« ノミニケーション? @ やむちゃん 飯田橋 | トップページ | Tea Time @ 悟空茶荘 横浜中華街 »

Lunch @ SHIMOMURA 石川町

2015. 3.12

和食が食べたくて、向かったのが

Img_4556

石川町の‘SHIMOMURA’さん。前日は満席で予約がとれなかったため、急きょ日にちを変更しての訪問となりました。
オープンになっているこちらの玄関で靴を脱ぎます。表に面した壁面には、竹が植えてあって、内側から見ると透過光によって葉っぱが緑に輝いていて、きれいでした。
2つのお部屋からなる、2階のお食事処に案内していただきました。1部屋に4つのテーブルが並ぶ小さなお店。ほぼ満席でしたが、全員が女性、とっても賑やか。
いただいたのは、一番軽めの‘睡蓮’というランチ。


Img_4558 まずは.....えんどう豆のお豆腐・甘エビ・ユリ根。まとめてひと口でいけちゃいそうなお上品なサイズです。お味のほうもまたお上品。


Img_4560 続いて賑やかに登場したのは、鮮魚のカルパッチョと多種類の野菜のプレート。普段食卓にはなかなか上らない、ずいきや冬瓜、うるいも。


Img_4561

日経レストランメニュー・コンテストで準グランプリを受賞した‘SHIMOMURA’さん名物、‘雪のしずく’。マッシュドポテトの中に豚挽肉を混ぜ込み、上からソースをかけたもの。このホワイトソースは生クリームと吉野葛でつくられているそうで、何だかとっても不思議な食感でした。


Img_4563 カニと青のりの茶わん蒸し。青のりの香りがよいです。底の方には鯛やエビも潜んでいました。


Img_4565 黒豚の黒煮。これもまた‘SHIMOMURA’さんの代表料理、グランプリ受賞作です。野菜とひじきのソースで。豚肉はお箸でほろりと簡単に崩れるほど柔らかでした。添えられた柚子胡椒が香り高くて、美味~


Img_4567 ご飯は土鍋に入ったまま登場。お店のスタッフの方が、お茶碗によそってくれます。白いご飯か、炊き込みご飯かの選択。せっかくだからと炊き込みご飯にしたのですが、コースの中にはちょっとしょっぱいかな.....と感じられる料理もあったので、普通のご飯でよかったかも知れません。上品な味の味噌汁と楽しいお漬ものセット付。
土鍋の中の余ったご飯は、お土産のおにぎりにしてくれます。


Img_4570 そして、〆のデザート 左から、抹茶豆腐・柚子のソルベ・ロールケーキ・リンゴのジュレ。黒豆の乗っかったロールケーキの生クリームの中には味噌が練り込まれているそうです。甘みがきりっと引き締まる、大人味。りんごのジュレの中には苺・みかん・ブルーベリーのフレッシュフルーツがin。りんごのジュレと言いながら、りんご酢のジュレだったような.....。そう言えば、抹茶豆腐はごまの香りもしたような気もするし、ひとひねりを楽しみながら、創造的な料理を生み出していらっしゃる.....そんな印象をもちました。熱いほうじ茶とともに。
これだけ手間暇かけている和食のコース料理をいただくには、かなり良心的な価格設定。とてもお得感のあるランチ、満足です。

|

« ノミニケーション? @ やむちゃん 飯田橋 | トップページ | Tea Time @ 悟空茶荘 横浜中華街 »

食*神奈川グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ SHIMOMURA 石川町:

« ノミニケーション? @ やむちゃん 飯田橋 | トップページ | Tea Time @ 悟空茶荘 横浜中華街 »