« 21美 | トップページ | 早春北陸の旅アルバムよりⅡ »

Dinner @ 酒屋 彌三郎 金沢

2018. 3.21

ほとんどもう.....20年ぶりに会う友人が選んでくれたお店がここ

Img_9759 ‘酒屋 彌三郎’さん。
築90年ほどの古民家をリノベーションした店舗、大将の曾祖父(ひいおじいさま)の名前が店名になっているようです。‘酒屋は昔の屋号だそうで。
奥まった場所にあるカウンター席に案内していただきました。


Img_9760 ‘飲みものは何にします?’という彼女の言葉にびっくり だって、昔は飲んだりしなかったんだもん。でも、これも年齢を重ねた変化ということで、能登のお酒‘竹葉’をいただきました。彼女のおススメだけあって、飲み易い、美味しいお酒でした。


Img_9762 お料理はおまかせのコース、様子を見ながらタイミングよく出してくれました。
八寸:酒粕クリームチーズ 鰤木の芽醤油焼き 空豆と桜海老の茶碗蒸し 山葵菜の生姜醤油和え 名物ポテトサラダ燻卵添え


Img_9763 椀盛:蛤のお吸いもの


Img_9764

向付:鰤 甘海老 赤貝
海が近いだけあって、どれも鮮度抜群


Img_9765 恐る恐るいただいた赤貝の肝、臭みもなく意外と美味。


Img_9767 揚物:河豚の唐揚げ 五郎島産金時芋の天ぷら 獅子唐素揚げ


Img_9769

焼物:ポークグリルは、絶妙な焼き加減。添えられた彩り野菜もとっても新鮮。


Img_9770 梅貝の炊き込みごはん
お味噌汁(酒粕が入っていたような.....)


Img_9771

ふっくら、もちもち、艶々のごはん、とっても美味しくいただきました。


Img_9773 水菓子:クルミとクランべリー(だったかな.....?)の入った羊羹、意外とあっさり。〆にふさわしい一品でした。
地元産の新鮮な食材を用いた、創作料理の数々、本当に楽しく、美味しくいただきました。アラカルトでいただくのもまたおもしろそう.....。
食後はJAZZ喫茶にておしゃべり続行、意外な共通点等も発見できたりして、おもしろかったです。
彼女と過ごした金沢の夜は、今回の旅の最高のひととき。友に感謝

|

« 21美 | トップページ | 早春北陸の旅アルバムよりⅡ »

食*旅先グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ 酒屋 彌三郎 金沢:

« 21美 | トップページ | 早春北陸の旅アルバムよりⅡ »