« 豪華過ぎる..... | トップページ | シェーンブルン宮殿 »

Dinner @ GASTHAUS PÖSCHL ウィーン

2016. 5.16

_1060967

美術館の前から、今回初トラム乗車~


_1060972

中はちょっとレトロ風.....大きな窓は車窓観光向き


_1060978

ヴァイブルクガッセで下車すると、目の前に市立公園。その一角にあるウィーン・クアサロン、コンサート会場です。


Img_0497

園内、ツツジが満開でした。見慣れたツツジと比較するとちょっと青みがかった感じ。


Img_0500

新緑も美しかったです。


Img_0501

園内でも目立っていたこの木.....


_1060988

桐のように見えますが.....


_1060981

ブルク公園がモーツァルトならば、こちらはヨハン・シュトラウスの像。先ほどのウィーン・クアサロン、シュトラウス兄弟によるプロムナード・コンサートが初プログラムだったようです。記念撮影をしようとしたら


_1060984

あっと言う間に、スペイン人観光客のおじちゃん、おばちゃんに包囲されてしまいました~


Img_0507

さて、公園から宿に戻る途中、晩ごはんに立ち寄ったのは、‘GASTHAUS PÖSCHL’。今回はちゃんとガイドブックで確認済みです
ガイドブックに書かれているように、地元の人にも人気のあるお店らしく、店内ほぼ満席予約はしていなかったのですが、カウンター席ならということで入店させていただきました。


Img_0502 地ビールのオッタクリンガーと地元の白ワイン。ワインはやや甘口ながら、さっぱりと美味しくいただけました。


Img_0504

ウィーン名物、ウィンナー・シュニッツェル。ウィーン風カツレツ、本来は仔牛が使われるらしいのですが、こちらのお店はポークでした。添えられていたのは、リンゴとともに煮込まれたジャガイモ、酸味があったのでサワークリームも入っていたかも.....。


Img_0505

スパイスやレモンの皮等で味付けした牛肉を茹でたターフェルシュピッツ。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の好物なんですって。お肉自体は優しい味でしたが、これにリンゴと西洋わさびのソース、あるいはタルタル・ソースを添えていただくと味のバリエーションが楽しめて美味しいです。細く千切りにしたジャガイモをまとめて揚げ焼きしたものがいっしょに出てきました。
シュニッツェルもターフェルシュピッツも、どちらも美味しかった~


Img_0506

けど、この量美味しい料理も量が多いと最後には拷問..... 欧米人の胃袋ってどうなってんの~
ちなみにこのお店、現金のみカードは使えませんでした。

|

« 豪華過ぎる..... | トップページ | シェーンブルン宮殿 »

食*旅先グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ GASTHAUS PÖSCHL ウィーン:

« 豪華過ぎる..... | トップページ | シェーンブルン宮殿 »