« 赤山(せきざん)禅院 | トップページ | Tea Time @ 一乗寺中谷 京都 »

曼殊院(まんしゅいん)門跡へ

2016.11. 3

と、その前に.....

Img_3224

通りかかった修学院離宮。明暦2年(1,656年)から万治2年(1,659年)にかけて、後水尾上皇の命で、比叡山麓に造営された約55万㎡もの広大な山荘。見学には事前予約、または当日受付が必要なのですが、13時の予約はいっぱいで、15時からの見学に空きありが、3時間待ちにめげ..... 入口からのこの景色チラ見で立ち去りました。


青蓮院・三千院・妙法院・毘沙門堂門跡と並び、天台五門跡の1つとされる曼殊院門跡。

Img_3234

庫裏の屋根の曲線が美しい。


Img_3232

大書院前に広がる枯山水庭園。白砂の中にある鶴島。


Img_3230 その中心には、樹齢400年の五葉松。迫力ありました。この五葉松、鶴を表しているのだとか。その根元にあるのは、曼殊院型のキリシタン灯篭。


Img_3229 霧島つつじが庭園を囲むように植えられています。5月初めの花の季節には、濃いピンク色の小花が庭園を賑やかに彩るのでしょう。


Img_3225

小書院からの眺めです。目の前には亀島。


Img_3227

白砂が、本当に流れる水のよう.....


曼殊院
宗派:天台宗
寺格:門跡寺院
本尊:阿弥陀如来
創建:天暦年間(947~957年)
開基:是算

|

« 赤山(せきざん)禅院 | トップページ | Tea Time @ 一乗寺中谷 京都 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曼殊院(まんしゅいん)門跡へ:

« 赤山(せきざん)禅院 | トップページ | Tea Time @ 一乗寺中谷 京都 »