« チョコレート続きで..... | トップページ | おみごと! »

目黒雅叙園の.....

2017. 3.29

これもまた随分と時間が経ってしまいましたが.....coldsweats01
3月末に目黒雅叙園の‘旬遊紀’さんでランチしたときのこと。

この日目黒雅叙園を訪れたのは、実は東京都指定有形文化財‘百段階段’の見学が目的。普段は一般公開されていないのですが、イベント開催時、あるいは期間限定で園内のレストランでのランチとのセットで見学することが可能なのです。ガイドさんによる案内付き見学ツアーは1時間ほど、要事前予約。

元々は細川越中守の屋敷跡地につくられていた建造物を、不動産業で財を成した石川県出身の細川力蔵氏が買い取り、増改築を重ね、1,931年に‘目黒雅叙園’と名付けた料亭をオープンさせました。
本格的な日本料理と、中国から料理人を招き、北京料理を出していたそうです。現在、中華料理店で一般に見られる円形のターンテーブルは、力蔵氏のアイデアで、後に中国に逆輸入されたのだそうです。その後も、利用客のニーズに応じて、銭湯や結婚式場等々を併設し、日本初の総合結婚式場となったようです。

‘百段階段’(1,935年建築)は、目黒雅叙園で現存する唯一の木造建築、全国各地から著名な画家や職人たちが招かれ、贅の限りが尽くされた空間となっています。
目黒の一戸建て家屋の平均価格が1,000円だった当時、床柱1本に3,000円sign01も費やすということもあったようです。
‘百段階段’での写真撮影は禁止されているので、残念ながら、写真はありませんが、その分、ガイドさんのお話に集中できてよかったです。‘百段階段’について詳しくはこちらをどうぞ。

Img_4873

‘百段階段’の写真はありませんが.....
レストラン・フロアにあったお手洗い(女性用)なら~coldsweats01


Img_4869

広々としてはいるのですが


Img_4870

3つしか個室がなく、行列ができていました。

Img_4865

前撮り? パンフレット用の撮影?
ウェディングドレス姿の女性を見かけました。きれいですね~happy01
フロアには、ゆったりとした空間のカフェラウンジもあって、目黒に来たならば、ここで優雅にティータイムってのも悪くないなぁと。

|

« チョコレート続きで..... | トップページ | おみごと! »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109224/70144940

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒雅叙園の.....:

« チョコレート続きで..... | トップページ | おみごと! »