« 滝沢川のおう穴 | トップページ | 恵比寿屋旅館 @ 玉梨温泉 施設編 »

峠越えの道

2018. 5. 1

会津地方唯一の磨崖仏像群があると知り、金山町の鮭立という地区を訪れてみました。

_1130227
石段の先には

_1130229 小さな小屋があり

Img_0876
その中に並ぶ51体の磨崖仏
天明(江戸時代)の飢饉による惨状を目にした修験者‘法印宥尊’が五穀豊穣と疫病退散を祈ってつくり始めたものだそう。
一番手前のこの辺りが最も古い部分に当たるらしく、風化も進んでいる様子。

Img_0879

修験道の主尊である不動明王を中心に、如来・菩薩・明王・天部の各尊像が配置されています。像高は15~60cmほど。

Img_0878
Img_0882
この辺りにも春を告げる花々が.....
土筆とお見合い中のカタクリに

Img_0873
キクザキイチゲおんぶ中のカタクリ

Img_0871
民家の裏庭の桜が、ちょうど見頃を迎えていました。
山里の春は美しいですね。

Img_0883
その後、ようやく芽吹き始めた木々や山桜が彩る道を通って峠越え
Img_0886
途中、おっきな木に遭遇しましたよん。
木に立てかけられていた板には、‘花嫁の受取り渡し 峠の大ナラ’とな.....
何人の花嫁さんがこの峠を越えて、お輿入れしたんでしょうね。どんな気持ちだっただろう? 写っているのは花嫁さんではありませんが.....


さて

Img_1078 相棒さんが植えた桑
朝、庭に出てつまみ食いするのが楽しみだったようなのですが、今年は豊作のようで、食べ切れなくて.....と収穫された実が.....
定番はジャムなんでしょうけど、ジャムをいただかない我が家、

Img_1079 ネット検索して、桑の実ジュースと桑の実ビネガーシロップをつくってみました。
ビネガーシロップの方は、氷砂糖が足りず、黒糖や甜菜糖も混ぜて.....あるものでつくってみましたが、お味はどうかな~?
そのままいただいてもそんなに美味しくはないです。だけど、ポリフェノールをはじめ、ビタミンCやカリウムが豊富で身体にはよさそう。

Img_1083 今朝も咲いてくれた、アメリカンブルー
小さな朝顔のようにも見えてきちゃう。
だけど、
1日に1輪しか咲かさないぞ~
と固く決心してるんでしょうかね そろそろ外に植える時期かな.....。

|

« 滝沢川のおう穴 | トップページ | 恵比寿屋旅館 @ 玉梨温泉 施設編 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 峠越えの道:

« 滝沢川のおう穴 | トップページ | 恵比寿屋旅館 @ 玉梨温泉 施設編 »