« 今朝の小さな悩み | トップページ | 密室でのできごと »

‘転妻’のはしくれですが.....

月曜日の朝のこと。
つけっ放しにしていたを消そうとリモコンを手にしたら、‘転妻’という言葉が耳に飛び込んできました。転妻=転勤族の妻のことのよう.....。
15年足らずの転勤生活で、2回の東京暮らしの他、7つの地方都市で暮らしてきた我が家.....。思わず座り込んで、‘転妻’の皆さんの話に聞き入ってしまいました。番組で紹介されていたような苦労らしい苦労はしていない私ですが、一応‘転妻’のはしくれ.....。ときには、思い悩んだこともあります。
でも、生来があまりものごとを深く考えないお気楽な性格なのと、せっかく異なった町で暮らすことができるのだから、その土地のおもしろいもの、美味しいものを積極的に楽しもうじゃないかという相棒さんのスタイルに随分助けられてきたように思います。

ただ.....

行った先々で住居状況が異なるので、
例えば、下駄箱が恐ろしく小さかったりすると、
下駄箱代わりになる棚を買い足して、
次のところではその棚が不要になってしまうんですが、
このまた次にはこの棚が必要になるかも知れない.....
と思うと、捨てるに処分できず、
こういった間に合わせの家具が増えてしまう。
自慢じゃないけど、小物にしたって、例えば、
我が家にはU型、O型、ウォシュレット用、
すべての種類のトイレカバーだってそろってます(実は自慢だったりして

年齢とともに体力は衰えていくのに、
ものは増えて引っ越し作業はますます大変になる。

引っ越しの度に何かが壊れ、
どうせ壊れるんだからいいもの買っても仕方ないよねと、
家電製品類はどんどんグレードダウン
実際、高機能の製品よりも、
シンプルなものの方が丈夫で長持ちしたりするんです。

前の家の造りの感覚から抜け出せず、
(年齢を重ねると特にこの傾向が強くなったりする。)
新しい出っ張りにおでこを何度もぶつけて
たんこぶの上にたんこぶを二重三重につくったり

引っ越しの度に、行った先のごみ出し方法をお勉強

他の‘転妻’が耳にしたなら、
それぐらい何よ~ってバカにされてしまいそうなことですが.....

‘転友’曰く、
例えば、今まで右に取り付けてあったタオルハンガーが
左に移動しただけでも、
たとえ自分が意識していなくても、実は大きなストレスになりうるのだとか。

これだけ引っ越しを重ねると、
不思議なもので、
同じ場所に1年半も暮らしてくると、
身体と心の方が勝手に引っ越しモードに突入してしまうという変なクセも。
この先、定住なんてできるんだろうか.....という不安もあります。
これまたストレス。

ストレスをストレスとして一度認識してしまうと、
心がそこから離れなくなってしまい、
ますます自分を追い詰めてしまいます。

やっぱり、遊びでも仕事(これはこれでまた難しいのですが)でもよいのですが、
関心を外に向けるしかないんじゃないかな。
転勤の多い相棒さんと結婚を決めたとき、
同じ職場にいた年上の女性がくれたアドバイスが
‘転勤族になるんだったら、ひとり遊びできなくちゃダメよ
でした。

番組の中で初めて知ったのですが、
‘転妻会’なんてネットワークもできているみたいです。
情報交換したり、悩みをシェアするのもいいかも知れませんね。

今は、転勤辞令を理由に退職願を出してくる人も珍しくないようで、
優秀な人材を失いたくないと考える企業の一部では
転勤制度の見直しも始まっていると聞いたことがあります。
時代は常に変化しているようではありますが、
転勤がなくなる日が来るなんてありえるのかな.....?
引っ越しが当たり前だった、‘転妻’のはしくれとしては、
想像もできないけれど.....。

|

« 今朝の小さな悩み | トップページ | 密室でのできごと »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ‘転妻’のはしくれですが.....:

« 今朝の小さな悩み | トップページ | 密室でのできごと »