« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

初夏の北鎌倉散策 円覚寺

2017. 5.31

Img_6204 北鎌倉駅すぐ傍にある円覚寺
青モミジに誘われて山門へ~♪


Img_6167_2 仏殿正面に円覚寺のご本尊、宝冠釈迦如来坐像


Img_6168


Img_6165 右手前には、書家 金澤翔子さんによる書。写真の中に閉じ込めてしまうと、圧倒的な迫力が消されてしまう。残念.....sign01


Img_6164 天井には‘白龍の図’


Img_6169 仏殿辺りまでは、多くの観光客や児童で賑わっていたけれど、ここから先は比較的静寂な世界


Img_6179 円覚寺開山、無学祖元禅師お手植えと言い伝えられる柏槙(ビャクシン)。推定樹齢700年余り。樹木医による治療痕が痛々しい.....


Img_6174


Img_6183 円覚寺の塔頭・如意庵。その本堂が、平日茶寮として開かれているよう。おしゃれな入り口に心惹かれる.....。
まだ10時半をまわった頃だけど、次から次へと来客あり。


Img_6188


Img_6191


Img_6185 境内に小さな彩りを添える愛らしい花々。
ユキノシタ


Img_6186 ムラサキツユクサ













Img_6187 シモツケソウ


Img_6189 ツツジ


Img_6196 アジサイ白花は、


Img_6200 満開になっているものもあったけれど


Img_6190 本格的な色付きはこれから.....


Img_6194


Img_6195 梅雨の楽しみheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみごと!

2017. 5.30

5月も残すところ、あと1日sign01早いですね.....

3年目にして、初めて実をつけた我が家のビワ。いい感じで色付いてきて、この週末くらいには収穫かな~heart04と楽しみにしていたのですが.....
Img_6156 なんとsign01
オーマイガ~ッshocksign01


Img_6158 「カラス 無料イラスト」の画像検索結果め~、やりおったなsign03
それにしても.....
見事な食いっぷりsign01中身を上手にくり抜いて、‘あとはよろしくねsign01’と言わんばかりに種と皮のみが残されていました。しかも皮はちゃんと袋状で残ってる.....thinksweat02 意外と上品なんだな。


Img_6162 で、残りもの。
甘みはなかったけれど果物らしい味だったと朝食べた相棒さん。


Img_6163

お昼前にいただいてみるとめっちゃジューシーで、ほんのり甘い~heart ビワって追熟したりするんでしたっけ?
今更だけど、まだ頑張って残っている実には紙袋を掛けてみました。


Img_6140 さてお庭の花です。
ラベンダーがようやくお花らしくなってきましたよんcoldsweats01


Img_6135 たくさん花を咲かせて、長持ちのフランネルフラワー。切り花としてもとっても持ちがよいです。ただ大食い?で、液肥を与えると、ほぼ1日で完食しちゃいますsign01


Img_6155 バイカウツギも相変わらず元気sign01枝がしなるほど咲いてくれています。バイカウツギという名前ながら、梅の香りとは全然違うんですね。


Img_6161 屋内で越冬させたアメリカンブルー、しばらく前にコンテナに植え替えたものがボチボチ咲き始め.....


Img_6144 フェイジョアの花も。今年は実がなるかなぁ~eye

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目黒雅叙園の.....

2017. 3.29

これもまた随分と時間が経ってしまいましたが.....coldsweats01
3月末に目黒雅叙園の‘旬遊紀’さんでランチしたときのこと。

この日目黒雅叙園を訪れたのは、実は東京都指定有形文化財‘百段階段’の見学が目的。普段は一般公開されていないのですが、イベント開催時、あるいは期間限定で園内のレストランでのランチとのセットで見学することが可能なのです。ガイドさんによる案内付き見学ツアーは1時間ほど、要事前予約。

元々は細川越中守の屋敷跡地につくられていた建造物を、不動産業で財を成した石川県出身の細川力蔵氏が買い取り、増改築を重ね、1,931年に‘目黒雅叙園’と名付けた料亭をオープンさせました。
本格的な日本料理と、中国から料理人を招き、北京料理を出していたそうです。現在、中華料理店で一般に見られる円形のターンテーブルは、力蔵氏のアイデアで、後に中国に逆輸入されたのだそうです。その後も、利用客のニーズに応じて、銭湯や結婚式場等々を併設し、日本初の総合結婚式場となったようです。

‘百段階段’(1,935年建築)は、目黒雅叙園で現存する唯一の木造建築、全国各地から著名な画家や職人たちが招かれ、贅の限りが尽くされた空間となっています。
目黒の一戸建て家屋の平均価格が1,000円だった当時、床柱1本に3,000円sign01も費やすということもあったようです。
‘百段階段’での写真撮影は禁止されているので、残念ながら、写真はありませんが、その分、ガイドさんのお話に集中できてよかったです。‘百段階段’について詳しくはこちらをどうぞ。

Img_4873

‘百段階段’の写真はありませんが.....
レストラン・フロアにあったお手洗い(女性用)なら~coldsweats01


Img_4869

広々としてはいるのですが


Img_4870

3つしか個室がなく、行列ができていました。

Img_4865

前撮り? パンフレット用の撮影?
ウェディングドレス姿の女性を見かけました。きれいですね~happy01
フロアには、ゆったりとした空間のカフェラウンジもあって、目黒に来たならば、ここで優雅にティータイムってのも悪くないなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート続きで.....

しばらく前になりますが.....

Img_4753

3月の上旬だったかな? 丸の内に出かけた際に、購入して帰った‘ショコラティエ パレドオール’さんの期間限定のホワイトデー・ショコラコレクションheart 


Img_4755

ビターとミルク、2種類のコレクションがありましたが、こちらはビター。
獺祭スパークリング、ピスタチオ、パレドオール、プラリネ アマンド ノワゼット、丹波栗、抹茶の6つのフレバーが楽しめます。


Img_4845シンプルなオリジナルビターガナッシュ‘パレドオール’


Img_4838

獺祭スパークリング


Img_4843

抹茶
全種写真に撮ったと思っていたのだけれど.....食い気に負けちゃったかな~coldsweats01sweat01
スパッときれいに切れなくて、切り口が微妙~thinksweat02ですが、どれも優雅な香り、滑らかな口どけ&深い味わいでおもてなししてくれましたheart たまの自分へのご褒美、‘ショコラティエ パレドオール’さんのショコラはやっぱりどれも美味でしたheart04


さて.....
このところ質量ともによい睡眠がとれていなかったせいか、久しぶりに夏風邪を引いちゃいました。諸症状出ているのですが、目下のところ、一番辛いのが喉の痛みbearingsweat01 少々の痛みだったらうがい薬&梅エキスで何とかなるのですが、今度のやつはなかなかしぶとい.....think

Img_6111 で、思い出したのがこれsign01
マヌカハニーがよいというのは聞いていたのですが、これまでは梅エキスで何とか間に合ってきたので出番がありませんでした。
こちらは、年末に、風邪を引いた相棒さんが買って試したところ、効果ありと高評価のマヌカ。で、私も試しにひと匙sign01
.....う~ん、完治とまではいきませんが.....まあ、自然のものがそこまで強烈に効くのも恐い気がしますが、過去3日間、睡眠も妨げられるほど苦しんでた喉の痛みが随分と楽になりました。もうしばらく様子を見てみることにします。

気温変化の激しいこの頃、皆さまも風邪をひいたりしないよう気をつけて下さいね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな発見!

たまにいつもと違うスーパーに買いものに行くと、発見があったりして楽しいheart04
Img_6069

今日の発見はこれsign01
お馴染み、‘meiji’さんの‘BEAN to BAR’のシリーズに抹茶が出てました~
.....って、反応遅過ぎ?発売は4月11日だったようです。
右下の、お濃茶茶碗と茶筅のイラストがかわいいheart


Img_6066

箱の中には3つのチョコレート、その包み一つ一つが異なったデザイン。ちょっと北欧っぽくて、洒落てる~


Img_6072 表面にはカカオ豆がデザインされてます。よ~く見ると、2層になってる。カカオマス58%(いろいろ研究して、この割合がきっと理想的だったんだろうな。)のダークミルクチョコの上に、抹茶を練り込んだチョコレートが重ねてあります。ほんのり苦味のあるコク深い大人のためのチョコレートって感じです。
願わくば、1個当たりのサイズをひと口サイズにしてもらえると嬉しいかも.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 寿楽 鶴見

2017. 5.21

昨日、今日と暑かったですね~coldsweats02
気温が上昇すると食べたくなるのが、お寿司sign01
我が家の普段使いのお寿司屋さんと言えば、駅前の‘寿楽’さん。
お昼だったら、贅沢しなければ、まわるお寿司屋さんと同じくらいのお値段でお食事できちゃいます~heart04

Img_6101 朝食抜きの相棒さんはちょっとだけアップグレードしてにぎわいセット。


Img_6102 私は、松にぎり。どちらも、汁椀&ひと口デザート(ほんとにひと口ですcoldsweats01)が付いてきます。
私のプレートの方が豪華に見えたりするのは、遠近法効果かしらんeye


Img_6087 こぼれ種から開花した西洋朝顔。昨年植えてた場所から次々と芽を出してきてました。
相棒さんが引き抜いて処分すると言うので、‘今年は鉢植えで育ててみるから、おいておいて。’とお願いしたまま、ある日気がついてみたら、小さな鉢にこれでもかというくらい密植されていて......thinksweat02
土も適当にその辺りの庭土を入れただけのようなのに、丈が短いながら、花を咲かせてくれました~heart04
なのに、この撮影の直後、私が鉢を誤って蹴飛ばしてしまい、中身が飛び出てジ・エンド.....ごめんよ~weep 


Img_6092 お庭の隅っこに咲いているバイカウツギ。今年はたくさん花芽をつけてくれているのですが、全員が全員、こんな風にそっぽを向いている.....think


Img_6106

空中越境している枝があったので、花が散ってしまう前に、枝を切ってきました。花を飾るという習慣があまりない我が家ですが、たまにはよいですね.....。だけど、今年のバイカウツギ、何だか香りが薄いような.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨降って.....

2017. 5.18

昨日の午後の雨はすごかった~shocksign01
ひと雨降って、また小さな庭に花の妖精が舞い降りてきたようです。
Img_6083 フランネルフラワー


Img_6085 ブラックベリー


Img_6075 国産のパプリカを見かけると、たいていお持ち帰りしてしまいますcoldsweats01


Img_6077 酸味を効かせた玉ねぎ、ツナ、パプリカのビタミン・カラーの夏サラダ。いつもは、カイワレか、きゅうりの千切りでグリーンもプラスするのだけれど、冷蔵庫になかったので、ドライ・バジルで。色鮮やかな野菜をいただくと何だか元気が出てくるような.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ 青葉屋 銀座

2017. 5. 9

相棒さんと夜の銀座へ

Img_6052 この日訪れたのは、‘青葉屋’さん。まだ早い時間だったので、先客はなく.....


Img_6048 付きだし


Img_6049 そしてじゃ~んっsign01神戸牛だよんheart
相棒さんはこれまで2回ほど来店したことがあるのですが、いずれもいただいたのはすき焼き。


Img_6047 この日は、ごまだれとポン酢でしゃぶしゃぶを。
まずはお肉を半分くらい?しゃぶしゃぶしてスープにお肉のエキスを出してから、


Img_6050 野菜&豆腐を投入するみたいです。
さすが神戸牛、柔らかくって、美味しかったです。こんなに大量に牛肉を食べるってほとんどないから、胃腸も驚いちゃってるんじゃないかな.....coldsweats01
‘肉の旨みを味わうなら、やっぱりしゃぶしゃぶだなぁ~’と相棒さん。そりゃーそうでしょうよ。ちなみに、すき焼きだと、お店の方が付きっ切りで料理してくれるのだとか.....。


Img_6051 エネルギー投入し過ぎて、身体が火照~るcoldsweats01 そんなときに出された、デザートのアイスクリームが嬉し~い。
周辺は、国籍を問わず、いろいろなお料理店が混在している場所で、歩いているだけで何だかワクワクして来ちゃう。夜の銀座もおもしろそう~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ キッチンバー ブレゼ 鶴見

2017. 5. 1

あっと言う間の愛媛滞在でした。

Img_6016

帰りのフライトは、珍しく山側ルート。
瀬戸内海に浮かぶ島々が、たいてい下に見える景色なのだけど、この日は四国山脈.....かな?


Img_6021

関東地方の空はかなり荒れるという予報が出されていたこの日、陸からは離れた海上を飛行、富士山も遠く小さくにしか見えませんでした。


Img_6033

飛行機は心配したほど揺れることなく羽田に無事到着。
最寄り駅に着いて、いざ晩ごはん(なんか食べてばっかだなーcoldsweats01sign01)となったときに、以前からちょっと気になっていたお店‘Braise’さんへ。


Img_6028

ブロイラー生活が続いたから、軽~く.....と、サラダ


Img_6029

タコのカルパッチョ


Img_6030

ラザーニア・グラタンの3品シェア・ディナー


Img_6026

お料理もまずまず、雰囲気も決して悪くない.....
けど、お店に一歩踏み入れたときに鼻を突いたたばこの臭いthinksweat02 喫煙可のお店のようで、後から入店してきたカップルがすぐ後ろの席で、ぷっかぷっかやり始めたのは辛かったbearingsign01でなければ、もう1、2品注文してたかも.....。多分、もう行かないと思う。残念だなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でもない風景.....

2017. 4.30

Img_5996八幡浜から松山へ向かう途中.....
昨年の同じ頃に偶然見つけた大洲の祇園公園に寄ってみました。


Img_5998 小高い丘を彩る八重桜を楽しみに向かったのですが、今年は既に葉桜.....think


Img_6000 代わりに咲いていたのはシャガ


Img_6008 続いて近くの白滝公園へ。
白滝は、子どもの頃連れて行ってもらった記憶はあるのですが、滝自体の記憶がなく、どんなだっただろう?と、駐車場から歩き始めることわずか数分.....。
崩落の危険ありということで、遊歩道が立ち入り禁止に.....think


Img_6007それでも正面から吹きおろしてくる風がひんやりとして、肌に心地よかったです。川面に映る緑もきれいでした。


Img_6009 次は肱川あらし展望台公園へ。
秋から冬の晴れた日の朝、上流の大洲盆地から海に向かって、霧を伴う冷たい強風が川沿いを下り、冷気と水温の温度差がさらに蒸気霧を発生させながら一気に海へ流れ出す現象‘肱川あらし’を眺めることのできる公園です。今は、季節的にも時間的にも完全アウトですが.....coldsweats01
霧が町をのみ込み、蒸気霧が海へ扇状に広がる様子、TVでは見たことありますが、生ではまだないなぁ.....。


Img_6011 河口から2つ目の橋は‘長浜大橋’。船を航行させるため、中央部の18mの区間を跳ね上げて開閉することができるバスキュール式(跳ね上げ式)の可動橋で、現役のものとしては日本最古なんだそうです。


Img_6014 霞がかかっていて、写真ではわかりにくいかも知れませんが、公園からは瀬戸内の島々も眺めることができます。
周囲にはたくさんの桜の木、開花時期だったら随分と華やかだっただろうな。


Img_6015 展望台で救助訓練中の礼儀正しい消防士さんたち。日曜日だったから、市民ボランティアの方たちだったかも知れませんね。お疲れさま~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ すし光 八幡浜

2017. 4.30

この日は、法要の後、お義兄さん夫婦と‘すし光’さんにて、うなぎランチ。

Img_5993

お店に行く30分ほど前に予約を入れておいてくれました。


Img_5995

ふっくらと柔らかなうなぎもよいけれど、個人的には、表面をパリッと香ばしく焼いてある、こんなうなぎが好きheart


Img_5994

タコ好きの相棒さんのために一品オーダー。‘やっぱり地元のタコはうまいなぁ~’と言いながら、ほぼ一人で完食coldsweats01


Img_5991

‘すし光’さんの湯飲みって、こんなデザインでしたっけ.....?最近は、この辺りにも外国人観光客がやって来るらしくって、そういうときにはメニュー代わりにもなりますね。ナイス・アイデアsign01内側には、ちらと見えていますが、山葵のワンポイント。
あ、お漬ものも美味しかったなheart



Img_5992

畳の縁のデザインがまたユニークsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン・メゾン @ 八幡浜

2017. 4.30

ホテルは朝食付きプランでの宿泊だったけれど、どうしても食べてみたくて.....coldsweats01
Img_5984 ‘パン・メゾン’さんへ。
日曜日の朝、7時過ぎの店内は激混み、既に空になっているトレイもcoldsweats02 オープンは6:30だったんですね.....thinksweat02


Img_5983 入口には、所ジョージさんと林先生のサイン入り色紙が.....
‘パン・メゾン’さんは塩パン発祥の地らしいです。そのことは、しばらく前にTVで知ったのですが、それが所さんと林先生がMCをやってらっしゃる‘人生で大事なことは〇〇から学んだ’だったのかも.....?


Img_5986 ゲットしてきたのは、左からカレーパン、塩メロンパン、塩パン。レジ待ちの列に並んでいらっしゃる方の中には、塩パンてんこ盛りトレイを持っている方も結構いらっしゃって、人気ぶりが窺えます。
他にも美味しそうなパンがたくさんあったけれど、かろうじて堪えましたcoldsweats01sweat01
濃厚なお味のカレーがぎっしり詰まったカレーパンはできたてで温かく、外はさっくり。塩メロンパンも美味しかったけれど、もっちりしていて甘みもある塩パンは、それ以上の美味しさ。どんなサイドメニューとも相性がよさそうなところがまた人気の秘密なのかも.....。
この‘パン・メゾン’さん、松前町にも出店されていらっしゃるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ こけけ 八幡浜

2017. 4.29

宿泊したホテルのフロントのお姉さんに教えていただいた

Img_5981 ‘こけけ’さんにて晩ごはん。
‘こけけ’.....? おもしろい響きだなぁ~と思ったら、大将の故郷、鹿児島の言葉で‘こっちにおいで’という意味なのだとか。カウンターで隣り合った、常連さんと思われる女性の方が教えてくれました。


Img_5964 付きだしとともにいただいた地酒‘川亀’。とっても飲み易い、美味しいお酒でした。


Img_5967 旬のかつおはたたきで。高たんぱくで低カロリーな上、ビタミンB群をはじめとするミネラルが豊富と知ってから、相棒さん積極的にオーダーcoldsweats01


Img_5965 お店の売りで掲げられていたのが、‘柿の葉寿司’.....???って思ったら、長年奈良の方でお店をやってらしたそう。なるほど。ならばsign01と三種オーダー


Img_5970


Img_5968


Img_5972 そして、多分、ここでしかいただけないであろう、柿の葉寿司のほうたれ版。‘ほうたれ’は、カタクチイワシのこの辺りの呼び名。イチオシだけあって、脂がのって美味しかったですheart


Img_5971 個人的には、もう少し衣が薄い方が好みだけれど、ほうたれの天ぷらもgood


Img_5976 2番酒は‘梅美人’。こちらも地酒、味はちょっと尖ってたかな~


Img_5973 その後、まあじ、かんぱち、ひらめ、たこのにぎりをいただき.....


Img_5980 カウンター前のケースから脱出を試みる?鮑。海がすぐ傍の八幡浜、魚介類はやはり何をいただいても新鮮。


Img_5978 ふかの湯ざらし。これは、サメの切り身を酢味噌でいただく郷土料理で、お祭りの際には必ず出されたという、相棒さんにとっては、思い出深い一品。帰省すると必ず食しているような.....?


Img_5979 相棒さんと同年代の、仲のよいご夫婦がやってらっしゃるお店。地元出身の女将さんは朗らかで、大将の細かな気配りも嬉しい。旅人も、地元の方も、カウンターに座れば、垣根なく話に加われる、雰囲気&居心地のよいお店でした。だけど.....
‘のんだらのれん’coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイミングよく.....

2017. 5.12

肌寒かった一昨日から一変、昨日、今日と暑かったですね~coldsweats02
予報によると、明日はまた急激に気温が下がるそうです.....
お布団仕舞っちゃいたいけれど、仕舞えな~いsweat01
家事をしながら暑いぞ、暑い~とぶつぶつ言ってたら、ピンポーンsign01
ヤマトのお兄さんが持って来てくれたのは.....

Img_6046北海道上士幌町へのふるさと納税返礼品sign01アイスクリームの詰め合わせhappy01 何というタイミングのよさsign01
十勝もーもースイーツのアイスクリームは13種類18個セット。みるく・ココア・ビターコーヒー・ラムレーズン・和みどり抹茶あずき・ホワイトセサミ・季節のいちご・さくら・みるく小豆・みるくティー・きなこ・りんご・かぼちゃ.....どれも美味しそう~heart04


Img_6053まずは、一番個数の多いみるく(ただ今2コ増量キャンペーン実施中みたいです。)をいただいてみました。
濃厚だけど、ね~っとりという感じではなくて、シャリッとしたシャーベット感もほんのり感じられる、夏向きアイス。好きな味だな~heart カップがまたかわいいheart01


Img_6058お庭では、ラベンダーの花が咲き始めました。こういう種類なのか?ひょろひょろと頼りない感じではありますが.....


Img_6057八重咲きのマーガレット。フェイジャーの陰になっていて、イマイチ陽当たりはよくないのですが、頑張ってくれています。


Img_6054 秋に見切り品で安く購入してきたスカビオサも咲き始めました。蕾もたくさんついているので、これからが楽しみですheart バックのミヤマホタルカズラも咲き続けてくれています。


Img_6060 レモンの花はたくさん咲くのですが、途中でぱらぱらと落花してしまい、去年は結局結実しませんでした。今年はどうなるかな.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブの途中で♪

2017. 4.29

実家から近いというわけではないけれど.....

Img_5958 相棒さんの実家に帰省するときには、特に用事がなくてもたいてい立ち寄るこの場所.....


Img_5954 今では、空港に到着したときよりも、帰って来ましたsign01感が強いかも.....


Img_5953 ただいま~heart04


Img_5960 今回は義父の法要のために帰省。
義父が元気だった頃いっしょに参拝に出かけたお寺を久しぶりに訪れてみました。
80過ぎてもこの石段を上ってた義父、元気だったな~


Img_5962

標高812mの山頂にある境内からは、相棒さんの生まれ故郷が望めます。今日はちょっと霞んでいますね.....eye
Img_5959

石段の先を見つめるかのように佇む弘法大師像。いつもそこにいらしたはずなのに、しっかりとご尊顔を拝したのは初めてかも.....。どことなく、若かりし頃の義父を彷彿させるような.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ いよ翁 松前町

2017. 4.29

空港に到着してレンタカーを借り、向かった先は.....
Img_5949 ‘いよ翁’さん。
道途中で‘目的地に到着しました。案内を終了します。’とナビに見放され.....どうしたものかと一瞬悩みましたが、車が多数駐車してある空き地を発見、案の定、そこが‘いよ翁’さんの駐車場でした。
大きな看板は出ておらず、平屋の戸建てっぽい地味~な外観。お昼少し前でしたが、既に席待ちの行列、お店の人気ぶりが窺えます。


Img_5938 待つこと30分余り、テーブル席へ案内していただけました。
木がふんだんに使われた、明るくゆとりのある空間は愛媛のお蕎麦屋さんではあまり見かけないイメージ。
この場所で開店したのが、2,010年の11月、店名は、師匠である山梨‘翁’の高橋邦弘氏が付けて下さったのだとか。


Img_5940 ‘通のおきまり’をいただきました。
まずは前菜:トマトのマリネ、汲み上げ湯葉、鯵の天ぷら野菜餡かけ、焼き蕎麦味噌、出汁巻き、青菜のおひたし.....
どれも美味でしたが、特に印象に残ったのが蕎麦味噌。香ばしくて本当に美味しかったsign01


Img_5941 ざるそば2枚分。少なめに見えるかもしれませんが、結構お腹いっぱいに~coldsweats01


Img_5942 細麵の美しい蕎麦、つるんとしたのど越し。甘ったるくなく、さっぱりとしたおつゆもナイスマッチで、美味しかったです。


Img_5943 エビ天も注文。サクッと揚がった熱々の天ぷらもまた美味でした。エビがまた大振り、かなり食べ応えがありました。シェアにしておいてよかった.....confident


Img_5944 デザートの杏仁豆富。杏仁豆腐というよりは、ブランマンジェと呼んだ方が伝わり易いような滑らかな舌触りに甘さ控えめの上品なお味。既に満腹だったにもかかわらず、ぺろりcoldsweats01 
これだけの内容のものをとってもリーズナブルなお値段でいただけます。こんなお店があったとはsign01待つことなく.....ってのは、人気店だけあってなかなかないと思われますが、それでも、嬉しい発見でした~heart


Img_5946 周囲は小麦畑.....と思いきや、これははだか麦で、種類としては大麦に属するのだそうです。このところの米離れによって、田畑を潰して麦畑に転換しているのかなと思ったのですが、松前町は昔からはだか麦の栽培が盛んな土地で、その生産量は全国でもトップクラスなのだそうです。


Img_5948 風と戯れる麦穂、美しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レインボーカラーに彩られて

2017. 4.29

GW終わっちゃいましたね.....。
皆さま、いかがお過ごしでしたか~?

Img_1439 昨年の夏に搭乗したエミレーツ航空の機内天井が星空なら.....


Img_5936 今回故郷に向かうANAの天井は、レインボーカラーでした。たったこれだけのことだけど、何だかワクワクheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁ディナー(^^)

2017. 4.16

めいっぱい遊び過ぎて、‘晩ごはんは京都で’計画は挫折.....どころか、新幹線もギリギリの時間になってしまいましたthinksweat02

Img_5910

ってことで、新幹線で駅弁ディナーcoldsweats01


Img_5911

相棒さんチョイスの鶏めし弁当


Img_5912

私は俵むすび弁当。豪華ではないけれど、満足できるお味でした。


Img_5913

奮発してデザートも~coldsweats01 俵屋吉富さんの桜大福lovely


Img_5915

小豆粒餡を、刻み桜花を加えた求肥生地で包み込んでありました。塩味も効いていて、おいしゅおした~coldsweats01sweat01


Img_5916

相棒さんが吉野で購入してたお酒もフィニッシュsign01 こちらも飲み易い、美味しいお酒でしたよん。関西は美味しいもんがいっぱいsmile
久しぶりの奈良、桜の旅、満喫しました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和路の花めぐり @ 談山(たんざん)神社

2017. 4.16

時間的に少し厳しいかな~と思いつつ、最後の目的地桜井へ.....

Img_5873陽も傾きつつありましたが


Img_5874大和路の花めぐりの最後を飾るのにふさわしいすばらしい桜たちが待っていてくれましたhappy01


Img_5882 拝殿の吊り灯籠がかわいくて.....heart


Img_5880


_1110995 左が本殿、右が拝殿


Img_5884

奥の東透廊に映る、吊り灯籠の影.....どっかで見たような.....? インベーダーゲームsign02


Img_5904

談山神社で有名なのが


Img_5886

十三重塔


Img_5905

けまりの庭を囲む桜がみごとでした。


Img_5892


Img_5900


Img_5903


Img_5894

談山神社と言えば、桜よりも紅葉の時季に訪れたことの方が多いのですが、桜もこんなにすばらしかったんですね。ゆっくり見てまわれなかったのが残念ですが、行ってよかったです。


Img_5909 談山神社を訪れるときにはたいてい、明日香村から徒歩だったので、神社の駐車場を利用したのは多分初めて。
駐車場までの道途中では、桜に交ざって


Img_5907 白木蓮や


Img_5908 花桃の花が見送ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和路の花めぐり @ 仏隆寺

2017. 4.16

_1110950同じく宇陀は榛原にある仏隆寺へ。ここも室生寺の末寺、大野寺が室生寺の西門ならば、この仏隆寺は南門となります。


_1110952会いたかったのは、奈良で最大最古級のこの桜sign01ヤマザクラとエドヒガンの雑種であるモチヅキザクラという品種のよう。
タイミングが周囲の桜より遅れるため、開花しているところを見たことがなかったのですが、今年はソメイヨシノの開花がずれ込んだ上、開花と同時に一気に気温が上昇したため、同じタイミングで観桜することができたようです。


_1110958

推定樹齢は900年余り、頑張ってるねぇ~。根囲7.7mのこの迫力sign01


_1110973

高さ16m


Img_5854_2

花はやや小振りで白っぽく清楚な感じ。


Img_5852

千年桜の後ろにも、更に桜の道が続きます。
秋には、彼岸花が石段の両側に咲き誇り、参拝者をお寺へと誘ってくれるそうです。


Img_5859


Img_5860


_1110966

境内には、‘大和茶発祥伝承地’と刻まれた石碑。空海が唐から持ち帰ったお茶を、高弟 堅恵が寺内で栽培、それが全国に普及していったとされています。


Img_5869

振り返り見る千年桜。
水車小屋ができていたり、桜の本数も増えていたりの周囲の変化に、ここでもまた感じさせられた歳月の流れ.....coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和路の花めぐり ぐるっと又兵衛桜

2017. 4.16

_1110949 多くの花見客で賑わう、大宇陀本郷にあるこの場所


Img_5843 お目当ては.....


_1110920

大阪夏の陣で活躍した戦国武将後藤又兵衛ゆかりの、樹齢300年と伝わる枝垂れ桜の‘又兵衛桜’。
周りを歩いて、異なる角度からこの名木を眺めてみました。


Img_5826 高さ13m、幹回りは3m余りの迫力sign01
大きく腕を広げる堂々としたその姿は、まるで何かを守っているかのよう。


_1110925 かと思えば、こちらの方向からは、平伏しているかのような姿


_1110934背後には花桃の家来たちを従え.....
Img_5829

時折風が吹くと、歓声が上がるほどの桜吹雪ですが.....写真ではわかり辛いかなぁ~thinksweat02


Img_5834 風に吹かれて流れているかのような姿、美しい.....
訪れる人も急増し、駐車場もどんどん大きくなって、周囲にも桜が植えられ、里の中の一本桜というイメージも、その凛とした絶対的な存在感も薄くなってしまいましたが、10数年ぶりの再会には感慨深いものがありました。


Img_5844

駐車場近くの一画、桜、花桃、レンギョウのつくり出す春の色で彩られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和路の花めぐり @ 室生寺

2017. 4.16

_1110878 朱塗りの太鼓橋の先にあったのは


Img_5818 三重県との県境近くにある、真言宗室生寺派大本山の室生寺。
女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されたことから‘女人高野’とも呼ばれています。


Img_5790

立派な仁王門の先を左に


_1110885

‘鎧坂’と呼ばれる、自然石積みの急な石段を上り切ると


_1110891 左に弥勒堂


_1110892

正面に柿葺(こけらぶき)の金堂が現れます。


_1110889 訪れたこの日、お堂内の国宝‘釈迦如来立像’、‘十一面観音立像’の特別拝観最終日で、思いがけず、平安前期につくられた美しい仏さまを近い場所から拝観することができたのは、本当に幸運なことでした。


Img_5794石楠花で有名な室生寺ですが、石楠花はまだ咲いていなくて、代わりに満開の桜が出迎えてくれました。
写真ではなかなか伝え切れませんが、ここの桜には、繊細な美しさがあります。


Img_5810_2

金堂横の石段を更に上がると、入母屋造、檜皮葺きの美しい本堂(灌頂堂)


_1110894本堂の屋根に寄り添う桜も


Img_5797

うっとりするほど繊細で美しい.....


Img_5807


_1110908石段を更に上った先には


_1110901

五重塔。屋外に立つ五重塔としては国内で最小で、また法隆寺五重塔に次ぐ古塔(800年頃の建立)なのだとか。
以前訪れたときには、台風により傍にあった杉の大木が倒れて屋根を直撃、修理工事中で拝観することができず。初めて目にする朱塗りの五重塔は新緑に映えてとても美しかったです。


_1110913 鎧坂を下り切ったところで見かけた、虚無僧のお姿


_1110916 この辺りの名物はよもぎ。
門前のお店で、よもぎ入りの回転焼きをいただきました。よもぎ香る、もっちりとした生地に大粒小豆の餡子が美味でしたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和路の花めぐり @ 大野寺

2017. 4.16

Img_5762 宇陀にある大野寺。室生寺の末寺になるそうです。


_1110850 全国的にも珍しい小糸桜。
ここには、2本の樹齢300年の小糸枝垂れ桜があります。


Img_5763


_1110872

昔は、木の真下から見上げることができたように記憶しているのですが、現在は柵が設けられていました。以前は、樹勢にももっと迫力があったような.....?


_1110837 離れて見てみると、桜と言うよりは、白い藤の花のようにも.....


Img_5780

ピークを過ぎて葉っぱも出始めていましたが、


Img_5769

やや小振りの清楚な感じの花は、まだ充分見応えがありました。


_1110847 ここからは


Img_5777 宇陀川を挟んで、対岸の岩に掘られた弥勒麿崖仏(みろくまがいぶつ)を拝むことができます。
1,207年(鎌倉時代初期)、興福寺の雅縁大僧正の発願、後鳥羽上皇の勅願によって造られたもの。高さ33mの弥勒岩に線刻された立像の高さは11.5mほど。


Img_5779 地下水が漏れ出し崩壊の危機があることから、1,993年から6年かけて保存修理のための工事が行われたそうです。
本殿には拓本も飾られていました。


_1110854 境内には、他にも紅枝垂れ桜や雪柳


_1110855


_1110856

石楠花等々も咲いて、小さなお寺に彩りを添えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和路の花めぐり @ 長谷寺Ⅱ

2017. 4.16

本堂から見おろす境内は.....

_1110750 あふれんばかりの新緑と桜


_1110747

そんな中、天狗杉の存在感と言ったらsign01


Img_5710

本堂越しに見る.....


Img_5701

昭和29年建立の五重塔。戦後、日本で初めて建てられたのだとか.....


_1110738

開山堂前の枝垂れ桜


Img_5723

ガラスに映る姿もまた美しく.....


_1110784


Img_5724


Img_5725


_1110792


Img_5731


Img_5744


Img_5736

眩し過ぎ~shine


_1110794


_1110796

石楠花も咲き始めていました。


Img_5745


Img_5729

こんな深紅の石楠花、見たことない.....。


_1110799


_1110804

登廊、下廊と中廊の繋ぎ目の辺り


_1110819

振り返り見る登廊


Img_5755


 

Img_5757 アップダウンありの広い境内、朝食前のよい散策となりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和路の花めぐり @ 長谷寺

2017. 4.16

奈良滞在最終日は晴れ~sun 
_1110684 長い一日の始まりは長谷寺から.....
昔訪れたのも桜の季節でした。
Img_5669

‘ぼたんまつり’と掲げられた仁王門。
‘今年は開花が遅れていてまだ全然咲いてないんですよ。’と、受付の人申し訳なさそう.....sweat02


Img_5674


_1110698

記憶に残っていた長い登廊(のぼりろう)、この両側もぼたん園。開花していたら、華やかだっただろうな。


_1110811 百八間、三九九段、上中下の三廊に分かれている登廊が最初に直角に曲がる.....
_1110712

三部権現社の前にて。
朝の勤行、お疲れさまです。


Img_5679


Img_5691


_1110727

長谷型の灯籠が吊るされた登廊を二度ほど曲がり


_1110770鐘楼の下を抜けると


_1110734 本堂の前に到着です。


Img_5693


Img_5694


Img_5695


Img_5696


_1110766


_1110737


Img_5711


_1110751


_1110755


_1110763

懸造り(舞台造)の本堂、ここからの眺めがまたすばらしく.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »