« 梅、さまざまな表情 | トップページ | そしてゴール..... »

かわわ.....?

2018. 3. 4

次なる目的地?に向かって歩いているときに見つけた

Dsc_0368 ‘川神社’.....‘かわわじんじゃ’ 
相模国二之宮。一之宮は、昨年の冬訪れた寒川神社


Dsc_0369 社伝によると、垂仁天皇の頃、師長国造(しながのくにのみやつこ)によって創建された神社のよう。 
平安時代末から行われている国府祭(こうのまち)では、寒川神社と川勾神社の間で行われた、上座を争っての座問答は有名らしいです。


Dsc_0370

石段を上ろうとして、ふと目にした旧千円札のあのお方が.....
神社の修繕に尽力した伊達時氏と交流があり、揮毫を依頼された伊藤博文公直筆の鳥居額が傍に。


Dsc_0373

茅葺屋根の随身門
ガラス反射が強いため、撮影は諦めましたが、平安時代後期の古風な姿を残す随身像、県内では、一木(いちぼく)造りの現存最古の貴重なものなのだとか。


Img_9565

1,561年、上杉謙信による小田原城遠征の兵火により、社殿は焼失、現存のものは江戸時代に再建されたものだそう。


Dsc_0377


Dsc_0378


Img_9562


Img_9566


Img_9563

随身門を抜けた左側、美しい紅梅が迎えてくれましたよん。
ところで.....
神社からそう離れていない場所に‘川勾の湯’があったそうで.....。 神経痛や皮膚病に効能があると古くから知られていて、明治37~38年頃の最盛期には、東京・横浜方面からの湯治客で賑わっていたようです。 関東大震災で地下水脈が変わってしまい、現在では水量は僅かとなってしまったのだとか.....。


さて

今日の横浜は曇りで風も強く、
だけど暖かなので、もしかしたら?とご近所パトロールに出かけてみると.....

Img_9636枝先にちらほら


Img_9637

でもね、枝先は風に振りまわされて、なかなか撮るのが大変


Img_9631こういうとき、幹から直接咲く花はじっとしててくれるので、狙い易い.....
ああ、春だなぁ~

|

« 梅、さまざまな表情 | トップページ | そしてゴール..... »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かわわ.....?:

« 梅、さまざまな表情 | トップページ | そしてゴール..... »