« 初めての | トップページ | 空中散歩♪ »

Lunch @ 麻布はんなり 西麻布

2017. 9.25

旅レポ、その前に......

Img_7417今日は、以前から気になっていた‘麻布はんなり’さんへ、おじゃまして来ましたので、そちらの話題をまず。


Img_7418 先付:自家製チーズ豆腐 雲丹 べっ甲あん
チーズ風味はあまり感じられず、滑らかでやや濃厚なお豆腐といった感じ。べっ甲あんが美味しかったのだけれど、すくい切れず.....う~ん、残念すくい切っちゃうもんでもないでしょー


Img_7422 お椀:萩真丈 海老葛うち 小蕪 柚子
蓋を開けた途端、ふわっと最初に香ったのは蕪でした。真丈も美味だったけれど、ぷりぷりとろ~りとした海老の食感が印象に残りました。


Img_7424 お造里:かんぱち しまあじ 剣先イカ
どれも新鮮で美味しかったけれど、特に剣先イカに心奪われ.....
添えられていたのは、銀杏と栗の葉っぱ。銀杏の葉は、すでに黄葉している、北の方からのお取り寄せなのだそう。季節感をセンスよく取り入れるのも和食の大切な要素、さりげなく飾り付けられた葉っぱ一枚にもご苦労がありそう.....。


Img_7426 八寸:カマスの西京焼き 甘酢茗荷 松葉銀杏 湯葉 豚肉のエノキ巻き焼き 帆立 海老厚焼き玉子 サツマイモのイチョウ葉 酒粕クリームチーズ
朱色のほおずきの器に入ったクリームチーズは、とっても濃厚。シャキシャキとしたエノキと、しっかりと焼き目をつけた脂ののった豚肉のコンビも幸せマックスの美味しさだったけれど、肉厚のカマスは味も焼き加減も絶妙最高でした


Img_7427 煮物:秋茄子と鴨の焚き合わせ 柚子胡椒
南瓜 玉ねぎ にんじんもみじ 獅子唐 赤い万願寺唐辛子
とろっとろに煮えた茄子が何とも言えな~い 鴨からよいお出汁が出ていて、本当に美味しい万願寺唐辛子のシャキシャキとした食感も楽しかったな


Img_7428 お食事:釜炊き鯛飯 出し汁 香の物


Img_7429

愛媛県産の鯛をふんだんに使った鯛飯、既にお腹はいっぱいでしたが、あまりにも美味し過ぎて、遠慮なんてできな~い
お出汁が添えられていて、一膳目はそのまま、二膳目はお出汁をかけてお茶漬けで、いただきました。だけど、お釜の中には一人軽~く三杯分くらい入っていて、さすがに三膳目は無理って思っていたら、‘板さんが残った分は、おにぎりにしましょうかね?’と、帰るときに持たせて下さいました。


Img_7430 デザート:きなこプリン 栗の黄金煮
苦しいと言いながら、別腹デザート まるでブランマンジェのような、滑らかな食感のプリンはきなこの味がしっかり、更に香ばしい炒りきなこが添えられていて、それといっしょにいただくと、ますます濃厚なきなこ味が楽しめました。トッピングの栗も、自然な甘さでよかったです。


Img_7419 二人には広すぎるほどの個室を用意して下さっていて、おかげさまで、ゆったりと静かに食事を楽しむことができました。
壁に掛けられていたすてきな飾りも


Img_7420 床の間のお軸も‘中秋の名月’待ち仕様.....?
ちなみに、今年は10月4日が‘中秋の名月’に当たるようです。
‘麻布はんなり’さんのお料理はどれも、素材はもちろん、お出汁が最大限に活かされているように感じました。お店の方も丁寧な接客で感じよかったし.....。どうしましょう、また一つ、すてきなお店を見つけてしまいました。

|

« 初めての | トップページ | 空中散歩♪ »

食*東京グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ 麻布はんなり 西麻布:

« 初めての | トップページ | 空中散歩♪ »