« 建仁寺 | トップページ | 紫陽花寺は大にぎわい »

建仁寺にてⅡ

2017. 6.18

Img_6373_2 桃山時代に海北友松(かいほうゆうしょう)によって描かれた方丈の襖絵の一つ、‘雲龍図’


Img_6374_2 高精細デジタル複製された‘雲龍図’は常設で一般公開中。
アップで撮っちゃいましたが、全体像の方が雰囲気が出て、迫力があったかも.....think


Img_6381_2 ‘琴棋(きんき)書画図’は、唐の文人が 琴や囲碁、書画をたしなむ様子を再現したもの。薄く彩色されていました。


Img_6380_2


Img_6398 これまで見てきた襖絵と雰囲気が違うなぁ~と思ったら.....
‘型染め’と呼ばれる伝統技法で絹織物の白山紬(つむぎ)に染め上げた鳥羽美花さんの作品を、表具師が襖に仕立てたものだそう。‘凪(なぎ)’はモノトーン


Img_6394 ‘舟出’は、鮮やかな青を基調とした作品。どちらもベトナムの水辺の風景に着想を得たものなのだとか。
墨絵のような空間にあって、お庭の緑とこの青は、とっても新鮮でした。


Img_6402 法堂天井画の‘双龍図’。


Img_6677 これらの他、俵屋宗達による‘風神雷神図’や金澤翔子さんによる書も。
拝観チケットより、国宝‘風神雷神図’coldsweats01 お寺にあったのはもちろん、複製で、実物は京都国立博物館の方にあるようです。

|

« 建仁寺 | トップページ | 紫陽花寺は大にぎわい »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109224/70945619

この記事へのトラックバック一覧です: 建仁寺にてⅡ:

« 建仁寺 | トップページ | 紫陽花寺は大にぎわい »