« ユングフラウヨッホへ | トップページ | アルパインセンセーションから氷の宮殿へ »

スフィンクス展望台からの大展望~♬

2016. 7.17

ユングフラウヨッホの目玉と言えば、標高3,571mの高さにあるスフィンクス展望台まずはエレベーターにてそこへ.....。

_1090762 ‘ユングフラウヨッホ - トップ・オブ・ヨーロッパ’、記念撮影に人気のこのスポット、撮影者が後を絶ちません。インド系・韓国系・中国系等、アジア系の観光客を多く見かけました。日本人はここではあまり見かけなかったような.....?


Img_2035 このときのユングフラウヨッホの天候は.....
現在の気温 2℃
最高気温 3.1℃
現在の風速 2km/h
最大/最低風速 61km/h
と写真ではなっていますが、相棒さんが撮影した別の写真(到着直後に撮影したもの)では.....
現在の気温 0.2℃
最高気温 3℃
現在の風速 22km/h
最大/最低風速 1km/h
となっていました。刻々と変化するということなのでしょう。


_1090798

外に出てみると.....観光客鈴なり~。


Img_2046
実はこの展望台、氷河から突き出た岩峰の先っちょに造られています。足下は金網になっていて、スリル感ハンパないのですが、写真では高度感がほとんど伝わりませんね.....


Img_2044

さて、2,001年、スイスで初めて世界遺産登録されたという大展望の中でも一番の見どころ、アレッチ氷河、全長23kmにおよぶアルプス最大の氷河です。展望台からは南側に見えます。


_1090788

先端の方をアップしてみると.....ここでも後退が進んでいるような?


_1090813

アレッチ氷河に向かって右側、西に位置する‘若き乙女’を意味するユングフラウ(標高4,158m)はユングフラウ山地の最高峰ですが.....


_1090779そのユングフラウに勝るとも劣らない存在感を示していたのが、東側にあるこのメンヒ(標高4,107m)でした。この山の中に造られたトンネルを通ってやって来た訳です。


Img_2052

南側斜面のこの雪のこんもり感もすごかったです。真夏ですよ~


_1090820

積雪こそないものの、遠方に連なる岩峰も見応えあり。


Img_2039

北側の展望はというと.....


_1090840 眼下に、電車を乗り換えたクライネ・シャイデックの駅と


_1090825

その先の谷間に広がるグリンデルワルトの町.....見えるかなぁ?


_1090793

再び南側、直下の様子。氷河の上の人々、まるでありんこのよう.....


_1090806

これから氷河トレッキングに出発~.....かな


Img_2042

氷河上の所どころにこういった裂け目ができていて


Img_2053_2


_1090810_2

目視では確認できませんでしたが、カメラでズームすると解け出している様子が見て取れます。


_1090770雪原の上を飛ぶ鳥。鳥は目は大丈夫なのかな.....?紫外線の強い、しかも雪のある山上、サングラスは必需品です。


_1090774

氷柱落下の危険性があるため、この先閉鎖、日本語での表示もあり。グリンデルワルトの町では日本人も比較的見かけましたが、中国や韓国からの観光客が若者中心であったのに対して、日本人は中高年が圧倒的多数.....とても対照的でした。


Img_2060

スフィンクス展望台にも鍵がいっぱい.....

|

« ユングフラウヨッホへ | トップページ | アルパインセンセーションから氷の宮殿へ »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スフィンクス展望台からの大展望~♬:

« ユングフラウヨッホへ | トップページ | アルパインセンセーションから氷の宮殿へ »