« 鍋に合う.....? | トップページ | 陽光降り注ぐ秋のやまみち »

去りゆく秋を惜しんで

2014.10.19

少し前の山行レポです。
私たちにしては珍しく、まだ暗いうちにスタート。だけど、周囲がよく見えず、登山口を探してウロウロしているうちに足元が
ぼんやりと明るんで.....ヘッドランプ要らなくなっちゃったなぁ

Dsc05545

森の中、ところどころに魅力的な木々が点在、絵本の世界に迷い込んでしまったかのよう.....


Dsc05554

登り始めのこの辺りは紅葉している木はまだ数えるほど。


Dsc05563

早朝の山歩道。聞こえてくるのは小鳥たちの囀りだけ。関東でも、時間を選べば、静かな山歩きが楽しめるんですね~


Dsc05566

見上げれば.....異なった形の葉っぱたちが賑やかに重なり合って、天を覆ってる


Img_2879

緑の中の黄葉にも靄がかかり始め


Dsc05575

ベールの向こう、少し色付いてきたかな.....?


Img_2892


Dsc05579

Img_2891

木立の向こうから差し込み始めた光が


Img_2894

森を幻想的な世界に誘う


Dsc05591

落ち葉を踏みしめながら歩く楽しみ


Dsc05600

標高1,525mにある峠に到着。以前はお茶屋さんもあったみたいだけど、現在は廃墟。かつては交通の要所だったこの峠には山城も築かれていたようです。


Dsc05602

付近には小さな天神社


Dsc05606

見上げると黄葉の高木


Dsc05610

靄の向こうに薄ら青空


Dsc05618

ここにも存在感のある大木


Img_2919

紅?黄葉?の残り葉家族枝先に


Dsc05619


Dsc05622

靄が薄れつつある木の根道を緩やかに登って行く


Dsc05625

光が力を増して


Dsc05627

輝く黄葉


|

« 鍋に合う.....? | トップページ | 陽光降り注ぐ秋のやまみち »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去りゆく秋を惜しんで:

« 鍋に合う.....? | トップページ | 陽光降り注ぐ秋のやまみち »