« 絶景のアイガー・ウォークⅠ | トップページ | アイガー・ウォークを彩る花々 »

絶景のアイガー・ウォークⅡ

2016. 7.17

アイガー・ウォークⅠからの続きです。

_1100054

コースはしっかりと整備されていて、問題なく歩けます。
今、気がついたのですが.....アイガーグレッチャー駅で下車してからここまで、ユングフラウの写真を1枚も撮っていませんでした~
正面に見えているのがユングフラウ、左ちょこっとがメンヒ、右がシルバーホルン


_1100067

ここにもパラグライダーを楽しむ人の姿.....黄色いグライダーがマットなブルーの空に映えますね。


_1100074

どこを撮っても絵になる風景です。


Img_2147

振り返ると、ミッテルレギ・ヒュッテの向こうにユングフラウ。盟主にふさわしいどっしりとした山容です。


_1100083

このトンネルをくぐり抜けると.....


_1100085

ファルボーデンゼーの畔.....。


_1100086

シュテリゼーの看板は遊泳禁止だったけれど、これは入水禁止ってことかな.....?


Img_2160

代わりに.....でもないんでしょうけれど、すぐ傍に足湯ならぬ足水?がありました。
看板の下にあるスイッチを押すとジャグジーのように泡がぼこぼこ出てきます。
後ろの建物は、アイガー登攀への主なルート等を紹介する記念館となっているようです。


Img_2164

半周してみました。美しい湖面にアイガー北壁がぼんやりと映り込んでいます。


_1100119

ルート途中でもときどき見かけた、木製のオブジェ。


Img_2178

‘ユングフラウ アイガー・ウォーク’と刻まれています。ユングフラウ鉄道全線開通100周年を記念して整備されたこのルート、誰でも気軽に絶景を楽しみながら歩けることから人気のハイキングコースになっているようです。


Img_2184

右側にグリンデルワルトの町が見えると


_1100127_kleime_scheidegg

クライネ・シャイデックの駅はすぐそこです。

|

« 絶景のアイガー・ウォークⅠ | トップページ | アイガー・ウォークを彩る花々 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶景のアイガー・ウォークⅡ:

« 絶景のアイガー・ウォークⅠ | トップページ | アイガー・ウォークを彩る花々 »