart04 


Img_1283 日曜日のお昼、意外と混んでいました。


Img_1285 東駅はブダペスト最大のターミナル駅だそうで、国際列車のほとんどがこの駅発着のよう。ちょっとレトロな感じかなと思ったら、建設されたのが1,881年から1,884年にかけて、当時のヨーロッパでは最もモダンな駅舎だったそうです。


Img_1284 乗車するのは、13:40発ザルツブルグ(オーストリア)行きのレイルジェット。右側の赤い車両です。


Img_1286 座席の上にあるこの部分が点灯していたら、その区間は予約が入っていて、表示がなければ座席は指定されていないそうで.....。親切な女性が教えてくれました。おかげさまで、今回はドキドキすることなく、ゆったりと電車の旅を楽しむことができました。


Img_1288

乗車直前に駅の売店で購入したチキンサンド。
‘ランチ、それだけsign02お腹空くわよ~。他に必要ない?’と売店のお姉さん。ハンガリーの人って食べることに関してものすごく気を遣ってくれる.....。なので、ミニチョコ追加coldsweats01


Img_1291 何かあったときのために.....小さなハンマーと


Img_1294 脱出のための窓の壊し方の説明が.....。


Img_1297 風車地帯を抜け


Img_1299 風になびく草原地帯を走り.....途中、3回ほど突然急停車し、どきりsign01としましたが、その後は何のアナウンスもなくそのまま走行。車内も、一瞬ざわつくものの、走り始めた電車に安堵し、大騒ぎする人はいませんでした。だけど、何だったんだろう.....sign02日本だったら、何らかのアナウンスが入りますよね。


Img_1301 2時間半ほどでウィーン中央駅に無事到着。ほんの少しでも馴染みある駅だと安心感があります。
ベネチアから到着したときのような、身震いするような風の冷たさもなく、こちらもひと安心.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィーン出発

2016. 5.18

Img_0368

2日前にウィーンに到着した際、今日の切符を、この自動販売機にて購入。
中央に写っているオレンジ色のベストを着用しているのはQBB(オーストリア国鉄)の職員さん。わからないことがあれば、質問に答えてくれます。


Img_0598

この自動販売機、背の低い人や子供でもちゃんと購入できるように、中には低い位置に設定された販売機も。
トップ画面はドイツ語ですが、言語切り替えボタンで英語による操作も可能..... でないと買えな~いsweat01


_1070227

今回乗車したレイルジェット(国際特急列車)


_1070173

1等車の様子。
ここで困ったことが起きました。アメリカ人の年配の4人組が座っていらした席に別の乗客がやって来て、そこは自分の座席だと主張。実は、私たちもそういった事態を恐れて、乗車前にあのQBBのスタッフの方に、‘チケットは持っているけれど、チケットオフィスで座席指定をした方がいいですか?’と質問していたのですが、彼らの答えは‘必要ない。そのまま行って乗ればよい。’というものでした。そのアメリカ人の方たちも同じことを言われてたようで、納得できない様子ながら、食堂車の方に移動して行きました。


_1070183

私たちの座っていた座席はとりあえず大丈夫でしたが、途中で乗車してきた人が、‘そこは.....’と言い出すんじゃないかとドキドキしていました。幸運にも、最後までそういう方は現れませんでしたけれど。自動販売機ではなく、チケットオフィスで切符を購入していれば、座席指定できたんだろうな.....。
ところで、その座席に予約が入っているかどうか見分ける方法を、今度はウィーンに戻る電車の中で親切な女性が説明してくれたのですが、それはまた後ほど.....。


Img_0599

目的地、現在走行中の時速、停車駅とその予定到着時刻が車内のモニターに映し出されています。


_1070180

乗車してすぐに確認しなければ落ち着かない相棒さん、早速お手洗いの位置をチェックsign01


_1070181

インフォメーションセンターもあったようです。

_1070185

高速で走行中の車窓からの撮影なのでなかなかきれいに撮れませんでしたが、すてきな景色が広がっていました。


_1070191


_1070204

パリの空港に着陸するときにも、一面真っ黄色の大地が見え、何だろう.....?を目をこらしたのですが、多分同じもの.....菜の花だと思われます。


_1070221

ウィーンから4時間ほど、ゆったりとした座席で揺れもほとんど感じることなく、快適な電車の旅でした。


_1070225

プラハ本駅に到着です。


_1070228

天井が意外と低めですが


_1070229

赤の世界で、必要な情報は青い掲示板で表示されているので、わかり易いと言えば、わかり易いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地・温泉

今回の‘ランプの宿 高峰温泉’さんへのツアー、最初は宿に直接予約を入れようとしたのですが、生憎希望した日程では満室。だけど、29・30日であれば‘びゅう’さん枠でひと部屋空きがありますと宿の方に教えていただき、JRと宿泊がセットになった‘びゅう’さんからの申し込みとなりました。
Img_4142 高峰温泉さんが掲載されていたのは、この‘地・温泉’のパンフレット。今回初めて目にしたパンフレットでしたが、これまで訪れて惚れ込んでしまった温泉や、今後行ってみたいなぁ~と思っていた温泉がずら~り。
チェックアウト時に、思いがけなく、いただいた‘地・温泉湯めぐり帖’。2,014年4月1日から2,017年3月31日までの有効期限内に、パンフレットに掲載された湯宿に宿泊し、スタンプを集めると、その数に応じて‘地・温泉’グッズがいただけるようです。


Img_4143
湯めぐり帖の他に、‘びゅう’から申し込まれた方にと、入浴剤のお土産もいただきました。
身体が猛烈に凍えそうな日のために大切にとってありますconfidentspa


Img_4079 チェックアウトの朝。更に雪が積もったようで.....


Img_4074 お出迎えの雪だるまくんものっぺらぼうに。


Img_4076 青空も薄らと広がり


Img_4081 今日だったら、もう少し見えていたかもしれないなぁ、浅間山.....


Img_4087 すばらしい温泉に、美味しいお料理、居心地のよい館内、充実したアクティビティ.....そして首都圏からも比較的近いということで、リピーターの方も多くいらっしゃるようです。私たちにとっても、また行きたいなと思えるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年締めくくりの旅

2014.12.29-31

2,014年ももう終わろうかという29日、東京駅から長野新幹線で佐久平へ。そこからバスに乗り換えて到着した終点の停留所では
Img_3900 宿の送迎用雪上車がスタンバイsign01


Pc310103 今回の宿、‘高峰温泉’さん。日帰り入浴では訪れたことがありますが、宿泊するのは初めて。


Img_3920 久しぶりに見た~氷柱shine


Dsc_0032

引力が働いたら恐い.....shocksweat01


Img_3929

入口のところにあったこの氷の塊も、元は大きな氷柱だったのだそう.....eye


Img_3911入口の向かい側には雪だるまくんsnowのお出迎え


Dsc_0021

午後の陽光に輝く雪面がきれい~heart04.....なんて無邪気にはしゃげるのは、雪の恐ろしさを知る機会のないところでずっと育ってきたからなんでしょう.....think


Img_3927 上を見上げると、吸い込まれそうなくらいのBlue.....。滞在中、こんなきれいな青空を見たのは、これが最初で最後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春~♪再び

2014. 5. 3

ゴールデンウィーク後半は、久々の東北でsign01
Img_1396 雪と


Imgp3826 梅と


Img_1417

桜と新緑.....。季節を遡って、やっぱり美しい北国の春に見惚れてきましたheart 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと京ぶら.....?

2013. 8. 3

昔.....今振り返ってみると‘私がまだ青春していた?’範疇に入れてもよいのではないかと思われる頃、‘銀ぶら’という言葉が流行。元々は大正時代に学生たちの間で使用されていた言葉らしいのですが、もちろん、私の青春時代はそんなに遠い昔の話ではなく、‘リバイバル’の時代です。けれど.....今でも使われているのかな?ふと不安になってネットで調べてみると、まだ立派に生存していたようです。東京には、たま~にしか会う機会のない方なんですが、死語チェックに厳しい方がいらして、話していると‘それ、もう死んでるでしょsign02’と再三指摘されてしまう始末.....。例えば、‘ハイカラ’は完全な死語、‘ナウい’も彼的には全くのNGなのだそうです。ひょっとしたら、このブログの中でも死語までは行かなくても、古典的な言葉を使ってしまっているのかもしれないなぁ、私......。
話が逸れてしまいました。京都駅近くで用事のある相棒さんと祇園で別れ、烏丸御池にあるホテルを目指してぶらぶら.....。

Img_1052 祇園白川の辺りの雰囲気が好きで、京都に来たときには目的もなくこの辺りをよく歩きまわっていました。


Img_1053 三都、大阪・京都・神戸はそれぞれ雰囲気や言葉は異なりますが、こういうところはやはり、関西圏だなぁと思ってしまいますcoldsweats01


Img_1054 京都の夏の風物詩、‘川床’ではディナータイムに向けて支度中。
先日、TVで山村紅葉さんが言ってらしたので知ったのですが、‘川床’を‘かわどこ’というのは貴船や高雄辺りで、この辺りの鴨川では‘ゆか’というのだそうです。
京都の夏は暑いsign01とよく言われますが、湿度が少し低めな分、福岡よりは街歩きし易いように感じました。四条通で少しばかり買い物をして、錦市場を通って.....。それほど食欲もなく、市場で何かちょっとしたものを晩ごはんに買って帰ろうと思っていたら、ほとんどのお店が店じまいを始めていましたthink


Img_1059 晩ごはんをゲットできていないまま、ホテルももう間もなくというところで、ちょっとおしゃれなスーパーを発見sign03通りかかったときに、木製の自動ドアがすぅーっと開かなければ、そこがスーパーだということさえ気づかずに通り過ぎていたことでしょう。


Img_1060 そのスーパーは‘京都八百一’さん。4月にオープンしたばかりのお店のようです。行ったことのないスーパーで商品を物色するのは楽しいものですが、目新しい商品が並んでいるとなおさらsign01思わず予定外のものまで買い込んでしまいました。


Img_1061そして、これが‘八百一’さんで購入してきた今晩のお夕食。‘杏庵’というところでつくられた10品目の野菜が入ったヘルシー弁当です。スーパーのお弁当は美味しいと普段あまり思わないのですが、このお弁当は.....嬉しい例外。何でもないさつま芋やじゃがいもの煮たものやオクラのフライも味わいがあり、玄米も含めておにぎりもふっくら、もっちりとしています。変な添加物も入っていません。お腹も心も満たされた幸せな晩ごはん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧