« 小布施の駅にて | トップページ | 上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 施設編Ⅱ »

上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 施設編Ⅰ

2018. 1.20-21

北信州への旅の続きです。
到着した湯田中温泉もまた外国人観光客でごった返していて、び~っくり
来日観光客の増加をビシバシ実感。

さて.....
湯田中温泉や渋温泉は訪れたことがあるけれど、
この辺りにはまだ行ったことのない温泉が点在していて、
今回向かう上林(かんばやし)温泉もその一つ。
Img_8715駅から、宿の送迎バンに乗り込み、10分足らずで到着。
‘仙壽閣’という名から日本旅館的なイメージでやって来たけれど、外観はホテルっぽい。昭和3年創業のこのホテル、当時から和風建築にアールヌーボーのエッセンスを取り入れた和魂洋才の宿として知られており、戦前から多くの文化人が集ったのだそう。
エントランスでは、2人の感じのよい、着物姿の女性スタッフがお出迎え。


Img_8698

フロントでチェックイン.....と思いきや、その奥まった場所にあるロビーにて、先ほどの女性スタッフの方が対応。ビジネスライクなチェックインというよりは、世間話でもしながら.....といった感じで


Img_8659

おしぼり、お抹茶とお饅頭をいただきながら、ホテルの説明をしていただきました。


Img_8660

予約時残室数1室となっていた、多分最後のお部屋?は本館1階にありました。
広々とした解放感ある造り。


Img_8661


Img_8704

カルシウム・ミネラルが豊富に含まれるという山の湧き水も。美味。
お風呂上りには嬉しいサービス。


Img_8668

館内のところどころで、ちょっとした飾りがさりげなくセンス良く.....


Img_8697


Img_8700

食事から帰ってみると、寝床が用意されていました。


Img_8702

どこに潜んでいたのか、和紙を通した灯りの暖かな光が心を穏やかにしてくれます。


Img_8703

朝用の浴衣の用意.....これは初めて経験するサービス。
‘新しい浴衣で清々しい朝をお迎えください。’
季節のイラストがまたすてき。


Img_8699

館内には温水プールもあって、宿泊客は無料で利用できるようです。レンタルの水着もありました。
至れり尽くせりのホテル、スタッフの皆さんも感じがよく、人気があるのも納得です。

|

« 小布施の駅にて | トップページ | 上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 施設編Ⅱ »

泊まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 施設編Ⅰ:

« 小布施の駅にて | トップページ | 上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 施設編Ⅱ »