« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

お花見散歩 @ 祇園公園 大洲

2014. 4.12

Img_1006

坂道途中より。八重桜と新緑と.....すてきな山容の山


Img_1010

植えられていた八重桜は数種類。花弁が緑がかった‘鬱金桜’くらいは何とか.....


Img_1007

でも、ピンク系の種類はよくわかりません

Img_1022


Img_1046


Img_1061


Img_1025 八重桜が満開になると、本当に賑やか


Img_1029 ソメイヨシノの残り花も。


Img_1033 足元には、スミレや


Img_1037 野イチゴ


Img_1038

シャガ等々の花


Img_1042 道沿いには提灯も取り付けられていて、地元の方々の絶好のお花見場ともなっているようですが、今日は生憎のお天気。公園の下の方では人の姿も見かけましたが、丘の上までやって来る人はそれほど多くはなく、ゆっくりと静かにお花見散歩を楽しむことができました。


Img_1018 丘の上からは、ゆったりとした肱川の流れを見おろすことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄り道サプライズ!

2014. 4.12

普段は走らない道を通って松山へと向かっていたところ.....

Img_1055 ピンク色に染まる丘を発見脇道に入った先の駐車場に車を停めさせていただいて、少し歩いてみました。


Img_0990駐車場は、大洲市八多喜町にあるこの祇園神社のものようです。


Img_0992

床の下につくられたお賽銭箱って、初めて目にしました~


Img_0993

神社から丘に向かう途中も、ダイコンソウや


Img_0995花ニラ


Img_0996

サクラソウ


Img_0999

スイセンの花々が沿道を彩り、春らしい賑やかさ


Img_1001

祇園公園の入り口から八重桜咲く緩やかな坂を登って行きま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アゴラマルシェ @ 八幡浜

@2014. 4.12

八幡浜の町を少し探検する余裕があった今回の帰省。昨夜訪れたイタリアン‘アマルフィ’さんの他にも新たな発見港湾エリア‘みなっと’に大きな道の駅ができていました。オープンしてもう1年経っているようですが.....

Img_0988産直・交流施設‘アゴラマルシェ’には地元産の新鮮野菜に


Img_0989 そして、もちろんいろいろな種類の柑橘が並んでいて、見ているだけでも楽しくなります。
‘アゴラ’とは、古代ギリシャ語で‘広場’を意味していて、人やモノ、文化、情報が交わる生活の中心地となっていた場所。
スイーツやお土産ものコーナーも充実していました。


Img_0985

‘アゴラマルシェ’内のフードコートのかなりのスペースを、石窯ベーカリーが占めています。焼きたてのパンやピザをいただくことができます。辺りに充満するパンのい~い匂い.....


Img_0986

でも、私たちがお昼にいただいたのは、八幡浜ちゃんぽん。フードコート人気No.1メニューだそうです。
昨夜、ホテルのお風呂でいっしょになった地元出身で現在埼玉在住の方によると、八幡浜のちゃんぽんはお汁が澄んでいて、麺が太いのが特徴らしいです。


Img_0987

相棒さん注文の海鮮ちゃんぽん。普通のちゃんぽんも、海鮮ちゃんぽんも、メニュー写真ではもっと野菜たっぷりで豪華に見えていたんだけどなぁ.....


Img_0981

外のテント下には、今が旬の清見タンゴールのジューサー。上のカゴにある清見タンゴールが丸ごと落ちてきて、半分にカットされ、スクイーズされます。さすがに搾りたては美味しい 一杯100円也。


Img_0979

‘アゴラマルシェ’の隣には、八幡浜港で水揚げされた魚の直売所‘どーや市場’も。


Img_0977

今が旬の鯛がどーんっ


Img_0978

近くに住んでいたなら、ゲットして帰りたいところ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dinner @ アマルフィ 八幡浜

2014. 4.11

Img_0959 相棒さんの実家のある港町、八幡浜。港近くを歩いていて偶然見つけたイタリアン、‘アマルフィ’。雰囲気は悪くなさそうだけど....と、お寿司か、イタリアンか迷った挙句、こちらのお店に行ってみることにしました。
フロアスタッフは服装も、接客もきちんとしていて、ちゃんとしたソムリエの方もいらっしゃいました。これは期待できるかも.....?


Img_0943 お料理はコースでお願いしてみました。若葉の頃らしいカラーのお料理でスタート。青エンドウのスープにトリュフの泡がトッピングされたもの。泡の塩味にエンドウの甘みが際立っていました。


Img_0944 ‘カプレーゼ 2014 春’とネーミングされたこの料理は、イタリアンの前菜の定番、水牛のモッツアレラ、トマト、バジルを使った料理をアマルフィ風にアレンジしたもの。ふわっとしたトマトのムース?が美味~


Img_0947 皮をさっと炙った太刀魚とカダイフにかいわれが彩りを添えます。カダイフはトウモロコシの粉でつくった極細麺で、軽く揚げてあります。身はほとんど生の柔らかい太刀魚と、サクサクッとしたカダイフの食感が楽しめる一品です。サワークリームとともに。


Img_0948 オマール海老のプリン。‘プリン’はイタリア、ピエモンテ地方のパスタで、ちょっと餃子に似た形のかわいいパスタです。炭焼きしたオマール海老と生姜風味のトマトソース、ほんの少しのニンニクが中に詰められています。結構好きな濃厚味


Img_0950

そしてメイン。普段は、違うものを注文してシェアしたりするのですが、今回は二人ともお魚で譲らず.....。ノドグロのココットが登場。イベリコ豚の網焼きも美味しそうではあったのですが.....
ハマグリとペアでの煮込み。ノドグロはしっかりとした食感。さっとオーブンで焼いたトマトの甘み、酸味が加わって、とっても上品で美味しいお出汁が出ていました。ガーリックパンをしっかり漬していただくと最高に美味しい相棒さんはプレーンのパンの方がお好みだったようです。


Img_0952

ここでお口なおしのエスプーマ。苺とヨーグルトがきめの細かいムースとなって登場。‘エスプーマ’はスペイン語で‘泡’という意味だそうです。細かく刻まれた生の苺とタピオカのような食感の苺ゼリー?がヨーグルトの下にかくれんぼ。


Img_0954

デザートも相棒さんとチョイスが一致してしまいました。日本で初めて栽培に成功した八幡浜真穴(まあな)産のブラッドオレンジを使ったクロカンテです。スライスしたブラッドオレンジをひと晩シロップ漬けにしてオーブンでカリッと焼き上げてあります。上は濃厚なバニラアイスに蜂蜜のトッピング、クロカンテの下には、まるで海に沈みゆく夕陽のようなブラッドオレンジのシャーベットを円形に固めたものがサンドされています。黄色い粒は皮の部分を使って加工したもので、苦みあり。細かく刻んだナッツも混ぜてあったように記憶しています。右のオレンジソースとミックスしながらいただくと、バリエーションが楽しめます。


Img_0956 飲みものは、コーヒー、ダージリンティー、ハーブティーの中から。相棒さんはローズヒップティー、私はカモミールティーをいただきました。ピスタチオとチョコレートを使った小さな焼き菓子付き。


Img_0957店内は天井も高くゆったりとした空間。奥行きも結構あります。金曜日の夜ということで、たくさんの来客がありました。団体さんもいましたが、みごとに女性ばかり男性は相棒さん以外にはお一人くらいしか見かけませんでした。美味なるものに対して、敏感&貪欲なのはやはり女性に多いようです。
写真は、近くのテーブルで食事をされていた方がお店を出られた後撮ったもの。


‘アマルフィ’は、地元にある病院の理事長さんが地域振興も兼ねてつくられたお店なのだそうです。スタッフは愛媛出身の方が大半とのことですが、愛媛とは全く縁のなかった人も。シェフの方は今治ご出身で、大学卒業後イタリアで修業を積み、神戸山手にある北野ホテルにもいらしたことがあり、接客して下さった方も同様にそこで働いていたということで、私たちも北野ホテルのすぐ傍に住んでいたこともあり、話が弾み楽しいひとときを過ごさせていただきました。写真を撮り忘れてしまいましたが、ソムリエの方が選んで下さったボルドーの赤も、飲みやすい美味しいワインでした。八幡浜でこんな本格的なイタリアンを味わえるとは..... とっても嬉しいサプライズでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

‘みきゃん’

2014. 4.11

‘かつれつ亭’での昼食後、相棒さんの故郷へ向けて南下中。途中、双海(ふたみ)にある道の駅にて休憩。

Img_0927

今治市のゆるキャラ、‘ばりぃさん’と、熊本の‘くまモン’に挟まれているのは、愛媛のマスコットキャラクター‘みきゃん’。名産、みかんの‘み’と、子犬の鳴き声の‘きゃん’または前向きな英語‘can’(できる)を組み合わせたもので一般公募によって決められたそうです。‘みきゃん’って、犬だったんですねぇ.....。愛媛の方言‘~やけん(犬)’、また愛媛の形が走っている犬の姿に似ていることから犬が選ばれたのだとか。耳はみかんの葉っぱ、しっぽは花だそう。お顔自体もみかんっぽいかな.....?

愛媛県おお犬が走ってる~

道の駅は、Img_0929 ‘日本の夕日百選’に選ばれているふたみシーサイド公園に隣接しています。


Img_0931 相棒さんがソフトクリームをいただいているこの階段、実は夕陽の観覧席。これまで何度も立ち寄ったことのある場所ですが、サンセットショーはまだお目にかかったことがありません。


Img_0933

水平線上に見えている島影は、山口県の島々。意外と近いような.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい味?に満たされて

2014. 4.11

もしかして、フライトミスるか~というドキドキのハプニングにバタバタ ラッシュ時の満員電車に荷物とともに揺られながら、それでも9時30分のフライトには滑り込みセーフ..... 松山空港到着後、レンタカーで向かった先は

Img_0926 ‘かつれつ亭’昔、OLをしていたとき、‘今日はがっつり気分’というときに、残業の出前をたまにお願いしていたお店.....は、市内中心部にあるので.....と同じ系列の郊外のお店。
入店してみて、メニューの多さにびっくり考えてみると、店内で食事をするのは初めてでした。相棒さん注文の厚切りロースかつ定食だっけ?柔らかくって、ジューシーで、私的には○だったのですが、噛み応えのあるお肉を好む相棒さんの評価はふつう.....


Img_0925

レディースセットはチキンカツとコロッケがセット。ご飯は、白米か、麦飯、おかゆの中から選択。おかゆっていうのがおもしろいですね~。カツで胃もたれする人もいるんでしょうね..... ポン酢の中の大根おろしがたっぷりあっさりと美味しくいただけました。
朝食をとり損なったペコペコのお腹を満たしてくれたのは、残業のお伴の懐かしい味?でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ タイ エラワン 横須賀中央

2014. 4. 6

Img_0889

エレベーターが3階に到着ドアが開くと、いきなりタイのムードあふれる店内。慌てて撮ったもんで、ちょっと傾いてます
すてきな女性のエスコートで、奥の席へ。


Img_0882

相棒さんオーダーのシーフードのあんかけ太麺。太麺は、きしめんのような感じ。野菜やきのこ、シーフードが彩りよくトッピングされています。


Img_0886

私は、相変わらず、タイ風焼きそば=パッタイを。海老か、鶏肉の選択だったので、チキンでお願いしてみました。こちらは細麺。あれ、ニラ少ない.....って思いましたが、麺の下の方に隠れていました。ピーナッツは砕いたものではなく、丸ごとのものが入っていました。モヤシもシャキシャキしていて、このままでも美味しいのですが.....


Img_0887

いただいていると、先程のお店の女性が小皿を持って来て、‘もしよろしければ、テーブルの上に置かれている調味料を是非試して下さい。’と、4種の調味料を、小皿に取り分けたパッタイにプラス。


Img_0888

魚醤、お酢、唐辛子、砂糖。白砂糖を入れるのには多少抵抗があったのですが、コクが出るのだそうです。小皿で試食したパッタイ、確かに味に深みが出て、美味しかったです。
自分でアレンジする際には、魚醤とお酢多めに、かな~りホットな唐辛子とお砂糖は控えめに入れてみました。その割合を多少変えることで、味の変化を楽しむこともできます。おもしろい


Img_0883

私たちのテーブル近くに飾られていた切り絵について、相棒さんと話していると、再び女性登場タイ南部の民芸品なのだと教えてくれました。


Img_0884

素材は、水牛の革。水牛の数も激減して、今では手に入れることも難しくなっているそうです。よ~く見ると、毛が見えています。
‘タイ エラワン’さんは一品料理のメニューが豊富。大勢で来店して、いろいろオーダーして、分け合って食べるのも楽しいかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見散歩 @ 神明公園.....近辺

2014. 4. 5

Img_0857 ほうら、この青空歩くっきゃないでしょ~ってことで、陸上自衛隊の駐屯地から神明公園までちょこっとウォーキング。


Img_0858_2 とは言っても、神明公園の園内には桜はそれほど多くありません。


Img_0860 でも、公園から‘くりはま花の国’へと続く道の両側には


Img_0870このとおりの桜並木~ 車道でなければトンネルの中、歩いてみたい。


Img_0864 突き当たり、‘花の国’の入口付近では、山陰になっている場所で唯一スポットライトを浴びている若木と


Dsc_0585 ポピー園が迎えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見散歩 @ 陸上自衛隊久里浜駐屯地

2014. 4. 5

短命だった今年の桜 心ゆくまで満喫.....とはいきませんでしたが、その分、葉桜になってしまった今、思い出を辿ってお花見を楽しみ直そうーっと

Img_0815

左右の柳の新芽に挟まれた桜の列の上には、まるで夏を思わせるような雲


Img_0816

平作川を渡ったところに


Img_0852_2

普段は立ち入ることのできない、陸上自衛隊久里浜駐屯地があります。この週末は桜まつりということで、一般公開中。
門のところにいたおにーさん、入るときと出るときにはきりっと敬礼してくれました。こういうときって、どう反応を返せばよいのかわからず、意味不明の笑みを浮かべながら、軽く会釈して通過.....。


Img_0817

公開されている場所は、もちろん、制限されているのですが、一般の公園で普通にお花見を楽しんでいるようにしか見えません。


Img_0832

芝生の広場を取り囲むように並ぶ桜並木、実はソメイヨシノとオオシマザクラが交互に植えられています。肝心の花は、遠目にはまだ満開といった感じですが、近くで見ると、木によってはかなり散り始めているものも。


Img_0836

桜&自衛隊の特別車両.....何とも不思議な組み合わせです。


Img_0847

敷地内の売店に入ってみると.....おもしろいもの発見一般のお店では見ないですよね?


Img_0848

‘シャリカ’という塩味の揚げたスナック菓子のようですが、包装袋は自衛隊仕様。かなりの大袋です。


Img_0849

雑誌のコーナーもすごい


Img_0851

売店の入ったビルの向かいにはこんな建物が.....


Dsc_0516

海軍通信学校がここ、久里浜に移されたのは、1,939年11月。敗戦後は占領軍が接収。1,950年、警察予備隊発足とともに駐屯地となったようです。


Dsc_0539

桜の終盤の美しさに負けじと


Img_0843

強い輝きを放っていたのは、モミジの新緑


Img_0891

相棒さんが売店で購入してきたのは.....行軍にも最適らしい、迷彩色のフラットインソール.....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ ナーガ・ラジャ 久里浜

2014. 3.29

等覚寺のしだれ桜に会いに行った日のランチは.....

Img_0742

京急久里浜駅近くのインド料理のお店‘ナーガ・ラジャ’さんにて。てっきりインドの方か、ネパールの方がやってらっしゃるお店だとばかり思っていたので、日本人の方が出て来られたのはちょっと意外でした。
初めての訪問だったからか、メニューについてとても丁寧に説明して下さいました。カレーの種類は多いうえ、メニュー以外のものも出せますとのことでした。でも、どうやってオーダーするんだろう.....


Img_0735

それほど広くはない店内、入って左に4席のカウンター席、右に4人掛けのテーブル4卓ほど。落ち着いたカラーで統一されていて、やはりインドの方が経営されているお店とは雰囲気が異なります。


Img_0736

2種類のカレーが味わえるランチを注文してみました。2つのカレーのうち1つは定番のチキンカレーが固定メニューになっていますが、もう1種類は自分の好みで選べます。
本当はナンとのセットをと思っていたのですが、選んだカレーがターメリックライスとの相性がよいとお店の方にアドバイスをいただいたので、そのように.....


Img_0739

定番のチキンカレー。想像していたよりもさらっとした感じでした。


Img_0738

鰹と桜エビのカレー。こちらはとろみがあります。テーブルに運ばれて来たときに、一瞬生臭いような香りがしたのですが、食べていると全然気にならなくなり.....どころか、すっかりハマっちゃいました 結構スパイシーでありながら、ふわっと香るココナッツの風味がまたナイス また来ちゃうかも.....


Img_0740

ランチ時には飲みもののサービス。チャイ、コーヒー、紅茶の中からの選択。マイチョイスは、もちろん、チャイ 少し甘めですが、スパイスの効いた濃厚な美味しいチャイでした。
カレー以外にもインドの家庭料理メニューが豊富にあったので、またいろいろと味わってみたいなぁ~。 ほんとにまた来ちゃうかも~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめましての.....ピエール・エルメ

Img_0567 横須賀グルメに付き合ってくれたお友達から、思いがけずのプレゼント 何とピエール・エルメのショコラ

Img_0570

箱を開けた途端、ふわっと漂ってくる濃厚な香り。高級なショコラって、どうしてたった一粒でこんなに満たされてしまうのだろう.....?
ピエール・エルメはフランスのパティシエ&ショコラティエ。パティスリー界に新たなセンスと近代性をもたらし、‘パティスリー界のピカソ’と称されているのだとか。見た目はシンプルに、味にこだわるのが彼の特徴なんだそうです。


Img_0572

力作一つ一つの説明を予習しながら、大切に味わうのも高級ショコラの醍醐味 こんなお勉強なら大歓迎~嬉し過ぎます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横須賀グルメ.....?

2014. 3.11

横須賀を代表するグルメメニューの一つ、ヨコスカネイビーバーガー。正統派アメリカンバーガーのお店は何軒かありますが.....

Img_0564

今回おじゃましたのは、大通りを挟んで米軍基地の正面ゲート前にある‘ハニービー’さん。オーナーは米軍のレストランで修業されたそうで、40年以上営業を続けているバーガーショップの老舗のようです。


Img_0563

奥へと続く長~いカウンター、突き当たりでL字に折れています。日本ではあまり見かけない造りかも。


Img_0561

人気メニューというチーズバーガーを注文してみました。ハンバーグの量は113g、想像していたよりも.....かわいいサイズ。この量でアメリカンのお客さんは満足できるのかなぁ.....?
ネットの評判もよく、人気のお店のようですが、個人的にはCPがちょっと高いような気が.....


Img_0562

ハンバーガーにも作法があるんですね.....


Img_0565

デザートには、これまた横須賀グルメ.....って言うより、アメリカンメニューじゃない.....?のチェリーチーズケーキをいただきました。こちらは、横須賀アンテナショップの2Fレストランにて。
ひと口でお腹いっぱいになりそうな濃厚なチーズケーキ+サイドのソフトクリームの量もハンパないケーキを食べ切るのに精一杯で、ソフトクリームはギブアップ ちなみに、ソフトはバニラ味かカレー味か選択できます。写真は友達がオーダーしたカレー味のソフト。バニラと比べてやや黄色っぽいかな?といった感じ。恐くて注文できなかったけれど、味見させてもらうと、そんなに違和感はありませんでした。バニラアイスにスパイスをトッピングしたものがありますが、その系統.....。ただカレー味は斬新っもう一つの横須賀グルメは.....またそのうち.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観音崎公園散策

2014. 2.23

運動不足の解消とばかり、自宅から徒歩で観音崎へ向かいました。ちと遠かった~
Img_0387 三浦半島東端に位置し、東京湾の浦賀水道に面していて、付近は神奈川県の県立公園として整備されています。


Img_0388石碑の近く.....目を引かれたのは、冬空を背景にちょっと芸術的なこの木と


Img_0389 うっとり?と空を見上げる、うら若き乙女風の椿の赤


Dsc_0307 こちらは観音埼灯台。1,866年(慶応2年)の江戸条約に基づき、3年後の1,869年(明治2年)に完成、初点灯した日本最初の洋式灯台だそうです。関東大震災等二度の地震によって倒壊、現在の灯台は3代目。


Img_0402 高さ19m、光達距離は20海里。真下から見上げると、なかなかの迫力。


Img_0397 比較的新しいように見受けられる、こんな案内板も。


Dsc_0314 灯台の上からの眺め。東京湾口の最も狭い水道となっていて、交通量も多め。この場所に灯台が必要だったのもうなずけます。写真中ほどに見えるのは、第一海堡だったか、第二だったか.....。


Dsc_0313 対岸、千葉房総半島の富津岬までは7kmほど。


Dsc_0320 灯台入口付近にある資料館の中には.....ヴェルニー氏の胸像。観音埼灯台の建設を指揮したフランス人技師です。江戸時代末期に日本に招かれた外国人技術者のうちの一人で、横須賀製鉄所(のちの造船所)の建設運営のために1,865年(慶応元年)に来日。帰国するまでの12年間、日本の近代産業の基礎づくりに貢献した人物です。


Img_0405 こちらは、彼が指揮してつくった初代の観音埼灯台。煉瓦造りの美しいフランス風建築だったようです。


Dsc_0331 園内では、江戸時代後期に築かれた砲台や弾薬庫跡も見かけました。


Img_0409 同じく園内にある海上保安庁東京湾海上交通センターの敷地内にある白梅の花も開花を始めたばかりの頃のウォーキング~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奄美の鶏飯(けいはん)

福岡で暮らしていた頃、相棒さんが出張で出かけた奄美で出合った‘鶏飯’。
Img_0893 現地でいただいた味が忘れられず、買って帰っていたのがこれ
奄美大島には、沖縄、鹿児島とは少し異なった独特の島料理がたくさんあるそうで、そんな中、江戸時代に薩摩藩のお役人をもてなすために用いられていたのが鶏飯なのだとか。
たまたま先日、TVで見たところによると、奄美は地域的に見ると、日本一の寿命を誇る島なのだそうです。80代で現役という方はあたりまえで、100歳を超えてもボケることなく、普通に生活していらっしゃる方が多いのだとか。島独自の発酵食品に、その理由があるのではないかということでそれらを調査する内容の番組でした。鶏飯は発酵食品ではありませんが.....


Img_0877 温かいご飯の上にほぐした鶏肉、錦糸卵、しいたけ等の具材を乗せ、丸鶏からとったスープをかけていただく、お茶漬けのような料理です。このセットには、具材はもちろん、刻み海苔まで入っていたため、我が家で足したのはネギだけでしたが、具材や薬味を多少変えても楽しめるのではないかと思われます。
奄美市内には、それぞれ特徴を出した専門店も数軒ある他、家庭でつくることも多いそうです
身体が温まるのも嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな船旅 @ 浦賀

2014. 2.23

Img_0441 東西の叶神社に参拝しようとすれば、この奥行きのある浦賀湾をぐるりと歩いて行くか


Img_0444

これを利用しちゃうか.....。
ここの渡船の歴史は古く、1,733年(享保18年)の‘東浦賀明細帳’には、渡船を修復する際には、周辺の村も東西浦賀村と応分の協力をすることとの記述があり、その時点で既に操業されていたことが確認されているようです。


Img_0442

平成10年8月に就航した‘愛宕丸’は御座舟風のデザイン。


Img_0434 乗船の際は、押しボタンで船長さんにお知らせするようになっています。乗船料は大人150円。自転車やベビーカーも乗せることも可能。

Img_0439 航路は‘浦賀海道’と名付けられ、横須賀市の市道2073号となっているそうです。
わずか5分ほどの乗船でしたが、潮風を受けながらの小さな船旅は心地よく、何だか楽しかったです。


Img_0445

西浦賀の渡船場の近くには、‘引揚記念の碑’がありました。
太平洋戦争終結後、海外から日本に送還された軍人や一般人を受け入れるため、引揚港が指定されましたが、ここ浦賀もそのうちの一つだったようです。中部太平洋、南方諸地域、中国大陸等から56万人余りの人を受け入れました。引揚者は敗戦の失意のもと疲労困憊の極限にあり、栄養失調や疫病で倒れる人が続出したと言います。特に、昭和21年、華南方面からの引揚船内でコレラが発生、以後感染者を乗せた船が続々と入港したため、旧海軍対潜学校に浦賀検疫所を設け、有史以来かつてない大防疫が実施されたそうです。祖国を目前に、船内や病院で多くの人が亡くなるという悲劇を目撃してきた浦賀。昭和22年5月に引揚援護局の閉鎖とともに、この地における引揚業務も幕を閉じたとあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東叶神社 @ 東浦賀

2014. 2.23

Img_0427

浦賀湾を挟んで、西叶神社のほぼ対岸にあるこちらは東叶神社。


Img_0432

1,644年、西浦賀の叶神社を歓請して創建されました。石段の途中、両側にあるソテツは、源頼朝と縁のある伊豆の地より移植奉納されたものだそうです。


Img_0430

睨みをきかす狛ちゃん。


Img_0431

結構な迫力。


Img_0429

裏山は標高50mの明神山。後北条氏の頃、房総半島の里見水軍が、しばしば三浦半島に攻撃を仕掛けてきていたので、この明神山には水軍が配置されていたそうです。山頂には神社の奥宮があり、その左には勝海舟断食の場の標柱(咸臨丸で太平洋横断を成し遂げた勝海舟。 航海前に、この地で断食を行ったのだとか。)があるそうですが、5時間近くのウォーキングの後では200段以上登って行く気力もなく.....。また次回の苦行ということで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西叶神社 @ 西浦賀

2014. 2.16

しばらく前のことになりますが.....ご近所散策レポです。

Img_0361 源氏再興を願った神護寺の文覚上人。もし、願いが叶えられるならば、ふさわしい土地に神社を建てると誓いました。この願いが実現しそうになり、その土地を探し求めた結果、1,181年、西浦賀に京都石清水八幡宮より勧請し創建したのがこの西叶神社。1,186年、壇の浦の戦いで平家が敗れ、源氏の世となると、大願が叶ったとし、叶大明神と称するようになったそうです。


Img_0356 オリジナルの社殿は1,837年に焼失、現在のものは1,842年に再建されたもの。
龍をはじめ社殿には230を超えるすばらしい彫刻が見られますが、安房国(千葉)の彫刻師 後藤利兵衛の若い頃の作品だそうです。利兵衛は、これらの仕事が認められて幕府の彫刻師となったのだとか。


Img_0359

社殿の傍に置かれた絵馬には‘叶’の文字。パワースポットとしても知られているようです。


Img_0358

社殿前の狛犬とは別に、石段の手すり部分に立ち上がって、こっそりとこちらを窺うかのような狛ちゃん。


Img_0360

マンガチックなお顔をしています。柱の陰になっていてわかりにくく、気付かずに通り過ぎちゃう人もいるんじゃないかなぁ.....。


Img_0363

境内には大きなイチョウの木。


Img_0365

イチョウの枝って、こんな感じでしたっけ.....?


Img_0369

白梅も、ちょうど賑やかに咲き始めていた頃の散策でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛湯

2014. 4. 6

季節が逆戻りしたかのような肌寒い日曜日の夜
Img_0897 久しぶりに葛湯をいただきました。少々甘めなので、お湯の量をやや多めに。ほっとする味が嬉しい(写真は小豆味です。)


Img_0895 この葛は、九州に住んでいたときに知った、秋月の廣久葛本舗さんのもの。九州の山野に産する寒根を採集し、精製した天然の本葛粉が原料で、化学調味料や化学色素等の合成添加物は入っていません。
生姜、抹茶、小豆の3種類を2袋ずつパックしたセットは福岡市内のデパート等、またネットでも購入可能。


Img_7602 秋月に行ったときにおじゃました本店の看板。葛って、こんなに人気があったの~って驚くほど、店内は混雑していました。晩秋の頃だったからなおさら.....かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の姫も満開です

2014. 4. 8

急に暖かくなりましたね。
Img_0908桜吹雪舞う今日この頃、我が家のベランダでは、姫りんごの花が満開~ 


Img_0900 純白の愛らしい花も


Img_0909 蕾の頃は紅色.....。


Img_0914 蕾もまだあるけれど、この陽気では一気に花開いてぱぁーっと散ってしまいそう.....。桜と同様、今年は短命なのかも.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くりはま花の国 + α

2014. 3.23

Dsc_0443_2 広さ583,330㎡、高低差もある‘くりはま花の国’。ウォーキングに疲れたら、機関車を模した‘フラワートレイン’を利用して園内を移動することもできます。乗車1回につき200円(大人)で、子どもはその半額。


Dsc_0466_2 ハーブ園の傍には、ハーブを使った足湯も 。ハーブの種類は日替わりのよう。


Img_0654_2 アスレチックや遊具があって、多くの家族連れで賑わっていた冒険ランド
ひときわ目を引いたのが、ゴジラくん。身長9m、全長10m、重さ5トン、強化プラスチック製のこのゴジラを製作したのは、‘ゴジラ’の映画を製作した東宝なのだとか。


Dsc_0493_2 背中からしっぽの先が滑り台になっていて、ちびっこたちの格好の遊び場になっていました。 電線を入れて撮ると、リアル~ ちょっと小さいか.....


Img_0627_2 園内の展望台から見おろす久里浜の町。左には千葉の金谷まで運行されているフェリーターミナル、右には火力発電所。東京湾の先には房総半島が見えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の賑わい @ くりはま花の国

2014. 3.23

時間を少し巻き戻して.....
青空と陽気に誘われたこの日、自宅から徒歩圏内にある‘くりはま花の国’へ出かけてきました。在日アメリカ軍の倉庫があった土地を、久里浜緑地として横須賀市が整備してできたのだそうです。園内は、色とりどりの花のオンパレード

Img_0628 ローズマリーに


Img_0629

ビオラフルーレット。ビオラやパンジー系の花は多く目にしました。


Img_0635 ちょうど見頃を迎えていた花桃。


Img_0633

濃い紅色のものも。


Img_0644 若木は、淡いピンク色の花をちょうど開花させ始めたところ


Img_0638 その足元には、花ニラ


Dsc_0455 温室の中の出合い=花月という花のようです。肉厚の光沢のある葉っぱと愛らしい小花の不思議なコンビ。


Dsc_0450 こんな花か?


Img_0639

温室の傍で咲くスイセンに


Img_0640

菜の花。賑やか~


Img_0642

東北の山でよく見かけてその名前を覚えた、懐かしいキブシ


Img_0626 ズームしてみると、房の上の方から開花中


Img_0643 クリスマスローズのそばかすもまた愛らしくて


Img_0646 可憐なユキヤナギ、勢いはこれから


Dsc_0478 梅の残り花も


Img_0648

入れ替わりに咲き始めたオオシマザクラ


Img_0651

赤と黄色のミツマタは、お互いそっと寄り添って。


Img_0658

青空を背景に、この赤紫色の点々は


Img_0662

鈴なりのカンヒザクラ。こちらも見頃。


Img_0671

ポピーの畑もちらほら開花中


Dsc_0585 こちらは4月5日(土)に撮影したポピー畑。随分と賑やかになってきました。


Img_0867 開園は4月12日(土)からだそうです。


Img_0674_2 ‘くりはま花の国’を抜けた先、神明公園に咲いていたハクモクレン。純白に輝いていました あ~、お花でお腹いっぱい 春はやっぱり、華やかでいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ特別なお花見

2014. 4. 5

午前中放送された、U -17(17歳以下)女子サッカーW杯決勝戦。体格でも、スタミナでも上まわると思われるスペインの選手たちを相手に、チームワークと技術で正々堂々と戦う‘リトルなでしこ’たちのプレーにただもう夢中になって応援~おめでとう、初の金メダル
曇りの予報のはずが、お昼前には青空が広がってきたので、よい気分のまま、近場のお花見に出かけてきました。

Img_0821 眩しいくらいの青空~


Img_0833 整列する桜~


Img_0829 オオシマザクラに


Img_0818 ベニシダレ


Dsc_0564 どこでも見かける桜の花たち.....。でも、これらの桜.....実は普段、立ち入ることのできない特別な場所に咲いていたのでした。詳細は後日.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨天決行!

2014. 4. 3

Img_0779 家から一番近い桜の名所百選、衣笠山公園にて


Img_0780 雨音を聞きながらのお花見散歩。
名所も、さすがにこのでは、花見客もまばら。それでも、展望台の屋根の下を利用してピクニックを楽しむグループが2、3。


Img_0781 菜の花と桜が彩る散歩道


Img_0788桜や菜の花にとっては恵みの雨。


Img_0787

一層色鮮やか。


Img_0791

どことなく儚い雰囲気の若木にも惹きつけられ.....。
一人だったらきっと出かけなかっただろう雨のお花見。約2,000本の桜が植えられているという公園の全体像はよくわからなかったけれど、それでも幻想的な桜に出合えて、また一つ、桜の魅力にハマってしまいました。


Img_0801 駅からの帰り道、道路端の水たまりの中で、まるで寒さを凌ぐかように、花びらたちが身を寄せ合っていました。花散らしの雨となってしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早咲きの桜の中で

2014. 3.23

ソメイヨシノが蕾を膨らませつつあったこの日.....。
Img_0677 一番最初に紹介させていただいた、校庭の早咲きの桜は、少しずつ、その花びらを散らし始めていました。


Img_0678 小鳥たちの宴は続いていたようで、目があったのは


Img_0679 めじろ 次の瞬間には、何ごともなかったかのようにお食事再開。一心不乱に啄ばんでいます。桜の花芽って、大ご馳走なんだね~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy April !

2014. 4. 1

ハッピーなタイトルとは異なり、増税の春..... マスコミの報道につられて、トイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンペーパー等少々買い込んでみましたが、ふと我に返ってみると、もう少し高価な化粧品やサプリメント、お茶類なんてのを買うのを忘れてました~ GWの旅行の手配も.....失敗したなぁ.....
Img_0765 さて、ソメイヨシノ満開です。 


Img_0771 春らしいパステル調の空ですが、昨日の空の方が青が濃くて写真的にはコントラストがはっきりしててよかったのかも。


Img_0769 新緑も輝き始めましたよ~ もうこうなると、春の勢いは誰も止められな~い


Img_0750 先日、商店街で見かけた小さなたけのこ福岡の八女から届いたばかりだそう。去年、八女でたけのこ狩りしたのが懐かしく、思わずゲット


Img_0757 少し前に、鹿児島物産展で買い求めてきた、削りたての枕崎産の鰹節とともに炊いてみました。トッピングの山椒は、我が家の鉢植えから。
出始めたばかりで、たけのこも、山椒も柔らかくて美味しい~


Img_0762 我が家の鉢植えその2。姫りんごも着々とショータイムに向けて準備中.....楽しみ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »