« 暑い日の、勝手に自分へのご褒美.....? | トップページ | スペインシナゴーグ @ プラハ »

火薬塔 @ プラハ

2016. 5.19

_1070790 17世紀に火薬置き場として使われたため‘火薬塔’と呼ばれるようになったこの塔。18世紀の戦争を経て、19世紀末に建て直されたもの。


_1070792 火薬を置くだけの場所にしては立派だなぁ~と思っていたら


_1070793元々旧市街を守るためにつくられた城壁の門の一つだったのだとか。
ここも入場は、チェコ・コルナのみの受付。近くに両替所があったので、入場分のみ換金して塔に上ってみました。


_1070804 入口


_1070862 細い螺旋階段を上って行くと


_1070863 途中、あちらこちらに彫刻が施された広いスペースに出ます。


_1070882


_1070870 彫刻は上半身部分が前方に飛び出すように飾られています。


_1070889 ステンドグラスもありました。


_1070853 地上44mからの眺め。塔の高さ自体は65m。


_1070831 すぐ横に見えているのは市庁舎。行ってみたかったレストランというのは、実はこの地下にありました。


_1070856 この方向の眺めが、やっぱり最高~heart04 ティーン教会の右奥にはプラハ城の聖ヴィート大聖堂。
この火薬塔からカレル橋を通り、プラハ城へと続く道は‘王の道’と呼ばれ、15世紀から19世紀の4世紀にわたり、歴代の王が戴冠パレードを行ったのだそうです。

|

« 暑い日の、勝手に自分へのご褒美.....? | トップページ | スペインシナゴーグ @ プラハ »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109224/66696163

この記事へのトラックバック一覧です: 火薬塔 @ プラハ:

« 暑い日の、勝手に自分へのご褒美.....? | トップページ | スペインシナゴーグ @ プラハ »