« ランプの宿 高峰温泉 施設編 | トップページ | ランプの宿 高峰温泉 食事編Ⅱ »

ランプの宿 高峰温泉 食事編Ⅰ

2014.12.29-30

2階のダイニングで、夕食は18時、朝食は8時から。

Img_3940

宿泊初日の夕食です。
朝鮮五味子の食前酒。スイートな食前酒に慣れた舌には強烈なパンチ 複雑で妙な.....未体験の味。
五味子は、甘味・酸味・辛味・苦味・塩味をもつことから名付けられた生薬で、鎮咳去痰や強壮作用などがあるのだとか。
養老豆腐+鹿ロース+公魚の南蛮漬けとともに。


Img_3941

刺身蒟蒻の酢味噌添え。蒟蒻は手づくりなのでしょうか、見た目も透明感があり、ぷるぷると柔らか。独特の臭みもないので、大葉や紫蘇の実とも美味しくいただけます。


Img_3942

白菜のけんちん煮


Img_3944

鍋料理のメインは意外にも.....


Img_3945

岩魚 初体験でしたが、意外な美味しさにびっくり~ ここで食べ過ぎちゃったのが大失敗~


Img_3946

鯉の餡かけ。鯉は骨が多いし、美味しいと感じたことのない苦手な食材だったけれど、揚げ煮にした鯉に、濃い味の餡が上手く絡まり、なかなか


Img_3947

タモギ茸・長芋・芹の天ぷらは抹茶塩で。初トライのたぶん.....タモギ茸、味わい深くて美味しかったです。


Img_3948

順番が遅くなってすみません~と、スタッフの方が運んできてくれたのは、鮭と鯉の赤白寿司。
この頃、既に満腹を過ぎていたうえ、ほんの少しの日本酒標高の高いところでいただいたせい.....で、ちょっと気分が悪くなっていたのですが、お酢が効いていたせいか、なんとか完食.....


Img_3949

と思っていたら、胚芽米+味噌汁+野沢菜漬けの登場~ 胚芽米は地元の農場から取り寄せた8分付きのもの。ご飯も、お味噌汁も、野沢菜漬けも、すっごく美味しいのに、食べられな~い


Img_3950そして.....苺のムース。いつもだったら、デザートは別腹と笑い飛ばす私も、この日は何とかひと口が精一杯.....。
食後、倒れ込みそうになる身体を引きずって部屋まで何とか戻って来ると......廊下に女性が倒れていて、小さな人だかりができていました。そちらへ行こうとする相棒さんの袖を引っ張り、私もダウン寸前だから.....と、鍵を開けてもらい、部屋に入るなりお布団へダイブ機上ではアルコールがまわり易いと知ってはいたのに、まさかここで.....?大失敗でした.....


Img_3960_2

ぐっすり眠って復活の朝の食事。ご飯とお味噌汁、やっぱり美味し~い
右端の水玉模様のブラウンの袋は昼食です~

|

« ランプの宿 高峰温泉 施設編 | トップページ | ランプの宿 高峰温泉 食事編Ⅱ »

泊まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランプの宿 高峰温泉 食事編Ⅰ:

« ランプの宿 高峰温泉 施設編 | トップページ | ランプの宿 高峰温泉 食事編Ⅱ »