« お花見日和 2017 | トップページ | お花見日和Ⅱ 玉縄桜 »

Dinner @ ひらやま 西麻布

2017. 2.25

Img_4540西麻布にある鉄板焼きのお店‘ひらやま’さんにおじゃまして来ました。
私たちが案内されたのは、1階、厨房をコの字型に囲むカウンター席。調理している手元がよく見える席だとよかったかな.....。2階は個室になっているようです。


Img_4541 滑らかな茶碗蒸しの、きのこと牛すじの餡かけ。これは美味


Img_4543 本日の食材:は山形から。鮑はうにょうにょ踊ってる.....


Img_4544 前菜:
コーンビーフのポテトサラダ風、ホタルイカ、キムチに、たたき等牛三種それぞれのソースで。


Img_4546 前菜を平らげた後のお皿。お花2つ、まるで波間を漂っているかのよう.....


Img_4547 最初、ビールとカシス・ソーダで乾杯。
カクテルの中に入っていた氷が美しく、不思議なことになかなか解けないので、カクテルが薄まることなく、最後まで美味しくいただけました。
その後、日本酒が欲しくなった相棒さん、ボトルでしか置いていないということで、‘獺祭’を注文。結局飲み切ることはできず.....予測できたこととは言え、もったいな~い


Img_4549

鮑のバター焼きは、青海苔と生海苔のソースで。私的にはちょっとばかりしょっぱかったけれど、付け合わせの野菜、蓮根・長芋・赤かぶ・スティックセニョールは美味しかったです。特に根菜の焼き加減が絶妙で、野菜本来の甘みを上手く引き出していました。


Img_4550 この状態で鉄板の上で温められていたのは


Img_4551 テールスープ。特殊フィルムを開くと、ネギの香りがふわり、食べると甘みがあり、よいアクセントになっていました。


Img_4553 上から、とろ~りとしたランプ肉、歯応えのあるサーロイン、タンとは思えない食感なのですが、タンの芯の部分を使ったステーキ。焼き加減はミディアムでお願いしましたが、これまた絶妙。
好みに応じて、岩塩・フライドガーリック・わさび・泡状に固めた醤油とともにいただきます。


Img_4554 ガーリックライスの焼きおにぎりのお茶漬け。ガーリックの香りはあまりしませんでしたが、青ネギ、大葉、海苔の香り、あられといりごまの香ばしさがナイスマッチ


Img_4557 デザート:抹茶と黒蜜のアイスクリーム
接客部分で.....感じは悪くないのですが、女性スタッフの気配りがもう少し欲しいかな.....そこだけがちょっと残念でしたが、お料理自体は、出されるタイミングもすばらしく、どれも美味しくいただきました。


2月も今日で終わり。
ついこの間年が明けたばかりなのに、早い、早い
時の流れは年々加速して.....怖い、怖い
フランシス・ベーコン曰く、
‘若い時は、一日は短く、一年は長い。
 年をとると、一年は短く、一日は長い。’
一年も短く、一日も短い私は.....単に要領が悪いだけか~

|

« お花見日和 2017 | トップページ | お花見日和Ⅱ 玉縄桜 »

食*東京グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ ひらやま 西麻布:

« お花見日和 2017 | トップページ | お花見日和Ⅱ 玉縄桜 »