« ウィンター・チューリップ | トップページ | 江の島初上陸..... »

サムエル・コッキング苑

2017. 1.17

江の島にある‘サムエル・コッキング苑’、ウィンター・チューリップが咲いていたのはここです。明治時代のイギリス人貿易商サムエル・コッキングの別荘跡地で

Img_4282

当時日本最大級と言われた庭園が造園されていたそうです。園内には近代的な温室もあり、こちらはその遺構の一部、地下通路。ボイラー室、貯炭庫、植物や暖房のための貯水槽や温室と付属施設とを結ぶ役割を担っていたようです。


Img_4283

遺構の傍には、絵になる木が.....


Img_4278

スダジイ、ブナ科シイ属の大木。樹齢はどのくらいなんだろう.....?


Img_4277

こちらのケヤキの木にも心惹かれて


Img_4284

更に高さ60mほどの大木.....な訳なく、江の島展望灯台‘シー・キャンドル’


Img_4271

その展望台からの眺めは360度ぐる~り見応えあり。
下に見えている橋を渡って、島にやって来たんだなぁ.....。


Img_4276

富士山アップ今日もまた雲の向こう、恥ずかしがり屋さんのようです


Img_4270

湘南の海岸線


Img_4274 伊豆半島、高いところは天城山


Img_4261

沖に浮かぶ伊豆大島。今日は、その右側に利島も薄っすら確認できます。


Img_4272

三浦半島、房総半島方向
小さ過ぎて写真には撮りませんでしたが、横浜のランドマークタワーも目視できました。


Img_4259江の島を彩る光と色の祭典‘湘南の宝石’は2月19日まで開催中。‘シー・キャンドル’はもちろん、木々や地面まで電飾されていました。
昼間に撮影したので全く雰囲気出てませんが.....‘湘南シャンデリア’


Img_4260

そのシャンデリアが吊るされている‘光のトンネル’はチューリップ畑と‘シー・キャンドル’とを結んでいます。

|

« ウィンター・チューリップ | トップページ | 江の島初上陸..... »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムエル・コッキング苑:

« ウィンター・チューリップ | トップページ | 江の島初上陸..... »