« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 食事編Ⅰ

2018. 1.20

これまた楽しみにしていたお食事
赤松の庭園を眼下に望む、2階のレストラン‘鹿鳴’にて懐石料理をいただきました。
御献立 平成の慣習うすれ小正月

Img_8671

睦月:山葡萄酒
甘みはあるけれど、さっぱりしていて飲み易いです。
一般の葡萄と比較すると、山葡萄にはリンゴ酸が5.5倍、ビタミンB6が3倍、鉄分が5倍、カルシウムが4倍、そしてポリフェノールが3倍も含まれているそうで、とっても身体によさそう.....。


Img_8673

初荷:長芋麺 蟹身 帆立 防風 柚子 旨出汁
旨出汁に浸った細切りの長芋がとっても美味。


Img_20180120_183401

今回は、珍しく相棒さんもスマホで料理を撮影。
料理をかなりアップ気味に撮る私に対して、ちょっと引き気味に、器にも気を配って撮る相棒さんの写真も何点か載せてみましたよん。


Img_8672

凍て空:
珍味 昆布豆 鮎甘露煮 タラの芽  茸土佐煮 梅麩 海老黄身揚げ 
串刺し 花豆 杏子

Img_8675

相棒さん、早速呑みくらべセットbottleを注文
北信濃セット
  水尾(飯山市) 一味
  若緑(長野市) 本醸造
  縁喜(山ノ内町) 辛口純米


Img_8677

氷柱:
海老真丈 菜花 人参 柚子
この海老真丈、海老の存在感大で、とっても美味しかったです。


Img_20180120_185137

七草粥:
旬の物 あしらい一式


Img_8679

記憶に間違いがなければ.....
寒鰤、鯛2種、富山湾で獲れる深海魚アブラボウズ


Img_8680

続いての呑みくらべは、縁喜セット
志賀高原のお酒、大吟醸・純米吟醸・生酒
ちょっとピッチ速くない.....?
この後にはワインもいただいて、ご機嫌な相棒さんwine 感想は既に記憶にないそう.....thinksweat02


Img_8682

繭玉:
鰤 大根 法蓮草 柚子
さすが旬の鰤、旨みが凝縮して美味しかったです。


Img_8684

焼物:
信州牛すき焼き
ブロッコリーなのは、青菜だと火が入り過ぎちゃうからなんだろうな。


Img_8687

献立表にはありませんが.....
料理長からのサービスです。すき焼きができるまで、どうぞ.....
と、出されたお蕎麦もまた美味delicious


Img_8688

信州牛は柔らかく、シメジやえのきはやっぱり本場もんで味わい深く、玉ねぎやネギの甘みも際立ち、具材の旨みとタレがしみたお豆腐もとっても美味しくいただきました。


Img_20180120_192807

白鳥:
茶碗蒸し 蟹身 牡蠣 椎茸 三つ葉 柚子


Img_8690


Img_8691

雪囲い:
白御飯(野沢産) 味噌汁 香の物
炊き方にもよるのでしょうが、粒が大きく、甘みの強い白米でした。香の物の黒大根が美味しかったな。


Img_8692

小正月:
林檎ワイン煮 苺 キューイ クリーム ミント
てっきり赤ワイン煮だと思っていたら、白ワイン煮姿で登場~


Img_8695

大寒:
甘味 花豆
お茶は、お抹茶か、煎茶か選択できます。
‘仙壽閣’さんのお料理には、地産地消ということで、地元農家さんがつくられた有機野菜が使われているそうです。素材もよければ、料理もすばらしく、どれも美味しくいただきました。大満足の夕餉、お腹も、心もいっぱいになりましたhappy01


さてと.....
Img_8827 先週月曜日に降った雪もだんだんと消えつつあるこの頃.....


Img_8823 近所のお寺では、河津桜が咲き始めました。


Img_8831 そのお寺ではありませんが、買いもの道中で、思いがけず、満開の蝋梅にも出合え.....
明るい色の花が咲くと春遠からずheart04と、期待しちゃいますが、明日からはまたsnowかも.....?の予報think
おのおの、防寒対策抜かりなく.....coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 施設編Ⅱ

2018. 1.20-21

さてさて、楽しみにしていた温泉.....heart04

Img_8664

女性用大浴場内湯ですspa
毎分720リットル、1日1,036トンという長野県内最大級の湧出量を誇る上林温泉、もちろん源泉掛け流し。
左側の石壁を伝って湯船を満たしたお湯が洗い場の床を惜しげもなく流れて行ってます.....という状態なので、入浴は24時間いつでもOKなのだそう。
おそらく満室状態だと思うのですが、夜も朝も、ちょうど入れ替わるような形で、内湯も露天風呂も独り占め~、何という贅沢happy01heart04
温泉付きのお部屋もあるようだし、また大浴場の手前に貸切内湯&露天風呂が2つほどあったので、そちらを利用された方もいらっしゃったのでしょう。


Img_8666

露天風呂
奥の岩を伝って、こちらも滝のように豪快に源泉が流れ込んでいました。
打たせ湯も2つほど。
泉温は60℃近く。内湯だとやや熱めで長湯しにくいので、露天風呂でまったり。柔らかで、いいお湯でしたheart


Img_8670_2

浴場に向かう手前には中庭を眺めることのできる談話室もsign01


Img_8669_2

セルフサービスですが、コーヒー、紅茶の他、しょうが紅茶、どくだみブレンド茶、黒豆韃靼そば茶等が用意されていました。もちろん、山の湧き水も


Img_8711_2

談話室の先、浴場に向かう廊下の途中がクランクになっていて、その角を利用して小さな休憩所?が設けられていました。そこから見えるのは.....


Img_8712_2

小さな滝


Img_8714_2

直下の池では、鯉がゆったりと泳いでいました。


さて.....
ただ今、我が家では金柑の静かな争奪戦が繰り広げられています。
と言っても、相棒さんとの間ではなくて、vs.鳥sign01

週末、相棒さんが金柑の実が減っていることに気がついて、発覚。
鳥たち、金柑には興味ないものだとばかり思ってました。

我が家の金柑は、‘福寿’という種類のもので、
通常の金柑よりもやや大きく、柔らかめ。
狙い易かったかな.....?

ということなので、
鳥たちが手出しできそうなところになっている実を相棒さんが収穫。
案の定、
酸味があるものの、表皮近くは甘みも結構あって、美味しかったです。
鳥たちよ、味を占めたな.....think

ところが、
どうやって取ったのか、表皮の部分だけ食い散らかされた
無残な食べ残しが、地面に3つほど。
金柑の食い逃げはともかく、
大きな置き土産はいただけませぬsad

Img_8808 ナンテンの実もほとんど食い尽されちゃったし、今は食べるものがないんだろうな.....
気の毒だとは思うけど、今日もまた収穫。
許せ、鳥たちよ~sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上林ホテル 仙壽閣 @ 上林温泉 施設編Ⅰ

2018. 1.20-21

北信州への旅の続きです。
到着した湯田中温泉もまた外国人観光客でごった返していて、び~っくりsign01
来日観光客の増加をビシバシ実感。

さて.....
湯田中温泉や渋温泉は訪れたことがあるけれど、
この辺りにはまだ行ったことのない温泉が点在していて、
今回向かう上林(かんばやし)温泉もその一つ。
Img_8715駅から、宿の送迎バンに乗り込み、10分足らずで到着。
‘仙壽閣’という名から日本旅館的なイメージでやって来たけれど、外観はホテルっぽい。昭和3年創業のこのホテル、当時から和風建築にアールヌーボーのエッセンスを取り入れた和魂洋才の宿として知られており、戦前から多くの文化人が集ったのだそう。
エントランスでは、2人の感じのよい、着物姿の女性スタッフがお出迎え。


Img_8698

フロントでチェックイン.....と思いきや、その奥まった場所にあるロビーにて、先ほどの女性スタッフの方が対応。ビジネスライクなチェックインというよりは、世間話でもしながら.....といった感じで


Img_8659

おしぼり、お抹茶とお饅頭をいただきながら、ホテルの説明をしていただきました。


Img_8660

予約時残室数1室となっていた、多分最後のお部屋?は本館1階にありました。
広々とした解放感ある造り。


Img_8661


Img_8704

カルシウム・ミネラルが豊富に含まれるという山の湧き水も。美味。
お風呂上りには嬉しいサービス。


Img_8668

館内のところどころで、ちょっとした飾りがさりげなくセンス良く.....


Img_8697


Img_8700

食事から帰ってみると、寝床が用意されていました。


Img_8702

どこに潜んでいたのか、和紙を通した灯りの暖かな光が心を穏やかにしてくれます。


Img_8703

朝用の浴衣の用意.....これは初めて経験するサービス。
‘新しい浴衣で清々しい朝をお迎えください。’
季節のイラストがまたすてき。


Img_8699

館内には温水プールもあって、宿泊客は無料で利用できるようです。レンタルの水着もありました。
至れり尽くせりのホテル、スタッフの皆さんも感じがよく、人気があるのも納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小布施の駅にて

2018. 1.20

Img_8647

斜陽に淡く輝く、線路の間の枯草に見惚れていたら


Img_8650

sign01電車が来た~sweat01
ではなく.....coldsweats01
あそこは、以前長野電鉄を走っていた車両が展示・保存されている‘ながでん電車の広場’らしいです。


Img_8654今度こそ、電車到着~
だけど.....
各駅停車の電車なんですが、これに乗車すると長野にUターンしちゃうcoldsweats01

こうして見ると、‘ながでん電車の広場’に展示されてる車両は、レトロな感じが愛らしい。


Img_8653さてと、ホームの反対側で、電車を待ちます。


Img_8657この特急に乗って、湯田中の駅に到着


Img_8651 あ、そうそう、小布施の駅のホームにはこんなものも。
長野電鉄の創始者 神津藤平氏によって、大正15年に木島平に建設された樽川第二水力発電所の水車と水圧鉄管だそう。


このところ、空気の乾燥がひどく、
相棒さんと二人して、お肌のトラブルが増えてきたので、
最近は、お風呂の自動湯はり機能を封印、
浄水器をつけたシャワーで湯船にお湯を入れるようにしています。
そうすると、
お湯は柔らかで、お肌のカサカサも随分軽減したように思います。
ただ、オーバーフローしてしまわないように、
湯船にお湯がたまる様子に目を光らせているのですが.....。
昨日はちょっと油断しちゃいましてcoldsweats01
時間って.....思いの外、早く過ぎ去っちゃうもんなんですね。
気がつけば.....
オーバーフローとまではいきませんでしたが、
それでもめいっぱいthink
だけど.....
どっぷりお湯に包まれるのもなかなか気持ちよかったなぁ~confidentspa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬と戯れるぞ~!!

2018.1.20

と勇んで出かけた北信でしたが.....

Img_8637 思いの外暖かく、雪がないのにびっくりsign01
それ以上に驚いたのはこの閑散感。
これは、‘富蔵屋’さんの前にある駐車場なんですが、この辺り、小布施の観光の中心となっている場所なんです。


Img_8639

秋の栗?シーズンには、人があふれ返り、どのお店の前にも長蛇の列.....何せ、待つのが大嫌いな相棒さん、せっかく小布施まで来ながら、お昼ごはんなしの不完全燃焼旅となってしまったのですが.....
あのときの賑いが嘘のように、静かsign01


Img_8641

目的地は、前回の旅で行けなかった‘北斎館’
北斎は、当時としては超長寿の90歳で亡くなりましたが、その晩年の数年を、ここ小布施で過ごし、数々の作品を残しました。


Img_8643

この日、‘ワクワクドキドキ!読本挿絵の世界’という特別展が開催されていて、北斎が手掛けた挿絵がたくさん展示されていました。
そのどれもが気が遠くなるような細かさで、見ている方でもどっと疲れそうてしまいそうなほど。北斎って、相当根気強い人だったんだろうな。‘画狂人’ってのもわかるなぁ.....。


Img_8644

ところで.....
町中でこんな建物見つけました。
何だと思います.....?


Img_8645

.....だとは思わなかったでしょ~?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 富蔵屋 小布施

2018. 1.20

2,018年の初旅は、北信へheart04
出発の東京駅から驚きが待ってました。
北陸新幹線‘はくたか’の私たちが乗車した車両の3分の1くらいは、
マレーシアからの観光客、
また3分の1くらいは、
欧米系(多分、オーストラリア.....?半袖Tや短パン姿の男性も。そりゃま、車内は暖かいけどね。)のスキー客と思われる人々。
ここは一体どこ?状態.....。

Img_8635

さて、その新幹線からローカル線に乗り換えた、最初の目的地は小布施。
少々お昼を過ぎてしまったのですが、まずは腹ごしらえ。
信州と言えばお蕎麦sign01
小布施にも、お蕎麦屋さんはたくさんあったけれど、私たちが訪れたのは‘富蔵屋’さん。


Img_20180120_132010

相棒さんは、季節野菜の天婦羅が付く、田舎そばセット


Img_8630

私は、田舎くるみそばを


Img_8631

すり潰したクルミに、好みの量のそばつゆを加えてのばしていただく、長野の郷土料理のようです。


Img_8632

細麺の美しいお蕎麦。美味しい~heart04
量もちょっと多め。


Img_8634

蕎麦湯も濃厚でした。
それにしても、随分昔、信州を旅したときには、そばつゆが濃くて、しょっぱいって感じたものだけど、ここ近年はそう感じなくなってきたのは、つゆの味が変わってきたのか、自分たちの舌が変わってきたのか.....thinksign02
‘富蔵屋’さんのそばつゆも甘め、好みの味でした。
さて、お腹も、心も満たされたところで、目指す場所へ.....


一昨日降った雪、やっぱりかなりの影響が出たようです。
家にいた私的には実感がなかったけれど、
‘配達が昨日の午前の指定になってたんですけど、
 その商品自体が届いたのが今朝で.....。’
と、いつものヤマトのお兄さん。
お買いものに行けば、商品によっては品薄のものも.....。
連続して降雪していたら、また大変なことになってたんだろうなthinksweat02

昨日は、草津の本白根山が突然噴火したり、
アラスカ沖を震源とする大きな地震があったり、
そして今夜からは、今度こそsign02史上最強と言われる大寒波がやって来るらしい.....
2,018年よ、心かき乱す年になってしまうのか.....?

何だか急激に気温が下がってきたような.....?
皆さま、どうぞ暖かくしてお過ごし下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろうはずはないのだ.....

2018. 1.23

昨日届いたふるさと納税返礼品の柑橘
サイズが異なってる.....と書いたけれど、そろう訳がな~いの
Img_8802 なぜなら、2種類のミックスを希望してたから.....coldsweats01


Img_8804 この角度の方がわかり易いかな.....。
左が甘平、右が華まどんな
週末留守にしてて、受け取りが2日ほど遅れちゃったけれど、うま~いhappy01heart04 甘いけれど、ほのかな酸味も感じられる。みかん農家さん、こんな美味しいお蜜柑、どうもありがとうheart
それにしても、自分たちで選んでおきながら、すっかり忘れているこの記憶力が恐いわ.....thinksweat02


Img_8792 さて昨夜.....
気になって2階の窓を開けてみたら、ベランダの手摺りの上がこんな状態に~sweat01


Img_8794 物干しの上にも、そして電線の上にもsign01
雪の重みで電線が切れて、停電しちゃうんじゃないかってドキドキしちゃったよ~sweat01



Img_8801 そして今朝
力尽きたベランダ手摺りの雪の帯.....

車通勤の方もいらっしゃるし、前の通りは通学路でもあるし、時間はマチマチだったけれど、ご近所の皆さん、自発的に雪かき。
相棒さんも庭木を植えるときに使用した大型スコップを持って参戦sign01
したけど、指先のパックリ割れが痛いと、数分もしないうちに帰って来た。‘一応通りまでは出れるようにしたから’って.....全然距離ないだろ~sweat01 でも、今日は小学校休校だったみたいだよ。
それにしても、雪国に暮らす人々はほんと大変だなぁ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪です。

2018. 1.22

朝のうちは雨だった横浜も、今日は雪の予報でした.....
お昼過ぎに所沢に住む友人から‘降ってきたsnowsign01’メッセージ
間もなく、こちらでも降り始め.....

Img_8783 降り始めてから2時間後
家から出ることなく写真を撮ろうと横着したら、この程度の写真しか撮れな~いcoldsweats01


Dsc_0089数日前に咲いた福寿草、開いたり、閉じたりを繰り返してる.....色彩乏しい庭に嬉しい彩り
今は、もちろん、雪の中で固く縮こまってしまってるけれど。


Img_8781 相棒さんの故郷から、ふるさと納税の返礼の品が届いた。‘華まどんな’という種類らしい。
例年だと、まるで贈答用のような、大きさもきれいに揃ったピカピカの柑橘が届くのだけれど、昨年末に届いた蜜柑といい、今年はイマイチ。自宅用だから、見た目は気にしないけれど、お味の方はどうだろう.....?
天候不順もあって、今年は全国的に蜜柑が不作とのこと、農家さんも大変sign01文句言ってたらバチが当たっちゃうね。
インフルエンザ流行中の今、ビタミンカラーでまとめてみましたcoldsweats01


相変わらず、雪が降り続いています。
明日の朝にはどんな様子になっているかなぁ.....。
だけど.....どうしてこの寒波がやって来なかったんだろう、週末に.....thinksweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘かった.....

2018. 1. 7

10日ほど前のことになりますが.....coldsweats01
10数年ぶりに川崎大師へ出かけて来ました。
そのときもものすごい人だった記憶はあったのですが、
三が日じゃあないし、前回のようなことはないだろうと.....
Img_8596 駅の傍にある厄除門。
やっぱり三が日過ぎるとセーフだね~heart04なんて余裕で話していたら


Img_8598 うわっsign01すご~shock
通りを埋め尽くす人、人、人.....
先に小さく見えているのは不動門かな?
この混み具合を見た相棒さん、撤退即決think


Img_8600 大山門の前、整然と並ぶたくさんの人たち。
遠方からいらしてる方もいらっしゃるんだろうな。
私たちは.....また出直して来よう.....sweat02


Img_8607 だけど、名物の久寿餅はしっかりゲットcoldsweats01


Img_8612 一番小さな箱だけど、この大きさ。
これ、小皿じゃないです。直径23cmほどの中皿、しかも久寿餅は2段重ね。
開封したら最後、その日のうちにいただかねばならぬらしい.....。
きな粉も、みつも掛けてしまったあとに気がついた注意書き → 掛けて3分以上過ぎますと久寿餅の水分が出てまずくなります.....って。
え~っsign02 気分はフードファイターsweat01 二人にはあまりにも多過ぎる量でした.....thinksweat02
ところで、川崎大師の正式名称って、金剛山 金乗院 平間寺(へいけんじ)だって、ご存知でした?


Img_8605 久寿餅がお腹の中でおしくらまんじゅうしていて、全く空腹感はなかったのだけれど、一応七草がゆ、いただきました。この一年の無病息災を願って.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ スパルタ 関内

2018. 1.14

ついこの前、年が明けたと思ったら、あっという間に2週間が過ぎ去っていましたcoldsweats01sweat01
早~っsweat01 こんな感じでまた1年がぴゅーっと飛び去っちゃうんだろうな.....。
心して、一日一日を、いや、一瞬一瞬を過ごさねば.....sign01な~んてね。

Dsc_0085 ギリシャに行って来ました。


Dsc_0084

っても、横浜関内のギリシャ「ギリシャ国旗 無料イラスト」の画像検索結果coldsweats01
寒い日でしたが、外のテラス席には外国人のお客さん。ギリシャの方かな.....?


Dsc_0078 みなと博物館に用事があったのだけど、その前にちょっと遅めのランチrestaurant
生命力あふれる野菜のサラダ。きゅうりの皮ってとっちゃうのね.....?


Dsc_0079 私NGのもつのスープは、相棒さんの胃袋へ。うまいsign01と2皿分完食。


Dsc_0082 相棒さんチョイスのパスティチョ(挽肉とパスタの重ね焼き)。ギリシャのラザニアといった感じかな?


Img_20180114_134527 断面がおもしろい。


Dsc_0081 マイ・チョイスは、ギリシャのハンバーグ
温められたバケットも、ライスも美味しかったな。適量なのがまた好ましい。
あ~、ギリシャまた行きたいなぁ.....。今度はもっとゆっくり過ごしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのマック

静かで穏やかな三が日でした。
近所の神社とお寺に初詣に出かけた以外は、
特にイベントもなかった我が家、
唯一と言ってもよいイベント.....?がマクドナルドsign01coldsweats01
マクドナルドのお店に最後に足を踏み入れたのは一体いつだったか.....?
ひょっとしたら10年以上経っているかも.....?

しばらく前に、テレ東の‘カンブリア宮殿’で見た‘大復活スペシャル’。
その中で紹介されていた日本マクドナルド社長のサラ・カサノバさんの奮闘する姿を拝見して、
マクドナルド復活の一助ともなった‘グランクラブハウス’を食べてみたいな~という気になった。
あまり気の進まなそうな相棒さんを引き連れて、入店。
店内は老若男女で、思いの外賑わっていた。
注文カウンターと商品を渡すカウンターが別になっている等、進化したマクドナルドに戸惑いながら、そして早口のお姉さんに圧倒されながらも何とかオーダー。
Img_8593 こちらがその‘グランクラブハウス’のセットsign01


Img_8594 野菜多め、しかも新鮮。やや厚めのベーコンの存在感も悪くない。だけど一番違いを感じたのは、番組の中でも紹介されていたバンズ。日本人の好みに合わせて、ふんわり柔らかで、もっちりとした食感のものに変更されていた。これだとしっかり挟めるので、中身が滑り落ちたりなんてこともない。記憶の中にあるハンバーガーと比較しても、美味しくなっていると思う。腹持ちも意外とよかった.....のはポテトのせいか?
.....けど、同じくらいの料金を払うなら、定食屋さんに行っちゃうかなぁ.....。たま~にはよいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眩しくてすみません

11月に訪れた熱海のMOA美術館に展示されていた黄金の茶室shine

Dsc_0104 こんなものをつくっちゃいそうなのは、信長か、秀吉か.....?と思ったら、やっぱりsign01
天正14(1,586)年正月、豊臣秀吉が時の天皇、正親町天皇に茶を献じるために、京都御所内の小御所に組立式の黄金の茶室を運びこみ、黄金の道具を用いて茶会を行ったという史実に基づいて復元制作されたものだそうです。


Dsc_0105

天正15年の北野茶会、また天正20年の朝鮮出兵のため肥前名護屋に出陣した折も、大阪より運ばせて茶の湯を行ったことが知られているそうですが、大阪城落城とともに消滅したと考えられているのだそうです。


Img_8024 床掛物‘豊国(ほうこく)大明神’は、豊臣秀頼の筆によるもの


Dsc_0106

表千家不審庵に伝わる利休所持の黒塗台子・唐金道具を参考に復元された茶道具。これに使われた金は50kgほどsign01
畳は猩々緋、縁は萌黄地金襴小紋、障子には緋色の紗を貼り、秀吉に因んだ五七の桐文様が入れてあります。


Img_8025_2 秀吉所用と伝わる黄金天目と茶入れ
両作品揃っての特別公開は約半世紀ぶりなのだとか.....eye

Dsc_0109


Dsc_0110 全く縁のないきらびやかな世界shine、好き嫌いは置いておいて.....何だか運気がアップしそう?な期待を込めて、2,018年初トピックに選んでみましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2,018年元旦

2018. 1. 1

Dsc_0575

イヌのモデルさんが確保できなかったもんで、同じイヌ科イヌ属のオオカミさんたちに代役をお願いしてみました(^^)sweat01


Img_7290

精悍な顔立ち


Dsc_0570

理知的な目


Img_7287

その辺に寝転がっていたら、きっとオオカミだとはわかんないだろうな.....。
旭山動物園にて


静かで穏やかな元旦を迎えました。
この一年も、こんな感じで平穏に過ぎていってほしいものです。
2,018年がよい年でありますように....heart
今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »