« 木賊(とくさ)温泉 @ 南会津 | トップページ | 登山難民.....? »

古町温泉 赤岩荘 @ 南会津

2015. 5. 1

そしてこの日の2湯め。温泉に飢えていたもんで.....

P5010188 伺ったのは、古町温泉にある赤岩荘さん。鮎釣りの聖地?といわれる伊南川沿いにありました。


Img_5553 ここでもかわいい紅花桜が見頃を迎えていました。


P5010196

赤岩荘さんでは食事もいただけるようなので、こちらにて夕食。相棒さんオーダーのヒレカツ定食に


Img_5557 マイ・ディナーの唐揚げ定食。ご飯、お味噌汁が美味しかったです。


Img_5558 さて、こちらのお風呂、男女別の内湯と露天風呂があります。入湯料600円(地元の方は200円)。
内湯は、他に入浴中の方がいらっしゃったので、写真は露天風呂のみ。


Img_5561 岩を伝って、源泉が湯船に流れ込んでいます。ナトリウム-塩化物泉で、鉄分を多く含むため、お湯は茶濁しています。
切り傷、火傷、慢性婦人病、慢性皮膚炎等に効果があるのだとか。


Img_5559湯船を囲む石も赤茶色に染まっています。
内湯の方は、もう少し透明がかっていたような.....? 小さめの湯船に豊富な湯量が常時投入されるため、お湯が酸化する間もなく掛け流されていくからだそうです。


Img_5560

地元の方の温泉といった感じで、皆さん顔見知りのよう。和気あいあいと雰囲気がよかったです。他所からの入浴客である私にも親切、シャワーの使い方等丁寧に教えてくれたりもしました。
脱衣場の籠も、気持ちがよいくらいきれいに整頓されていて、会津の人の几帳面な性格もあるのでしょうが、さすが地元の方が多く利用する温泉だなぁ~と感心させられました。
脱衣場を出て行こうとしたら、‘またおいでなさいね。’(といった内容の南会津弁)と声を掛けてくれたおばあさん。南会津のことばが心に温かく響きました。
館内には、大広間もあり、入浴後もゆっくり休憩することも可能です。

|

« 木賊(とくさ)温泉 @ 南会津 | トップページ | 登山難民.....? »

湯を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古町温泉 赤岩荘 @ 南会津:

« 木賊(とくさ)温泉 @ 南会津 | トップページ | 登山難民.....? »