« Lunch @ カフェ ラウンジ プラハ | トップページ | プラハ城内へ »

プラハ城への道

2016. 5.18-20

お腹も心も満たされたところで、プラハ見物へ出発~ 今回はプラハ城に向かう途中に目にした風景を紹介したいと思います。実は、プラハ城へは3日間続けて登城、3日分の写真がミックスされています。

_1070969まずは、ホテル近くのペトシーン公園から。


Img_0741 春の花が彩る


Img_0742

緑の美しい公園でしたが.....


_1070954 中にはこんな彫像も.....。ちょっと不気味だなと目を背けてしまいそうになりましたが


_1070956 コミュニズムの犠牲になった方々の慰霊のためのモニュメントのようです。‘プラハの春’以前のチェコの重い歴史がいきなり圧し掛かって来るようでした。


_1070236 通りを挟んで反対側ではセグウェイ観光を楽しむツーリストたち。あの時代の人々にはこんな日が来るなんて、想像すらできなかったことでしょう.....。


Img_0630 さて、気を取り直して.....。ウーイェズト通りをお城に向かって歩きます。それほど広くない通りをトラムが結構なスピードですれ違って行きます。車体はレトロなものから、最新型と見受けられるものまでさまざまな形がありました。


Img_0633 しかも、同じ路上を車やバイクがいっしょになって走ってるって.....すごくない?


Img_0743

あれ 一番下の棚に置かれているのって、鉄瓶じゃないですか.....


_1070245

‘プラハの幼子イエス像’


_1070246


_1070249

レストランやカフェ、お土産物屋さんが並ぶアーケード


Img_0637

そのアーケードの横にあるマラー・ストラナ広場から見上げる、プラハ城。手前には、ペスト終焉を記念して建てられた聖母マリアと聖人の三位一体の記念柱。この先、お城に続く道は緩やかな上りに。


Img_0951 坂道の両側にも、お店が並んでいて賑やか


Img_0748

音楽の都と言えばウィーンですが、チェコもまたドボルジャークやスメタナ等の偉大なる音楽家を生み出した国。ウィーンほどではありませんでしたが、コンサートのチラシを配る人もところどころで見かけました。


Img_0749

開店の準備中.....


Img_0750

甘い香りが漂う、チェコの伝統的なお菓子、‘トルデルニーク’のお店。あちらこちらで見かけたけれど、結局食べ損なっちゃったなぁ.....


Img_0936

かわいい看板がお行儀よく並んでいます


Img_0639

振り返ると.....まるでテーマパークの中に紛れ込んでしまったかのようなかわいい街並み


Img_0640

お城に向かう最後の坂、途中、白い藤の花が咲いていました。

|

« Lunch @ カフェ ラウンジ プラハ | トップページ | プラハ城内へ »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラハ城への道:

« Lunch @ カフェ ラウンジ プラハ | トップページ | プラハ城内へ »