« ‘みきゃん’ | トップページ | アゴラマルシェ @ 八幡浜 »

Dinner @ アマルフィ 八幡浜

2014. 4.11

Img_0959 相棒さんの実家のある港町、八幡浜。港近くを歩いていて偶然見つけたイタリアン、‘アマルフィ’。雰囲気は悪くなさそうだけど....と、お寿司か、イタリアンか迷った挙句、こちらのお店に行ってみることにしました。
フロアスタッフは服装も、接客もきちんとしていて、ちゃんとしたソムリエの方もいらっしゃいました。これは期待できるかも.....?


Img_0943 お料理はコースでお願いしてみました。若葉の頃らしいカラーのお料理でスタート。青エンドウのスープにトリュフの泡がトッピングされたもの。泡の塩味にエンドウの甘みが際立っていました。


Img_0944 ‘カプレーゼ 2014 春’とネーミングされたこの料理は、イタリアンの前菜の定番、水牛のモッツアレラ、トマト、バジルを使った料理をアマルフィ風にアレンジしたもの。ふわっとしたトマトのムース?が美味~


Img_0947 皮をさっと炙った太刀魚とカダイフにかいわれが彩りを添えます。カダイフはトウモロコシの粉でつくった極細麺で、軽く揚げてあります。身はほとんど生の柔らかい太刀魚と、サクサクッとしたカダイフの食感が楽しめる一品です。サワークリームとともに。


Img_0948 オマール海老のプリン。‘プリン’はイタリア、ピエモンテ地方のパスタで、ちょっと餃子に似た形のかわいいパスタです。炭焼きしたオマール海老と生姜風味のトマトソース、ほんの少しのニンニクが中に詰められています。結構好きな濃厚味


Img_0950

そしてメイン。普段は、違うものを注文してシェアしたりするのですが、今回は二人ともお魚で譲らず.....。ノドグロのココットが登場。イベリコ豚の網焼きも美味しそうではあったのですが.....
ハマグリとペアでの煮込み。ノドグロはしっかりとした食感。さっとオーブンで焼いたトマトの甘み、酸味が加わって、とっても上品で美味しいお出汁が出ていました。ガーリックパンをしっかり漬していただくと最高に美味しい相棒さんはプレーンのパンの方がお好みだったようです。


Img_0952

ここでお口なおしのエスプーマ。苺とヨーグルトがきめの細かいムースとなって登場。‘エスプーマ’はスペイン語で‘泡’という意味だそうです。細かく刻まれた生の苺とタピオカのような食感の苺ゼリー?がヨーグルトの下にかくれんぼ。


Img_0954

デザートも相棒さんとチョイスが一致してしまいました。日本で初めて栽培に成功した八幡浜真穴(まあな)産のブラッドオレンジを使ったクロカンテです。スライスしたブラッドオレンジをひと晩シロップ漬けにしてオーブンでカリッと焼き上げてあります。上は濃厚なバニラアイスに蜂蜜のトッピング、クロカンテの下には、まるで海に沈みゆく夕陽のようなブラッドオレンジのシャーベットを円形に固めたものがサンドされています。黄色い粒は皮の部分を使って加工したもので、苦みあり。細かく刻んだナッツも混ぜてあったように記憶しています。右のオレンジソースとミックスしながらいただくと、バリエーションが楽しめます。


Img_0956 飲みものは、コーヒー、ダージリンティー、ハーブティーの中から。相棒さんはローズヒップティー、私はカモミールティーをいただきました。ピスタチオとチョコレートを使った小さな焼き菓子付き。


Img_0957店内は天井も高くゆったりとした空間。奥行きも結構あります。金曜日の夜ということで、たくさんの来客がありました。団体さんもいましたが、みごとに女性ばかり男性は相棒さん以外にはお一人くらいしか見かけませんでした。美味なるものに対して、敏感&貪欲なのはやはり女性に多いようです。
写真は、近くのテーブルで食事をされていた方がお店を出られた後撮ったもの。


‘アマルフィ’は、地元にある病院の理事長さんが地域振興も兼ねてつくられたお店なのだそうです。スタッフは愛媛出身の方が大半とのことですが、愛媛とは全く縁のなかった人も。シェフの方は今治ご出身で、大学卒業後イタリアで修業を積み、神戸山手にある北野ホテルにもいらしたことがあり、接客して下さった方も同様にそこで働いていたということで、私たちも北野ホテルのすぐ傍に住んでいたこともあり、話が弾み楽しいひとときを過ごさせていただきました。写真を撮り忘れてしまいましたが、ソムリエの方が選んで下さったボルドーの赤も、飲みやすい美味しいワインでした。八幡浜でこんな本格的なイタリアンを味わえるとは..... とっても嬉しいサプライズでした。

|

« ‘みきゃん’ | トップページ | アゴラマルシェ @ 八幡浜 »

食*愛媛グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ アマルフィ 八幡浜:

« ‘みきゃん’ | トップページ | アゴラマルシェ @ 八幡浜 »