« 山頂へ | トップページ | それぞれの楽しみ方 »

さらにお花.....のアルバム

2015. 9. 5

Dsc03648

ゴンドラ山頂駅を出たここから、湿原への道が始まります。山頂まで行かないのであれば、タウン服でも充分。とは言っても、標高の高い場所、結構涼しかったです。長袖はあった方がよさそう。←今なら必需品
この散歩道の右側に広がるお花畑は、百花繚乱。


Dsc03669

紫のキキョウ


Dsc03679

蛍光色の黄色が目立っていたオミナエシ


Img_6430_2 小さな花が密集して咲いていて、かわいい


Img_6424

エゾリンドウの紫


Img_6441黄色いアキノキリンソウ.....紫+黄色の組み合わせ、私の中では秋のイメージ


Img_6425_2 形状的にはオミナエシに似たこちらはオトコエシ、オミナエシ科の植物です。オミナエシが‘女郎花’であるのに対して、こちらは‘男郎花’


Img_6421

薄紫色の美しいマツムシソウも


Img_6444_2 お花畑に~


Img_6436

ツリガネニンジンの最後のひと花。愛らしい花に対して、実は意外とグロテスクかも.....


Dsc03680

ノハラアザミ


Dsc03714

この辺りのシモツケソウは濃い紅色


Dsc03889

その繊細な形にいつも見惚れてしまうカワラナデシコ


Img_6439

鮮やかなピンク色のグンナイフウロもノコンギクとともにお花畑をつくっていました。


Dsc03732

林の中に彩りを添えているのは.....


Dsc03733

フシグロセンノウ。園芸種のように見受けられますが、日本固有の野草だそうです。野草でオレンジ色って珍しいような.....?


Img_6461うつむきかげんのはにかみ屋さん、レンゲショウマも最終盤、会えてよかったです。


Dsc03881

夜空に打ち上げられた花火のようなシシウド


Dsc03884

エンビセンノソウも実ができつつある状態ながら、まだまだ花は色鮮やか。形がナデシコっぽいかな?って思ったら、ナデシコ科のお花でした。環境省のレッドリストに登録されているお花だそうです。


Dsc03886

こちらもまた、ナデシコ科センノウ属のセンジュガンピ。小さな小さな愛らしいお花です。


Dsc03888

ヤマハハコ。こちらはキク科のお花。


Img_6460終盤のイカリソウ.....?


Img_6427立派なヤマユリも山のお花の季節は間もなく終わり、その前にこんなにもたくさんの花たちに会えて大満足~


Img_6434草むらにこんな立派なキノコも見つけましたよ~。食べられるのかな? 秋ですねぇ.....

|

« 山頂へ | トップページ | それぞれの楽しみ方 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらにお花.....のアルバム:

« 山頂へ | トップページ | それぞれの楽しみ方 »