« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

Lunch @ シャンハイリュバン 横浜

2015. 2.21

ここ最近、エンゲル係数ほぼ100%.....
初めて足を踏み入れた‘横浜ベイクォーター’。

Img_4432

その中にある、アジアンフレンチのお店‘シャンハイリュバン’さんへ。


Img_4427

店内の雰囲気はアジアン、テーブルはフレンチ.....っぽい?


Img_4428 一番軽めのカジュアル・フレンチランチを注文してみました。
4種類の前菜のなかから、スモークサーモンとカリフラワームースのクレープ包みを。カリフラワーの優しい甘みとスモークサーモンの塩味がナイスマッチ色鮮やかなバジルソースでいただきます。ムースの上にぴ~んっと直立しているのは、茄子を薄~く縦切りしたもの。さっと焼いてあるのかな?と思ったのですが、‘干してあるんじゃない’の友達のひと言に納得茄子のこういういただき方も初めてなら、味も......何だか、海藻っぽい味がしたのも不思議。クレープ包みの上に乗せられた数種類の野菜、それらをまるで、おもちゃか何かを解体していくような感じでいただいていきます。お料理、もっとアップして撮っておけばよかった.....


Img_4429 パンは2種類。オリーブオイルとバルサミコ酢が混ぜられたものというか、分離した状態でしたが.....をつけながらいただきます。


Img_4430 メインも4種類のメニューの中から。浅利と鮮魚の白菜ブレゼ、オマール海老のソースで。今回は、前菜も、メインも友達と全く同じ選択に~
魚介類をホワイトクリームと和え、白菜で包み、蒸し煮した料理に、火の入ったトマトの酸味とイクラの塩味がナイス・アクセント。


Img_4431 ドリンクメニューはかなり充実していたように記憶しています。一見、紅茶のように見えますが、こちら、本日のハーブティー。ヘイゼルナッツのハーブティーって初めて甘~い香りがします。最初はストレートで、その後、砂糖とミルクを加えて味わってみて下さいとのことだったので、仰せのとおりに.....
口に含むと甘くはないのですが、甘い香りのするお茶って、ミルクティーが似合いそうですよね。
春節の時季、横浜ベイクォーターでも中華系の人たちの姿を見かけました。ひと昔前と異なり、話声が聞こえなければ、日本人と見分けがつかないほど、ファッションも随分変わってきているようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ アーリア・ディ・タクボ 恵比寿

2015. 2.16

食レポ続きま~す 
大学時代の先輩と恵比寿で待ち合わせ。あしながおじさんに教えてもらった、西口にあるイタリアン、‘アーリア・ディ・タクボ’に行って来ました。愛媛は今治ご出身のシェフがやっていらっしゃるお店です。

Img_4413 ガラスの大皿の上に、ナプキンで形作られた白いタキシードに小さな蝶ネクタイ。おしゃれでおもしろいセッティングです。ネクタイは、 ファルファッレ(蝶の形のパスタ)にアクリル絵の具で色付けしたもので、水玉模様が描かれています。


Img_4415 まずは.....大西ハーブ農園青森の.....?産フレッシュハーブウォーターをいただいてみました。ハーブウォーターをいただくのは初めて ミントやカモミール等、複数のハーブがブレンドされたさっぱり味ですが.....このまろやかさは水出しかな..... 今度、家でもつくってみよう
二人とも過食気味なので、平日のみいただける、一番軽いパスタランチをオーダーしてみました。


Img_4416 前菜に登場したのは、唐津産の天然ブリ、驚くほど甘~いフルーツトマト?、ブッラータ。ブッラータは、モッツアレラに生クリームを足してつくるそうで、その分、食感がしっとりとした感じ。ブリの上には少量の岩塩がトッピングされていました。美味


Img_4417 形がユニークなローズマリー入りのパンは甘め。外はカリッと香ばしく、中はしっとり


Img_4419 メインのパスタ。パスタよりも具材の方が多いくらいの大サービス 菜の花の苦味がナイスです。でも、私的には、ちょっとだけ辛かったかも.....


Img_4421 デザートプレートは、ミルクアイスクリーム、感動的な甘さのあまおう、そしてガトーショコラをわざわざ砕いたもの。苺の甘みを引き立てるため、ガトーショコラは甘さを控えた大人味でした。


Img_4422

飲みものは、コーヒーか紅茶の選択。フィナンシェ付き。好物というわけではないフィナンシェ、でも、これは美味しかったです
大きく窓のとられた店内は明るく、黒と白で統一されたモダンでおしゃれな空間。私たちが入店したときには1組のカップルがいたのみでしたが、あっという間に満席になりました。ネットでの評判もよく、人気のお店のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココナッツオイル

Img_4425 店頭でよく見かけるようになってからしばらく......気になっていた‘ココナッツオイル’をついにゲット~使い切れるかどうか.....自信がなかったので、とりあえず小ビンのものを.....
‘ココナッツオイル’には、‘ココナッツオイル’と‘ヴァージンココナッツオイル’とがあるそうですが、身体によいのは‘ヴァージンココナッツオイル’の方だそうです。‘ヴァージンココナッツオイル’はいわゆる生しぼり、化学物質や添加物を含まないもの。アンチエイジングによいとされるビタミンEを豊富に含み、体内に蓄積された脂肪を分解してくれる中鎖脂肪酸が成分の70%ほどを占めるのだとか。


Img_4494 今のところ、朝のトーストに乗っけたり、カレーにトッピングしたりしていただくようにしていますが、これだと独特の甘い香りが相棒さん的にはNGみたい.....。冬の寒さでどんどん重みを増していくこの身体、何とか、少しでも食い止めるには、レシピ開発が必要なようです。
目指せ、ミランダ・カー 無理だな.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ キッチン ラフト 川崎

2015. 2.14

バレンタインデイのこの日、用事があって出かけた川崎。到着したのはちょうどお昼どきということで、チネチッタ周辺の飲食店は結構混み合っていました。

Img_4407

ランチを求めて、うろうろしていたときに見つけた‘キッチン ラフト’さん。名画通りにあります。
シェフと女性スタッフ2人だけで切り盛りしている、小さなお店。1階は、厨房を囲むようにL字型につくられたカウンター席のみ。奥には階段があり、2階にはテーブル席もあるようです。カウンター席に人が座り、壁にコート類が掛けられたりしていると、奥の階段に向かうまでもちょっとした障害物競争.....


Img_4402

ランチオーダー後、いきなり飲みものが登場~ しかも、ティーパックinの状態で.....お好みの濃さに調整して下さいね.....ってことなのかな?紅茶は、リプトンのアールグレイ。


Img_4403 4つのランチメニューの中から、限定の自家製ハンバーグ、トマトソースを選んでみました。野菜たっぷりのサービスが嬉しい ハンバーグはふっくらと焼けていて、ジューシー。ソースにもう少しだけ酸味と塩味があった方が私的には好みかなぁ.....。
ちらりとしか写ってませんが、ごはんがとっても美味しかったです。


Img_4405 相棒さんオーダーの豚ロースソテー八丁味噌ソース。こちらも豪華。見た目ほど味は濃くなく、相棒さんもまた少し塩味を欲していたよう.....。健康志向の味付けでしょうか?
だけど、週末にこのクオリティーで1,000円以内でいただけるのだから、かなりお得だと思います。シェフやスタッフの方も感じがよく、狭いながらも落ち着いた感じで食事のできる‘キッチン ラフト’さん、私たちの料理が運ばれてくる頃には、1階も2階も満席になっていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ ビストロ・ラ・ベルポルト 青葉台

2015. 2.11

昔暮らしていたところの近所にあった、相棒さんお気に入りのイタリアン。急に思い立って出かけてみたら、何と定休日.....

Img_4392 どうしようかなぁ.....と、うろうろしていて見つけたお店がここ、‘ビストロ・ラ・ベルポルト’。確か、私たちが住んでいた頃は、家庭的なイタリアンのお店だったような.....?
入口入ってすぐのところに、厨房を囲むようにL字型のカウンター。白とチョコレートブラウンで統一された落ち着いた感じのおしゃれな店内。


Img_4384 初めてのお店なので、軽めのランチメニューを。お魚、お肉、限定料理の3つの中から選べます。
まずは、シンプルにグリーン・サラダ。と言っても、さまざまな種類の葉っぱが、お皿の上に美しくまとめられています。


Img_4385 このパン、美味しい 一つはプレーン、もう一つはチーズ味。外はそれほどしっかり焼いているわけではないけれど、香ばしく、中はもっちり、穏やかな甘みのあるパンでした。


Img_4386 スズキ.....と来れば、相棒さんがスルーするはずもなく.....。ただ、本人が期待していたようなポワレではなく、しっとりとした柔らかな感じの蒸し焼き?具合。XO醤ドレッシングで。


Img_4388 私のチョイスは、鶏もも肉となすのロースト、バルサミコソース。こちらは、皮がパリッと香ばしく焼き上がり、中はジューシー。ソースも美味でした


Img_4390 食後の飲みものは、コーヒー or


Img_4391 紅茶。
私たちにはちょうどよい量、そして満足度の高い、嬉しい当たりランチでした~。ただ、気軽にお出かけするには少しばかり遠いのが残念なところ.....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

春、遠からず

何だか.....今年は特別寒さが厳しいような気がするのは私だけ.....

Img_4394

それでも、我が家の小さなお庭では春の気配が少しずつ.....
ミチノクフクジュソウの黄色に


Img_4396

雲間草の濃いピンク~白のグラデーション。どちらも山野草、そろそろ山遊びにお出かけしたいなぁ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 川瀬見 松山

2015. 2. 1

相棒さんの希望で、今回も‘川瀬見’ランチへ。

Img_4355

菜の花と梅の花麩で春待ちの椀物


Img_4356

タケノコ、美味しかったな~


Img_4357

目にも鮮やか、カラフルな一品


Img_4358

2週間以上前のランチ、何を口にしたのか、既に記憶なし..... 川瀬見さんのお料理は、いろいろな旬の食材を少~しずつ使って仕上げているのが特徴、早めにアップしなかったのが失敗~


Img_4359

だけど、お刺身がとても新鮮で、ぷりぷりしていたことは記憶に残っています。


Img_4360

香の物.....


Img_4354

これらの料理がずら~っと勢ぞろい、目とお腹を圧迫してきます。
昔は、確か、お昼も懐石風に一品一品運んで来てくれていたんだけどなぁ.....。お店が大きくなって、それでは対応できなくなっちゃったんだろうな


Img_4365〆の水菓子。
毎回食いだおれの帰省、着て行った服がきつくなったような.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと休み @ 霧の森 松山

2015. 2. 1

愛媛帰省レポからの続きです。松山城からロープウェイ街に下り.....

Img_4352

途中、‘霧の森’にてひと休み。ここでは、愛媛の東端に位置する四国中央市の新宮町産のお茶を使ったお菓子を販売しています。
奥に、小さなイートインコーナーがあり、席が空いていれば、こちらでお茶することもできます。


Img_4348

ネット通販で全国的にも有名になった、‘霧の森大福’。中にクリーム、それをこしあんで包み、その上から抹茶を練りこんだ餅でカバー、更に抹茶を手作業で一つ一つまぶしているそうです。
主原料であるお茶は、30年間農薬を全く使用せずに栽培されたお茶。しかも、このお茶を茶摘みのおよそ10日ほど前から黒い布をかけて、日光を遮って‘かぶせ抹茶’の状態にし、お菓子用の抹茶に最適化しているのだとか。手間暇かかってるんですね.....


Img_4349

大福も好きなのですが、美味しいとともに、今回初めていただいたこの‘抹茶プリン’.....


Img_4351

とろける滑らかさで、すっ~かり虜 ‘ほうじ茶プリン’もあったので、次回は是非こちらにもトライしてみたいなぁ.....
私たちの隣の席のうら若き女性4人組。フォンダンショコラに大歓声~ こちらも気になる.....だけど、この時季限定かも.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の空.....

2015. 2.16

Img_4409 の予報の今日、薄らと広がる雲の向こうにぼんやりとした太陽.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy Valentine's Day!!

2015. 2.14

今日は、ヴァレンタイン・デイ 皆さま、いかがお過ごしですか?

昨年のクリスマス.....。急にケーキが食べたいと言い出した相棒さんのために、デパ地下のケーキ売り場の列に並んでゲット つくり置きの期間が長かったのかどうか、一応全国的にも有名なお店のケーキでしたが、あまり美味しいとは思えず.....。
大晦日.....。旅行から帰ってきたその足で、向かったデパ地下。そこで小さめのおせちオードブルをゲットそりゃーね、万円もする料理ではなかったけれど、あまりのまずさにびっくり~私の失敗料理も黙々と残さず平らげてくれる相棒さんでさえ、‘もう捨ててしまえ~’と言い出すくらい.....
そして、節分の日.....。この日のためだけに白米を買うのが面倒で、恵方巻を買うため、またしてもデパ地下の列に。だけど、列が長過ぎて、肝心の商品がよく見えない。ようやく商品に手が届く位置に来て、そのいくつかを手に取ってみると.....予想していたことではありますが、添加物てんこ盛り.....今さら、引くに引けず購入したものの、激しい後悔の念に襲われました。
ヴァレンタインデイ.....。お世話になった男性に感謝の気持ちを込めて、お気に入りのチョコレートでも贈ろうと思っていたのですが、何と売り切れ~再入荷はないだろうかと、数日前から毎日のようにネットで調べていたのですが、出てくるのは同じ画面ばかり.....。
そして.....ばかばかしくなって、ようやく決意イベント商戦に踊らされるのはもうやめようマイペースで生きていくのだ
Img_4397 というわけで、昨晩急きょ、夕飯の準備をしながら、チョコレートチーズケーキを簡単につくってみました。本来なら人さまの目にさらすことのできないような失敗作なんですが.....
いや待てよ、チョコレートを買わずとも、チョコレートケーキを用意すること自体が、既に踊らされていることになるんだろうか.....。う~ん、微妙だ.....
何はともあれ、皆さま、暖かくして、楽しいヴァレンタインデイをお過ごし下さいね~←このコメントもしっかり踊らされているような.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山城散策 おまけ

2015. 2. 1

P2010127_2

観光客を運ぶ松山城ロープウェイ。結構混雑しているように見える.....


Img_4342

頭上を通過する際、車両の下面にこんな文字が書かれているのが見えました。
この写真を撮りたくて?、1往復分下でスタンバイ。上りのロープウェイが近付いて来ると焦って少々パニック、シャッターチャンスを微妙に逃してしまいました


Img_4343

下りの方は少しはマシに撮れたかな.....


Img_4345

ロープウェイ街にあった、加藤嘉明(よしあき/よしあきら)の立派な銅像とは初対面。いつの間に~ 築城した、初代松山藩主ですが、お城が完成する前に会津藩へ転封となったお殿さまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山城散策

2015. 2. 1

久しぶりに松山城へ。
Img_4289 馴染みのあるロープウェイ街からのコースではなく、城内最大の櫓門、槻(けやき)門のあったところからの登城。


P2010072 平成13年の芸予地震によって、北側の石垣が大きく孕み、危険と判断されたため、平成17年から2年をかけて解体修復工事が行われたそうです。上の方の部分がそうなのかな.....?


Img_4293

槻門跡を過ぎ、石垣に沿って歩くと、二の丸庭園とその向こうに松山の市街地が見えてきます。


Img_4295

こんなになる~い石段なのに、日頃の運動不足が祟って、息が~


Img_4298

山頂から西の方向に目をやると、前回帰省したときに立ち寄った松山総合公園の丘、そしてその向こうに、瀬戸内海がちらり。


Img_4299

前回は、こちらの展望台から松山城の写真を撮りました~


Img_4306

山頂では、紅白の梅がぼちぼち開花


Img_4301

目の覚めるような青空に、花の色も一層引き立っています。


Img_4305 だけどやっぱり、主役は天守閣
地元の方たちがウォーキングや散策、野鳥観察会?にお城を利用されているのも意外でしたが、それ以上に驚かされたのは、中国人、韓国人の観光客の数.....。天守閣付近は、とても賑やか。


Img_4322お城の北側にまわると、一転、し~ん.....静寂の空間が広がります。


Img_4317

天守閣を見上げると、上空に薄らと彩雲らしきものが.....


Img_4329 乾門を抜け


Img_4331 城の北側の城壁に沿って再び進みます。


Img_4337 この先は立ち入り禁止となっていましたが、この角度からの天守閣は初めてかなぁ~ 


Img_4338 薄らと雪化粧した石鎚の山々も遠望できました。
羽田を発った日は雪、故郷は少しは暖かいだろうと期待していましたが、愛媛もまたこの週末は厳しい冷え込みとなったようです。

ロープウェイ上駅の長者ヶ平からお城の方角を見上げると、何やら大がかりな工事。何の工事が行われているのか、傍にいらしたボランティアガイド?の女性に尋ねると、救急車を通すための道路を建設中とのこと。不幸なことに、救急車での搬送が必要なケースが何度か起きてしまったためなのだとか.....。そう言えば、ロープウェイ街からの登山道も、石と土でつくられた段になっていたように記憶しているのですが、そこもコンクリートが流し込まれ、車両が通行できるように段差がなくなっていました。工事が終わったとき、長者ヶ平から見上げる松山城はいったいどんな景観になっているのだろう.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ アミティエ 松山

2015.1.31

Img_4279 すみませ~ん 相変わらず、縦写真は転んだまま。見難くて、ごめんなさい~

OL時代に、時々訪れていたこのお店、今回は、10数年ぶりの訪問。‘アミティエ’って、フランス語で‘友情’って意味なんですね.....。
当時はアラカルトで注文していたのですが、今日はプリフィックスのコースをお願いしてみました。


Img_4264

まず登場したガーリックブレッド。外はカリッ、空気を程よく含んだ中はふんわりと、だけど噛むほどにもちもち。ガーリック風味も強過ぎず.....こんなに美味しかったっけ


Img_4266

前菜はフルポーションで1品か、ハーフポーションで2品か選択できるようです。欲張りな私たちはもちろん、ハーフで2品
相棒さんが選んだほうれん草のキッシュと


Img_4268

桜肉のカルパッチョ。普段、馬肉は敬遠してしまう私ですが、相棒さんに脅されて初トライバルサミコ酢を使った濃厚なソースのおかげか、全く抵抗感なくいただけました。


Img_4267

私のチョイスは、自家製スモークサーモン。市販のものよりも優しい味付け。ひと皿、ひと皿に野菜が添えてあるのが嬉しい しかも新鮮で、美味しい~


Img_4269

そして、昔もよくオーダーしていたお気に入り、ほうれん草のサラダ。しいたけの旨みがドレッシングの中に溶け出していて、やっぱり美味初めて味わう相棒さんも、とても気に入った様子.....。
それにしても、どの前菜も、これでハーフポーションだなんて.....信じられない。


Img_4272

相棒さんが選んだメインは、牛アンプレアステーキ。‘アンプ’は、腹と腱の狭い範囲にある部位のようです。正真正銘のレアだけど、付け合せの野菜とソースの美味しさで、私でも食べられちゃう..... ソースの味は濃いめなんですが、それでもお肉の旨みもしっかり味わえます。


Img_4271

私のメインはパエリア~ 多種類の魚介類がてんこ盛り。既にお腹いっぱいだけど、食べちゃう


Img_4274

そして、デザート メニューにあれば必ずオーダーする相棒さんのチョイスは、クリームブリュレ。はずれなし


Img_4273

私は、デザートの盛り合わせ←欲張り過ぎでしょ~
ネーミングが気になった‘エロエロプリン’は、次回の‘MUST-ORDER LIST’入り。


Img_4275

はい、首を傾げて見て下さい
アルコールメニューはもちろん、嬉しかったのは紅茶メニューも充実していたこと。インドとセイロンのお茶にカリブのフラワー&フルーツの香りをつけたという‘カライブ’をいただきました。鼻を近づけるとふわっとバニラのような香りがするのに、口に含むとぱぁーっとフルーツの香りが広がる不思議なお茶でした。アルコールの写真は撮り忘れてしまいましたが、既に日本酒を3杯ほど飲んでディナーに臨んだ相棒さんは、普段口にしないもの、ホットワイン→フランスで砂糖大根を原料につくられているという焼酎‘パリ野郎’を、私はサングリアをいただきました。


Img_4276

お勘定は、一見分厚い本のように見える、このボックスの中に入れられて登場。


Img_4262

店内のインテリアもユニーク
予約なしで訪れた土曜日の夜、20時までならという条件での入店。私たちが伺った18時頃は来客はまだ数えるほどでしたが、20時近くになると次から次にお客さんがやって来て、間もなく満席に.....。ここにはフランスの時間が流れているようです。


P1310065 こんなにすばらしいお料理をつくられるフランス人シェフが、実は元公務員だったというのは今回、マダムに聞いて初めて知りました。びっくり 満足の楽しいディナータイムでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柑橘の他にも.....!

内子町の道の駅‘内子フレッシュパークからり’でゲットしてきたのは.....
Img_4373生の柿と柿チップス。‘柿チップス’の存在は、福岡に暮らしていたとき、県内の柿の一大産地、うきはや朝倉の道の駅で知ったのですが、最近はあちらこちらでぼちぼち見かけるようになりました。それでも、愛媛で目にしたのは初めてのことで、思わずお持ち帰り~


Img_4383 生柿の方は、‘かずさ柿’という晩生の品種のようです。説明が添えてあり、それによると、甘柿ではあるけれど、年柄により渋に似た食感を感じることがあるとのこと。その場合は、4~5日追熟するとよいそうです。
帰宅して3日目にいただいてみたところ、驚くほどの甘さそれに、とっても瑞々しい
‘かずさ柿’、ちゃんと記憶に留めておこう.....っと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

柑橘オンパレード

相棒さんの故郷は柑橘類の産地、今回もいろいろ買い込んできました~

Img_4380馴染みのあるデコポンやポンカンの他、まだあまり知られていない、‘みはや’(外観が‘美’しく、‘早’ 生であることから命名されたのだそうです。)右下の濃いオレンジ色のもの、‘はれひめ’(清美タンゴール×オセオラ×宮川早生)‘みはや’の上、‘天草’(清美タンゴール×早生みかん×ページオレンジ)中央部分のやや小さめの果実、‘スイートスプリング’(温州みかん×八朔)上部、外皮の堅そうなもの、‘媛小春’(清美タンゴール×黄金柑)中央よりやや上の黄色い果実等々.....。それにいただきもの、大きめな‘紅まどんな’左下.....。まだ一部しか味わっていませんが、今のところ、‘はれひめ’が一番のお気に入り それにしても、消費者を飽きさせないように、次から次へ新しい品種にチャレンジしていかなくてはならないみかん農家さんは、ほんと大変だなぁ.....


Img_4378 今回は食べて味わう柑橘の他、こんなものも。まずは、おへそ?が星形でかわいい‘カブス’。私にとって、初めて聞く名前、‘カボス?’と思ったサイズも見た目も全く異なるでしょ~がのですが、どうも‘だいだい’のことらしいです。相棒さんに言わせると、‘だいだい’の変種かも知れないけれど、別ものなのだそう。酸味が強いので、マーマレードやポン酢等の調味料、あるいはトウヒやキジツという漢方薬の材用とされるようです。


Img_4250_6 少し北上した内子の道の駅では、‘じゃばら’が販売されていました。その名は、‘邪気を払う’に由来、縁起ものとされているようです。使い方は‘カブス’同様、ポン酢等に利用されるようです。また、岐阜大学によると、花粉症抑制に効果があるとのこと。

*PCを変えた途端、写真の回転ができなくなってしまいました。ただ今原因調査中。見難くてごめんなさい.....m(_ _)m


Img_4367そして、この‘紅レモン’ 一般的なレモンと比べると、サイズは小さめ、丸っこい形をしています。色は異なるけれど、味も風味もレモンと全く同じ.....と、産直販売所の女性から説明を受けたのですが


Img_4377う~ん、やっぱり微妙に異なるような.....。レモンよりも瑞々しい気もします。
外皮は黄色いレモンよりもずっとやわらかい感じなので、あまり日持ちはしないのかも.....?
それにしても、知らない柑橘って、まだまだたくさんあるもんですねぇ~


香酸系の柑橘の代表格と言えば、柚子 一緒に合氣道のお稽古をしていた女性が、ある日、大量の柚子を道場に持って来て、仲間に配ったことがありました。ドイツの若い女性が、受け取った柚子をしげしげと見つめているのを見て、‘それ、そのまま食べるものじゃないから。’と声をかけたら、案の定の反応が返ってきたのが数年前の話。今ではパリのフランス料理のシェフやパティシエも‘柚子’をスタンダードな食材として活用しているという内容のことが、先日、TVで流れていました。
風邪予防にも、味の引き立て役にも、我が家でも積極的に柑橘を活用したいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーグルト×青汁.....?

Img_4239 週末帰省した折、スーパーで見慣れないものを見つけたので、朝食用にゲット
高知県は土佐山田の外れにある雪ヶ峰牧場でつくられたヨーグルト。120ha(東京ドーム25倍)もの敷地にわずか60頭ばかり(子牛を含めると約100頭)のジャージー牛が、一年中、昼も夜も放し飼いにされていて、‘日本一幸せな牛がいる牧場’と言われているようです。そんな牛たちからいただいた生乳と種子島甘蔗分蜜糖を原料につくられた、身体によさそうなヨーグルト、プレーンと青汁の2バージョンで味わってみました。


Img_4241 青汁ヨーグルト、オープンちょっと引いてしまいそうなダークなグリーン..... ソースかと思いきや、表層部分は、高知県産10種類の無農薬野菜でつくったゼリー、下はヨーグルトの二層仕立てになっていました。野菜独特のクセもなく、違和感なくいただけます。想像していたよりもあっさり。
雪ヶ峰牧場のHPを覗いてみると、美味しそうなスイーツがずら~り 時間的に余裕があれば、季節のよい時季の帰省の際にでも訪れてみたいところ.....。ちょっと遠いかなぁ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネスシーンも様変わり?

ある日のこと、電話が鳴った。M生命からだ。今年11月に契約の切れる相棒さん名義の保険について、いきなりつらつらと説明を始める相手。

え~今、お時間よろしいですか?って、ないの.....?

「すみません。今、出かけるところなんですけど。」

それに、その保険は、私の反対にもかかわらず既に定年退職をなさっている営業ウーマンの半ば強引な勧誘で契約させられた保険で、私は一切タッチしてないんですけど.....。

「それに、私ではちょっとわかりかねますが.....。」と伝えると、
「あ、ご本人は仕事中ですよね じゃあ、平日の9時から5時の間に、こちらに電話するように言って下さい。」
え~とは思ったものの、相棒さんには一応伝言しておいた。
その日、帰宅した相棒さんに確認してみると、
「電話、入れといたよ。最近の営業さんは.....偉くなったもんだなぁ~」とひと言。

後日、その話を友達にすると、偶然、彼女も同じM生命の保険に加入していて、彼女宅にも電話がかかってきたそう。契約を変更するつもりもないと伝えているのに、どうしても会って話がしたいと言う。

彼女だって仕事しているし、忙しいのだ

やんわり断るつもりで、「今、ちょっと忙しくて、時間がとれるかどうか......。」と言った彼女に
「じゃあ、空き時間がわかったら、電話するように
と宣言する相手に、切れた彼女、一方的に電話切っちゃった~とのこと きっと、その担当者、???をいっぱい抱え込んだだろうな.....。

顧客、あるいは、お願いごとを頼む相手に電話させるというのは、原則的にはNGだったよね~と、十数年前までの私たちのOL時代を思い出しながら彼女と話したのだけど、それってもう過去の遺物なんだろうか.....?

相棒さんに時間をとってくれと職場にやって来た件の彼女。電話での話しぶりや態度から、相棒さんも私も、年配の女性を想像していたのだけれど、現れたのは若き女性。電話を通じて感じたような尊大な印象はなく、普通だったとのこと。ひょっとしたら、電話慣れしてないだけのことかも知れないなとは、相棒さんのコメント。

そして昨日はS航空会社からの電話。K空港in、F空港outで出張に出かけた相棒さん。行きのフライトの中に忘れものをしてしまったらしい。その引取りを出発のF空港にするか、到着のH空港にするかとの問い合わせだったのだけど、この航空会社の女性スタッフの方はこちらが恐縮してしまうほど丁寧で親切だった。
「本人に連絡をとって、折り返し電話させていただきますので。」と詫びる私に、二度電話番号を繰り返す相手。
「わかりました。失礼ですが.....?」
「..........?」
「あの、どちらさままで?」と訊ねると、フルネームでの返答。「失礼ですが.....?」も、ひょっとして過去の遺物なのかな.....?
S航空会社の方が、M生命と同じ名字だったのはちょっと不思議な偶然.....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空の下で

2015. 1.25

寒さに凍え、家の中に籠りがちなこの頃..... この日は、ピーカンの青空に誘われ、重い腰を上げて近所を少し散策してきました。

Img_4177とりあえず目指した和風庭園。穏やかな日差しに誘われて、私たちと同じように、散策にやって来た人の姿もちらりほらり。


Img_4173

‘先ず咲く’と言われるマンサクがまだ開花準備中の中


Img_4178

目を楽しませてくれたのは、素心蝋梅 こちらは鼻も楽しませてくれました~


Img_4183

木瓜


Img_4185

水仙に


Img_4186

福寿草


Img_4194

枝が高い位置にあるので、遠めにしか愛でることができませんでしたが.....十月桜も


Img_4192

木蓮?の小さな蕾もかわいい


Img_4176

ツワブキの綿毛、既に旅立ったものも


Img_4202

庭園から少し先に行くと、赤門が見えてきました。安政年間1,855年に建てられた、‘馬場の赤門’らしいです。江戸時代の名主屋敷の長屋門で、紅がら塗りを幕府より許可されたそうです。


Img_4211

その先には、竹林の美しいお寺が.....


Img_4209

鐘楼の背景も竹林


Img_4208

こちらの境内の紅梅は見頃を迎えていました。
青空の下を歩くのは、やっぱり気持ちいいなぁ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »