« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

柚子プリン

Img_8823

しばらく前に、神戸の友達から送られてきた柚子プリン。
あまりにかわいいパッケージに手出しを躊躇っていたら.....。ふと気がつくと賞味期限間近慌てていただくことにしました~


Img_8824

赤い帯をほどいて、オープン丁寧にパッキングされてる箱入り娘?


Img_8826

柚子皮の甘煮もた~っぷり。この後、お皿に出したら、見事に崩れてしまいました.....柚子ゼリーのようなものを想像していたら、ミルク風味のねっとりと濃厚なお味、普通のプリンとも異なる食感。そんな中で柚子のさっぱりとした甘みとほんのりとした苦みがよいアクセントになっていました。


Img_8828

紙でできたこれらの箱、何だかかわいくて何かに再利用できないものかと思案中.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけのこの季節

Img_8818

駅ビルの八百屋さんで神奈川県産の小さなたけのこを見て、思わずゲット 圧力鍋であれば、たけのこを茹でるのも楽ちんだし、やっぱり家で茹でた方が香りもよく、美味しい.....


Img_8822

ってことで、半分はたけのこご飯に


Img_8820

残りは、土佐煮に。
トッピングの山椒の葉は、我が家の鉢植えの木から分けてもらったもの。この山椒の木、もう十数年以上前に故郷で購入したものなんです。例年だと、たけのこが出まわる頃には葉っぱももっと大きく固くなっているのだけれど、今年はなぜか小っちゃくて、柔らかい。香りは同じなのだけど.....天候不順だったせいかな?そう言えば、たけのこもちょっと遅めかなぁ.....。
それでも何とか、今年も季節の味、楽しませていただきました。ご馳走さまでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

+αの彩り

2016. 4.15

Img_8594

東京ドーム40倍ほどの広大な園内で目を楽しませてくれた花は他にも.....
列になってお行儀よく咲いている小さな青い花は


Img_8591

大好きなネモフィラ「ネモフィラ 無料イラスト」の画像検索結果


Img_8592

そのネモフィラ畑の向こうには一本のハナミズキが両腕を広げて天を仰いでいるかのよう.....


Img_8784

スノードロップは、ネモフィラとともに庭に植えてみたいなと思っている花.....いつのことやら


Img_8783

近所の赤モクレンは既に散ってしまった後でしたが、ここではちょうど見頃のようで色鮮やか陽光をいっぱいに受け止めています。


Img_8787

花桃も満開 なんて華やかな白


Img_8786

こちらは、赤、薄紅色、白の三色咲き分けの花桃


Img_8789

一本の木から異なった色の花が咲くのはやっぱり不思議.....


Img_8685

アイスランドポピーのお花畑もチューリップに次ぐ人気スポットのよう


Img_8588

だけど、新緑の存在感も花に負けず劣らず.....


Img_8782


Img_8785

苔にも新緑の季節ってあるのかな?苔の絨毯の上に伸びる木々の影.....せっかく遠出して来たから、もう一ヵ所訪れておきたいところがあったのだけど.....それはまた次回の楽しみにとっておくことにしましょう。


Img_8707

機会があったら訪れてみたいと思っていた、昭和記念公園。ようやく来ることができました。広大な園内には見どころも多く、お散歩がてら歩きまわるのもよし、お気に入りの植物を眺めながらゆっくり過ごすのもよし.....
帰りの電車で斜め向かいに座られたご高齢の女性によると、秋もまたコスモスや紅葉等、お楽しみ盛りだくさんな公園のだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bonsai

2016. 4.15

日本庭園の中には盆栽苑があって、思いがけず、盆栽の世界を垣間見る機会に恵まれました。

Img_8737 五葉松に


Img_8730 やまもみじ

Img_8716 春もみじ.....盆栽も、全くの素人の私でもこの辺りは何となくまだイメージできる範囲なのですが.....


Img_8721 推定樹齢約110年ほどの野梅の.....


Img_8722 幹がや・ば・い これでちゃんと生きているのが不思議で仕方ないです~


Img_8741 幹つながりで、こちらは真柏、推定樹齢200年以上


Img_8711

私にとって驚きだったのは、様々な木が盆栽の素材になりうるということ。
例えば、これはかりん.....すごくかわいい


Img_8712

幹の部分や


Img_8713

花をアップして見ると、普通の木のように見えちゃいますね.....


Img_8739いわしでは推定樹齢130年 こんな小さな身体なのに、人生の大先輩.....


Img_8724

かまつかは推定樹齢80年


Img_8743

こちら、なんとがじゅまるですよ~


Img_8719

あるTV番組で、盆栽に魅せられたフランスの方が
‘小さな空間で広大な森を創り出すのが盆栽の魅力なんだ。’
とおっしゃっていましたが、何となくわかるような.....。
箱根で歩いたヒメシャラの森を思い出しました。今頃、あの森も芽吹き始めているのかな.....?


Img_8728

40年かけて創り出されたけやきの森、これ、いいなぁ~


Img_8733

こちらは確か.....ぶな 何かの物語に出てきそうな木。あまりに堂々としていて何というか.....小さくなった自分が、森の中で巨木に出合ったかような、不思議な気分になってきちゃいます。
写真が全くの力不足で、本来の迫力や神秘性を伝えることができないのがほんとに、ほんとに悔しいです.....


Img_8734 花をつけている、おもしろい形状のこれは大丁子がまずみだそうです。


Img_8735 がまずみは山で目にすることがあるのですが、大丁子がまずみの花は同じスイカズラ科でも雰囲気が随分異なるんですね。


Img_8726 これも盆栽.....?ヒナソウってかわいい


Img_8745 スナゴケ、苔の世界も新緑の季節を迎えているようです。色だけでなく、写真ではとてもわかり辛いのですが、形状的にもとても美しいです。ここにも森の世界が広がっていました。


Img_8747 屋内にはこんなミニチュアも。ヒイラギに


Img_8748 五葉松。ミニチュアもまた一本の立派な木に見えないこともない.....小さな身体にそれくらいの迫力を秘めています。

どうも.....不思議な盆栽の世界に迷い込んでしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本庭園

2016. 4.15

チューリップと桜を堪能した後
園内には日本庭園もあるんだぁ~くらいの気持ちで足を踏み入れたのですが.....
Img_8760 これが結構広くて立派でびっくり、さすが国営公園


Img_8752.....


Img_8757 池を取り囲む新緑


Img_8754


Img_8761

日本庭園内、花は少なめでしたが、それでもシャガや


Img_8755

ミツバツツジ


Img_8756

椿が咲いていました。そう言えば、ここでは桜、見なかったなぁ.....


Img_8749

園内で一番華やかに咲いていたのはシャクナゲ、この大輪の花にびっくり


Img_8750

たくさんのカメラマンが吸い寄せられていました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップもいろいろ

2016. 4.15

人間にもいろいろな人がいるように、チューリップにもさまざまな種類があるようで.....

Img_8637 チューリップと言えば、私的には、真っ先に思い浮かべてしまうのがこの色


Img_8659

情熱的なその色は世界中で愛されてる?‘ワールドフェイバリット’というのだそうです。


Img_8618

けれど、私がひと目惚れしちゃったのは、この‘アップスター’。清楚な乙女のイメージ


Img_8645

ビタミンカラーのこの花、


Img_8658 太陽の光を浴びて、ひと際輝いて見えました。


Img_8704

チューリップ初心者初心者マーク(わかばマーク)の私には発見の多かったこの日のお花見散歩、二色咲きのこの花は


Img_8610

‘シルクサプライズ’っていう品種のよう.....


Img_8611

赤に黄色の覆輪.....似てるけど、こちらは‘ガボタ’、また異なる品種のようです。


Img_8654

チューリップにも八重咲き.....ってあるんですね~。‘ファンタジーレディ’、名前のとおり、とっても華やかな花です。


Img_8705 ‘ダブルプライス’はまるで牡丹のよう.....葉っぱはしっかりチューリップだけど。


Img_8604 咲き揃うとこれまた華やか~


Img_8628

‘フィノラ’もちょっと牡丹っぽいかな.....?


Img_8629 白+薄紅色=大好きな組み合わせ


Img_8653

‘フレミングプリシマ’。こういう風に咲き開いちゃう花なのか、あるいは見頃を過ぎてしまっているのか.....


Img_8652 まるで笑顔がぱぁーっと広がっているような賑やかな咲き方です


Img_8646

花弁がほっそりした、こんなユリっぽいチューリップ、珍しいですね~。‘グリーンスター’っていうみたいですよ。


Img_8660

ちょっと似た形だけど、色違いのこちらはなぜか‘チャイナタウン’。中国では、赤と緑は縁起のよい色とされているからなのかな?


Img_8664 ‘ポーランドシック’、これも好き..... 


Img_8697

チューリップもまた奥深い、お勉強になりました。


Img_8706 あまり興味をもったことのない花でしたが、お庭でこんな風に賑やかに咲いてくれると嬉しいかも..... 来年は植えてみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の目的は.....

2016. 4.15

と、言っても、この日の目的は桜ではなく.....

Img_8620

こちらチューリップの絨毯「チューリップ 無料イラスト」の画像検索結果


Img_8622

+ 見頃ということで、平日だというのに、たくさんの人で賑わっていました。中国系の方、東南アジア系の方も多く見かけました~


Img_8669

紫の部分はムスカリです。いろいろなカラーがあるチューリップですが、寒色系はなかったような.....だからムスカリの出番なのかな?


Img_8700

きれいに咲き揃っているので、どこで写真を撮っても絵になっちゃいます


Img_8671


Img_8642


Img_8656


Img_8633


Img_8598

白一色でもこんなに華やか~


Img_8696_2

だけど、複数の色が寄り添うと、やっぱり見応えありますね.....

家では、インターネットラジオをBGMに作業をすることが多いのですが、先ほど流れてきたのは、スメタナの‘わが祖国’の‘モルダウ’久々に耳にして再び心が揺さ振られました。名曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら再び

016. 4.15

先日、ブログの中で桜にお別れを告げたところですが.....

Img_8778少し前だったら、菜の花畑の向こうに桜色の帯が見えていたはず.....


Img_8675ほとんどの木が花を散らしている中


Img_8677何とか持ち堪えてくれている木も


Img_8678よく見ると、かなり散ってはいるのですが


Img_8681周囲にはお花見を楽しむ人々の姿..... やっぱり青空+桜、いいですねぇ~


Img_8781 菜の花の向こうにも一本桜。
まだお花見に間に合ったようです。


Img_8593

八重紅枝垂れの下には薄紅色の絨毯


Img_8770

代わって咲き始めたのは八重桜


Img_8772 久々に眩しいくらいの青空でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花に願いを込めて

Img_8595色鮮やかに咲く花を眺めていると、何だか元氣になれる.....


Img_8627 余震が続く避難生活の中では、気休めにもならないかも知れないけれど


Img_8638 だけど頼りたい、花のちから


Img_8637大地が鎮まり、人々が一日も早く日常を取り戻すことができますように.....
そっと願いを込めて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本地震

2016. 4.16

昨夜は.....
防災用ラジオから流れる緊急地震速報のけたたましいサイレンで
何度も睡眠を中断させられました。
そして今日の日中も.....。
何度耳にしても慣れようもないあの音、
聞くたびに心臓がジャンプアウト。
あまりにも頻繁で、不安が募ります。

次は、南海トラフか、首都直下かと騒がれていた中、
九州とは.....。
何だかあざ笑われているかのよう。
自然の動きを完璧に読むなんて、所詮無理なことなんだろう。

ほんの一瞬ですべてが変わってしまう、
こうして普通に生活できていることが
決して当たり前のことではないのだということを、
日常の生活の中で埋もれていたその事実を
またもや思い知らされました。

震源域が北東に移動してきているのも気になります。
大分の先には愛媛の佐田岬半島、
そしてそこには伊方原発があります。
どうか、どうか
これ以上の惨事が引き起こされることのありませんように

一刻も早く終息することを祈る以外、
何もできないことがただただもどかしくて仕方ない.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩道先の誘惑?

2016. 4.14

ゆっくり歩いても片道30分もかからないこの日歩いた散歩道は、それでも今のところ一番長いコース。そしてその先にあるのが.....

Img_8568 トラットリアの誘惑~
渡り蟹のトマトクリームパスタに


Img_8571 きのことチキンの生フィットチーネ


Img_8573 チキンのグリルの横浜地野菜添え。横浜でもレンコンがとれるとは.....。どの野菜も美味しかったけれど、特に紫いもとベビーコーンは ワインの注文に合わせておつまみ風にアレンジして下さったのか、チキンはややしょっぱかったけれど、パスタはどちらもBuono 今までのところ、このお店で外れたことなし。おまけに抜群のコスパ.....
なのに、いつも空いている.....。私たちが訪れるときがたまたまそうなのかも知れないけれど、ちょっと心配になってしまう。バックグランドミュージック(=私の青春時代のJ-POP)がいけないんだろか.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩道にて

2016. 4.14

Img_8579 華やぎを留める樹上


Img_8577 風もほとんどないのに力尽きて舞い落ちる花びらたち


Img_8567

紅色を増す木々は


Img_8566 もうすぐ新緑の仲間入り


Img_8576 朝の雨にしっとりとした緑の世界


Img_8562 陽の光はなくとも輝いて見える.....それほど眩しいこの時季の緑


Img_8557 新緑に対抗するかのように咲き始めた八重桜


Img_8553 桜色を引き継ぐ花も


Img_8565 濃い紅色の花もまあるくひしめき合っている。
移り行く季節を眺めながらの散歩.....


Img_8581 ありがとう、桜「桜 無料イラスト」の画像検索結果 また来年.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥーブルフロマージュ

ご近所桜、枝に残る花も徐々に減ってきていて、代わって緑の葉っぱがわっさわっさと出始めている今日この頃.....4月も半ばになろうとしているのに日暮れてくると寒~い。仕舞い込んでいたフリースを引っ張り出してきてしまいました
さて、先日ルタオさんのロールケーキについて書かせていただきましたが

Img_8518

今回は、ルタオさんの定番スイーツ、‘ドゥーブルフロマージュ’です。これもまた相棒さんがお取り寄せしたもの。ストレス溜まってるのかな.....?


Img_8520

丸いお月さまのようなケーキ、お店の自信が窺えますね。


Img_8521ナイフを冷やすという手間を省いてしまったため、切り口はイマイチ美しくありませんが..... 
‘ドゥーブルフロマージュ’は二層のチーズという意味、レアとベイクドチーズケーキの二層式になっています。甘さ控えめで口どけ滑らか、美味しくて勢いのまま二人で平らげたら.....後でお腹にずっしり来ちゃいました 欲張らず、少しずつ味わうのがよろしいようで.....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ スパルタ 関内

2016. 4. 1

大岡川プロムナードの桜を眺めながら歩いたこの日、

Img_8427

関内にある‘スパルタ’さんにてランチ。50年以上の歴史をもつ、日本最古のギリシャ料理店なのだとか。元船乗りだった初代店主の出身地が‘スパルタ’であったことから店名になったようです。白とブルーの組み合わせがギリシャっぽい
奥行きのある広い店内もムード満点、まるでギリシャにいるかのような気分を味わえます。


Img_8422

全てのランチメニューに、サラダ(酸味を効かせたドレッシングでさっぱりと


Img_8423

スープ、焼きたてのパンが付いてきます。パンにはひよこ豆のペーストが添えられていて、先日いただいたシリア料理を思い出しました。
ヨーロッパといっても、イタリアとかフランスとかではなく世界三大料理で知られる‘トルコ料理’の影響を受けていると言われているのは、こんなところにも由来しているのかな?


Img_8424

トマト・ピーマンの米・挽き肉詰をいただいてみました。ギリシャ語では‘イョミスタ’と言うみたい。


Img_8426

野菜の中をくり抜き、そこに炒めたお米、挽肉、にんにくやハーブ等を詰めて、オリーブオイルをかけてオーブンで焼き上げる料理のようです。野菜の甘みの感じられる.....特に女性ウケしそうな.....美味しい料理でした。
次は狙いたい、ムサカ


Img_8550 妙に暖かだったり、また冷え込んだりと気まぐれな天気に翻弄されつつも、我が家の姫りんご、ただ今たくましく満開中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窯焼ポテト

2016. 4. 8

Img_8222

相棒さんお取り寄せスイーツその2、‘窯焼ポテトあずき’です。新聞紙っぽい包みがレトロ感満点~


Img_8223

包み紙を広げてみると、一見記事のように見えるその内容は、商品についての説明。こんがりと焼けた焼き芋のようなルックス 美味しそう~


Img_8224

茨城産の紅あずまに北海道産のバター、生クリーム、グラニュー糖に北海道産じゃがいもを加えてつくられたスイートポテト


Img_8226

底の部分には縦に薄~くスライスされた紅あずま、その上にカスタードクリームと小豆を乗せ、スイートポテトで蓋をする?という技ありスイーツです。スイートポテトの部分が少々パサついているようにも感じましたが、味的には甘さ控えめで美味しかったです。15cmくらいの大きさだけど食べ応えは充分、二人でシェアしていただいても結構お腹いっぱい.....


Img_8528 さて、昨日の雨風でもう見納めだろうなと思っていた桜、何とか頑張って持ち堪えてくれたようです。まだ充分見頃.....


Img_8527 だけど地面には戦いの痕.....


Img_8522 替わって咲き始めた、我が家の姫りんご。今年は花をつけている枝はたった2本。ちょっぴり寂しいお花見になりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

見納めですか.....?

2016. 4. 7

今年は桜が見頃になってからず~っとぐずついたお天気が続き、ぴかぴかの青空に映える桜をまだまともに見ていないような.....
それにしても、今日はよく降りましたね~ 花散らしの雨になるだろうとのこと。予報によると、昨日はすっきりとした青空が広がり、貴重なお花見日和になるでしょう.....とのことでしたが、用事を済ませてご近所の桜めぐりができる頃には、やっぱりど~んより

Img_8485

それでも、天の青い部分を探して、何とか桜とのコラボを写真に収めてみました~。


Img_8488


Img_8489

パッと見、晴れ桜に見えるけれど、やっぱり花の輝きが違うなぁ.....


Img_8492


Img_8494

ここからはいつもの近所のお寺


Img_8496

こうして見ると、陽が射す時間もあったんですねぇ.....


Img_8500


Img_8502

渡り廊下の向こう側、左手前の枝垂れはもう葉桜になりつつありましたが、奥のオオシマザクラ、その向かいの満開のソメイヨシノと新緑.....まるで額縁に入った一枚の絵のよう。


Img_8505

空が青い方が見映えはするのだろうけど、曇天だと桜の薄紅色がより強調されるような.....


Img_8504


Img_8509

葉っぱと花が同時のオオシマザクラ


Img_8508

まだ充分見頃でしたが、風が吹くと花びらが豪快に乱舞。
何だか少しもの足りないけれど、今年の桜は見納めなのかなぁ.....?


Img_8506

お花見特等席、そこからの眺めはどんなですか.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜彩る横浜汽車道

2016. 4. 2

Img_8431 鉄道廃線跡を利用して1,997年に開通したプロムナード、‘横浜汽車道’。横浜市内でもお気に入りのお花見スポット。
生憎の天気の割には、多くの人で賑わっていました。外国人の方も多く見かけましたが、JICA横浜が近くにあるからかな.....?


Img_8437 並木はそれほど長くはないけれど、横浜のシンボル、ランドマークタワーや


Img_8436 コスモクロック21と桜のコラボを楽しむことができます。


Img_8432 ソメイヨシノと


Img_8435 オオシマザクラの競演、なかなか見応えがありました。


Img_8441 ナビオス横浜の傍には咲き分けの花桃、こちらも華やか


Img_8478 日本丸メモリアルパークの傍にはヨコハマヒザクラが数本


Img_8479 紅色濃い艶やかな花が人気を集めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜海上散歩

2016. 4. 2

相棒さんが事前購入していた横浜港内遊覧チケットの期限が差し迫って来たので

P4020424 曇り空の広がる肌寒い日ではありましたが、海上散歩に出かけて来ました。
みなとみらいを背景に停泊中のクリームカラーのこの小さな船が案内人。


P4020436 出港場所のすぐ傍にある、‘象の鼻パーク’は横浜港発祥の地ですが、その名前の由来ともなった象の鼻の突端がここ


P4020443 大桟橋をこの角度から眺めるのはもちろん、初めて


P4020447 この日、豪華客船の停泊はありませんでしたが、ここを拠点として営業しているエンターテイメント&レストラン船‘横浜ロイヤルウィング’がちょうど入港して来たところ。


P4020461 ‘氷川丸’の向こうには、関東大震災のがれきを埋め立ててつくられた山下公園、かつては灯台としての役割も果たしていたマリンタワーも。


P4020456 太平洋戦争では病院船として、戦後から1,960年までは北太平洋航路で運航を続けた、全長163.3mの‘氷川丸’、真横から見るとやっぱり迫力ありますね~ハンサムだし.....
戦前より唯一現存する日本の貨客船で、現在は博物館船として一般に公開中。今年度、歴史資料として国の重要文化財に指定される見込みとのこと。


P4020471 次に、これまた横浜のシンボル、‘ベイブリッジ’に向かいます。


P4020477

長さ860mの斜張橋で、上層は高速、下層は一般道の二層になっているようです。


P4020479

橋の下にこんなかわいい灯台を見つけました。通称‘赤灯’と呼ばれる沖赤灯台、沖白灯台と対になって設置されているようなのですが、‘白灯?’には気がつかず.....


P4020497

‘ベイブリッジ’を通り抜けたところでUターン、みなとみらい方向へ.....あらっこちらにも赤いかわいい灯台


P4020502

正式名‘横浜港北水堤灯台’だそうで、こちらも白い灯台と対になっていたそうですが、白い灯台は現在、氷川丸の隣に展示されているそうです。


P4020508

‘ベイブリッジ’を背景に.....グレーな世界の中で鮮やか過ぎる赤は絶対的な存在感


Img_8463

みなとみらいに急接近中右側手前、風をはらんだヨットの帆の形が特徴的なヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルですが


Img_8458

南東側、直線面の最上層部には女神さまがいらっしゃること、初めて知りました。


Img_8459

よこはまコスモワールドの観覧車と桜並木。左側の建物は温泉施設‘万葉倶楽部’で、熱海と湯河原から毎日タンクローリーで温泉を運んできているのだそうです。な~んという贅沢


Img_8445

赤レンガ倉庫が近付いてくると、約40分の海上散歩も間もなく終わり。お天気のよい週末は行列ができるほどの遊覧ですが、今日は私たちも含めて5名で貸し切り~
海から見る港町横浜はまた新鮮で、いろいろな発見もありで楽しい海上散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大岡川花見散歩

2016. 4. 1

あちらこちらから桜満開の便りが聞こえてくるようになりましたね。
開花宣言から1週間、花曇りの金曜日の午後、ようやく見頃を迎えた桜を愛でに、大岡川プロムナードを歩いてきました。
Img_8393 スタートは、弘明寺(ぐみょうじ.....って、なかなか読めませんよね)の駅から。改札を抜けると真っ先に目に飛び込んできた満開の桜 立入を制限された駐車場の中の一本桜、ズームで撮影。


Img_8396 境内で見かけた桜はまだ見頃一歩手前といったところ、それでも可憐な花に目を奪われました。
同行の友達、‘境内ってこんな感じだったんだ~’と感慨深げ。初詣に来たときには、それほど広くはないこの場所に人がひしめき合っていて、全貌がわからなかったのだそう。横浜最古のお寺ですもんね.....


Img_8398

川の両岸にずら~りと並ぶ桜


Img_8402 弘明寺の商店街から始まるプロムナードの右岸、一番手前にはひと際色鮮やかな桜が一本。‘ヨコハマヒザクラ’という種類のようです。


Img_8405

川面を覗き込んでいるかのような枝、散り際には、下に花びらの絨毯ができるのでしょうね。


Img_8406

こんなド根性桜も見かけましたよ~


Img_8409

左側の並木は満開に近い状態でしたが、右側はまだ蕾も多く見受けられ、咲き揃うにはあと一歩.....


Img_8410

所どころで目にしたこのほんのりとピンクに縁取りされた桜、若木で花芽もまばらでしたが、とってもbeautiful 東京 調布市の神代植物公園で、アメリカ ワシントンからの枝を接ぎ木して生まれた品種‘ジンダイアケボノ’、ソメイヨシノの美しさと、耐病性を兼ね備えた新種だそうです。


Img_8415

川からほんの少し離れますが、こんもりとした桜雲が見えたので、そちらに足を運んでみると、そこは公園でした。オオシマザクラとソメイヨシノが咲き競う下で、お花見を楽しむ人々の姿.....


Img_8417

天を覆いつくす桜の高木


Img_8418

なかなかの迫力です。


Img_8419

3kmほどのプロムナードに約500本の桜が彩を添え、道行く人々の目を楽しませています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »