« ギンザ・シックス 再び(^^) | トップページ | 大楠 @ 来宮神社 熱海 »

熱海の駅前うろついてみた

2017.11.24

随分昔に訪れたときには、何だか寂しいイメージだった熱海......

Dsc_0185

ところがどっこい


Dsc_0186

平日の昼間だというのに、結構な人で賑わっていましたよん。


Img_8083駅前のスペースに展示されていたのは、‘熱海軽便鉄道7機関車’
明治40年から大正12年まで熱海-小田原間25kmを2時間40分かけて走っていたそうです。東海道本線だと25分で行けちゃう距離です。客車定員40~50名。


Img_8070

この大きさの金目鯛の開きは、一匹2,500ほど。
イカの下に見えているのは、まぐろのほほ肉だそう。


Dsc_0194

でもって、こちらはまぐろテール


Img_8079

‘獅子柚子’なるもの発見とは言っても、正確には柚子ではなく、ブンタンの亜種に当たるそうです。
比較対象がないのでわかりにくですが、直径20cmくらいあったかなぁ.....無視できない大きさ
いろいろなお店が並んでいて、活気があって見てるだけでも楽し~い


Img_8081

商店街の中にあった手湯‘福々の湯’、名前がよいですね~。
源泉は地中300mから湧出している‘福福温泉’、その温度76.7℃。手湯は40℃に調整されているそうですが、かなり熱かった印象。
熱海の源泉数は500ヵ所、平均温度は63℃ほど、総湧出量は約16.564ℓ/分、高温泉の数は東日本の温泉地で一番多い地域なのだとか。


Dsc_0195

このディスプレイに誘われて、ふら~り


Dsc_0196‘和菓子 村上’さん。熱海のお店だとばかり思っていましたが、金沢発祥なんですね。‘天の川饅頭’が有名らしいです。


Img_8072

お店の奥の方にある喫茶コーナーは、小ぢんまりとした空間でしたが、雰囲気はよかったです。


Img_8071


Img_8074

相棒さんは、和菓子とお抹茶のセット。和菓子多過ぎやしないかい.....
左上:チョコレート天の川 → 洋酒が効いたチョコレート風味の洋菓子っぽい感じのお菓子
左下:垣穂金胡麻 → きなこ餡を求肥で包み、金胡麻をたっぷりまぶしてあります。
右:福梅 → 金沢伝統のお正月菓子だそうで、紅白2種類があります。つぶ餡に水飴を練りこみ、濃密な味わいの最中


Img_8075

私はわらび餅と抹茶ミルクアイス(正式名称失念)をいただいてみました。
わらび餅も、トッピングされたきなこも美味しかったのですが、ミルク感満載の抹茶アイスが強く印象に残りました。
さて、エネルギー補給してしまったからには、行動を起こさねばなるまいのぉ.....

|

« ギンザ・シックス 再び(^^) | トップページ | 大楠 @ 来宮神社 熱海 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海の駅前うろついてみた:

« ギンザ・シックス 再び(^^) | トップページ | 大楠 @ 来宮神社 熱海 »