« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

Lunch @ ゼノビア 広尾

2016. 3.29

シリア料理デビュー.....と言っても食べる方です、もちろん

Img_8309

おじゃましたのは広尾にある‘ゼノビア’さん。‘ゼノビア’は、3世紀に存在したパルミラ王国の女王らしいです。


Img_8306 地下にあるお店は広々としています。お昼どきは、そこそこ来客がありましたが、外国人比率が高かったです。今回もすっかり長居してしまいました.....


Img_8285 表に出されていたランチメニューの中から3つのランチを選んで、3人でシェア。


Img_8289

どのランチもサラダ付き。酸味強めのドレッシングでさっぱりと。トッピングされている揚げもの.....パスタじゃないよねぇ~とお店の方に訊いてみると、これ、パンらしいです。


Img_8292

ナンに添えられていたのは‘ホンモス(フムス)’、ひよこ豆のペースト。


Img_8296

メニューその1は、限定10食のアラビアランチプレート。こちらにも‘ホンモス’が添えられています。
シャワルマ(ロールサンドイッチ)、コッパ(ひき肉とナッツのコロッケ)、サンプーサ(チーズの春巻き)、ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)に2種類の野菜料理。ひとつはヨーグルト風味の茄子、もうひとつはほうれん草だった.....かな?
Img_8295

メニューその2、ケバブセット。この日は2種類の味付けが楽しめるチキンケバブでした。長粒米を使ったピラフも美味。トルコに住んでいたことのある友達は、ピラフとヨーグルトを和えながら食べることを懐かしんでいた様子。


Img_8293

メニューその3.茄子とひき肉のトマト煮込み。どの料理も美味しかったのですが、私的にはこれが一番好きでした。だけど、このお店で出されなかったら、シリア料理だとはわからないかも.....。


Img_8297

アラビアランチプレートについてくるデザートのようです。もちろん、仲良く3等分 カステラっぽい食感のケーキ.....かな?黒蜜っぽい香りがしていました。


Img_8299

食後の飲みものには紅茶を。この形の器が中東っぽいですね~ 結構渋めに入れてくれていました。上にはミントの葉っぱ。
シリア料理、どんなもんだろう.....?と思っていましたが、全く抵抗ないどころか、とても美味しくいただきました。


Img_8305

土曜の夜にはベリーダンスショーも開催されているようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく歩きました♡

2016. 3.29

恵比寿から寄り道しながら六本木まで、この日はよく歩きました~

Img_8329 立派な並木道ですが


Img_8328 桜の開花はまだのよう.....。東京の満開予報はこの日だからお花見できるよ~と、故郷からの友達に言ってたのに.....残念


Img_8312_3 代わりに見頃を迎えていたのは、花桃。


Img_8313異なる色の花が一本の木に。こういうの、‘咲き分け’って言うのだそうです。


Img_8323 春の日差しに新緑が眩しくて


Img_8320 趣きのある建ものの傍には


Img_8319 見上げんばかりの立派な楠、その迫力にしばし圧倒されてしまいました。


Img_8332 久々にやって来た六本木ヒルズの花壇では春色のお花たちのお出迎え~


Img_8334 春爛漫


Img_8336 巨大クモ‘ママン’の下に立って見上げてみました。お腹の中には卵がたくさん。


Img_8338 そう言えば、六本木ヒルズ、東京タワーのビュースポットでしたね。


Img_8352 ミッドタウンへ移動。雪柳咲く遊歩道を進んでいくと


Img_8358高層ビルのすぐ下に、こんな庭園があるなんて 元は、萩藩 毛利家の麻布下屋敷の庭園があったところだそうです。


Img_8348 ガーデンテラスから見渡すと、桜並木の中でもひと際目立っていたこの桜


Img_8349 この辺りでは一番開花が進んでいるようでテレビクルーが2組、取材に来ていました。皆んな、待ち遠しいんだなぁ~
昼間は青空も広がり、ぽかぽか陽気でしたが、陽が傾いた途端、風も強まり、気温が急降下。桜の花が長く楽しめるのは嬉しいけれど、なかなか油断できません。夜桜見物には、どうぞ暖かくしてお出かけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ ニューデリー 生麦

2016. 3.26

久しぶりの夜外食。インド料理のお店が駅近くにオープンしたみたいだと相棒さんが言うので、行ってみることにしました。実は.....オープンしてから既に5ヵ月近く経っていたのですが.....
Img_8250 お店の名前は‘ニューデリー’。元はハンバーガーのお店だった場所。
店内は奥行きがあって意外と広く、席にも余裕があります。お店の前にはテラス席も。店内にインド国旗が飾られていましたが、インド料理店にありがちな賑やかな飾りもの&バックミュージックもなく、落ち着いて食事ができる雰囲気。
メニューに、カップルセットというのがあったので、これをいただいてみました。
まずは飲みもの、相棒さんは生ビール、私はマンゴラッシーを。


Img_8251 続いて運ばれてきたサラダは結構まともなもの。


Img_8252 やや待たされましたが、タンドリーエビ&チキン、シークカバブの焼きものセット。エビがダントツ美味しかったです~。キャベツとニンジンの千切りがまだらに添えられていて、見た目には美しくありませんが、これらの焼きもの、やっぱり野菜といっしょにいただいた方が美味しいです。


Img_8254 見よこのナンの迫力~


Img_8255 そのうえ、ライスもた~っぷりパサパサとした長粒米ではなく、もっちりつやつやとしたもち米のような食感のライスです。これは、日本人の好みに合わせてるのでしょうかね.....? これはお腹に来るなぁ~。だけど美味しくて結局完食


Img_8258カレーはメニューの中から2種類選びます。一つはmy定番、サグチキン、ほうれん草とチキンのカレーです。


Img_8256もう一つは、インドでは定番のお魚カレーだそうで、中にはマグロとたっぷりのココナッツが入っていました。どちらも美味しかったです。
久しぶりのインド料理、インド人シェフがつくるニューデリー周辺の料理だそうで、辛さ普通でお願いしたのですが、思ったほど辛くはなく、相棒さんには少々もの足りなかったようです。次回はやや辛めで注文してみよう.....。写真を撮り忘れてしまいましたが、食後に出されたココナッツのアイスクリームも美味しかったです
商店街からも外れ、人通りが流れにくい不利なロケーションですが、この晩、私たちの他にも1家族、2カップル、1母娘が来店していました。お店の男性スタッフの方はやや日本語が通じにくいところもありましたが、一生懸命で誠実な接客に好感がもてました。頑張って欲しいな.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと足お先に.....

2016. 3.27

開花宣言が出されたと思ったところに、このところの花冷えに、桜の開花も足踏み状態。それでも東京の桜の名所 上野公園では、8割強の桜がまだまだ蕾といった状況の中、この週末たくさんの花見客でインターナショナルににぎわったようです。
Img_8265 さて、家の近所にも毎年他の木に先んじて咲き始める桜がありまして


Img_8268 ひと足お先にお花見散歩を楽しんできました。


Img_8272 こちらはまた別の桜.....


Img_8277 アップしてみると、蕾も多く見受けられますが


Img_8281 全体的にはこ~んな感じです。近辺の桜がようやく咲き始めたのかな~?といった状態のときにフライング咲きするこれらの木、同じソメイヨシノだと思われるのですが、違うのかなぁ.....


Img_8271 近くではコブシの花も真っ盛り


Img_8282 左はコブシですが、その枝ぶりからずーっと梅だと思っていた右の木.....


Img_8283 なんと、桜でした。びっくりぽんでしたわ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おくらの新芽

Img_8243 近所のスーパーでこんなもの見っけ


Img_8248 見た目、カイワレをパワーアップしたような感じ.....?カイワレの葉っぱはつるんとしていますが、こちらは葉脈が見て取れます。


Img_8249 カイワレの種がらは茶色いけれど、こちらは真っ黒しかも固っしっかり取り除いた方がよさそうです。
茎の部分には、産毛のようなもの?も見えます。おくらとの共通点と言えば、これくらい.....?


Img_8244 海藻や大根、人参の細切りとともにサラダでいただいていました。噛み砕くと、ねばりを感じます。味にクセはなく食べやすい.....と私は感じたのですが、HPによると、生のままでは青臭いので、さっと湯がいておひたしがおススメと..... 熱を入れると更にネバネバするのかしらん.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開花宣言!

2016. 3.23

横浜の桜の開花宣言はこの日。

Img_8242近所の桜並木、枝の方は蕾ばかりでしたが、幹から直接花芽を出している部分は結構花開いていました。


Img_8239

こちらはオオシマザクラ。枝先にちょこっと1輪.....
これからの季節、出歩く楽しみが増えそうです


Img_8233このところストレスが溜まっているのか、相棒さんがネット注文したスイーツが続けて届いています。
こちら、北海道は小樽の洋菓子舗‘LeTAO(ルタオ)’の新作ロールケーキ‘レ ドール ムー’、なかなかの人気商品らしいです。


Img_8234クリームにも生地にもジャージー牛乳を100%使用しているそうで、スポンジはしっとり、クリームも濃厚で口当たり滑らか。あんまりにも美味しくて、あっという間に二人で完食してしまいました


Img_8235

このところ2、朝のジュースにえごま油をたらーっと垂らしていただいているのですが、
気がつくと、スマイルが浮き上がっていました。意図して垂らした訳ではないのだけれど、何だかハッピーな気分
野菜ジュース+えごま油は栄養学的によいと聞いて始めたのですが、味も野菜の尖った味をマイルドにしてくれて飲み易いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見つけました!

2016. 3.20

本日の散歩道にて.....

Img_8214 桜.....
近付いて見てみると、遅咲きの梅でした。木の下の方は満開でしたが、上半分は蕾が多く、まだしばらく楽しめそうです


Img_8218 車の走行の多い国道。その歩道の端、アスファルトとコンクリの間のわずかな隙間には、たんぽぽの花と綿毛。たくましいなぁ.....。どうかよい着地場所が見つかりますように.....


Img_8219 ハナニラの花はあちらこちらでにぎやかに咲いていました。そして.....


Img_8215 見つけましたよ~ 開花直後の桜「桜 無料イラスト」の画像検索結果 今日見た中では、この木のこの部分だけでしたけど、やっぱり桜が咲くと何だかうきうきしちゃいますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贅沢なお花見ディナー @ ぎんきょう 目白

2016. 3.13

日曜日の晩.....

Img_8186

あしながおじさんのお伴で、目白にある‘ぎんきょう’さんにおじゃましてきました。


Img_8192

落とし気味な照明+クラッシク音楽が静かに流れる店内は、心落ち着く空間。キャンドルスタンドから漏れる温かな灯りに心ほっこり


Img_8189

セットされていたのは、店名ともなっている銀杏が描かれたショープレート、原画は彫刻家 故・佐藤忠良さんによるもの。
暗闇の中、シルエットでしか見えませんでしたが、エントランス通路の左側に、店名の由来ともなった樹齢150年以上といわれる銀杏の樹がありました。


Img_8187 さて、お食事。
まずは前菜、つぶ貝の料理。香草をミックスしたパン粉をトッピングして焼き上げてあります。アニスやカレー粉を使った複雑なお味とともにしっかりとした食感と音.....歯との摩擦音、きゅっきゅっ?が楽しめます。


Img_8193

手に取り易い、かわいい形のパンは、小麦本来の甘さと少しばかりの酸味の絶妙バランス。冷めても美味しくいただけるパンでした。


Img_8194 ‘ぎんきょう’さんのスペシャリテ。10日間かけて煮込んでつくったというコンソメスープ。私が今まで味わってきたコンソメって何だったんだろう.....?と思わせてしまうほどの深~く複雑なお味。お行儀悪いのですが、この透明感を見ていただきたくて、スプーン入りで撮ってみました。


Img_8196 お魚料理は、萩直送のイトヨリを。葉玉ねぎが添えられています。身がしまっていて、これまた美味~


Img_8198 グレープフルーツ、カンパリ、ウォッカが使われているというお口直しのシャーベット、シャーベットらしからぬ、ちょっとおもしろい食感。


Img_8200 お肉料理には、オーストラリア産熟成牛のローストを。インゲン、マッシュルーム、むかご、そして菜の花のフリット添え。お魚のソースも美味しかったけれど、こちらのソースも負けず劣らず美味しい~


Img_8201 あしながおじさんが選んだのは、フランス産シャラン鴨の赤ワインソース。こちらに添えられていたフリットは、ふきのとうでした。 


Img_8204 デザートは、ワゴンデセルから3品。彼のチョイスは、ゴールデンパインを使った冷たいデザート、カラマリゼされた抹茶プリンに濃厚なフォンタンショコラ。
今見返してみると、なかなかバランスのとれたよいチョイス。


Img_8205 本能の趣くままにオーダーしてしまった私は、レアチーズケーキに木苺とチョコレートのケーキ、ブランマンジェのイチゴソースがけをいただいてみました。よ~く冷やされた甘酸っぱいベリーがまたよいアクセント
お料理が全体的にしっかりした食感であったのに対して、デザートは柔らかというか、滑らか~な食感。どれも美味しかったです。
ところで、この食器。あしながおじさんによると、ウェッジウッドの、物議を醸し出したハンティングシーンのシリーズなのだそうな。


Img_8206

シュガー皿も同じく


Img_8208 こちらは、同じウエッジウッドのブルーサイアム。和風な柄のように思ったのですが、タイ風のデザイン。現在は廃盤となっていて、なかなかお目にかかることのできないシリーズのようです。いただいたのはミントティー。


Img_8209 小さな焼き菓子も同じシリーズのお皿に乗せられて登場~。既に満腹にもかかわらず、こちらも美味しくいただきました


Img_8202 私たちのテーブルのすぐ傍には、‘陽光’という種類のやや赤みの強い桜が生けられていて


Img_8203

冬に逆戻りしたような寒い夜でしたが、ひと足先にお花見しながらの贅沢ディナーとなりました。
心地よい空間、おしゃれな器に美味しいお料理、店内には ミュシャの版画の他、彫刻も飾られていて、目も楽しませてくれます。あしながおじさんが長年通う理由がわかったような.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝のニュースの中から

2013. 3.16

山梨県甲府市内に住む男性。
まだ幼かった頃、両親が離婚、
生活が困窮する中、
周囲の人たちの助けや支えがあって、
無事大学まで卒業.....

25歳になったその彼が現在やっているのは

今日の自分があるのは周囲の人たちのおかげ。
自分も周りの人々の助けになりたいと、
昨年12月、一軒家を利用した宅老所を開いた。
定員は1日10人まで、スタッフは自分も含めて3人。
一般のデイサービスと異なるのは、
利用する方に、食事の準備や洗濯、子どもの世話等、
可能な限りの“役割”を担ってもらうこと。

番組の中で紹介されていたのは、
以前建設業を営んでいた90代の男性。
初日は、入浴も、食事も拒み、自分の殻に閉じ籠っていた。
2度目の利用の際、
送迎途中にたまたま通りかかった工事現場の作業員たちが
彼を見つけ、声を掛けてきたのをきっかけに、
彼の心がほどけてきた。
今では、食事も、入浴も、そして宅老所内での人との交流も
笑顔で楽しんでいる様子が映し出されていた。

高齢だからという訳でもないんだろうと思うけれど、
孤独を抱え込んで暮らす老人って多いんだろうな。
心地よい居場所があるって、本当に大切
高齢者も児童も受け入れる.....
これって、時代にマッチした素晴らしいアイデアだと思うけれど、
経営はまだまだ赤字とのこと。
コンビニでのアルバイトもされているご様子。
こういう小さなところにこそ、
行政はじめさまざまな支援が行き届くといいなぁ.....と切に願う。

Img_8211 昨年購入していたみちのく福寿草。苗ポットのまま植え替えもせずそのままにしていたのに、ふと見ると、芽を出していました。マクロで撮影しても、これくらい距離をとらないと撮れないような小さな、小さな芽.....生きてたんだなぁ~ 
今度こそ、花が終わったら、土を買ってきてちゃんと植え替えよう。だから、頑張って、花を咲かせてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mjuk(ミューク)

2016. 3.14

今日はまた一段と寒いですね~。
雨も本降り
久々に土鍋を引っ張り出してきました。
今晩は鍋です

さて、1ヶ月以上前の話になりますが、バレンタイン用のチョコレート売り場で目にしたかわいいチョコレート 一度は立ち去ったのですが、どうも気になって後日再び激混みの売り場に突入してきました。

Img_8029

ゲットしてきたのが、これ Mjuk(ミューク)というチョコレートです。Mjukとは、柔らかいとか、優しいとかいう意味らしいです。
売り場では、スウェーデンのチョコレートで日本初出店.....と説明を受け、スウェーデンのチョコレートってどんな味なんだろうとわくわくしながら持ち帰ったのですが.....
ネットで調べてみると、日本国内で生産されている北欧テイストの新ブランドということが判明~ 売り場の若いスタッフさん、アルバイトの方も多いのかも知れませんが、ちょっとお勉強して臨んで下さいね.....。
ただ、この紙袋や箱は、スウェーデンのテキスタイルデザイナー、マリア・べリストレムさんによるもの。かわいいですよね


Img_8181そして中のチョコレートもこのかわいさっとっても芸術的です。
上段左から、レモングラスガナッシュにピスタチオ、シナモンガナッシュ、チーズガナッシュにフリーズドライフランボワーズ、下段左からカルダモン風味のガナッシュにストロベリー顆粒、ジンジャ―ガナッシュ、キャラメルガナッシュのチョコレート。チョコレート自体の甘さがかなり控えめになっているので、それぞれの味がチョコレートと主役をしっかり二分しています。私的には結構好きな味
中央の上下2コは、マリアさんのデザインをプリントしたもののようです。先月、お友達にいただいた北欧土産の紅茶とともに.....という気で写真も撮ってみたけれど、日本産のチョコレートであることだし、やはり今飲んでいる紅茶を飲み切ってからのお楽しみにとっておくことにしました。貧乏性な私..... 

あっ、今日はホワイトデーじゃあないですか 皆さん、Happy White Day よい一日を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフタヌーンティー @ サウスコート 新宿

2016. 3. 3

Img_8178 ひなまつりのこの日関係はないけれど.....、新宿で優雅にアフタヌーンティー
写真には写っていないけれど、シナモンスパイスの効いたスコーンが美味しかったです。左端のカゴの中に入っていました~


Img_8175 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーのロビー&フロントに隣接する‘サウスコート’にて。お誘いでもいただかないと、なかなか足を踏み入れる機会もなさそうなバー&ラウンジ
少し霞んでいるけれど、20階からの展望はすばらしく


Img_8173 足下では、電車がおもちゃの模型のように見えました。


Img_8174 私たちが東京に暮らしていた頃.....数年前からず~っと工事中だった新宿南口。ようやく、交通ターミナル‘バスタ新宿’として、4月4日にオープンです。


Img_8172

1階のエレベーター前の生け花が春らしくてすてきでした。そう言えば、この日は気味悪いくらい暖かだったなぁ.....

ところで、今朝NHKのプレミアムトークに女優の草笛光子さんが出演されていました。その中で、‘東京オリンピックの聖火ランナーをやりたい’とおっしゃっていたのですが、その理由を訊かれると、‘目標が欲しいの。’とのお答え。82歳になられた今もハツラツとしてきれいでカッコよい彼女の若さの秘訣を垣間見たような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歩踏み出してみる

2016. 3. 1

梅林の中のベンチに座って迷っていた。
一応アドレス帳は持参してきていたけれど。

湯河原には、友達が住んでいる。
20年近く会っていない、今はもう年賀状を交換するだけになってしまっている友達。
‘今年こそ会いたいね。’と添え書きし合う仲
どうしようか.....。
迷いながらも電話してみる。
留守かな.....切ろうとしたその瞬間、子どもの声が聞こえてくる。
‘お母さん、いますか?’
子どもに変わって、聞こえてきた声は昔と変わらない懐かしい声だった。
‘夕方から仕事があるけど、1時間半くらいだったら出れるから、会おうよ

湯河原駅近くのデニーズで彼女と会った。
私にはすぐ彼女だとわかったけれど、
彼女には私がわからなかったみたい.....。
それだけ劣化が激しいってことかしらん?
まあ、昔はメガネもかけてなかったしね.....と言っておこう。

Img_8170 いつ以来かな.....。
久しぶりにファミレススイーツいただきました
私はイチゴのガレット、彼女はパンケーキ


何だかすごく不思議。
今は何の接点もなく暮らしているというのに、
長いブランクを感じることなく、すぅーっと.....
まるで昨日会った友達と会話しているかのよう、
全く違和感なく.....話に入っていけるのが。

‘幕山の梅林かぁ.....もう何年も行ってないなぁ~。
人が多くなっちゃってさ。
昨夜は風は強かったから、花かなり散ってたんじゃない?’
そういうことだったのか.....
花の名所に人が集まってしまうのは仕方ない。
けれど、地元の人の花見の機会を奪ってしまうというのは、
何とも罪なこと、何だか申し訳ないような気分になってしまった

年齢を重ねてくると、
人に会うのが少し億劫になってきてしまう。
長い間会っていなかった人だとなおさら.....。
そこを頑張って一歩踏み出してみる。
意外と楽しい再会が待っているかも知れないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポテトチップスな気分

2016. 3. 7

雨の横浜
昨夜から日中にかけて久しぶりに本格的に降りました。
おやつは欲しいけれど、外出は面倒だなぁ.....と、
簡単にできちゃうおやつをつくって.....いえ、チンしてみました
Img_8180 はい、ポテトチップスです。
市販のもののようなサクサクという感じではなく、パリパリとした食感。それでも添加物が入っていないという安心感があります。
材料はジャガイモとお塩のみ。油も要らないんですね。ヘルシー
今回はこちらのレシピで。


さて、リオ五輪出場枠を懸けたサッカー女子アジア予選の第4戦が今晩。
3戦戦って未だ勝ち点なしのまさかの展開。
崖っぷちに立たされたなでしこたちが、
絶対勝ち点を取りに行くと臨んだ先週金曜日の中国戦もまさかの敗退.....。
‘死にもの狂いでやってるけれど、結果が出ない’
というキャプテン宮間選手の言葉に涙が出そうになりました。

死にもの狂いでことに当たったことがあるかどうかは別にして、
そういうときって、あるよね。
何をやってもダメってときって。

だけど、死にもの狂いでやるってことは、
力み過ぎてるってこと?
思うように運べない試合に、
焦り、苛立ち、平常心で臨めてないのかも.....?
たまに意表を突くすばらしい攻撃を見せてくれることもあったけれど、
全般的にパスミスが目立ったように思う。
何より、あれだけシュートを放ちながら、
ゴールが奪えなかったのが、ほんとに残念。

一人ががむしゃらに頑張ってもダメだし、
チーム全員がそれぞれ死にもの狂いでやってもダメ。
仲間同士がお互いの動きをちゃんと見て、
氣を合わせてやらないと。
サッカーって、チームワークだもんね。

今晩のベトナム戦、
普段のなでしこたちに戻って、
本来の力を発揮してほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅づくし

2016. 3. 1

青空に誘われて、ちょっとばかり遠出してきました。

Img_8164

電車とバスを乗り継いで到着したここ、淡いトーンの梅林がお出迎え。
見頃との情報でしたが、‘花が少ないねぇ.....’という声がよく聞こえてきました。既にほとんどが散ってしまっていた木もあるし、まだ蕾の木も見受けられました。
それでも.....


Img_8111

マットブルーな空を背景に色鮮やかな紅白の梅や


Img_8095

さまざまな種類の梅の花が目を、そして鼻を楽しませてくれました。


Img_8101

やや緑色がかった花が特徴の一重緑萼.....


Img_8103

これは確か.....‘豊後’だったかな。かわいいなぁ~と思って撮ったのですが、ちょっとピンボケ


Img_8112


Img_8123


Img_8144


Img_8147


Img_8149


Img_8119


Img_8133

私的に、今日一番のべっぴんさん。桜のような迫力はありませんが、陽光の中で見ると、まるで真珠のような輝き。この木、よーく見ると


Img_8137

違った色の花が同じ木に.....珍しいなって思ったら、


Img_8150

そうでもなかったみたい。あちらこちらでそのような木を見かけました。


Img_8162


Img_8143

池の畔の梅の木。梅の樹形って、味があって芸術的。


Img_8131

梅林の先には椿も植えられていていましたが


Img_8140


Img_8130

こんなにすっきり露わに剪定された椿ってあまり見たことがないかも.....。椿の木って滑らかなんですね


Img_8145

梅が彩る散歩道。よく整備されていましたが、それでも高齢の方にとってはイージーな道ではなかったようで休み休み歩いていらっしゃいました。
その姿を目にして、気力があって、身体がまだ動くうちにできるだけたくさんのものを見る努力をしておこう.....そう思いました。


Img_8158

さて、この辺りが梅林最高地点のようです。こうしてみると、上の方は結構急な斜面になっているんですね。梅林の上に大きな岩が見えていますが、その岩の更に手前側ではロッククライミングを楽しんでいる人の姿も.....。


Img_8152

梅林の最高地点に行くまでには、相模湾もちらり


Img_8097 ここは湯河原梅林「梅 無料イラスト」の画像検索結果
 

Img_8167

立ち去る前に振り返ると、梅林を抱え込むように鎮座する幕山。梅林最高地点から山頂までは1時間ほどらしいです。きっと素晴らしい眺めだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと歩いては食し.....

2016. 2.17

故郷からやって来た友達と横浜駅で待ち合わせ。1年ぶりの再会。向かった先は馬車道のお気に入り、ライトフレンチのお店‘ル サロン ド レギューム’さん。

Img_8018

一番軽めのコースで。
この日の前菜は、サヨリのカルパッチョ


Img_8022

私はお魚料理、鯛のポワレをいただきましたが


Img_8021

鯛の本場?からやって来た友は、関東でわざわざ食べる必要はないと、三元豚のローストをチョイス。
やっぱり野菜が美しく美味しい


Img_8023

食後、お店の外に出てみると、先ほどまで広がっていたきれいな青空が雲に覆われていて、ひょっとしたら雨も降るかな.....?という空模様の下、元町まで散歩がてらぶら~り歩き、‘パブロフ’さんにてアフタヌーンティー


Img_8026

ついでに中華街へ。


Img_8025

私一人だったら気にも留めなかったこれ.....‘まあパンダの着ぐるみを着るなんて、なんて節操のないキティちゃん’彼女のコメントに思わず、連れシャッター 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく.....

Img_8093 近所で咲いているスイセンを見て、我が家のスイセン、まだまだだなぁ~と思っていたらようやくの開花


Img_8092

が.....すっごいおチビちゃん
去年買って来たスイセンの球根を分けて植えておいたもの。ナンテンの傍で陽当たりもイマイチだけど、やっぱり肥料が必要だったかしらん.....


Img_8004

鉢植えの梅も、最後のふた花になりました。


Img_8086

殺風景な冬の庭でずっと元気に咲き続けて彩を添えてくれたビオラ、パンジー、アリッサム、ありがとう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根スイーツ

2016. 2.12

飛び石連休の中日、平日だからと気楽に構えていたら.....ほんと甘かった お昼ごはんを食べ損なった箱根湯本の商店街で、気になるスイーツ2種をせめてのお土産にゲット
Img_7994

一つは、小田原に本店を置く‘和菓子 菜の花’さんの系列店‘福久や’さんの


Img_7998

焼きモンブラン‘福久や’さんと言えば、‘九頭龍餅’が有名らしいのですが、今回は「モンブラン 無料イラスト」の画像検索結果


Img_7999

とは言っても、形状がちょっと異なります。大粒の栗がまるまる1コ、サクサクっとした生地に包まれた形。栗の味を活かすため、甘さは控えめ。少々食べにくいですが、美味しいです。


Img_7993

そしてもう一つは、通りを隔てて斜め向かいにある‘ちもと’さんの


Img_7995

箱根名物、‘湯もち’。


Img_7997

お店の表現を借りると、‘温泉の湯につかったやわ肌を思わせるなめらかさ’のもちの中に、本練羊羹の刻んだものが入れられていて、更に柚子で風味付けがなされています。羊羹は箱根を流れる早川の岩石、柚子の香りで蜜柑の里をイメージした地元自慢の和菓子です。おもちは、今まで経験したことのないような滑らかさ、その美味しさに感激.....‘どうして箱買いしなかった’と相棒さんに責められるほどでした


Img_7991

お店の横にはカフェも併設されていて、こちらはカフェの店先に添えられていた彩り。次回はカフェでお茶もいいかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »