« アイガー・ウォークを彩る花々 | トップページ | ちょっとしたハプニング »

Dinner @ パノラマ・レストラン キルヒビュール グリンデルワルト

2016. 7.17

キルヒビュール2日めのディナー。滞在している間に、味わってみたいと思っていたスイス料理、この日、そのコースをいただきました~ 普段は、コース料理の中から3、4品のみを選ぶことのできるメニューもあったのですが、日曜日の夜だったからか?、フルコースでの提供のみ。食べ切れるかどうかが不安ではありましたが.....

Img_2186 この日は、外のテラス席にて。メニューを見ると、一番上に‘ガラ・メニュー’ひょっとして、ドレスアップして来なきゃいけなかったかな(今回は持参していませんが.....).....と思ったけれど、山岳リゾートという場所柄、カジュアルな服装の人が多くてひと安心。


Img_2187 問題は......何をいただいたのかほとんど記憶にないこと 
前菜一品め。スパイスなどを配合した調味液に漬けこんだ牛肉の塊を乾燥させてつくるドライビーフ、‘ビュンドナーフライシュ’。元々、山小屋の軒下等風通しのよいところに吊るしていた山岳地方に伝わる保存食のひとつだそうです。赤ワインのおつまみにぴったり


Img_2188 二品めはチキンのたたきだったような.....。新鮮な野菜が彩りよく添えられています。


Img_2189 卵白を使ったシンプルな郷土料理のスープ


Img_2191 メイン料理一品目。魚をムースで包み込んだ一品だったように記憶しているのですが、どんな魚だったかは.....???


Img_2192 カシスのシャーベット.....と呼ぶには滑らかでしっとりとした口どけのお口直しは、なかなか美味。ほぼ空になった器を下げようとした男性スタッフに‘No Oh, no, no, no, no~’と大げさに反応すると、慌てて空の器をテーブルの上に戻す彼、真面目なお兄さんをからかっちゃあいけません.....


Img_2194 メイン料理2品目。赤身肉とは思えないほどしっとりと柔らかく、焼き加減も、ソースもすべてパーフェクトなステーキ。牛ステーキはあまり好んで食べる方ではないけれど、これまでの人生の中で、1、2位を争うくらいの美味しさでした。


Img_2196 一見ジャンキーな感じの付属のポテト・リング、味は上品でした。


Img_2197 エッグノッグ、バニラアイスのベリー添えのデザートでコース・ディナーの締めくくり。時間をかけながら何とか完食~


Img_2199 夕陽に染まって燃えているかのような


Img_2201 迫力の山肌、この日も見ることができました。絶景を眺めながらの美味しい料理、この日の料理は今回の旅行中、最も満足度の高いディナーでした 
スイス料理と言えば、フォンデュくらいしか思い浮かばなかった私たちですが、ツェルマットのホテルといい、このキルヒビュールといい、実はスイスはグルメ大国なのだという発見があったのは嬉しいことでした。


Img_2205 食後、‘キッチンからのプレゼント’と運ばれてきたかわいいお菓子たち。既に満腹なので、部屋に持ち帰らせていただくことに.....。明日のハイキングのおやつにちょうどよいかも

|

« アイガー・ウォークを彩る花々 | トップページ | ちょっとしたハプニング »

食*旅先グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ パノラマ・レストラン キルヒビュール グリンデルワルト:

« アイガー・ウォークを彩る花々 | トップページ | ちょっとしたハプニング »