« 緑色の光を浴びて | トップページ | Dinner @ Le mazot(レ・マゾ) ベルン »

雨上がりの紫陽花

2017. 6.14

横浜は、昨日から今朝にかけて、本降りの雨rain 肌寒い2日間でした。
雨もすっかりあがったので、新しい靴の履き慣らしに、近所を散歩してきました。

Img_6309

雨の後は、鮮やかさが増して、この季節の紫陽花って、存在感がありますね。
紫陽花の学名‘Hydrangea’は、ギリシャ語で‘水の器’を意味するのだそうです。


Img_6315

土壌がアルカリ性だと、花が赤く


Img_6310


Img_6319 酸性だと、青くなると聞いたことがありますが、


Img_6320_2 同じ場所に異なった色の花、これはどういうことなのだろう.....?


Img_6305さて、週末の収穫.....
ビワの一部がカラスに横取りされた後、紙袋を掛けていた枝の一つを収穫。やや小振りだけど、これだけで1パック分はあるな~heart04
まずは一ついただいて、‘あま~いhappy01heart01’と喜ぶ私に、‘穫れたてビワの甘さはこんなもんじゃあないよ。収穫早過ぎたなぁ.....。’と相棒さん。
調べてみると、熟して食べ頃になったビワは、指でつまんでちょっとひねるだけで、簡単に枝から離れるのだそう。同じ枝先のものでも熟し具合って異なるみたいだから、枝ごとばっさり収穫はNGってことなんですね。また一つ、お勉強coldsweats01


Img_6299 昨年採取したブルースターの種を、赤玉小粒を入れたスリット鉢にばらまいておいたのですが、全く変化がなかったので、ダメなのかなぁ~と諦めかけていたのですが.....
元気よく芽吹いてくれましたeyeheart04
今では、もっと増えていますが、ブルスターは移植を嫌うらしいので、もう少し成長した後、植え付けるのが本当の勝負どころらしいです。

|

« 緑色の光を浴びて | トップページ | Dinner @ Le mazot(レ・マゾ) ベルン »

日常のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109224/70848960

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの紫陽花:

« 緑色の光を浴びて | トップページ | Dinner @ Le mazot(レ・マゾ) ベルン »