お気に入りのパン

朝食にいただくパンbreadは家で焼くことがほとんど。
ですが、しばらく前に美味しいパンを見つけて

Img_8802_2 たま~に買うようになったのがこれsign01‘パン工房MUGIYA’さんの天然酵母を使ったパンです。
左は相棒さんお気に入りの山ぶどうのパン、右はクルミとイチジクのパン、私のお気に入り。


Img_8803_2 山ぶどうの量、はんぱないですcoldsweats01
空気をたっぷり含んだ、ふんわり柔らかなパンではなく、小麦の旨みが凝縮したようなずっしりとしたパンで、軽~くトーストしていただくと香ばしくて美味しいです。
パン工房MUGIYA’さんでは通信販売もされているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おくらの新芽

Img_8243 近所のスーパーでこんなもの見っけsign01


Img_8248 見た目、カイワレをパワーアップしたような感じ.....?カイワレの葉っぱはつるんとしていますが、こちらは葉脈が見て取れます。


Img_8249 カイワレの種がらは茶色いけれど、こちらは真っ黒sign01しかも固っsign01しっかり取り除いた方がよさそうです。
茎の部分には、産毛のようなもの?も見えます。おくらとの共通点と言えば、これくらい.....?


Img_8244 海藻や大根、人参の細切りとともにサラダでいただいていました。噛み砕くと、ねばりを感じます。味にクセはなく食べやすい.....と私は感じたのですが、HPによると、生のままでは青臭いので、さっと湯がいておひたしがおススメと.....coldsweats01 熱を入れると更にネバネバするのかしらん.....think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馴染みのない.....

少し前の話になりますが.....
年末年始を横浜の家で過ごすと決めてから、相棒さんが張り切ってお取り寄せした食品の数々.....その中にあった見慣れぬ野菜たちのレポです。

Img_7798まずはこちら。
手にとるまでずっとジャガイモだとばかり。どうして見間違えちゃったんだろう.....think だけどこれ、ただのサツマイモではないようで、‘生キャラメルいも’って言うんだそうです。
じっくりと低温で焼き上げるのがおススメということで


Img_7800

記載されていたとおり、160℃のオーブンで1時間ちょっと過熱。
甘くて美味しいです。だけど、甘さで言うと、安寧芋の方が濃厚であるような気も.....。ただ、ねっとり感はすごいsign01


Img_7808

さて、お次は‘かぼっこりー’、生でいただけるかぼちゃだそうで。リンゴと比較しても.....かなりちっちゃいですcoldsweats01
かぼちゃなんだからsign01と気合を入れて切ろうとすると、拍子抜けしちゃうくらい、サックサック気持ちよく切れてしまいます。


Img_7810甘酢漬けがおススメということで、漬け込んで30分ちょっとで出来上がり~ すごく楽heart04で、美味しい。お店で売っていたら、また買っちゃいそう~


Img_7811最後は、‘ピーナッツスプラウト’、もやしのピーナッツ版です。茎も太ければ、豆も大きいsign01


Img_7814

これまたおススメのバター醤油で炒めてみました。サイズが大きい分、長めに炒めなければなりませんが、少量でも結構食べ応えあり。相棒さんのお気に入りリストにinです。

正直言うと、次から次に届く食材にはちょっと閉口しちゃったけれど、自分で選ばないお買いものは、意外な出合いもあって楽しいかも.....感謝ですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごーや

2015.10. 2

昨夜から今朝にかけての暴風雨はすごかったですね~sign01台風が来ても踏ん張っていた我が家のグリーンカーテンもついに力尽き、崩壊.....weep

Img_6265  相棒さん菜園には2種類のゴーヤが植えられていました。一つはお店でもよく見かける‘あばしゴーヤ’?(右)、そしてもう一つは‘白れいし’(左)、その名のとおり白っぽく、瑞々しいのが特徴です。ゴーヤって言っても、種類はいろいろあるんですね.....think
それぞれ2苗ずつ植えちゃったものだから、食べる方が追い付かず、冷凍保存しているのもありますが、サラダ等は、やっぱり生のままいただく方が美味しいように思います。収穫直後のゴーヤは、とっても瑞々しく、ワタも簡単にするりと取り除くことができます。


Img_6162 家庭菜園でゴーヤを育てている人は多いようで、できたゴーヤの処理に苦労している人もいるのでしょうね、ネットで検索すると驚くほどたくさんのゴーヤ・レシピがヒットします。さすがにチャンプルーばかりでは飽きてきますもんね.....coldsweats01
毎日のように複数本収穫できちゃうもんですから、この機会に、我が家もいろいろとチャレンジしてみました。スムージーから


Img_6247ドライカレー


Img_6399 相棒さんに好評だったのはナムル


Img_6598 普段は捨ててしまう、ワタと種を使ったピカタとか.....いろいろ挑戦はしてみたのですが、写真に残した料理は意外と少ない.....thinksweat02
チャンプルーも美味しくいただきましたが、個人的には、ピリ辛味の酢漬け、それにツナ、トマト、コーン、紫玉ねぎとミックスしたマヨネーズ味のサラダが好きかなぁ.....confident


Img_6944和室のサッシ一面を覆っていたゴーヤのカーテン。まだまだ小さな実をたくさんつけていましたが、これらより小さなサイズは全て処分。枯葉も目立ってきたので、カーテンを取り払うことにしました。作業中、まるで阻止するかのように、たくさんの蛾?虫がまとわりついていましたが、取り払った後の地面を見ると、まだまだ小さな青虫?毛虫?がたくさん.....ごめんね、許して~sweat01


Img_6392_2 夏の間、猛烈な日差しを遮ってくれていたグリーンカーテン。なくなると、和室が妙に明るくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初!完熟ゴーヤ

Img_6117ゴーヤです。
このところの猛暑sunが影響しているのか、我が家の小さなグリーンカーテンのあちらこちらに実が.....。この夏はゴーヤ攻めに遭いそうthinksweat02


Img_6137 サイズ的にまだ小さいかなぁ~と、油断してちょっとばかり放置していると、あっと言う間に黄色く熟して弾けてしまい、完熟ゴーヤに変身.....。結構グロっ.....sign01shock 
けれど、ネットで調べてみると、この種を包む赤いドロッとしたもの.....‘まるでフルーツのように甘いsign03’のだそうです。種を甘い果肉?で包むことで小鳥たちを呼び寄せ、種を運んでもらうのがゴーヤの狙いなんだとか.....。やるな、ゴーヤ.....think
ということなのでsign01勇気を振り絞って、口の中に入れてみました。ネットで絶賛されていたような甘さではなく、ほんのり甘みが感じられるかなぁ.....?程度の甘さ。採ってしばらく放置していたのがNGだったのかな.....sign02 覚悟するのに時間が必要だったのです.....think


Img_6139 黄色く変色した通常の食用部分も食べられて、しかも生がオススメということなので、あり合わせ野菜のサラダの中にinsign01パサパサして、熟しきったスイカのような食感。緑色のゴーヤほどではないにしても、苦味も残っています。食感的にはイマイチだけど、味、彩り的にはアクセントにはなるかも~sign02sweat01
だけどやっぱり、食べ頃どんぴしゃでいただくゴーヤが美味しいよなぁ~。問題は、食べ頃を逃すことなく、すべてのゴーヤを食べ切ることができるかどうか.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年ぶりの.....

旅の途中ですが.....
昨年は何かと気忙しくてスルーしてしまいましたが、今年は頑張って漬けてみました「らっきょう 無料イラスト。」の画像検索結果
Img_5870‘らっきょう’と言えば、鳥取が有名ですが、鳥取産のらっきょうって、いつも売り切れていて全国に熱心なファンがいらっしゃるようです.....実はこれまで使ったことがないんです。
今回は思い立ってすぐ注文したので何とか間に合いました。農薬不使用の根つき砂丘らっきょう3kgゲットsign01採れたてを即発送して下さったようです。


Img_5872 つるつる艶々の色白美人さんに変身させるまでが大変..... 半日立ちっ放しだったので足だる~い.....coldsweats02
ショックだったのは、自分ではちゃんと薄皮を取り除いたつもりでいたのに、茹で洗いしたら水面に浮上してくるらっきょうの抜け殻たち.....thinksweat02 老眼はまだ大丈夫sign01って思っていたんだけどなぁ~
Img_5886_2 できたのは、4ℓ瓶+2ℓ瓶3分の2ほど。3kg購入しても、泥や根っこを落とすと-300gくらい。
Img_5878美味しくなあれっsign01


Img_5880 甘酢漬けはしばし待たねばなりませんが、今回生のままでいただけるというレシピを見つけたのでトライしてみました。
スライスした生らっきょうを酢味噌で和えるだけの簡単メニュー。大量にはいただけませんが、これもさっぱりしていて悪くない.....夏にはよいかも。
元々は漢方に使われていた薬効高いらっきょう。整腸作用や咳止め、血液サラサラ効果等がよく知られていますが、過食は胃に負担になることも.....。1日4個程度が望ましいのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココナッツオイル

Img_4425 店頭でよく見かけるようになってからしばらく......気になっていた‘ココナッツオイル’をついにゲット~happy01sign01使い切れるかどうか.....自信がなかったので、とりあえず小ビンのものを.....thinksweat02
‘ココナッツオイル’には、‘ココナッツオイル’と‘ヴァージンココナッツオイル’とがあるそうですが、身体によいのは‘ヴァージンココナッツオイル’sign03の方だそうです。‘ヴァージンココナッツオイル’はいわゆる生しぼり、化学物質や添加物を含まないもの。アンチエイジングによいとされるビタミンEを豊富に含み、体内に蓄積された脂肪を分解してくれる中鎖脂肪酸が成分の70%ほどを占めるのだとか。


Img_4494 今のところ、朝のトーストに乗っけたり、カレーにトッピングしたりしていただくようにしていますが、これだと独特の甘い香りが相棒さん的にはNGみたい.....。冬の寒さでどんどん重みを増していくこの身体、何とか、少しでも食い止めるには、レシピ開発が必要なようです。
目指せ、ミランダ・カーsign02coldsweats01 無理だな.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

希少糖デビュー

2014.10. 2

Img_2341 しばらく前から実家の両親の間でブーム?になっているらしい‘希少糖’。我が家にも2本届けられました~。私にとっては馴染みのない商品でしたが、砂糖の7割程度の甘みがありながらカロリーはほぼゼロとのことで、結構話題になっていたようです。現在確認されているのは50種類以上、文字通り、自然界において微量しか存在しない糖、なかなか入手するのが困難だったようです。状況を変えたのは、香川大学農学部の研究チームsign01長年の研究によって、一部の希少糖の大量生産が可能になったのだとか。詳細についてはこちらを.....。
新しいものにチャレンジするのが億劫になりつつあるここ近年、ふと見ると賞味期限が2ヶ月後に迫っている.....やばい~shocksweat02と、慌てて使ってみました。


Img_2343と言っても、何から始めてよいのかわからず、とりあえず、まずはプリンcoldsweats01sign02
甘みがマイルド。いつもと同じ卵ですが、卵の味がより濃厚で引き立つような気が.....。


Img_2538 そしてこれまた期限切れ間近coldsweats01の小麦粉、チーズ粉を使ってクッキーも。さっくりと焼き上がりました。
最初、ちょっと甘み的に物足りないかな.....?と思ったのですが、その分、チーズの香ばしさが引き立ち、これはこれで美味しいかも~heart04と思えるようになりました。もちろん、希少糖の量を増やせば甘みupのクッキーになるんだろうとは思いますが、これくらいのほんのりとした甘さに慣れて満足できるように味覚を慣らしていくと、身体にもよさそうheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Made in Okinawa

そろそろ出まわり始めたグリーンみかん。今の時期の主力は九州産ですが.....
Img_2247先日出かけた初めてのスーパーで見かけたのは沖縄産sign01シークヮーサーは有名な沖縄ですが、温州みかんは初めて。グリーンみかんにしては酸味がほとんどなく、薄めさっぱり味。秋が深まるにつれて、味も濃度を増していくのかな?
そう言えば、同じスーパーで見かけたプルーンも、珍しく青森産でした。仙台に暮らしていたときには山形のプルーンをよくいただいていましたが、関東で出まわっているのはほとんどが長野産。梨も秋田や青森のものを見かけるようになりました。産地が広がっているのは、農業技術の進歩と気候の変化両方があるのでしょうね。
それにしても、この夏の異常気象、農作物への影響が心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩トマトといえば.....

熊本の土壌塩分濃度の高い干拓地等で栽培されるトマトで、やや小ぶりながら甘みの強い、美味しいトマトとして知られていますが、今回、熊本のとあるスーパーで購入してきたのは.....
Img_2213 ‘塩みかん’なるもの。熊本市は、有明海に面する河内町出身のやや小ぶりなみかんです。地図で見てみると、島原湾を挟んで、ちょうど長崎県島原市の対岸辺りに位置しています。栽培時に海のミネラル成分を散水して育てているようで、これにより濃厚な味と甘みが引き出されるのだとか。また、にがりを水に混ぜて散水すると、害虫も寄り付きにくくなり、減農薬効果もあるのだそうです。まさに一石二鳥sign01ですね。


Img_2217 半分にカットしてみると濃厚な香りが立ち上がります。この時季のみかんとは思えないほど、外皮も薄く、果実は瑞々しく、甘くて美味しいです。普段、ほとんどみかんを食べない相棒さんも、甘みと酸味のバランスのよいこの塩みかんには手が出ちゃうようです。う~ん、1袋じゃあ足りなかったなぁ.....think


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧