« アパートメントホテル・アン・デル・リエメルガッセ @ ウィーン | トップページ | 北欧にも行きたかった相棒さんのために »

Dinner @ 3 Hacken Magazin ウィーン

2016. 5.22

日曜日の夜は家族で外食.....というパターンがウィーンでは多いのかな? 1週間ほど前に晩ごはんでおじゃました‘GASTHAUS PÖSCHL’さんも賑わっていたし、今回もホテル近くのレストランに行こうとしたら、満席でNG 
Img_1332次に近いこのお店、‘3 Hacken Magazin’でも、男性スタッフの方が逡巡後、‘テーブルはご用意できますが.....’と口ごもりながらも、一番奥の席に案内していただけました。


Img_1324

まずは、オーストリア・ビール‘Zwettler’と白ワインで乾杯~


Img_1322

私たちの奥のテーブルも予約席、しばらくしてご夫婦と若い娘さん2人の4人家族がご来店。


Img_1325

パンも


Img_1323

パテも美味


Img_1326

野菜や牛肉、スパゲッティを短く切ったようなパスタ入りのコンソメ、優しい味でこちらも美味しくいただきました~


Img_1327

最後の夜に相棒さんが選んだのは、またもやウィーンの名物料理、ウィンナーシュニッツェル。こちらのお店も、冷製ポテトスープ付き。


Img_1328

ポテトスープだけでもお腹が太っちゃいそうなのにこのサイズ.....現地の人たちって、本当に平らげちゃうのかしらん.....?


Img_1331

相棒さん、途中で追加の黒ビール。
お隣のテーブルに着いたご家族、お母さんと娘さん二人がそれぞれウィンナーシュニッツェルを注文


Img_1330

赤肉が美味しいと相棒さんが絶賛し続けるので、私も最後の夜にオーダーしてみました。味付けは悪くなかったけれど、私にはちょっと固めだったかなぁ.....。揚げたじゃがいも、美味しかったのですが、こんなには.....無理っ
結局、シュニッツェルも、ステーキも半分以上残して、限界につきリタイア..... ひと品を二人でシェアくらいがちょうどよさそうなのですが、これはマナー違反なんでしょうね.....。
フロアでは、‘大女’失礼という表現がぴったりな大柄な女性がひとり、忙しく料理を運んでいました(大皿に盛りつけられた料理4品くらいを一度に運んでいるのを何度も目撃)。
私たちがクレジットカードで支払いをしようとしたら、髪を振り乱し、鬼気迫る表情で‘私へのチップは’と詰め寄って来るので リクエストされたのは初めてです、何だかもう気の毒になってしまって、少し多めにサービス。‘Thank you’と、その瞬間、ほんの一瞬の笑みが返ってきました。 
ホテルまでは目と鼻の先、夜風が気持ちよかったです。

2016. 9. 1

今日から長月、‘月が長く見られる月’という意味だそうです。何とも平穏な異称ですが.....。
予想外の進路をとった台風10号、岩手と北海道に大きな爪痕を残しました。流された家や車の映像を見ていると、東日本大震災のときの光景が蘇ってきました。自然の猛威の前では人間は無力、だから警戒し、できるだけの備えをしておかなくてはいけないこと、再認識しました。問題は想定外とされる事象が増えてきたこと。
そして今、新たな台風が九州に接近中とのこと。もうこれ以上の被害がないことを願うばかりです。

|

« アパートメントホテル・アン・デル・リエメルガッセ @ ウィーン | トップページ | 北欧にも行きたかった相棒さんのために »

食*旅先グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ 3 Hacken Magazin ウィーン:

« アパートメントホテル・アン・デル・リエメルガッセ @ ウィーン | トップページ | 北欧にも行きたかった相棒さんのために »