« Tea Time @ 悟空茶荘 横浜中華街 | トップページ | 梅から桜へ.....? »

要求の多い和菓子?

Img_4588ホワイトデー直前.....? あしながおじさんより届いた小さな贈りもの。名古屋にある、御菓子所、 山中のお菓子。小さな長方形のギフトは、まるで文鎮のようにずっしりと重く.....


Img_4589 初めてのご対面にドキドキしながら、小箱をオープン.....まるでバターのよう.....


Img_4630 金紙に包まれていたのは、‘まっちゃちょこ丹波黒豆’。抹茶を楽しむためにつくり出されたお菓子だそうです。甘露煮した丹波黒豆をドイツのさくらんぼのリキュール、キッシュに漬け込んで、まっちゃちょこの中に混ぜ込んでいるようです。


Img_4634 添えられた説明書には、いただき方がこと細かく書かれてあります。
それによると、まずは8mmくらいにカットすること。冷蔵庫から出したばかりだと固過ぎて、添付のプラスティック製和菓子楊枝では切ることができません。常温に置いてしばらくすると、カットし易い柔らかさになりますが、少し冷たいくらいでいただくのが正解のよう。まずはそのまま味わい、次にヴァージンオリーブオイル(おススメは‘DAURO’だそうです。)をかけてどうぞ.....とのこと。あとは、好きな大きさにカットして、好みのものとのマリアージュをお楽しみ下さい.....と、普通なら、ここで終わりそうなものですが、説明書にはもうひと言、‘おいしい組み合わせがあったら私にも教えてください。’

Img_4636 仰せのままに.....。ただ、我が家には‘DAURO’のような高級オリーブオイルはないので、お家にあるもので代用。
濃厚ですキッシュの香りが強いので、始めの一瞬、レーズンバター食べてる.....って思っちゃうほどなのですが、香りが抜けると、さぁ~っとお抹茶の苦味が押し寄せて来て、その後、再びキッシュの味わいが戻り、深い余韻を残しながら、ゆっくりと口の中でとろけていっちゃいます。オリーブオイルも挑戦してみましたが、我が家のオリーブオイルとは相性がイマイチだったようで、私的にはそのままいただく方が好きでした。少量の黒蜜やきなこ....なんて合いそうな気もするけれど、凡人の発想だよなぁ~
最後は熱いお茶等で〆るべし。日本茶や紅茶がオススメのよう。今回は、ちょっと濃いめにいれたほうじ茶とともにいただきました。案内には、またこのようにも書かれていました。‘日持ちは考えていません。お早めにお召し上がりください。’味の追求に厳しく、消費者に媚びない、いかにも頑固な職人っぽくて、よいじゃないですか~ 面倒な人には面倒な、そして研究好きな人にはさまざまに楽しめるおもしろいお菓子だと思います。

|

« Tea Time @ 悟空茶荘 横浜中華街 | トップページ | 梅から桜へ.....? »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 要求の多い和菓子?:

« Tea Time @ 悟空茶荘 横浜中華街 | トップページ | 梅から桜へ.....? »