« お花見日和Ⅱ 温室ランニング? | トップページ | Dinner @ エクス 新子安 »

大船の観音さま

2017. 2.26

植物園を後に、立ち寄った.....

Img_4657

大船観音寺


Img_4658

ここでもミツマタがそっと彩を添えていました。


Img_4656

大船の駅を通過する度に、車窓を通して目に飛び込んでくる白い巨像がずーっと気になっていて.....お会いしに行くことにしました


Img_4659

33観音の一つである、白衣(びゃくえ)観音さま。諸観音の母であるともいわれ、息災除病の仏として、国内のみならず、東南アジアからの参拝も多いそうです。
ふくよかで、穏やかな笑顔に親しみを感じます。


Img_4660

頭の上にあるこの立像は.....?


Img_4661

観音さまとその御前にある芝生広場を囲む小路があり、一周することができます。
途中にあった夫婦桜、花の時季が楽しみですね~


Img_4662

観音さまのプロフィール。正面からの表情とはまた違った印象、凛々しく見えます。不思議.....


P2260070

胸像の裏側。チェーンの柵が途切れた辺りに、胎内への入口があります。


Img_4663

胎内の参拝所にも、穏やかな表情の観音さまがいらっしゃいました。
私たちの前に、若い男性の方が、お賽銭箱の前のマットに跪き、お参りされていました。ちょっと教会のような雰囲気も感じられました。


Img_4664

境内で咲いていた白梅


P2260083

観音さまの胸像の立つ丘の左下には


Img_4672

神奈川県内在住の被爆者の皆さんによってつくられた原爆慰霊の空間


Img_4668

右手前には、福岡県の星野村から採火された原爆の火。詳しくはこちら


P2260077


Img_4666 爆心地である広島の西蓮寺、及び長崎の浦上天主堂から寄贈された被爆石は、ビキニで被爆した第五福竜丸の遺品を添え、千羽鶴が刻まれた筏にのせられいて、その台座には被爆者が平和の丘に向かう姿が描かれています。
また碑内には、広島原爆資料館から寄贈されたケロイド状の瓦が納められているそうです。


P2260082

原爆慰霊碑の右側の坂を少し上がったところには子育て地蔵さま。この笑顔が何とも言えない.....

|

« お花見日和Ⅱ 温室ランニング? | トップページ | Dinner @ エクス 新子安 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大船の観音さま:

« お花見日和Ⅱ 温室ランニング? | トップページ | Dinner @ エクス 新子安 »