« 紫陽花を愛でながら歩いていると..... | トップページ | Lunch @ 通圓 宇治 »

シャトルバスの中で

2017. 6.19

紫陽花の季節、JR&京阪宇治駅と三室戸寺を結ぶ直通のシャトルバスが運行されていたので、こちらを利用することにしました。
始発のJR宇治駅で比較的早い時間に乗車した私は、後方の二人掛け、窓側に座ることができたのですが.....

その後どんどん混み始め、後から乗り込んできたカップルの女性が私の隣の席に。
前の二人掛けの席も一人分の座席が空いていたので、
男性は、てっきりそこに座るものだとばかり思っていたら.....
彼女の横に立って、二人は熱~く手を握り合っていました。
その後もどんどん乗車する人がやって来て、
JRの駅を発車する頃でもほぼ満員状態のバスでしたが、
京阪の駅前の停留所に着くと、そこでもたくさんの人がバスを待っていました。

‘すみません。ほんの10分くらいの乗車なんで、
お一人さまもう一歩ずつ、詰めてもらえませんやろか。’
繰り返しアナウンスする運転手さん。
立っている人たちも既にキツそうだったのですが.....
件の男性、彼の後ろに余裕があるのに、
女性の手を握りしめたまま、一歩も動く気配が.....ない
窓際の席にいる私は身動きをとることもできず、
何だか落ち着かない気分で、
彼の後ろの空間をチラチラ見ながら
‘空いてますよ~’シグナルを出していたのだけど、
全く効果なし。

‘ほんとすいません。できたら全員乗せてあげたいんで、
今もキツイ思いますけど、もう一歩ずつ、
詰めてもらえませんやろか?すいません。’
との再三のアナウンスに、
ついに男性の前に立っていた二人の女性が動いた
頑張って何とか彼の背後まで移動してくれました。
もう拍手したい気分~
結局、そのとき停留所で待っていた人全員を乗せてバスは無事出発

だけど.....たった10分ですよ
我慢できないもんかなぁ~
しかも見た感じ、40歳過ぎくらい?のカップル。
恋愛感情に年齢は関係ないんだろうなとは思うけど、
だけど、それぐらいの年齢の人なら、
もうちょっと分別があってもいいんじゃないかなぁ.....
と思った、シャトルバスの中での出来事でした。

Img_6522 民家の軒先に置かれていた鉢植えの紫陽花もすてきでした

|

« 紫陽花を愛でながら歩いていると..... | トップページ | Lunch @ 通圓 宇治 »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャトルバスの中で:

« 紫陽花を愛でながら歩いていると..... | トップページ | Lunch @ 通圓 宇治 »