« Lunch @ ゑがほ食堂 鳴子 | トップページ | Lunch @ 美先 新宿 »

三浦半島の先っぽでの~んびり

2014. 5.11

三浦半島の先っぽにある‘城ヶ島’。自宅から20分程度で行けるよ~というナビの囁きに誘われて行って来ました。

Img_1720

神奈川県最大の自然島には、1,960年に完成したこの城ヶ島大橋(車両については要渡橋料)を渡って。それまでは渡し船が唯一の渡島手段だったそうです。写真は島側から撮影。


Img_1709

鎌倉時代から景勝地として知られるこの島の東半分は県立の都市公園として整備されています。園内の展望台からは、ぼんやりながら、日本一のお山も見えていました。


Img_1715

岩礁海岸となっているこの下辺りは、ウミウの生息地らしいです。


Img_1719 2つめの展望台より安房崎灯台。


Img_1723

海上交通の要所であるここでは大型船の航行も多く、展望台にはこんな案内もありました。


Img_1729

海の向こうに見えているのは南房総。安房の国を向いた岬ということで‘安房崎’と呼ばれるようになったのだとか。安房崎のはなは海中に突出した磯のため浅瀬が多く、航行船舶にとっては難所であったため、昭和37年にこの無人灯台がつくられました。


Img_1732 反対方向には、伊豆大島が薄らと。


Img_1733

灯台に向かう途中には潮溜まりがあちらこちらに。透明度の高い水の中には海藻も。魚が泳いでいるものもありました。


Img_1735 火山から噴出されたスコリア、軽石質の砂や礫から成る凝灰岩でできたこの辺りの地層には、斜交葉理が多く見られます。


Img_1760

海風が強いため、このように傾いて生える木も。


Img_1744

お昼近くになると、ヨットが続々と現れ.....。磯釣りを楽しむ人に


Img_1754

海を眺める人。その様子を写真に撮る私。それぞれの週末。

|

« Lunch @ ゑがほ食堂 鳴子 | トップページ | Lunch @ 美先 新宿 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島の先っぽでの~んびり:

« Lunch @ ゑがほ食堂 鳴子 | トップページ | Lunch @ 美先 新宿 »