« 天草の海~♪ | トップページ | 富岡城にて »

妙見浦にて

2013.12.22

天草下島の西の海岸線を北上。十三仏公園の展望台から見えていた‘妙見浦(みょうけんがうら)’にも立ち寄ってみました。‘妙見浦’は、約4kmにわたり100m近い断崖が連なる豪壮な海岸。

Imgp3319海辺を目指して 下って行った道の突き当たりで車を停めて、ちょっと歩いてみました。
それにしても、この木々の低く横に傾く姿...... 海から吹き付ける猛烈な風から身を守っているのでしょうか.....?


Img_3064

逆光の中で浮かび上がる岩々のシルエット。海がきらきら太陽の光を反射して眩しい.....


Imgp3322

この辺りが‘妙見崎’と呼ばれている場所でしょうか.....? 第3記始新統の砂岩礫石の景層より形成されているのだそうです。砂州の上を歩いてあの島まで


Imgp3328

島の手前から北側の景色。海の色が感動的に青い


Imgp8040 十三仏公園からこのように見えていたのが、砂州の先にあった島、多分‘妙見洞門’と呼ばれているところなんだろうと思われます。
この角度では、残念ながらわかりにくいのですが、異なった角度もう少し陸側に入り込んだ位置かな.....?から見ると、象の形に見えるようです。


Img_3071

海の透明度はかなり高いです。‘妙見浦’を含む付近一帯の海は天草海中公園で、国内で初めて海中公園として指定された名勝なのだとか。
対馬暖流の影響で暖海性生物が多く生息し、海底には色とりどりのサンゴの林や亜熱帯の美しい魚たちを見ることができるそうで、人気のダイビングスポットとなっているようです。

|

« 天草の海~♪ | トップページ | 富岡城にて »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙見浦にて:

« 天草の海~♪ | トップページ | 富岡城にて »