« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

Lunch @ 吉宗(よっそう) 横浜

2015.10.20

横浜そごうで開催されていた九州物産展の最終日、出店中の‘吉宗’さんにてランチしてきました~。
‘吉宗(よっそう)’さんは長崎に本店を置く、茶碗蒸し専門の料理店。寛政年間に京・大阪で始まった茶碗蒸し料理、次第に江戸や長崎に広まっていったそうです。長崎の肥前藩邸に出入りしていた四国伊予藩士の吉田宗吉信武がこの茶碗蒸しに魅せられ、1,866年、‘吉宗’という屋号で専門店を構えたのが始まりとされています。
Img_7138 ‘吉宗’さん独特の‘夫婦むし’。


Img_7139 どんぶりサイズ+具だくさんの茶碗蒸しはとっても滑らかで美味しい~ これだけでも来た甲斐がありましたが


Img_7140 こちらの.....酢飯を蒸して、魚のおぼろ、錦糸卵、桜でんぶを乗せた‘蒸し寿司’もおもしろいくらいぱくぱくいけちゃいます。角煮包みと迷いましたが、蒸し寿司にしておいてよかったです。
こちらでは、なかなか口にする機会がないから.....ということで出かけたのですが、友達曰く、銀座にもお店があるんだって.....えっ?だったんですね~ またこの味を味わいたいなと思ったとき、比較的近いところにお店があるというのは何とも心強いことではありますが.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真の景色に再会

2015.10.10

Img_7076 奥利根水源の森を抜けて県道に合流後、更に南へ。標高1,620mにある坤六(こんろく)峠に到着後、来た道を引き返しました。奥に見えているのは、尾瀬奥利根線林道竣工の石碑。


Dsc_5578 途中、展望が開けたところで車を止め写真を撮っていると.....


Dsc_5580 こういう姿の人たちが‘こんにちは~’と声を掛けながら笑顔で通り過ぎて行きました。‘それ、何ていうスポーツですか~’と訊いてみたら、後ろの方の列にいた若い女性が立ち止まって答えてくれました。私の頭の中にあるローラースケート靴よりもローラー部分が幾分長いような気もしますが、これも‘ローラースケート’らしいです。登坂で立ち止まるとリスタートが大変呼び止めたりしちゃってホント、ごめんなさ~い


Img_7114県道沿いの紅葉も美しく.....


Dsc_5615奥行きのある黄金の森は


Dsc_5640曇天の中でも眩いばかり


Dsc_5617気になる幹の傷はもしや.....


Img_7116目的の景色は.....おそらくこの辺りだったような.....?
12年前に訪れたのは、10月13日。そのときよりも3日早くやって来たはずが、この景色の中の紅葉はややピークを過ぎてしまった感じです。そう言えば、今年の紅葉は、例年と比較して1週間ほど早いという話も聞きますし.....。


Dsc_5596それでも、微妙な色々の交ざったこの紅葉はやっぱりすごい


Img_7101まるで絵画のよう.....


Dsc_5592

奥利根の秋の彩りは


Dsc_5624

間もなく終盤を迎えようとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥利根の森を散策

2015.10.10

Dsc_5394 前回は、渓谷沿いの道をドライブしただけでしたが、今回発見したこの分岐‘奥利根水源の森・管理車道’は、標高1,400mの高原に広がるブナの原生林を管理するため、また訪れる人に楽しんでもらうための林道のようです。
渓谷沿いの県道に合流するまで6.9km、所要時間は30分ほど、一方通行となっています。


Img_6991

気持のよい青空~


Img_6997

山肌も秋色に彩られ.....


Dsc_5437

遊歩道もいくつか整備されているようで、ところどころにある駐車スペースに車を止めて、森の中を散策。中には車いすで行ける散策路も。


Img_7009

立派なブナの木もたくさん


Img_7033

黄色い葉っぱのブナがメインの森でしたが


Img_7061

ところどころモミジの赤も。


Img_7072


Img_7034


Img_7004

複雑な色彩の葉っぱ


Img_7005

宇宙人に遭遇.....


Img_7017

こちらはサルノコシカケ.....? 触ってみると、ねっとり、ベルベットを湿らせたような感触。
近くの谷川岳や尾瀬は、登山の皆さんで大賑わいだろうと思われますが、こちらは訪れる人もまだ少なく、マイペースで静かな散策を楽しむことができました。


Img_7068 こんな感じの林道が続きます。


Img_7064

初めて見た~


Img_7066

この日の予報は晴れでしたが、何だか雲行きが怪しい.....かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉ドライブ to 照葉峡

2015.10.10

相棒さんの部屋に飾ってある1枚の写真......2,003年、関西から関東に引っ越してきて初めて目にした美しい紅葉..... その景色、久しぶりに見に行ってみようか~ということで、お出かけしてきました。

Img_6957 前夜は群馬県最北の道の駅、‘水紀行館’にて車中泊。
5時半、夜が明け始めました。昨夜は久しぶりの満天空、寒さも忘れ、しばらく車外でぼっ~と星空を見上げていました。
この道の駅にも結構車中泊族がいましたが、皆さんはどちらへ行かれるのかなぁ.....?


Img_6960

目的地に向かう途中.....宝川温泉近くの利根川は朝の静寂に包まれて、まるですべてが静止しているかのよう。まだ紅葉には少し早かったかなぁ.....


Img_6961

が、振り返って見ると、朝の陽光の中、紅葉中の木々が、青空とともにその姿を川面に映し込んでいました。これは期待できるかも.....


Img_6971 更に南へ.....朝靄煙る渓谷が


Img_6983

朝の光で一気に目覚め始めました。いい感じで色付いてますね~


Img_6984 色とりどりの葉っぱがささやき合っているような.....


Dsc_5405 12年前、谷川岳下山後、宿泊した宿の方に、きっと見頃だろうからと、教えていただいたのがこの場所、照葉(てりは)峡。すてきなネーミングは、俳人 水原秋桜子によるもの。ご本人のお名前もすてきだな~って思っていたら、秋桜子は‘しゅうおうし’と読むらしいです。男性だったんですね.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ シェケンタロウ 大船

2015.10. 9

大船にあるフレンチ、‘シェケンタロウ’さんにてランチしてきました~。

Img_6946 テーブル席が予約でいっぱいだったため、ソファー席かカウンター席でとのこと。予約時に友達が選んだのがソファー席。ソファーで食事???って食べにくくない?とお店に向かう道すがら話していたのですが、通りに面した窓側にある、お店の奥まったスペースにつくられた半プライベートなソファー席は、窓の外を眺めながら、ふたり並んで食事のとれるちょっとおしゃれな空間、ソファーもテーブルの高さに合わせて設置されているようで、問題はありませんでした。
友達はロゼワイン、私は夕方からの運転に備えて、お店のスタッフの方おススメのクランベリージュースをオーダー。甘~い香りのするロゼワインはベージュに近い優しいロゼカラー、女性に人気なのだとか.....。飲みやすいロゼだったようです。
予約の取りにくいお店らしく、この日も満席、女性たちの賑やかな話し声や笑い声が店内に響いていました。声を張り上げて話す必要もなかったし、ソファー席でよかったかも~友達の選択に感謝


Img_6948 前菜は、タスマニア産自家製スモークサーモン。主役のサーモンの下には新鮮な野菜がたっぷり。


Img_6949

バケットは2種類、同じビルの1Fに入っている‘カルヴァ’というお店のものらしいです。温めるというひと手間があったら嬉しかったかも.....


Img_6951 見た目も美しい三浦人参のポタージュ カプチーノ仕立ては、人参とは思えないような、とっても濃厚なお味。カボチャも入っていたような.....?


Img_6952 私たちが注文したコースは、お肉か、お魚かメイン料理が選択できるもの。ふたりとも、お魚料理、鰆のポワレをチョイスしたものの.....


Img_6953 鰆が最後のひと切れということで、一つは真鯛のポワレに.....。
秋キノコのブイヨン仕立てで。マイタケ、エリンギ、マッシュルームとシシトウがいっしょにソテーされたブイヨンにはキノコの出汁が出でいて、やや濃いめの味ながら美味しかったです。魚の焼き具合も文句な~し


Img_6954 デザート3種盛り合わせは、桃のシャーベット、洋ナシのケーキ、オレンジのゼリー。


Img_6955 〆の小さなお菓子は抹茶のバームクーヘン、ミントティーとともにいただきました。
お店の若い女性スタッフの方がお皿を下げようとした際、フォークが落下、それをキャッチしようとしたのか、落下音を軽減しようとしたのか、思わず足が出るというちょっと笑える驚きのハプニングもありましたが..... 接客も、料理も全体的には満足できるランチでした。ゆっくりできたのもよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ ごほーでん(御法田) 安曇野

2015. 9.24

白馬を後に、大町温泉郷にて立ち寄り湯後、晩ご飯処を探しながら車を走らせていたところ.....

Img_6875暗闇の中でもその存在感を最大限にアピールしている建物を発見建物も立派なら、駐車場もかなりの広さ。
吸い寄せられるように入っていったそこは、‘ごほーでん’という民宿兼そば処でした。‘御法田’というのはこの辺りの地名のようです。


Img_6870

信州の旅締めくくりの食事。まず出てきたのは、信州名物野沢菜の漬けものと白ごまの入った小さめサイズのおにぎり


Img_6872 相棒さんがオーダーしたのは、お店人気No.1メニューらしい、かき揚げ付きざるそば+お代わりざるそば。かき揚げもちょっと大きめサイズだし.....食べ過ぎじゃないですか.....


Img_6873蕎麦もかなりのてんこ盛り。
こちらの蕎麦は、北アルプスの天然水、石臼挽きそば粉、つなぎのみで打ったこだわりの自家製麺だそうです。


Img_6871

蕎麦自体を味わうにはざるそばわかっちゃいるけど、このときは温かいものが食べたかった~という訳で、私は、きのこの温蕎麦をいただきました。信州のお蕎麦はやっぱり美味しい
‘ごほーでん’さんでは、北アルプスの天然水を沸かした館内のお風呂への日帰り入浴も可能なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の始まり @ 栂池自然園 白馬

2015.9.24

栂池自然園の秋を拾い集めてみました。
Dsc04251この日の秋空はとにかく最高ぉ~でした


Dsc04260

紅葉にはまだ少し早いようでしたが、こういうほんのりと色付いた秋も好き。


Img_6852 あいにく、白馬三山方向はガスってて、その雄姿を見せてくれることはありませんでしたが


Dsc04307園内の花々や点在する紅葉が目を楽しませてくれました。


Img_6864


Img_6788このビビッドな赤


Img_6822

紅葉の中に何か潜んでるぅ~って思っちゃったよ~(汗)熊鈴持って来てないし.....


Img_6825 名残の雪渓。雪のシーズンもそう遠くない白馬。


Img_6858 紅葉の中にすっくと立つ凛々しいダケカンバ


Img_6856 秋の賑い(^^♪


Dsc04178

間近で楽しむ秋いろいろ


Dsc04287


Dsc04314


Dsc04339

自然がつくり出す色は複雑で繊細.....


Dsc04340

まるで夕日が溶け込んだような色


Dsc04345 小さな身体いっぱい染め上げて.....


Dsc04236

整然と並ぶ赤い実、まるで宝石のよう


Img_6813 ゴゼンタチバナの実


Dsc04337

ナナカマド


Dsc04262

これは.....???
帰りのロープウェイ&ゴンドラの時間を気にしつつの、たった2時間半の高原散歩でしたが、たくさんの秋に出会えて楽しかったです。


Dsc04372

下りのゴンドラから見る山並み。来年はあの稜線のどこかを歩きたいなぁ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬.....

2015. 9.24

たって、麓に到着したのが正午過ぎ。装備もないし、登山は全く無理なので.....

Dsc04167 標高1,900~2,000mにある栂池自然園まで、ゴンドラ(20分)、ロープウェイ(5分)を乗り継いで一気に


Img_6763 ロープウェイを降りると、ほんのり秋色に染まった山がお出迎え


Dsc04192 ロープウェイの自然園駅から緩やかな坂を歩くこと400m、赤い屋根の栂池ヒュッテ記念館の奥が自然園への入口です。


Dsc04206 ダケカンバの木肌がなまめかし.....


Img_6784 湿原の中、真っ青な空が木道のずっと先で手招きしてる.....


Img_6792 池塘の中に閉じ込められた空と雲


Img_6789 木の葉もくっきり妙にリアル


Img_6765 木道沿いで見かけたシーズン終盤の花々.....


Img_6769 ミヤマシシウド。花と比べて実のずっしり重そうなこと


Img_6774 オオバセンキュウ


Img_6771 トリカブト


Img_6779 たくさん咲いていたイワショウブも


Img_6781 徐々に結実中


Img_6793チングルマの実もい~っぱい


Dsc04261名前の由来ともなった実、子供の風車のように見えたことから稚児車→チングルマとなったそうです。


Img_6807

オヤマリンドウ


Img_6815 ヤマハハコ


Img_6844アキノキリンソウ。お出かけ時期が晩夏~秋に集中してしまったので、それぞれの場所で同じような花ばかり愛でているような.....


Img_6850 タテヤマアザミ


Dsc04276 カラマツソウに


Dsc_0021

キヌガサソウの残り花


Img_6808湿原の中ほどを流れる楠川、透明度の高い美しい川でした。


Dsc04217 水源はあの上かな.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅はしご

2015. 9.23

Img_6755

来た道を引き返してみると、道の駅やまのうちがオープンしていたので、朝食ににらせんべいとなすのおやきをテイクアウト。


Img_6759

それからアップルパイ 味見に相棒さんとシェアしながらお店の前のテラスでいただきました。
オープン直後だというのに、農作物販売所のレジ前には既に長蛇の列~ 農家の方も空いたスペースに次々と補充するのに大忙し
私たちも、リンゴやブドウ、プルーン、カボチャやきのこ、蕎麦等々をお土産に買い込んで.....


Img_6886 もちろん、地酒‘雪猿’(純米にごり酒)温泉に入るお猿さんたちで有名な地獄谷野猿公苑も近くですもんねもゲットして、再出発~


長野市中心部を過ぎた辺りで渋滞に巻き込まれ、しばらくのろのろ運転が続き.....本当に行っちゃうのか、白馬.....

Img_6760

途中、お腹が空いた~という相棒さんに付き合って、道の駅中条にてランチ。
戸隠でガレットをいただいたものの、今回信州にやって来てまだ一度もお蕎麦を食べたいないということに気づき、天ぷら蕎麦を注文。
ふと気が付くと、周囲の人たちがいただいているのは圧倒的にうどん.....。長野でうどん.....???しかも、お出汁のい~い香りが漂って来るじゃないですか。実はこのうどん、‘おぶっこ’という、この道の駅の人気メニューなのだとか.....。見た感じ、信州版ほうとうといった感じでしょうか。‘おぶっこ’にしておけばよかったかな.....と思ったものの、こちらのお蕎麦も、天ぷらのお野菜も美味しくて満足~

Img_6877

相棒さんのリクエストで、ここでまたお土産の買い足し。大玉の晩生種、確か‘西王母’でしたっけ.....を箱買い。‘9月の桃が意外とうまいんです。’と書かれた看板の前に‘伊達白桃’とともに販売されていました。2、3日後が食べ頃というお話でしたが、4~5日くらい置いた方が、美味しかったかな。


Img_6879 マスカット=あまり美味しくないというイメージがあったのですが、以前、入笠山からの帰り道、山梨の道の駅で購入した‘ロザリオ・ビアンコ’があまりに美味しかったので、やまのうちで大粒の‘翠峰’(左)、ここ中条で‘シャイン・マスカット’をゲット同じように見えても、食べ比べてみると、味の違いがわかっておもしろかったです。
それにしても、いろいろと買い込み過ぎちゃったかなぁ..... 恐るべし、フルーツ王国長野の誘惑.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予定変更.....

2015. 9.23

シルバーウィークの旅の続きです。
前夜は、道の駅北信州やまのうちにて車中泊。シルバーウィークはまた特別なのでしょうが、車中泊族年々増えているような気がします。少しばかり寄り道しながら、志賀高原から草津方面に抜けて帰宅する予定で早朝出発.....

Img_6745 最初の立ち寄りスポットは、志賀高原にある琵琶池。ここからはわかりませんが、その形が楽器の琵琶に似ていることから名前がついたようです。


Dsc04145約20万年前の火山活動によって誕生した池、静かに水を湛えているその水面は、まるで鏡のように辺りの景色を映し出していました。


Img_6744

池畔にはウメバチソウや


Dsc04147

ノコンギク


Dsc04143

リンドウが朝陽を浴びて咲いていました。


Dsc04141

朝露をまとった葉っぱもそろそろ秋色の雰囲気。


Img_6752

更に車を走らせ、長野と群馬の県境にある渋峠までやって来ました。標高2,172mほど、日本国内の国道で最も標高の高い地点となっているのだとか。
陰になっている斜面で朝のスポットライトを浴びる木々も紅葉が始まり、この辺りの秋の深まりは早そう.....。


Dsc04161そして、やって来た方角に目を転じると.....おおおっ笠ヶ岳の向こうに白馬の山々がくっきり~ この景色に、相棒さん、‘あそこ行くぞっえっ.....今から?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萬燈の夕べ

2015.10.18

買い物からの帰り道、いつものようにお寺の境内に足を踏み入れると、何だか賑やか.....。‘鶴見萬燈の夕べ’と題して、境内のいたるところでライトアップが行われていました。あいにくカメラを持ち合わせていなかったので、相棒さんがスマホで撮影した写真が少ししかありませんが.....
Dsc_0025 仏殿前の竹灯籠です。


Dsc_0028 クリスマス時季のLEDを使った華やかなイルミネーションもすてきだけど、温もりの感じられるろうそくの灯りもすてき。


Dsc_0029 細かく穴を開けた長めの竹筒から漏れる灯りもまた雰囲気が異なっておもしろい。


Dsc_0035
仏殿の中もカラフルにライトアップ。人が多過ぎてゆっくり拝観できなかったのが残念.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ ミケーレ 信州中野

2015. 9.22

湯田中温泉に立ち寄り湯後、‘さぁ~、晩ご飯だっ’と車を走らせたものの、下調べもないまま、やみくもに夜道を走りまわってもなかなかお店が決まらない.....というのはこれまで何度も経験済み。なのにこの日も同じことを繰り返していました 空腹も手伝って、お互い不機嫌になりかけてきた頃、目に飛び込んできた灯り
Img_6725 イタリア料理のお店、‘ミケーレ’さん。時刻は20時半、多分.....閉店の準備をされていたのだろうと思われるのですが.....‘いいですよ。’と入れてくれました。


Img_6726 気が緩んだ?相棒さん、奥信濃の地酒‘水尾’をオーダー。運転する気ないな、こいつ.....
美味しくて、飲み易いお酒だとのこと


Img_6727 ‘マンジャーレ’という、おススメの取り分けコースもありましたが、今宵はアラカルトでお願いしてみました。
まずは、生ハムサラダ。野菜も生ハムもボリュームがすごい多種類の野菜はどれも新鮮で、やや甘めのドレッシングがまたナイスマッチで食欲をそそります。


Img_6729 パスタは、手長海老のトマトクリームソースを。海老の出汁がよく出た濃厚な味。結構な量ですが、どんどんお腹の中に吸い込まれて行っちゃう~ 先ほどまでの沈んだ気持はどこへやら、思わず笑みがこぼれてしまう.....。美味しいものって、一瞬で人の心を浮き立たせてくれるんですね。


Img_6730

‘アランチーノ’(ライスコロッケ)は相棒さんの好物。真っ先に注文しました。‘アランチーノ’って、‘小さなオレンジ’っていう意味なんですね。形がオレンジに似ているからということらしいです。中から現れたチーズはモッツアレラだったような.....。


Img_6733

メインの牛ロースのタリアータ、バルサミコ酢を使ったソースで。お肉の下になって見えにくいですが、揚げたジャガイモも添えられていました。野菜もたっぷりいただけるのは嬉しい


Img_6735 〆のデザート。欲張りな私は、ドルチェミスト(盛り合わせ)を。バニラアイスクリーム、マシュマロ、プリン確かハチミツを使ってつくりましたと説明されてたような.....、あと名前を忘れてしまいましたが、バナナとチョコレートを使ったおもしろい食感のケーキ?、どれも美味でぺろり


Img_6734 このところ甘いものを控えている相棒さんだけど、アフォガードを注文。熱~い濃い目のエスプレッソを甘さ控えめのバニラアイスにかけていただきます。シンプルな感じですが、これ、本当に美味しかったです。大人味のデザートですね、すっかり虜
物静かな落ち着いた感じのご主人、お話してみると感じのよいすてきな方でした。イタリアで修行された後、地元に戻られこの‘ミケーレ’をオープンされたのだそうです。
料理の量と質、店内の雰囲気、接客すべてにおいて満足のディナーでした。たまたま通りかかった偶然に感謝、ご馳走さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋滞&人混み恐怖症の悲劇?

2015. 9.22

創建以来2千年余りの歴史を刻む戸隠神社、実は奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社から成り立っています。全社お参りするつもりでいたのですが.....

Dsc03955

結局参拝できたのは、天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)をご祭神とする奥社と


Dsc03953

その少し手前にあった、水の神、雨乞いの神、虫歯の神これは初耳~、縁結の神として古来より尊信されてきたという九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)を祀った九頭龍社のみ。
他の三社は、私たちが車を止めた駐車場よりも手前、そこへ向かおうとして、相棒さんの足がフリーズ 駐車場の前の道が大渋滞私たちが行こうとしていた方向はほとんど動かず、逆方向ならのろのろ。このままだとここから脱出できなくなる.....極度の渋滞恐怖症の相棒さんが脱出を即決‘え~’的視線を送る私に、‘また来ればいいじゃん’.....


Dsc04094 次に向かった長野市内の善光寺も、やっぱり激混み。ようやく駐車場をゲットして向かったのに、参道にあふれる人々を目にした途端、ひと言、‘帰る’観光時間は5分弱、日帰りバスツアーでももっと時間とってくれるよなぁ.....

シルバーウィークの3日目、どこに行っても人も車もいっぱいだろうとは思ったのだけど、ここまで来たなら小布施に行きたいと言い出したのは私.....。道の駅に車を駐車、観光スポットが点在する街中までは住宅街の中を少し歩きました。小布施では、訪れる人々に一般家庭の庭を開放するオープンガーデンを通年開催しているようですが、街中に向かう途中、家の入口の空いたスペースに‘オープン駐車場’という看板も見かけました。街をあげて観光に取り組んでいるんだなぁ~という印象を受けました。
時刻は15時をまわり、お腹も空いてきたのでどこかでランチ、願わくば、小布施名産の栗がいただけるお店で.....と思ったのですが、これがとんでもなかったこんな時間なのに、どこのお店も長蛇の列。シルバーウィーク直前、TVの旅番組で小布施が取り上げられた影響も大きいのでしょう。小布施での食事は相棒さんにより即却下
Img_6712だけど、私も意地で、あの‘桜井甘精堂’さんの系列店、‘カフェ 茶蔵(さくら)’でカフェ限定の栗のペーストをかけたソフトクリームをテイクアウト、‘カフェ’とは言っても、木製のベンチが一つ置かれているだけで、イートインのコーナーはなくテイクアウト専門のよう。これ、めっちゃ美味しかったです お腹空き過ぎてピンボケか.....?
それにしても、テイクアウトのソフトクリームに20分近くも列に並んで待ったのは初めてです
Img_6704 結局、小布施でソフトクリーム待ちの次に時間を費やしたのは、道の駅から街中に向かう途中偶然通りかかった‘大嶋神社’。数本の欅の大樹に守られるようにひっそりと佇んでいました。
Img_6705 御神木に引寄せられるように境内へ。頭上の遥か高いところで葉っぱが風と戯れるさわさわという音がし
Img_6707_2 何だか心安らぐ素敵な場所でした。
Img_6721 民家の庭先に咲いていた萩の花。萩と言えば、赤紫色の花をよく見かけるのだけど、白花もすてきですね


Img_6719秋風に揺れる色とりどりのコスモスもいい感じ

Img_6715 お店の裏路地とかに入るとこんなに静か、しっとりとした風情が漂うすてきな街なんですが.....。通路の下に埋め込まれているのは、栗の木。人がもっと少ないときにゆっくりと散策してみたいなぁ~。
相棒さんのように、極度の渋滞&人混み恐怖症の人がシルバーウィークのような連休に行楽地に出かけようってのがそもそもの間違いなんだな.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ どんぐりハウス 鏡池

2015. 9.22

Dsc04057 森を抜けて開けた場所に出ると.....そこにあるのは観光スポットとしても有名な鏡池。背景の戸隠連邦は中腹辺りから雲に覆われ、その全容を現すことはありませんでした。う~ん、残念


Dsc04059

鮮やかな朱色の赤とんぼ、草むらの中で目を引きました。野の花とがっちりHUG中


Img_6681

さて、お昼近くになったので、鏡池の傍にある‘どんぐりハウス’さんのテラスにて、ちょっとおしゃれにランチタイムあ、朝食抜きだったからブランチ.....になるのかな?


Img_6680

相棒さんはおススメメニューになっていた手づくりソーセージのガレット


Img_6677

私は、秋限定戸隠野菜と鶏肉のヘルシーガレットをいただいてみました。二人とも初ガレット
ふんだんに使われた野菜が瑞々しくって美味しい鶏肉もクセがないので野菜とケンカすることなく、サラダ感覚で美味しくいただけました。蕎麦の香り高いガレット、思っていた以上に食べ応えあり~


Img_6675

時期的にはまだ数週間ほど早かったけれど、紅葉の名所でもある鏡池、今頃、池畔の美しい紅葉を水面に映し出しているんじゃないかなぁ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい風景に会いに

2015.10.10

シルバーウィークの旅をアップ中ですが.....

Dsc_5615三連休の初日、黄金色の森にて紅葉狩りを楽しんできました。


Img_7114 風はなかったけれど、シャッターを切る手が痺れてくるほどの冷え込み


Img_7101

向かった先は、思い出の場所.....詳細はまた後日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸隠の森にて

2015. 9.22

帰りは、随身門を抜けてまっすぐ参道を戻らず、右側の小道へ。

Dsc04072 その先には、71.41haの自然公園、‘戸隠森林植物園’が広がっています。約100種類もの野鳥が間近で見られるということで、全国的にも有名な野鳥観察のスポットともなっているそうです。


Dsc03983 今の時季なので花の種類は少なかったけれど、それでも紅紫色のツリフネソウや


Img_6655キツリフネソウ


Dsc04017 アケボノソウ


Img_6684サラシナショウマ一部実になりつつありましたが.....


Img_6669 トリカブト


Dsc04008

レイジンソウ


Img_6667シラネセンキュウ


Img_6656ミゾソバ等が、散策路沿いに咲いていました。


Dsc03994そして秋の実りも。マルバフユイチゴ


Dsc04075イヌホウズキ?


Dsc04032シラタマノキ


Img_6657_2 ユキザサ


Dsc03990 オオカメノキ


Dsc04040_2

.....?


Dsc04016マムシソウ


Img_6663アメリカンチェリーのようなマユミの実


Img_6662弾けると.....


Img_6666これまた秋の実り


Dsc04070笹の上に舞い降りた1枚の紅葉


Img_6686_2 戸隠の森が秋色に彩られるのも間もなく.....。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

参道沿いにて

2015. 9.22

Dsc03905 杉並木が始まるずっーと手前左側に、大木に囲まれた小さな祠、ひっそりと参拝者を見守って


Dsc03940

杉並木


Img_6638

雨にもマケズ、風にもマケズ、雪にもマケズ、400年以上も踏ん張ってきた根っこの迫力にも魅せられ


Dsc03945

こ~んなところからも伸びる根っこ、生命の逞しさに驚かされる.....


Img_6634

御神木?の大杉の根元、ぽっかりと空いた空間には


Img_6635

お賽銭と栃の実


Dsc03969

苔むした岩の上、誰かが並べ置いた栃の実


Img_6644

奥社の狛犬の前にもお供えされていました。


Dsc03963

参道を少し外れたところに並ぶ小さなお地蔵さま


Dsc03943

参道を彩る野の花たち.....カニコウモリ


Dsc03962

ノアザミ


Dsc03971

アキノキリンソウ


Img_6633

フクオウソウ


Img_6648

その色をかろうじて留めたアジサイも秋色に染まりつつ.....
9時頃には随身門の辺りまで戻ってきました。参拝客や観光客で賑わい始めたこの時刻、早めにお参りしておいてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸隠神社奥社へ

2015. 9.22

7時過ぎ、戸隠神社の奥社へ続く参道近くの駐車場に到着。驚くことに、残っていた駐車スペースは1台分..... 間に合ってよかった~
Img_6606 出発してすぐのところ、お茶屋さんの裏手を流れる小川の風景。眺めてるだけで、何だか幸せ気分.....


Img_6607

鳥居の傍には立派なお賽銭箱がどーん


Img_6619

参道と言うよりは、森の中を散策しているって感じ。気持いい~ 道の両側には溝があって


Img_6613

清らかな水が涼やかな音を立てながら流れていました。


Img_6609

傍に咲くオオシラヒゲソウ


Img_6640

朝の光を浴びている緑が美しい


Img_6617

ところどころ色付き始めた葉っぱも。そう言えば、結構ひんやりしてましたっけ。


Dsc03929

茅葺きの赤い随身門があるこの辺りが、2kmほどある参道の中間辺りらしいです。ここから始まる


Dsc03975 樹齢400年ほどの杉並木がすごい


Dsc03931

この密度で続くんですよ~


Img_6636

すごい迫力なんですが.....私の腕では再現できないのが辛い.....


Img_6642 石段が見えてくると、奥社はもうすぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながらですが.....

(^-^;9月19日の土曜日から5連休となった、シルバーウィーク。相棒さんの体調がイマイチだったので、家でおとなしく養生するのだろうと思っていたら、シルバーウィーク2日目の午後、‘ほんとにずっと家で過ごすん?’と相棒さん。‘えっどっか行きたいとこあるの?’という質問に、しばらく考えてから‘う~ん、戸隠?行ってみるか~ .....と、こんな訳で突然信州への車中泊の旅がスタート。

2015. 9.22

Img_6602 夕方家を出て、渋滞にも捕まらず、深夜無事黒姫野尻湖PAに到着。
翌朝、真っ暗で何も見えなかった正面の空間には、どーんと妙高山。久々に遠くまでやって来たなぁ~と実感.....。


Img_6604 洗面を済ませ、戸隠に向かう途中の黒姫山?たぶん.....
手前には


Img_6605 ソバのお花畑。戸隠と言えば、お蕎麦でしょー 新蕎麦味わえるかな ←やっぱり食い気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初.....

相棒さんのリクエストで、今年初の栗ご飯。

Img_6940近所のスーパーで買って来たのは、熊本県産の利平栗。いつものように、皮ごと活力鍋で茹でて皮むきの労力を軽減 甘みが強い栗で、半分くらいは虫食い..... 小豆も加えて炊いてみました。虫たちの残りもの、美味しくいただきました~

ところで、昨日の朝、ココナッツオイルの蓋を開けてみると、白濁固形化していました。夏の間ずっと、無色透明の液体だったので、何だか見慣れなくて.....。トーストにオンするには液状化したオイルの方が便利だったんだけれどなぁ.....。日中も随分過ごし易くなってきたけれど、朝晩はもう肌寒いくらい。冬が来ちゃう前に、今の季節、楽しんでおきたいですね.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金、洗ってみました

2015. 9.15

鎌倉に詳しい友達の案内で、食後の散策へ。
Img_6581 ちょっとした山歩き気分を味わえるアップダウンのある散策路を通って、源氏山公園へ。頼朝像の下では、アメリカ人と見受けられる団体さんがガイドさんから説明を受けていました。


Img_6591 源氏山公園から少し下ったところにあるここ、銭洗弁財天宇賀福神社。鳥居の前では中国系らしき観光客.....さまざまな場所で外国人観光客をよく見かけるようになりました。
さて、この鳥居をくぐると.....


Img_6590 先は、細長いトンネルになっていて


Img_6587 平日の昼間だというのに、結構な人で賑わっている本宮の右奥へ進みます。そこにあるのは奥宮。


Img_6584 奥宮の左側にある洞窟。何だかワクワクしちゃう~


Img_6583 中には、宇賀神と弁財天が祀られいて


Img_6582 その傍には、清水が湧き出る小さな池があり、そこでお金を洗う人々の姿が.....。池の左側にはざるが置かれていて、ここにお金を入れて洗うと、お金が増えるのだとか.....。
万札を洗っている人もいましたが、小心者の私は財布の中にあった硬貨300円、洗ってみました。増えるかな?増えてくれると嬉しいなぁ..... この場所に湧き出る清水は、鎌倉五名水に選ばれているそうです。
鎌倉にはめったに来る機会がないうえ、北鎌倉から鎌倉に抜けるメインの道しか知らなかった私にとっては、楽しい散策でした。桜の名所でもある源氏山公園、春にまた訪れてみたいな。


Img_6595

散策後のおやつは、鎌倉駅近くの‘鎌倉味噌工房’さんで、味噌味のソフトクリームを。昔、秋田でいただいたしょうゆソフトも美味しかったけれど、こちらの味噌ソフトもなかなか。日本の伝統的調味料、スイーツにも意外と合うんですね~ ‘鎌倉味噌工房’さんでは味噌や発酵食材を使った料理もいただけるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 鉢の木 北鎌倉

2015. 9.15

久しぶりの鎌倉。

Img_6579

北鎌倉にある‘鉢の木’さんへおじゃまして来ました。
‘鉢の木’さんは、会席料理の新館、カフェ、精進料理のお店と3店舗、北鎌倉に構えていらっしゃいますが、私たちが伺ったのは精進料理のお店。お出汁に至るまで、あらゆる動物性食品を使わずにつくられた本格的精進料理がいただけるそうです。


Img_6567

オープンとほぼ同時に入店した一番乗りの私たち 1階は、和室二間の食事処。畳の上にテーブル&イスという形ですが、違和感はなく.....。和室の雰囲気にも合うダイニングが選ばれているからかな。大きな窓いっぱいに映し出される庭の緑がすてき。


Img_6569

注文したのは、‘桂’というやや軽めのランチ。お膳に乗って登場したのは.....


Img_6570

切干大根、擬製豆腐(食感はおからのような感じ。甘く味付けされていて、デザートのようでもありました。)、酢取茗荷(茗荷の甘酢漬け)、粟麸田楽にだだちゃ豆。


Img_6571

高野豆腐、茄子オランダ煮、南瓜、絹さやに紅葉麸。秋を先取りしたかのような一品、味はもちろん、見た目も美しいですね~。


Img_6572

胡麻豆腐は滑らか、しっかりとしたゴマの風味が感じられました。


Img_6573

長芋となめこのヌルシャキコンビ。柚子味がよいアクセントになって、味・食感ともに楽しみながら美味しくいただきました。


Img_6574

シャッキリ感の残る水菜のお浸し。海苔と山葵とともに。


Img_6575

お膳とは別に、後から運ばれてきた里芋含揚げは、茹でた小松菜とともに鼈甲餡の中。里芋がほっこり美味でした。
どのお料理も手間暇かけて、丁寧につくられてるなぁ~という印象を受けました。


Img_6576

ご飯には、とろろ、お味噌汁、香物がついて来ます。写真を撮り忘れたのですが、生麸しぐれ煮もご飯のお供にとテーブルの上に用意されました。
漆器と言うと、私の中では黒のイメージが強かったのですが、こうして見ると、朱色も悪くないですね


Img_6578

デザートは、洋梨のコンポート。優しい甘さで後口もさっぱり、美味しかったです。〆にはぴったり
湘南方向に行きたいという友達と、和食が食べたいという私の希望が一致してやって来た‘鉢の木’さん、夏の終わりから秋の初めにかけての食材を堪能、ゆったりとした楽しいランチタイムを過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごーや

2015.10. 2

昨夜から今朝にかけての暴風雨はすごかったですね~台風が来ても踏ん張っていた我が家のグリーンカーテンもついに力尽き、崩壊.....

Img_6265  相棒さん菜園には2種類のゴーヤが植えられていました。一つはお店でもよく見かける‘あばしゴーヤ’?(右)、そしてもう一つは‘白れいし’(左)、その名のとおり白っぽく、瑞々しいのが特徴です。ゴーヤって言っても、種類はいろいろあるんですね.....
それぞれ2苗ずつ植えちゃったものだから、食べる方が追い付かず、冷凍保存しているのもありますが、サラダ等は、やっぱり生のままいただく方が美味しいように思います。収穫直後のゴーヤは、とっても瑞々しく、ワタも簡単にするりと取り除くことができます。


Img_6162 家庭菜園でゴーヤを育てている人は多いようで、できたゴーヤの処理に苦労している人もいるのでしょうね、ネットで検索すると驚くほどたくさんのゴーヤ・レシピがヒットします。さすがにチャンプルーばかりでは飽きてきますもんね.....
毎日のように複数本収穫できちゃうもんですから、この機会に、我が家もいろいろとチャレンジしてみました。スムージーから


Img_6247ドライカレー


Img_6399 相棒さんに好評だったのはナムル


Img_6598 普段は捨ててしまう、ワタと種を使ったピカタとか.....いろいろ挑戦はしてみたのですが、写真に残した料理は意外と少ない.....
チャンプルーも美味しくいただきましたが、個人的には、ピリ辛味の酢漬け、それにツナ、トマト、コーン、紫玉ねぎとミックスしたマヨネーズ味のサラダが好きかなぁ.....


Img_6944和室のサッシ一面を覆っていたゴーヤのカーテン。まだまだ小さな実をたくさんつけていましたが、これらより小さなサイズは全て処分。枯葉も目立ってきたので、カーテンを取り払うことにしました。作業中、まるで阻止するかのように、たくさんの蛾?虫がまとわりついていましたが、取り払った後の地面を見ると、まだまだ小さな青虫?毛虫?がたくさん.....ごめんね、許して~


Img_6392_2 夏の間、猛烈な日差しを遮ってくれていたグリーンカーテン。なくなると、和室が妙に明るくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日の.....

Img_6566a 手抜きランチ~
近所の店頭で目にした‘トムヤンクンヌードル’、こりゃー、味わってみるしかないっしょ
トムヤムペーストをぜ~んぶ入れちゃったからかな、想像してた以上に本格的なお味でした.....結構いけてるかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »