« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

Lunch @ レストラン&バー マグノリア 横浜

2017. 8.17

相棒さんが購入していたクーポンを利用して、横浜駅東口から徒歩5分くらいのところにある‘レストラン&バー マグノリア’さんへおじゃましてきました。
入口にガタガタと並んだメニュー版が目に入ったときには、ちょっとテンションがダウンしてしまいましたが、ブラウンと赤でシックにコーディネートされ、静かにジャズが流れるゆったりとした店内は意外と寛げる雰囲気。壁には、ミュシャの絵が3点ほど飾られていました。

Img_6791 スパークリングワインに続いて、登場したのはヴィシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)。ローズマリーがでーんcoldsweats01


Img_6792 前菜は、左からスパニッシュ・オムレツ、リエット、ミニトマト。ミニトマトの○○.....の○○部分が聞き取れなかったのですが、これ、とっても美味しかったです。


Img_6795 野菜のベニエ、アンチョビと生クリームのソースで。このソースがまた美味しくて、バケットを注文しようとしたら、‘バケットは、メイン料理のときにお出しします。’とのこと.....thinksweat02 別注でいいから、このときバケットが欲しかったなぁ~


Img_6796 渡り蟹のトマトソース・スパゲッティ。私たちがときどき訪れる比較的近所のイタリアンでは、トマトクリームソースを使っていて、お気に入りの一品なのですが、こちらのトマトソースも、シンプルにトマトの酸味と渡り蟹の旨みが伝わってきてよかったです。
あ~、バケットが欲しいよ~sign01


Img_6799 メインは、ぶどう牛のローストビーフ、甘みのあるバルサミコ酢で。めっちゃ柔らかくて、とっても美味。ビーフの下には、マッシュドポテト。
お皿の端、右半分に振られていたのは、赤ワイン漬けのイタリアのお塩。よいお味でしたheart


Img_6801 デザートは、濃厚なガトーショコラと、さっぱりふんわりのチーズケーキ。‘ニコニコちゃんマーク’が何とも言えないcoldsweats01 
このお店は女性のシェフのようです。どのお料理も美味しくいただきましたが、接客にもうちょっと柔軟性があったらなおよかったかな。
あとバーを兼ねているだけあって、ワインも(特に赤wine)美味しかったです。


昨日、お天気姉さんが明るい表情で、‘明日は久しぶりに青空が見られそうです!!!’とアナウンスしていたのですが.....
雨こそ降らなかったけれど、どよ~んcloud.....think
未明から朝方にかけて雨が降った東京では、これで8月に入って17日連続の雨天になったそうです。公園に水たまりができていたから、横浜でも降ったのかな.....?
今日のお天気姉さんの話によると、晴天がほとんどないまま、秋の長雨に入る可能性もあるとか。まじか.....sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ オムナチェッロ 鶴見

2017. 8.15

身体にカビが生えてきそうなお天気が続いています。東京では、15日連続の雨は40年ぶりだそう。
帰省の予定もなく、旅の予定もない我が家。近場を探検しようと話していたお盆休みも、こう雨ばかりだとお出かけする気にもならず.....。
だけど、家に籠り続けるのもやっぱり限界があったようで、今日は雨の中、ランチがてら、少しばかり外出して来ました。

Img_6788

ランチに伺ったのは、気になっていたピッツェリア‘オムナチェッロ’さん。2,015年オープンの比較的新しいお店のようです。


Img_6776

小ぢんまりとした店内。雨の降りしきる正午前ということで、先客はなく。


Img_6779

店の最奥に存在感のある釜


Img_6778

お好みのピザとサラダ、食後の飲みもの、デザートがセットになったランチ


Img_6783

トマトソースのピザ15種類とチーズ・ベースのピザ14種類の豊富なメニューからそれぞれ1つずつ選んで、相棒さんとシェア。
トマトソースのピザは、アンチョビ・オリーブ・ケイパー・ニンニク・オレガノ・バジリコがトッピングされた‘シチリアーナ’を。
見た目に反して、意外とサクサクいけちゃいます。ただ、生地がちょっとしょっぱかったかな.....。


Img_6786 チーズベースのピザは、モッツァレラチーズ・自家製ソーセージ・ミラノサラミ・イタリア産ハム・ブラックペッパー・バジリコがトッピングされた‘マチェラーラ’を。
‘シチリアーナ’にしても、‘マチェラーラ’にしても、こんなに具だくさんのピザ、食べたことがないsign01
ただ、私たち年配者には、‘マチェラーラ’はかなり高カロリー、もっとシンプルなメニューを選べばよかったかな。


Img_6787

食後の飲みものは、ホット or アイス・コーヒー、紅茶、オレンジジュースの中から選びます。デザートは、濃厚なマンゴー味のシャーベットでした。


Img_6775

店名である‘オムナチェッロ’は、お店の方によると、座敷童のイタリア版のようなものらしいです。メニューに使われていたこのワンポイントや


Img_6777壁に飾られていた絵に描かれていたのが‘オムナチェッロ’のようです。
お店を出る頃には外は土砂降り、よりによってこんな日に外出しちゃうなんて~thinksweat02 だけど、よい気分転換にはなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は豊作.....?

Img_6757

今年は、デラウェアが豊作.....
とは言っても、ご覧のとおりcoldsweats01 粒は揃っていないし、存在感大の種もある。だから人さまに差し上げるようなものでもないので、これまでのところ、相棒さんと二人で頑張って消化中。
この量のデラちゃんが朝晩収穫できるのです。梅雨のような天気が続いている中でも甘みはしっかりsign01


Img_6767

洗面所の小さな窓だけでも、
ほうら、もう少しで食べ頃だぞ~
のプレッシャー.....sweat01


一枚の残暑見舞いが届いた。

相手は相棒さんの仕事関係の長年の知り合いの方。
秋口には毎年、地元徳島の酢橘を送って下さっていた。
お会いしたことはないけれど、
電話でお話させていただいた感じでは、
誠実そうな人だな.....という印象の男性。
こちらの体調を気遣う言葉の後、添えられていた文に
心が凍り付いた。

心肺停止待ちとなりました。
今日までありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ クオ・ヴァディス 石川町.....and

2017. 8.10

お盆休みに突入する直前の木曜日。
この前日は、東京でも37℃まで気温が上昇、‘不要な外出は控えて下さい。’とTVでアドバイスを出すほどの酷暑でしたが、この日は気温も幾分下がってお出かけ日和。

Img_6763 そんな中、石川町にあるイタリアン、‘クオ・ヴァディス’さんへ出かけてきました。


Img_6764 コルクで埋め尽くされたドア、インパクトありますね~eye


Img_6759 フルコースを含む3つのランチメニューからBランチを。
前菜:右からひよこ豆のペースト、サラミ、大根のピクルス、ひと品飛んで、ルッコラとインゲンのサラダ。
スタッフの方が説明して下さるのですが、私たちの斜め後ろにいらしたマダム・グループの賑やかな話し声にかき消され、よく聞こえな~いearpaper


Img_6760 Bランチは、ピザかパスタを選べるので、それぞれ一品ずつオーダーして、シェアすることにしました。
定番マルゲリータ、釜で焼き上げられたばかりの熱々sign01 運ばれて来たとき、んsign02ちっちゃい.....?と思ったけれど、考えてみたら、一人分ですもんね。


Img_6761 パスタは、2つのメニューの中から、パンチェッタのトマトクリームソース、パッパルデッレ(幅広の平麺)を。これは、2つのお皿に取り分けて、運んできてくれました。存在感大のパスタ、お腹いっぱいにcoldsweats02
食後の飲みものは、紅茶をcafe
久しぶりに会った友人とおしゃべりが弾み、残念ながら、お料理の味があまり印象に残ってないです.....think


食後、元町のショッピング・ストリートをぶらつき、別腹タイムcoldsweats01 
以前から気になっていた日本茶専門の‘茶倉’さんへ。実は以前にも探したことがあるのですが、見つけることができなくて諦めていたお店。今回はスマホのナビのおかげで辿り着くことができましたが、前回もすぐ近くまではやって来ていたようでした。注意していないと素通りしてしまいそうなくらいの、地味な外観.....。
Img_6766 そんな思い入れのあるお店なのに、撮った写真がこれ1枚sweat02 ここでもおしゃべりに意識が集中していたようですcoldsweats01
ミニ抹茶パフェを注文したのですが、登場したのはこ~んな立派なサイズsweat01 ゼリー、スポンジケーキ、ババロア、アイスクリームとさまざまに形を変えたお抹茶を楽しめます。お抹茶好きにはたまりませんheart04 個人的には、アイスクリームとババロアが味わい深くて、特に好きheart あと、生クリームも美味だったな。
友人は和菓子セットを注文。丸められたこし餡が四角い寒天の中に閉じ込められた、夏らしいお菓子でしたが、食感的にはかなりしっかりした寒天だったようです。
悔やまれるのは、お茶の写真を撮り忘れたこと.....thinksweat02 友人は宇治煎茶、私は、お店の方おススメの宮崎県五ヶ瀬産‘みなみさやか’という発酵茶をいただいたのですが、どちらもこれまで味わったことのないようなお煎茶、烏龍茶(見た感じはお煎茶そのもの)でびっくりsign01
ゆったりと寛げる空間、完全禁煙もポイント高く、次に訪れるときには、じっくりとお茶を.....真剣に味わってみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ イル・サッジオ 横浜

2017. 8. 2

帰省の際、横浜のお土産として何度か購入させていただいている崎陽軒さんのシューマイ。そんな崎陽軒さんの本店に、初めて足を踏み入れてきました。
B1階にはビア・レストラン(オン・シーズンということでしょうか、開店前から長蛇の列.....beer)、1階には、優雅なティータイムを過ごせそうなサロンもありました。気になりながらも2階へ。

Img_6741

エレベーターを降りてまっすぐ、奥まったところにあったのが、中国(広東)料理‘嘉宮’さん、そしてこの日おじゃましたイタリア料理のお店‘イル・サッジオ’さんは、その手前左側にありました。


Img_6740

中華料理で知られる崎陽軒さんが手掛けるのは、ナポリを中心とする南イタリア料理らしいのですが、どんな感じなんだろう.....?


Img_6730 開店と同時に入店、1日50食限定の‘ボンジョルノ・ランチ’を注文してみました。
アンティパストミスト:
宮崎県産マアジのカルパッチョを甘酸っぱいフランボワーズ・ソースで
塩味のあるモルタデッラハムのポテトサラダ巻き
夏野菜のバーニャカウダ
南瓜の冷製スープ
バーニャカウダの野菜は三浦半島のもの、とっても新鮮でどれも美味しかったのですが、個人的には生食可能なかぼちゃ、コリンキーに心惹かれちゃいました。赤パプリカの横にちらりと写っているぶんです。


Img_6731 オリーブオイルをつけながらいただいた、2種類のバケットは、どちらもふんわり美味


Img_6732 茄子とモッツァレッラチーズ トマトソースを重ねたオーブン焼き、いかにもイタリアンな感じ、これは外れませんね~heart04


Img_6735 お魚とお肉、2種類のメイン・メニューからは、宮崎県産鮮魚とムール貝のヴァポーレ(ポワレ) 生海苔のソースを。お魚はかなり淡白、対照的にムール貝は、しょっぱめの味付けになっていました。存在感のあるオクラが美味しかったです。


Img_6737 メイン料理の後に出されたパスタは、パンチェッタと玉葱のソース和え バジリコ風味パスタ‘フジッローニ’。
この時点でお腹は結構満たされていたのですが、ボリューム少なめのショート・パスタだから.....といただいてみたら、想像していた以上のボリューム~coldsweats02sweat01 しっかりとした食感のせいかな?


Img_6739 だけど、デザートはもちろんsign01別腹coldsweats01
無花果のコンポート、抹茶ケーキ、ともにソースはピスタチオを使ったもの、それに、マンゴのアイスクリーム。飲みものは確か、コーヒー・紅茶・エスプレッソ・カプチーノ・アイスコーヒーの中から選ぶことができます。
お料理の出されるタイミングもよく、落ち着いて食事を楽しむことができました。食後も急かされるようなことはなかったので、ゆっくりと友人と久々のおしゃべりを楽しむことができました。
この雰囲気とサービス、お料理を考えると、‘ボンジョルノ・ランチ’はなかなか良心的な価格設定なんじゃないかな?

さて.....
この日の夜は北から空気が入り込んできたこともあり、とても過ごし易い夜となり、久しぶりにノー・エアコンで眠りました。窓から流れてくる涼風を身体全身で感じながら、タオルケットを首元まで引き上げて眠る.....とっても幸せな夜でした。
けれど.....
窓からいっしょに侵入してきたのは、夜風だけではなく.....。掃除機の唸ること、唸ることcoldsweats01
それでも自然の風って、やっぱりいいな~confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千日餅

2017. 8. 1

今日から8月sign01 ですが、あまり穏やかではないスタート。

先ほどまでどしゃどしゃrainと降りまくっていた雨も、今は小康状態。
だけど、この後も油断はできないよう。
少し前、故郷の母からの電話で、居住区の一部に避難勧告が出ていることを知った。
慌ててネットで調べてみると.....
区のHPにはそれらしき情報はなく(あったのは、2年前の9月9日のもの)、
マスコミの情報もニュース・レベルに留まり、
災害情報としてはあまりにも詳細に欠いている。
1時間ほど前のNHKニュースによると、
私の住む町にも避難勧告が出ているようなのだけど、
その勧告が出されているのが、同じ〇丁目の一部.....とある。
この一部とはいずこか.....。
世帯数と人数についてはきちんと報道されているのに、場所が特定されなくば、
自分のいる地域が避難勧告対象区なのかどうかわからず、
不安が募るだけではないか。
結局、自己判断の自己責任ということなのだろう。

とりあえず、身の危険は感じていないし、
近所の方々も避難される様子もないので、
家に留まり、様子をみることにした。

それにしても.....
狂ったように降りしきる雨の中、
家の中で、状況を注視していた九州北部豪雨や東北豪雨の被災地の皆さん、
どれだけ不安で、恐ろしかったことだろう。
これからは、どこで、いつ、こういう異常事態が発生するのかわからないのだ。
避難勧告を出す自治体も大変だろうとは思うけれど、
迅速かつ的確な対応をお願いしたいと切に願う。

さて、話題はがらりと変わり.....
先日、仙台出張から帰宅した相棒さんのお土産は......

Img_6724 見たことないなぁ~と思って買って来たとのこと。
喜久水庵を運営する、お茶の井ヶ田(いげた)さんの、仏教に古くから伝わる‘千日回峰行’に因んだお菓子。
‘千日回峰行’は、奈良県の大峯山にある行で、片道24km、高低差1,300m以上の山道を1日16時間かけて往復すること千日間、9年の歳月をかけて48,000kmを歩くもの。この行をやり遂げたのは、1,300年の歴史の中でもたった2人sign01そのうちの一人が、仙台・秋保(あきう)の慈眼寺にいらっしゃるそうです。
修行僧の格好をイメージし、網代模様の入った箱には、袈裟をイメージした黄色いオビがかけられています。


Img_6727


Img_6729 形は網代笠をかたどっているそうです。中には、南東北名物のずんだ、健康に配慮し、希少糖が使われているそうです。しっとり、もっちりした生地は、お餅のような不思議な食感。
この‘千日餅’には、ずんだの他にもつぶ餡もあるようですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ