« 謎だらけの酒船石 @ 明日香村 | トップページ | 高松塚古墳 @ 明日香村 »

飛鳥寺 @ 明日香村

2017. 4.15

_1110643 ‘万葉館’からほど近い場所にある飛鳥寺へも行ってみました。
596年、蘇我馬子によって創建された日本最古のお寺、法興寺は、平城遷都とともに、奈良市にある元興寺(がんごうじ)に移されました。ここ、飛鳥寺(公称‘安居院’(あんごいん))は、その法興寺の後身となります。


_1110644大型バスが複数台乗り付け、団体のお客でさんたちで結構賑わっていました。


Img_5635近年の発掘調査によると、東西200m、南北300m、金堂と回廊がめぐらされた大寺院だったようですが


Img_5636 現存するのは、江戸時代に再建した講堂(元金堂)のみ。


Img_5627

その講堂の中.....向かって右には阿弥陀如来の座像


_1110655左には、聖徳太子像


_1110645 中央には、本尊飛鳥大仏。
606年に、推古天皇の命により、中国より渡来した鞍作止利仏師の手によってつくられたもので、東大寺の大仏よりも150年古いそうです。


Img_5628

大仏の手の指と指の間には水鳥の足のような、ひだがついていて繋がっています。何人たりとももらさず救い上げるという仏の教え表しているのだとか。


_1110652 近くでよく見ると、あちらこちら修復されていることがわかります。
二度の金堂消失や、一時期雨ざらしにされていたこと等でかなり破損していた大仏さま。最初、頭と指しかなかったものの、発掘により見つかった部分を追加修復していったため、このようなお姿になられたそうです。


Img_5633

見る方向によって、優しいかったり、厳しかったりと異なる表情が見て取れる大仏さま.....。
漫画家の里中満智子さんが‘高倉健さんに似ていらっしゃる。’とコメントされたそうですが、そう言われてみると.....。


Img_5638

境内に並ぶお地蔵さん


Img_5637_2 その背後の池の水面は桜吹雪模様

|

« 謎だらけの酒船石 @ 明日香村 | トップページ | 高松塚古墳 @ 明日香村 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109224/70374498

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥寺 @ 明日香村:

« 謎だらけの酒船石 @ 明日香村 | トップページ | 高松塚古墳 @ 明日香村 »