山歩き

リハビリⅡ

2017.10. 9

三連休最終日も晴天sun
‘ほら、歩け、歩けsign01’って、お天道さまにささやかれているような.....coldsweats01sign02
ってな訳で、この日もリハビリ・ウォークに出かけました。

Img_7551

大磯の駅から住宅街を抜け、高田公園を過ぎると、次第に登山道っぽい雰囲気にheart04


Img_7552

途中咲いていた.....ノコンギク


Img_7553

ミズヒキや


Img_7554

アザミを目にするようになると.....


Img_7560

 

最初の目的地、湘南平。
湘南平が近付くにつれて、子どもたちの賑やかな声が聞こえ.....。
sign02 こんな小さな子も、あの道歩いてやって来たの~sweat01ってびっくりしてたら、近くに駐車場がありましたcoldsweats01 な~んだconfident
奥のテレビ塔に上って展望を楽しむこともできますが、


Dsc_0064

私たちが上ったのは、こちらの展望台。レストランや売店も併設されています。


Img_7555 その展望台からの景色。
富士山は雲の中、箱根の山々や伊豆半島も霞んでいました。


Dsc_0072

江の島の向こうに三浦半島


Img_7558 丹沢の山々は霞んでいましたが、大山はくっきり


Dsc_0080

日本山岳会の先駆者だという岡野金次郎氏の胸像がありました。
明治35年(1,902年)、日本人登山家として初めて槍ヶ岳登頂を果たされた方のようです。ウォルター・ウェストン氏に日本にも山岳会をつくることを勧められたことがきっかけで、日本山岳会が設立されたそうです。
横浜市出身の岡野氏ですが、戦災に遭って一時的に離れたことはあったものの、ここ、平塚で長く暮らしていたようです。


Img_7568


Img_7572

再びハイキングルートへ。
湘南平を離れると、ここもまた、街中の低山とは思えない、静かな山歩きが楽しめます。


Img_7573

途中、何人かの方とすれ違いましたが、歩き慣れていらっしゃるご様子の方が多く、山に行けない日のお散歩コースになっているような印象を受けました。


Img_7575

小さなアップダウンを繰り返しながら、気持ちのよい尾根道を進みます。


Img_7576

花はエンゴサクっぽいけど、葉っぱが違うような.....?


Img_7577 大きな木もあちらこちらで。


Img_7579

山に登ってるという意識がないまま、気がつくと、八俵山(はっぴょうやま)の山頂?に出ていました。標高160m。
とすると、湘南平と八俵山の間にあるはずの浅間山は.....??? 気付かないまま、通り過ぎちゃったのかな.....thinksweat02


Img_7582

そして、間もなく大堂と呼ばれる高麗山(標高167.3m)に到着です。
奈良時代、唐・新羅に滅ぼされた高句麗。難を逃れて日本にやって来た人も多く、その中に高句麗王族のひとり、高麗若光(こまじゃくこう)もいたそうです。若光は一族を連れて、海を渡り、大磯に上陸、日本に帰化して、この山の麓に暮らしたそうです。だけど、どうして太平洋側だったんだろう.....think
江戸時代まであった高麗寺は、明治の廃仏毀釈で破壊されたそうで、現在は基礎の一部?と小さな祠が残るのみとなっていました。


Img_7588

大堂へ続く石段。ここからは下り一辺倒です。


Dsc_0109

石段の下辺りで、道が男坂と女坂に分かれ、相棒さんは男坂の方へ


Img_7589

私は女坂を下りました。


Img_7590

下り切ったところにあったのが、高来神社(高麗神社)。この神社も元々は、山頂にあったようです。


Img_7594

神社手前左側には、町の天然記念物‘シイニッケイ’。
幹の心材が腐朽し、頂上部が凹状になったスダジイの古木に、ヤブニッケイが根付いて成長してできた、2種一体化樹木のよう。推定樹齢は、幹下部のスダジイが300年以上、幹上部のヤブニッケイが150年前後。


Dsc_0115

参道から見上げる高麗山


Dsc_0120

今日も気持ちよく歩けました。リハビリ順調.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリ

2017.10. 8

快晴の連休中日。
逗子にある京急神武寺駅からお寺を経由して、鷹取山、横須賀にある京急追浜駅までリハビリ・ウォーク。子どもが幼稚園の頃、家族で歩いたことがあるという友人の話によると、登山というよりはお散歩という感じの道だそうで、リハビリにはちょうどよいくらいかなぁ~と.....。

Dsc_0001

神武寺へと続く、苔生した道


Dsc_0002

惣門が見えてきたsign01
シンプルな四脚門、元は東逗子駅付近にあったのだそう.....


Img_7506

切通しの岩上にあった鐘楼堂は安政6年(1,859年)の再建。


Dsc_0010 オリジナルの梵鐘は第二次大戦時供出されていて、現在のものは昭和25年(1,950年)に改鋳されたもの。
神武寺の晩鐘は、三浦半島八景の一つとなっているようです。


Img_7505

鐘楼堂の傍で咲いていたヤマホトトギス


Dsc_0014

六地蔵さまのお出迎え~


Dsc_0015

楼門へと続く石段も苔生して.....。


Dsc_0021 楼門抜けて右側にあった、なんじゃもんじゃの木。正式名はホルトノキ。初期の頃、樹種が不明だったため、‘なんじゃもんじゃ’と呼ばれるようになったのだそう。
樹高20m、推定樹齢約400年の大木だけど、写真では迫力が伝わらない.....残念thinksweat02
Img_7519

山内に現存する最古の薬師堂(本堂)は、文禄3年(1,594年)の建立。秘仏である薬師三尊像は、33年に一度のご開帳。


Img_7523

薬師堂脇の石段を上って行くと、‘女人禁制’の石柱。かつては修験者がこの山中で修業されていたようです。


Img_7524

傾斜のある石段がしばらく続き.....


Img_7526

石段を上り切った辺りの岩々はお抹茶色の苔に覆われていました。


Img_7528


Img_7529

ノコンギク?


Img_7538

急にぱーっと開けたな~と思ったら、岩の上に展望台発見sign01見つけちゃうと上っちゃうでしょ~coldsweats01


Img_7532

展望台に上がる階段の傍にはキンミズヒキ?


Img_7533

上がってみて初めて気付いた.....
実は展望台のあるこの場所が、標高139mの鷹取山の山頂なのでした~coldsweats01 海から吹いてくる風が心地いい~heart04
横須賀中央方向の眺め


Img_7534

金沢八景


Img_7537

鷹取山周辺には切り立った岩石が複数あって、多くの人がロッククライミングを楽しんでいました。(ロッククライミングをするには、鷹取山安全登山協議会への登録が必要なようです。)


Img_7536

視線を左にずらすと.....あれsign02あんなところに仏さま?


Dsc_0042 展望台を下り、追浜駅を目指します。
山頂直下の岩の下にも、やや高齢のクライマーさんたちsweat01すごいな~eye


Img_7539

見たことない花だけど、ひょっとして花弁が散っただけなのかな.....?


Img_7540

うなだれるアザミ


Img_7541

随分霞んでいるけれど、鷹取山公園から、みなとみらい方向の眺め


Dsc_0062

展望台から見えてた摩崖仏、ここにいらっしゃいましたか~?
高さ8m、幅4.5mのこの弥勒菩薩尊像は、昭和40年頃、横須賀在住の彫刻家によってつくられたのだそうです。


Img_7546

鷹取山の特徴である、こういった切り立った岩は、明治から昭和初期にかけて石材を採取したために生まれたようです。
隙間の向こう側にも、クライマーさんたちの姿coldsweats01
街中の低山とはいえ、運動不足の私にとってはお散歩以上のコースでしたが、思ってた以上に楽しめてよかったですscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦秋Ⅱ

2017. 9.23

Img_7072

シャトルバスの中でガイドをしてくれた女の子が、‘歩いて1時間くらいのところに展望が開ける場所があるので、是非行ってみて下さい。’と言っていたのが、多分、‘第一花園’と呼ばれているこの場所.....。


Img_7078 この辺り、登山道の上にも下にもチングルマの草紅葉と花穂が見られたので、夏はチングルマのお花畑になるのでしょう。


Img_7083そんなに歩いた感じがしないのに、遠くに見えるバスの駐車場。


Img_7090

あの道をバスで上がってきました。


Img_7086

下の紅葉色鮮やか過ぎ~coldsweats01 あの辺りが今のピークなのかも?


Img_7095

ここまでの登山道はよく整備されていて、歩き易く、稜線までそんなに時間もかからないんじゃないかとは思いましたが、この辺りで雨がポツポツし始め、また相棒さんの体調もすぐれなかったので、ここで撤退。残念.....weep


Img_7108

紅葉の中のダケカンバの木々、ほんと絵になりますね~heart04


Img_7109

何度も何度も振り返ってしまう.....


Img_7110

下山してくる人々の列.....どんな景色を見てきたのかな?


Img_7111

距離も歩かず、景色も変わり映えしないのだけれど


Img_7116

立ち位置が少しずれると見える景色も違うような気がして、また少し陽が射したから色が違うと言ってはシャッターを切ってしまうので


Img_7115

撮った写真は膨大な量に.....coldsweats01 デジカメでよかった~sign01


Img_7117

銀泉台の紅葉maple、やっぱりもうため息しか出ません。


Img_7121

後ろ髪を引かれる思いで、銀泉台をあとに.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦秋Ⅰ

2017.9.23

Dsc_0318

本格的に登山する人は早朝出発してるし、観光ツアーのグループから離れると、登山道も静か。


Dsc_0315

sign01


Dsc_0350

おおっsign01


Dsc_0306

自然がつくり出した原色のパッチワーク、お見事sign01


Dsc_0310

いつまで眺めていても見飽きないなぁ.....。


Dsc_0355


Dsc_0356

もうため息しか出ない、銀泉台の紅葉maple


Img_7060

ダケカンバの幹や枝のシルバーがまたよいアクセントを添えていてステキheart04


Img_7080


Img_7061

ただただ見惚れちゃう~coldsweats01


Img_7067

傾斜が緩んだこの先には.....


2017.10. 5

今朝のニュースでやってましたが、北海道の十勝岳周辺は昨日雪だったようです。北海道の秋、本当に短いんだなぁ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更に.....歩くと

2016. 7.18

Img_2366 バッハアルプゼーの畔にて


_1100448 景色を楽しむハイカーたちに交ざって


_1100449 私たちもしばらくぼんやり.....


Img_2377 ふと思い立って、湖の奥まで歩くことにしたのですが.....


Img_2390 あれ.....sign02


_1100474

バッハアルプゼー、離れて行ってない?sweat01


_1100477

雪渓も出てくるし.....


_1100550

山が目の前に出てきたし.....


_1100538
導かれるままにこの石段を上ると


Img_2401

山の頂上に出ちゃいました.....coldsweats01


Img_2410

標高2,681mのファウルホルン


_1100533

ユングフラウの山々の他にも、ヴェッターホルン、シュレックホルン、フィンスターアールホルン等の山々が相変わらず見えてます。手前の岩山はリーティ.....かな?


_1100505

シュヴァルツホルン方向のこの褶曲感がすごいsign01


_1100525

北側には、ブリエンツ湖(奥)とセーギスタール湖


_1100526

ブリエンツ湖畔の町、ズームしてみました~coldsweats01


_1100527

奥には、小さくトゥーン湖も見えています。


Img_2407

持参していた飲みものがなくなってしまって、喉がカラカラだったので山頂カフェにて水分補給。このオレンジジュース、とっても美味しかったですheart


Img_2408

カフェのお姉さんが、スイスの国民的飲みものと言うので、こちらもオーダー。甘さを少しだけ抑えたドデカミンのような炭酸飲料でした.....


Img_2419

山を下り切るとなだらかな道がしばらく続きます。


_1100564

ここにも黄嘴烏、何相談してんの......?


_1100569

道中、出合ったお花たち


Img_2421

Img_2387

_1100472


_1100557


_1100556


Img_2430

当初の目的地は、このベンチ.....でしたcoldsweats01


_1100567

バッハアルプゼーの畔で寛ぐ人々.....


Img_2439

フィルストのゴンドラ駅まで来た道を引き返します。
今日もいい一日でした、満足、満足.....happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩き足りない.....?

2016. 7.18

Img_2328

こんなに気持ちのよい日に、すてきな景色の中を歩くのは楽し過ぎて、もう少しだけ.....ユングフラウに近付いてみることにしました。バッハアルプゼーまでの道とは異なり、ちょっと山道っぽい.....かな?


Img_2327

バッハアルプゼーが眼下にeye


Img_2360

途中、池塘の中に逆さヴェッターホルンcoldsweats01


Img_2345

尾根道を手前に進み


Img_2332 特徴的なこの岩の横を過ぎた少し上の辺りで


Img_2343

どっかり腰を落ち着けた相棒さん、この場所がお気に召したようで、その場を動かず.....。


Img_2339

気持のよい景色が広がっています。左に見えているのは、シュヴァルツホルン(標高2928m)


Img_2334

この辺りも花が咲き乱れ、足の置き場にも、腰を落ち着ける場所にも、潰してしまわないように気を遣ってしまいます。


Img_2337


Img_2356


Img_2353


Img_2355


Img_2336

そして、目の前にはこの2ショット~heart04


Img_2338

ここから見るユングフラウは、その名に反してとっても凛々しい姿.....ここから見るシルバーホルンは、ユングフラウの一部のように見えますね。


Img_2340 更に先、シルトホルンまで見えてます。大展望、花、風を楽しみながらしばし時を過ごし.....


Img_2364

多少違うルートを歩き、花々を愛でながら、バッハアルプゼーに引き返します。


Img_2363


Img_2365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目指すは.....

2016. 7.18

Img_2260

草原の向こうにシュレックホルン。ホテルのテラスから見るのとはまたちょっと異なった山容.....


Img_2261 こんなに楽して絶景楽しんでてよいのかしらん.....と恐縮してしまうほどすばらしい景色の連続ですhappy01


Img_2265足下も賑やか華やか。これまで紹介させていただいた花と重なるものが多いのですが.....coldsweats01 キジムシロ科のポテンティラ・アウレア


Img_2266 カルドゥウス・デフロラトゥス?アザミ系のお花ですね~heart04


Img_2270 スミレ系の ビオラ・カルカラタ、実際はもう少しピンク色寄りなんだけどなぁ.....thinksweat02 色そのままを再現するのが難しい花です。カメラと腕の問題かも.....?


Img_2272

ゲンティアナ・クルシイ、通称エンツィアン。エーデルワイス、アルペンローゼとともにスイスの三大名花なのだそうです。

 


Img_2274

アイガーのてっぺん in 小さな池塘。どうも、逆さ〇〇っていうのに惹かれてしまう私.....coldsweats01


Img_2278

ペディクラリス・ベルティキラタ.....の蕾かなぁ~eye


Img_2289

もしそうだったら.....咲くとこんな感じ?


_1100272

雪田、涼しい~heart04


Img_2279

カルタ・パルストゥリス、水のあるところに咲いていました。リュウキンカ系?


_1100316

沢に沿って薄っすら黄色く見えているのがそのカルタ・パルストゥリスです。


  

_1100321

ワタスゲ、エリオフォルム・スケウクゼリって言うんでしたっけ?


Img_2281

ミオソティス・アルペストリス、ワスレナグサ再び。小さくて華やかさはないけれど、その愛らしさに惹かれます。


Img_2282

キルシウム・スピノシスシムムもお馴染みの花。色彩的には地味だけど、そのサイズと異様な風貌に、目が吸い寄せられてしまいますcoldsweats01


Img_2283

ヒエラキウム・アウランティアクス。草むらの中の太陽のよう.....


Img_2286

途中、数匹の犬といっしょに散歩中?の女性とすれ違い.....こんなところだとお散歩も楽しいよね~heart


Img_2287

パパベル・アルピヌム?


Img_2290

トリフォリウム・プラテンセ 、ムラサキツメクサ?


Img_2291

ケラスティウム・ラティフォリウム


Img_2293


_1100312

サクシフラガ・パニクラタ


Img_2296

緑の絨毯の向こうに白い山々


Img_2298

トラスピ・ロトゥンディフォリウム、岩に張り付くように咲いていました。


Img_2300


Img_2303

ゲンティアナ・ヴェルナのこの鮮やかなブルー、しっかり心に刻んでおこう.....っと。


Img_2307 シレネ・エクスカパ


_1100298

アイガーとユングフラウ、圧巻のツー・ショットsign01


_1100292アンティリス・ブルネラリアとワスレナグサ


_1100294

トリフォリウム・メディウム、こちらもムラサキツメクサの仲間らしいです。


_1100299

アキレア・ミレフォリウム&ラヌンクルス・モンタヌス


_1100306_2

チングルマ~coldsweats01


_1100319

これは、初めての花かな.....?


_1100323

そうこうしているうちに、目的の場所が見えてきました~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶景のアイガー・ウォークⅡ

2016. 7.17

アイガー・ウォークⅠからの続きです。

_1100054

コースはしっかりと整備されていて、問題なく歩けます。
今、気がついたのですが.....アイガーグレッチャー駅で下車してからここまで、ユングフラウの写真を1枚も撮っていませんでした~sweat01
正面に見えているのがユングフラウ、左ちょこっとがメンヒ、右がシルバーホルンcoldsweats01


_1100067

ここにもパラグライダーを楽しむ人の姿.....黄色いグライダーがマットなブルーの空に映えますね。


_1100074

どこを撮っても絵になる風景です。


Img_2147

振り返ると、ミッテルレギ・ヒュッテの向こうにユングフラウ。盟主にふさわしいどっしりとした山容です。


_1100083

このトンネルをくぐり抜けると.....


_1100085

ファルボーデンゼーの畔.....。


_1100086

シュテリゼーの看板は遊泳禁止だったけれど、これは入水禁止ってことかな.....?


Img_2160

代わりに.....でもないんでしょうけれど、すぐ傍に足湯ならぬ足水?がありました。
看板の下にあるスイッチを押すとジャグジーのように泡がぼこぼこ出てきます。
後ろの建物は、アイガー登攀への主なルート等を紹介する記念館となっているようです。


Img_2164

半周してみました。美しい湖面にアイガー北壁がぼんやりと映り込んでいます。


_1100119

ルート途中でもときどき見かけた、木製のオブジェ。


Img_2178

‘ユングフラウ アイガー・ウォーク’と刻まれています。ユングフラウ鉄道全線開通100周年を記念して整備されたこのルート、誰でも気軽に絶景を楽しみながら歩けることから人気のハイキングコースになっているようです。


Img_2184

右側にグリンデルワルトの町が見えると


_1100127_kleime_scheidegg

クライネ・シャイデックの駅はすぐそこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶景のアイガー・ウォークⅠ

2016. 7.17

_1090911 と言っても、クライネシャイデックの駅まで35分ほどのウォーキング~coldsweats01 グリンデルワルトまで歩いても最短コースだと3時間ほどのよう。


Img_2103下車したのは正解でした。メンヒの北壁のこの迫力ったらsign01


_1090922 アイガー氷河も負けず劣らずの迫力に圧倒されてしまいます。


_1090957

マウンテンバイクで下って行く人も.....こんな大自然の中、風を切って走るって気持ちいいだろうなぁ~ 上りは辛そうだけど。


_1090973

目指すクライネシャイデックの駅は既に見えています。背景は、左にラウバーホルン(標高2,472m)、右にチュッゲン(標高2,521m)、手前にファールボーデンゼー。


_1100012

振り返って見ると、ちょうど電車がアイガーグレッチャー駅から下ってくるところ、ここも結構な傾斜です。


_1090951

下に小さな小屋が見えてますね~eye


_1100016

山麓では


_1100015

牛たちtaurusがお食事中、のどかな風景が広がっています。


Img_2117

鉱物が溶け込んでいるのでしょうが、それにしても、ファールボーデンゼーのこの色、鮮やかですね~heart04 冬のスキーシーズンに人造雪をつくるために設置された貯水湖なのだそうです。


Img_2123

印象的な山容のシルバーホルン(標高3,695m)


_1090999

こちらの山も怪獣の背中のような印象深い山容なのですが、名前がわかりませんthinksweat02


Img_2137

小屋のところまで下りて来ましたよ~。


Img_2133

軒下には‘ミッテルレギ・ヒュッテ’のプレート。実はこの小屋、1,924年、アイガーの北東の尾根3,355mの地点に建設されたもの。2,001年にその場所から2,330mのアイガーグレッチャーまでヘリによる移送が行われ、更に2,011年には現在の場所に移されたようです。


_1090994

小屋の傍でしばし休憩cafe 小屋の前からは、絶壁の上にある町、ミューレンと、その背後にシルトホルン(標高2,970m)が見えます。


Img_2154

シルトホルンの山頂には、007シリーズの第6作、‘女王陛下の007’のロケ地となった回転展望レストランがあるそうな。あちらから見るユングフラウ山地もすばらしいだろうな。


_1100045

ここにも黄嘴烏。だけどゴルナグラート展望台で見た黄嘴烏とはちょっと雰囲気が違うような.....?今日は暖かくて、羽毛をふくらませる必要がないからスリムに見えちゃうのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じぐざく、下る!.....つもりはなかったのだけれど

2016. 7.15

_1090217

広~い山頂のどこから歩いてみたいハイキングコースがスタートするのかわからず、とりあえず、ロートホルンの駅近くのこの辺り、ここsign01下りてみよっか~くらいの軽い気持ちで下り始めたのですが.....


Img_1681

結構な急斜面coldsweats02


Img_1683

見上げると、相棒さん監視中.....かsign02


_1090245

ガレた下り苦手な私は完全へっぴり~coldsweats01sweat01


_1090242

手を振って見送ったロープウェイの下面にはスキーヤーの写真。


_1090256

岩の下では解けた雪がちっちゃな氷柱に変身してました。


Img_1685 まだ少し雪も残る中腹の上辺り


_1090257

登山者3人とすれ違い、しばらくして見上げると、既に遥か上方。ペース早っsign01


_1090259

足下ばかりに注意が行き、絶景もそんなに楽しむ余裕もなく


_1090254


_1090263


_1090293

昨日訪れたゴルナーグラードの展望台が見えてたことも


_1090292

後で相棒さんが撮った写真を見て知った次第coldsweats01


_1090272

下っても、下っても、途中駅はまだずっと下.....coldsweats02 ロープウェイは楽だにゃ~catsweat01


_1090261

道沿いに咲くお花でも愛でながら、ゆっくり行くこととしましょう。


Img_1697

何じゃろな~?


Img_1701

ちょっとウサギギクに似てる.....?


_1090298

アステル・アルピヌス.....こっちはミヤマアズマギクっぽい.....?


_1090279

ガリウム・アニソフィロン?


_1090282

???


_1090314 ここにも、ミオソティス・アルペストリス。忘れな草です~


_1090296

リナリア・アルピナ


_1090300

ケラスティウム・ウニフロルム?


_1090301

ミヤマセンキュウとか、ハナウドとかに似てる......?


_1090312

サクシフラガ・ブリオイデス?似たような名前が多くてよくわかりません。


_1090313

ショイフツェル・グロッケンブルーメ、イワギキョウとか、チシマギキョウ似.....?


_1090317

フリューリングス・エンツィアン?


Img_1692

そしてsign01レオントポディウム・アルピヌム、スイスの国花エーデルワイスです。実は、このエーデルワイス、野生のものはなかなか見られなくなったそうなのですが、ここロートホルン周辺はそれらを見ることができる貴重な場所なのだそうです。


_1090318

ようやくブラウヘルト駅まで下りてきました~happy01


Img_1704

振り返ると、ロートホルン.....


Img_1705

下りてきたのは、あのジグザグ道.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧