« 伊南川(いながわ)沿いの桜 | トップページ | 前沢集落 日本のふるさとの原風景 »

湯ノ花温泉 @ 南会津

2015. 5. 2

昨日訪れた木賊温泉からほど近いところにある湯ノ花温泉。約700年前の鎌倉時代に発見されたと伝えられているこの温泉の共同浴場は4つ。

P5020204

入浴券は商店や旅館、民宿等で購入。200円のこの券で4湯入浴も、また6時~22時までの営業時間内だったら何度でも入浴可能とのこと。いいなぁ~、この大らかさ


Img_5595

相棒さんは、湯ノ岐川のすぐ傍にある、混浴‘石湯’へ。川沿いの新緑がきれい


Img_5596

大きな自然の岩をくりぬいた湯船には、河原に湧くお湯が引き込まれているようです。加水なしの源泉100%掛け流し


P5020200 湯小屋を遠くから眺めたとき、小屋の手前に大きな岩があるなぁ~とは思ったのですが、


P5020207

まさか浴室の壁を突き破っていたとは.....。なかなかおもしろい造りになっています。


Img_5598

私が向かった先は、‘弘法の湯’。4つの共同浴場の中で最も新しいそうです。


Img_5606

こちらは男女別になっていて、ロッカーも完備。ちょっとした休憩スペースも。


Img_5600

共同浴場でシャワーがついているのはここだけらしいです。


Img_5603

湯口を覆う析出物


Img_5602

含土類石膏弱食塩泉のお湯は無色透明で美しく、肌当たりも滑らか。神経痛、筋肉痛、リウマチ、切り傷、火傷、慢性婦人病、消化器病などに効果があるそうです。
午前の早い時間帯ということで、‘石湯’、‘弘法の湯’ともに独り占め状態。何とも贅沢なひとときドライブして来た甲斐がありました。

 

|

« 伊南川(いながわ)沿いの桜 | トップページ | 前沢集落 日本のふるさとの原風景 »

湯を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯ノ花温泉 @ 南会津:

« 伊南川(いながわ)沿いの桜 | トップページ | 前沢集落 日本のふるさとの原風景 »